【第二次成長体験談】俺といとこの小学生時代に現れたSEX経験豊富な爆弾娘〈前編〉

pwqwqtea
俺には同い年の女のいとこがいる。

今では三人の子持ちのいい母親だが、これは子供の頃の話しだ。

彼女の家は地方都市の海辺にあったので、小学校の頃までは毎年夏休みになると、俺はひとりで泊りがけで遊びに行っていた。

一日中海でいっしょに遊んで、海からあがると彼女の家のお風呂にいっしょに入ったりしていた。

三年生くらいまでは俺も彼女も、まったく色気づいてない単なるガキだったから、おもちゃの船浮かべて遊んだりしていただけだった。



ところが四年生の時に少し様子が変わった。

俺が先に浴槽に入っていたら、彼女が胸と股間を洗面器で隠して入ってきたのだ。

いとこは性に目覚めかけていたのだろう。

だが俺はまだ全然目覚めてなかったので、そんな女心をまったく理解できなかった。

「何やってんだよ?アホか?来いよ!」

俺はその洗面器をむしり取るようにして彼女の手をとり、浴槽へと引っ張った。

その瞬間、俺はドキマキした。

彼女の胸と股間が、少しだけ膨らんでいたのだ。

だからいとこは恥ずかしがったのだ。

乳房の膨らみより、乳輪が膨らんでとがっていたのが印象的だった。

去年までのいとこの体じゃなかった。

俺のクラスでも、女の子の胸が膨らんだり、あの女は毛が生えたという噂がたったり、そんな話もぼちぼち出始めてはいたのだが、俺はまだまだ興味はなかった。

だが仲良しだったいとこが、急速に女になりかけている様子を目の当たりにして、さすがに俺は動揺したのだ。

もっとも性的に興奮したわけではないが。

俺はそんな動揺を隠そうとして、わざと陽気にはしゃいで見せた。

手で水鉄砲つくって彼女の顔に浴びせたり、乱暴に船を沈めたり、去年までのように、子供っぽく下品にふるまって見せた。

彼女も安心したのか、以前のようにいっしょに遊んでくれた。

それは去年までと何ひとつ変わらぬように見えて、俺もホッとした。

性的にうれしいことなどまだ何も感じない。

ただ、今までのように楽しく遊べなくなるのが怖かっただけだった。

だが決定的なショックを受けたのは、その後だった。

浴槽からあがった彼女が、俺に背を向けた状態で床においてある石鹸を拾ったとき、俺の目の前に彼女の性器の中身が、丸見えになった。

毛こそ生えてなかったが、中身のヒダが見たこともないくらい色づいていて、しかもプックリと厚くなっているように見えたのだ。

それまで、彼女の性器を(中身まで)見たことがないわけじゃなかった。

同じようなアングルで見たことも何度もあったし、ふざけて彼女のわれめをひん剥いて、中の肉をつまんだことさえあったのだ。

(これはさすがに泣かれたが)

