【母子相姦体験談】母親が薬を飲んで熟睡しているのをいいことに毎晩挿入する中学生の息子

yobai01_037
俺は15歳の中学生。

最近、母に夜這いして性的欲求を解消して楽しんでいます。

父(正彦42歳)は、外資系会社の営業課長です。

友人宅の生活と比較しても父親の収入が高いんだと思います。

母(礼子36歳)は、専業主婦で数か月前に初めてパートとして働き始めましたが、それまでは仕事をした事が無い位のお嬢様育ち。

兄は、俺の2つ年上で、17歳。

家から離れた私立の高校に入り、父方の爺ちゃんの家に下宿している。



話は戻り、2年前になります。

父と母は仲が良く、夜な夜なエッチな事をして楽しんでいるのを知っていました。

夜トイレに起きた俺は、両親の寝室前で”あなた・・・逝っちゃう・・・”と言う母の喘ぎ声が聞いたんです。

中学1年だった俺ですが、SEXの知識は十分にありエロ本だって持っていたので、両親が何をしているのか直ぐに検討が付きました。

部屋に戻った俺はベットに横になったんですが、母の喘ぎ声と母のエッチな姿を妄想して眠れませんでした。

それどころか”母の裸を見たい”と言う気持ちが湧き上がり、部屋を出て両親の寝室前に向かっていました。

寝室のドアをそっと開けると”アァ~・・・また逝きそうよ!あなた・・・パンパン”、母は全裸でベットに四つん這いになり

父の一物を差し込まれていたんです。

母が目を瞑り、喘ぐ姿に股間はビンビンになり、そのまま射精してしまったんです。

慌てて部屋に戻ると、汚れたパンツを履きかえ洗濯機に放り投げると眠りにつきました。

その日から、俺は母の裸の姿を思い浮かべオナニーをする様になり、時々両親の寝室を覗く様になりました。

それから1年程経って、兄は私立高校に進学。

家から遠かった事もあり、父の実家(祖父母の家)から通う事になりました。

週末も部活や勉強で忙しく1回/月程度しか帰って来ません。

兄が家を出て3ヶ月が過ぎた時、今度は父親が海外転勤に決まったんです。

母は一緒に着いて行きたそうでしたが、俺がまだ中学生だったので父親が単身で向かう事になりました。

父が海外に向かって数日が過ぎた時、俺は久々に両親の寝室の前で足を停めました。

そっと部屋の戸を開け中を覗くと、母が1人オナニーをしていたんです。

”あぁ~あなた凄い感じるわ・・・イィ~もっといっぱい頂戴”目を瞑り妄想しながらバイブを差し込んでいました。

部屋の外で俺は、母のエッチな姿を見ながら肉棒を握り絞め激しく動かし射精しました。

更に2ヵ月が過ぎた頃、母が仕事を始めると言いだしたんです。

父親の仕送りでも十分だったと思いますが、昼間暇を持て余している穴埋めだったんでしょう?

午前10時から夕方4時までのパート作業だった様ですが、働きなれない母には辛かったんでしょうか?

数週間も過ぎると、精神的なものなのか?夜眠れないと言うんです。

病院から軽い安定剤(睡眠薬)を貰って寝る様になりました。

数日が過ぎた時、母が夕食の片づけを済ませ風呂から上がると、いつもの薬を飲んでソファーで寛いでいました。

ふと母を見ると、”グゥ~グゥ~”とイビキをかきながら母は眠っていたんです。

”お母さん!寝ちゃったの?”体を揺すっても全く起きる気配がありません。

”お母さん!ここに寝てどうするの?ベットに行きなよ”そう言って母の顔を軽くペタペタしても起きないんです。

心の中に眠る欲求が湧き上がると同時に鼓動が激しく鳴り始めました。

母の体を揺すりながらそっと母のおっぱいに触れたんです。

サイズD?Eと言う感じで手の平から溢れるサイズです。

しかも何とも言えない柔らかさ・・・。

ノーブラだった母のパジャマのボタンを外し、生乳を曝け出しました。

ピンクの綺麗な乳輪に小さ目の乳首が2つ。

30代半ばという年齢ですが、張もある形のいいおっぱいでした。

顔を近づけ匂いを嗅ぐと何とも言えないいい匂いです。

小さな乳首に吸い付き、チュパチュパと吸っていました。

それでも母は全く反応が無く、俺は遂に母の下半身へ手を伸ばしたんです。

パジャマを脱がせると、白いレースのパンティが現れ、レースからは陰毛が薄ら透けて見えます。

パンティの上からマンコの匂いを嗅ぐと、洗剤の香りと女性のいい匂いがします。

頭が真っ白になる中、母のパンティを脱がせ生まれてきたマンコを鑑賞しました。

毛が薄めで、色白肌の母でしたがマンコ周辺はちょっと黒ずみその中に一本の縦線が走っています。

2本の指で割れ目を開くとピンクの綺麗な穴が現れ、しっとりと潤っていたんです。

指を這わせると、指に透明な汁が絡み付き糸を引くのがわかります。

顔を近づけ舌で汁を堪能した俺は、ズボンを脱ぎ怒り狂ったチンポを母のマンコに押し付けたんです。

ズルズルと吸いこまれる様に中に入って行くと、何とも生暖かくグイグイと締め付けて来ました。

”気持ちイイ!”初めての女性器への侵入でした。

本やDVDで見た様に腰を動かすと、これまた気持ち良く俺は直ぐに絶頂を迎え母のお腹に大量の精液を吐き出しました。

ハァハァ息を荒らしながら母の顔を確認しましたが、全くと言って母は気づいていません。

それどころか、ヨダレを垂らしながら深い眠りに付いているんです。

俺のチンポは1度では満足出来ず、フル勃起から納まらなかったんです。

母を全裸にした状態で抱きかかえ、母の寝室へ運んだ俺は、母を四つん這いにさせバックからチンポを差し込んだんです。

父と母の繋がった姿を思い浮かべながら、俺はパンパンと腰を動かし母のマンコを堪能し続けました。

その日は3回母のマンコで抜き、パジャマを着せて寝室を後にしたんです。

翌日も、母が寝静まった頃に部屋に侵入し、母を全裸にすると思う存分楽しみました。

そして、女性の生理と言うものも知ったのも母の体ででした。

パンティを脱がせた俺は母のパンティに付けられたナプキンを目にしたんです。

何だかわからず、俺は母のマンコに差し込んで驚いたんです。

抜かれたチンポにベッタリと血が付いていて驚きながら母にパンティを履かせ部屋を出たんです。

鼓動が激しくなりながらパソコンで色々調べ、生理で有る事を知ったんです。

言葉は聞いた事がありましたが、実際見るのは初めてでした。

最近は、母の口にチンポを押し込んでみたり、お尻の穴に指を入れて見たりしています。

母はエッチなのか?

熟睡しながらマンコは濡れ、感度良好です。

What do you think of this post?
  • エロいいね (21)
  • エロくない (4)

厳選記事PICKUP!