【JDとの体験談】鬼畜のオッサンに複数プレイデビューさせられた万引き女子大生⑦

bandicam 2016-01-05 02-22-21-017
【JDとの体験談】鬼畜のオッサンに複数プレイデビューさせられた万引き女子大生①
【JDとの体験談】鬼畜のオッサンに複数プレイデビューさせられた万引き女子大生②
【JDとの体験談】鬼畜のオッサンに複数プレイデビューさせられた万引き女子大生③
【JDとの体験談】鬼畜のオッサンに複数プレイデビューさせられた万引き女子大生④
【JDとの体験談】鬼畜のオッサンに複数プレイデビューさせられた万引き女子大生⑤
【JDとの体験談】鬼畜のオッサンに複数プレイデビューさせられた万引き女子大生⑥
【JDとの体験談】鬼畜のオッサンに複数プレイデビューさせられた万引き女子大生⑦

Sさんは見かけによらずペニスだけでなく体力もなかなかのようで、その後すぐ体位をバックに変えての挿入を希望。

激しくイッたばかりで呼吸が整いきっていないで彼女の尻を自分のほうに向けさせると、イチモツを中に沈めていきました。

今度は先ほどとは違い、彼女に挿入されていくようすがはっきり見えました。

今度は、ズン、ズンと斜め上から体重をかけ、彼女をベットに押し付けるようにピストン運動をします。

彼女はまた、快感を与えられ「アンッ! アンッ!」と可愛い声で喘ぎだし、ピストンが早められると、「オチンチンスゴイ!」「オマンコキモチイ!」「セックス大好き!」などと淫語を叫ばされ、また激しくイカされていました。

(なお、このバックでハメているとき、Eさんから、彼女が特定されない範囲で、ハメているところを撮らせてほしいと要望があったため、彼女が顔をベットに埋めている状態(彼女の顔が見えない状態)で、Eさんのスマホで一枚だけハメ撮りをしてあげました。)



そうして行為開始後50分ほど経ち、もうそろそろ約束の時間になろうかという頃、Eさんから、「少し時間をオーバーするかもしれないが、最後はあいこちゃんといっしょにシャワーを浴びたい」という申出が。

私は「シャワーもちょっとぐらいの時間オーバーも、彼女さえよければ大丈夫ですよ」と言ってやりました。

それからEさんがシャワー室の様子を確認するため彼女から離れた少しのスキに、私は彼女に近寄り、

・シャワールームでEさんと2人きりになったら生ハメをしたがるかもしれないが、基本的には断ること。

・ただし、断りきれない場合はあいこの判断で、生ハメさせてもいい

と言っておきました。

それからEさんがすぐ戻ってきて、フラフラになった彼女の手をとって経たせ、シャワールームに連れていきました。

私は流石に中にまでは入れないので、室内で待っていることに。

とは言ってもやはり気になるので、こっそりシャワールームに近寄り耳をそばだてておくことにしました。

2人が入ってすぐは、ボソボソと2人で話す声が聞こえましたが、その後シャワーの水音がして話声はほとんど聞こえなくなってしまいました。

それから中の様子がわからない状態で数分経った頃、中から、彼女の「アァンッ!」という喘ぎ声がはっきり聞こえました。

はっきり聞き取れる大きな声はその一回だけで、その後また声が聞こえなくなりましたが、少しすると、今度は、

「ム~~!」とか「ン~~!」といったように、くぐもった彼女の声が聞こえ始めました。

それからは声が消えたりまた聞こえたり、そのうち時折「パンッ!」と人肌を叩くような音が聞こてくるようになり、

私は中で行われている行為を想像しながら、彼女のもう片方の靴下を使い自慰にふけりました。

結局2人が出てきたのは、2人がシャワールームに入ってから30分以上経ってからでした。

Eさん「いやぁ、あいこちゃんにはOKもらったんだけど。Sさんのこと待たせちゃってすみませんでした。2人で会話が盛り上がっちゃって。ね?」

あいこ「あ、ハイ…」

それから、Eさんと彼女はバスローブからそれぞれ着て来た服に着替えました。(私が自慰に使ってしまった彼女の靴下は当然使えないため、ホテルに捨てました。)

着替えながらEさんが、

・シャワールームで彼女にも話したが、今回のプレイの延長料金を払わせてもらうことにした。

・ただ、今持ち合わせがないのでコンビニのATMでお金を卸したいというので、着替えが終わってから三人でいっしょにホテルを出て、近くのコンビニに向かい、そこでEさんから封筒に入ったお金を彼女が受け取り。

Eさんと別れた後で彼女にシャワールームで起きた話を聞くと、案の定、中ではセックスの続きが行われていたそうです。

シャワー室に入ってすぐ抱きつかれ、「中には出さないから、お金は約束の倍払うから!」と生ハメを熱望され、最初は彼女も、

「今日安全日というわけじゃないから」(本当は彼女にはピルを飲ませているので安全日とか関係ない)

「Sさんともゴムをつけてしかしない。今日もゴムはするっていう条件だったし、Sさんが嫉妬するから」

と言って断っていたようですが、

「Sさんには内緒で!お金は約束の3倍払うから!」と言われ詰め寄られて、断ると何かされるかも、と少し怖くなり、私から指示があったこともあり、それで生ハメに同意したそうです。

生ハメは、ユニットバスの部分に手をつかされた体勢でバックでされたのですが、最初の挿入でつい大きな声が出てしまい、それで小さめのタオルを口に噛まされることになり、その状態で今日一番激しく突きまくられ、イッてしまったそうです。

Eさんは、射精寸前でペニスを抜いたのですが、意図的かわざとかわかりませんが、完全には間に合わず、膣口付近で少し出てしまったかもしれないとのこと。

(Eさん曰く、「精液はさっきまででほとんど出尽くしてる。中で出たとしても薄いヤツだから大丈夫」とのこと)

それからEさんの申出でカラダを洗ってもらったそうですが、お尻を洗われる時止める間もなくアナルに指を入れられ、すんなり指が入ったことでアナル開発済みなのがバレ、今度はアナルへの挿入を熱望されたそうです。

最初の生挿入は仕方なく、といった感じで受け入れた彼女も、この時は今しがた突きまくられたことで気持ちよくなり蕩けてしまっており、今度はロクに抵抗も出来ないで、されるがままにさせてしまったようです。

なお、アナルへの挿入の際にはローションの代わりに備え付けのボディソープを使われ、時折尻を平手で叩かれながらヤラれたそうです。

(私が聞いた「パンッ!」という音は、尻を叩く音だったことがわかりました。)

しかも、今度はEさん最初から尻中で出すつもりだったらしく、ペニスを抜くことなくイッたそうです。

彼女は一通りシャワールームであったことの説明を終えた後、

「ご主人様の許可無くアナルセックスまで受け入れてしまってごめんなさい!何でもしますから許して!」

と、半泣きで私に抱き付き、自分の股間を私の股間に押し当てながら、許しを請うてきました。

その日は予め予約していたその県の温泉宿に泊まりましたが、そこで今日のことをネタに、彼女に対し激しく苛めるようなセックスをしたことは、言うまでもありません。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!