今にして思えば、それでもまだまだ子供の性器だったろう。

しかし、去年までの彼女の性器とは違っていたように見えた。

というより「見たことのない光景」だったのだ。

その時、突然俺は勃起した。

まだ包茎だったペニスが、破裂するのではないかと思うくらいに。

自分の変化にも驚いたが、とにかく胸がどきどきして動悸が治まらない。

俺は浴槽にしゃがみこみ、鼻の下まで湯に浸かって、動悸が治まるのを待った。

何も知らない彼女が俺の方をふり返り、何か言った。

俺は自分の変化を彼女に知られることを恐れた。

俺はヤケクソで「潜望鏡~!」と叫んで、勃起した自分のペニスを水面から出して見せた。

去年までよくやっていた下品なギャグだ。

彼女はケタケタと笑い「バカ!スケベ!ヘンタイ!」と叫んだ。

これも去年までと変わらぬ、彼女のいつもの反応だった。

その夜、彼女と布団を並べて寝ながら、俺は何か甘酸っぱいようなぼんやりとした夢を見ていた。

彼女は寝息をたてながら、その体からはいい匂いがしていた。

俺が夢精をしたり射精をしたりするのは、それからまだ先のことなのだが、この日が俺にとって、「性の目覚め」だった。

翌年、小学5年の夏休み。この年もいとこの家へ泊りがけで遊びに行った。

前の年までは一日中海で泳いでいたのに、その年は半日で切り上げた。

この年からはふたりとも、もう子供じゃなかったのだ。

この一年で、俺は夢精を経験し、ペニスの皮を剥くことを覚え、オナニーの快感を知った。

オナニーの時は、決まって一年前の夏に見た、いとこのあの性器が頭の中にあった。

いとこはますます大人の体になっていて、スクール水着が眩しくてしょうがなかった。

前の年は乳輪ばかりが膨らんでいたのに、今でははっきりと乳房の膨らみになっていた。

股間の膨らみも、太腿の曲線も、目に焼きついてはなれない。

海水浴どころではないのだ。無邪気に遊ぶ時代は終わっていたのだ。

さすがにこの年は、彼女といっしょに風呂に入ることはなかった。

残念だったがしかたない。それは俺も、最初からあきらめていた。

だが、あいかわらず寝る部屋はいっしょで、これは楽しみだった。

毎年、彼女と布団をならべていろんな話をするのだ。

いとこは、クラスの女の子が水泳授業中に、急に「初潮」が来た話をし始めた。

水から上がったその子は、股間から太腿から血で真っ赤で、泣きながら保健室へ連れて行かれたという。

突然始まった「性」の話に、俺はドキドキしながらも、努めて平静を装った。

彼女はどうやら、そういう光景を見てしまった男の子がその子のことをどう思うか、というようなことを知りたかったらしい。

「Kちゃん(いとこのこと)はもう生理あるの?」俺がずけずけと聞くと、

「うん。あるよ。Tちゃん(俺のこと)は?男の子はどうなると大人なの?」

いとこは、まっすぐに返してきた。

俺も素直に、ペニスの皮が剥け、射精を経験したことを伝えた。

その夜はおそくまでふたりで、男の子と女の子のからだのこと、性のこと、恋愛のことを話し合った。

いとこはとても正直に女の子の性を語ってくれた。例えば、

「机の角にね、性器をこすりつけたら気持ちよかったんだよ」

「水泳の着替えで、クラスの○○君のおちんちんがチラッと見えて、ドキドキしちゃった」

「クラスで毛の生えている女の子は○人。わたしもちょっとだけ生えた。Tちゃんは?」

おかげで俺は、布団の中で猛烈に勃起してしまい、彼女が寝ついたあとで、便所でオナニーをするはめになった。

いとこと会えるのは、なにも夏休みだけではない。

親戚一同が集まる正月新年会などでも会えるのだ。

しかしみんなが集まる会では、ふたりゆっくり話をする機会なんてない。

ましてや「性」の話なんて、なおさらだ。

さて翌年、小学6年の夏休みである。

俺は朝早くから家を出て、お昼前にはいとこのうちへ着いてしまった。

もちろん泳ぎが楽しみなのではない。早く話がしたくてたまらなかったのだ。

いとこの母親(俺の叔母さん)は、午後はパートに出るのだ。

夜は6時を過ぎないと帰ってこない。

「海から戻ったらお風呂入ってね。あと冷蔵庫にスイカが冷えているからね」

叔母さんは言い残して出て行った。あとはいとこと、ふたりきりなのだ。

「Tちゃんとお話したいこといっぱいあるんだもんね」いとこが笑って言った。

「うん」俺も笑った。

ふたりは早速、彼女の部屋へ行った。海水浴なんて眼中になかった。

俺は、かばんの中にネタを仕込んでいた。

「じゃ~ん!」俺は大げさに、そのネタを取り出して彼女に見せた。

「あ!その本知ってる!」彼女は目をまん丸にして言った。

「クラスの男の子が学校へ持ってきて、先生に没収されたんだよ!」

『新ちびっこ猛語録』

昭和40年代に少年期を過ごした者なら、知っている人も多いだろう。

いわば、市販の「性の解説本」である。といっても少年・少女向き。

男と女の心とからだ。性器の図解と解説。セックスと妊娠のメカニズム。

思春期の性愛とその悩み。今の時代なら、保健の教科書程度の内容だ。

ちっともいやらしくはない、むしろ真面目な性教育の本だった。

しかし、当の少年たちにはエロ本的な読まれ方をしたのも事実で、PTAには問題視された、当時の「ご禁制」の本だった。

「見せて見せて!」いとこは俺の手から本を取り上げると、部屋の絨毯に直接すわり、ペラペラと本のページをめくった。

俺は熱心に本に見入る彼女の姿を伺いながら、ますます眩しいそのからだを見た。

彼女はとてもスリムな女の子だ。でも胸はそれなりに順調に大きくなっているようだった。Tシャツからブラジャーが透けて見えた。

ホットパンツからのびる白い太腿は、とても柔らかそうでドキドキするくらい可愛かった。

突然、彼女は読んでいた本をバサッと膝に置き、ニッと白い歯を見せて悪戯っぽく笑った。

「はい質問です!Tちゃんは週に何回オナニーをしますか?正直に答えなさい!」

俺はすわったまま、上半身だけ不動の姿勢で答えた。

「ほ・・・ほぼ毎日です!」

「それはしすぎです!わたしはごくたまにしかしません!」

いとこは自分で言ってケラケラと笑った。いとこはいつも直球勝負なのだ。

こうして、二時間くらい「性」の話をしていただろうか。

家の玄関のチャイムが鳴った。

いとこが部屋から出て行くと、いとこと、もうひとり女の子の声がした。

しばらくして、いとこが部屋に戻ってきた。少し困惑した表情だった。

「クラスのお友達来ちゃった。ちょっとだけいいかな?」

いとこの後から、目も鼻も口も、その上おっぱいもすっごく大きい女の子が入ってきた。

爆弾娘の登場だった。

【第二次成長体験談】俺といとこの小学生時代に現れたSEX経験豊富な爆弾娘〈後編〉に続く

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!