【義母との体験談】義母が熱を出したので浣腸して座薬を入れる手伝いをした結果wwwww

bandicam 2016-01-12 03-27-37-384
結婚して一年。結婚当初から妻の母も同居しています。

母は40代ですが、とても若く見えます。

ある日、母が熱を出したので、僕が仕事を休み病院に連れて行きました。

診察して薬を貰い、家に戻ると、母に錠剤を飲ませ、布団に寝かせました。

そして、座薬を入れる前に浣腸することを話し、母に浣腸を見せました。



大きくてノズルも長く、一人でできないというので、僕がすることになりました。

恥ずかしがる母をうつ伏せにして、パジャマとパンティを下げました。

白くて豊満なお尻にドキッとしながら、肛門を拡げました。

そして浣腸液を少し肛門につけて、ノズルを深く入れて、ゆっくりと浣腸液を入れました。

母は黙っていましたが、ノズルを抜くと「ウンチが出そう」と言いました。

僕は,お尻にティッシュペーパーを充てて我慢させました。

そして、トイレに抱っこして連れて行き、僕の前で排泄させました。

母はかなり便秘をしていたらしく、大量のうんこをしました。

母は爆音と臭いが恥ずかしかったらしく、僕にしがみついてきました。

終わった後、抱っこして布団まで運びました。

そして,今度は座薬をいれるのに四つん這いにしました。

お尻を高く突き出させると、おまんこが濡れていました。

お尻を拡げ、ゆっくりと座薬を入れ、座薬が逆戻りしないように指もお尻に入れました。

浣腸したばかりで肛門のまわりが柔らかく、指は根元まで入りました。

少し指を動かしていると、母は小さな声を出しました。

もう片方の手でおまんこを拡げましたが、母は嫌がらなかったので、指を二本入れました。濡れていたので、すんなり入りました。

熱があるにもかかわらず、いつの間にか母は大きな声を出していました。

数時間後、薬が効いたのか母の熱も下がりました。

母は、横に寝ていた僕に「オチンチン見せて」と言いました。

「うん」とうなずくと、母は自分のパジャマと下着を脱いで全裸になりました。

形の良い大きなオッパイが目の前に来たと思ったら、僕の着ている物を脱がせ始めました。

最後にパンツを脱いだ瞬間、母はオチンチンを舐め始めました。

母は「大きなオチンチン、入れて、入れて」とせがみましたが、僕は「最初は口でイカせろ」と言って、ずっと舐めさせました。

再び勃起し、いよいよ母のおまんこに入れるときが来ました。

正常位から始まり、いろいろな体位でイカせました。

母はずっとエッチをしていなかったらしく、何度も何度もイキました。

最後はバックで一緒にイキました。

そして、中だししたまま、ずっと入れているとまた大きくなりました。

母は、喜び腰を振り始めましたが、目の前にお尻の穴があり、そこに入れたくなりました。

母は入れたことがないので恐いと言いながら、しかし拒否しませんでした。

お尻を突き出させオチンチンを穴にあてると、先ほどの座薬で滑りやすくなっていて、ツルッと亀頭が入りました。

母は「痛い」と言いましたが、我慢してくれました。

そして、母のお尻を抱きかかえるようにして、根元まで入れかなりの時間ピストン運動を繰り返しました。

僕が果てると母は、お尻が痛いにもかかわらず、うんこの付いたオチンチンを拭いて、舐めてきれいにしてくれました。

この姿がかわいくて、ずっとこんな関係を続けています。

最近、二人でアダルトショップに行き、ガラス製の大きな浣腸器を買ってきました。アナルセックスの前には必ず使っています。

ふだんは妻のおまんことアナルに、そして妻がいないときは母のおまんことアナルに、入れまくっています。

What do you think of this post?
  • エロくない (1)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!