【隣の人妻体験談】マッサージを人妻にした際、全身を舐め回し自分のつばでべとべとにしました。

bandicam 2016-02-03 14-24-46-024
まずは登場人物確認から

私(直之 43歳 会社員)妻と2人暮らし、結婚して10年経ちますが、子供なし。妻は看護師をしていてお互いすれ違い。

隣の人妻(麻友奈 28歳 専業主婦)ご主人と結婚して3年。最近ご主人が出世して、忙しいらしく帰りが遅いのにやや不満あり。ぽっちゃりした体型も悩みの1つ。

お隣のご主人が年末押し迫った12月に1ヶ月の長期出張にあたってしまった。

隣の奥さんとは、私が出勤時間に、ゴミだしをされることが多く、エレベーターでちょっとした会話をする程度の仲です。



そして、ご主人の出張の話を聞きました。

以前、自分のスタイルに不満があるということを聞いていた私は、1度マッサージを施術する提案をしてみました。

実は今の仕事につく前に数年やっていたことがあるので、麻友奈さんも安心して了解してくれました。

次の日、私は仕事休みで1人だったので、麻友奈さんに声をかけ、自宅に来てもらいました。

コーヒーを飲みながら、世間話をしました。

私はご主人が帰ってくるまでの1ヶ月で5キロは減量できると約束しました。

そして、最初にサイズチェックをしてマッサージに入ることにしました。

正直、麻友奈さんはぽっちゃりというよりはややデブ気味です。

ちなみに、麻友奈さんのサイズスペック

身長:167センチ 体重:65キロ バスト:102センチ(自称 Fカップ) ウエスト:68センチ ヒップ:92センチ

といった感じ。

ブラカップは、店で測るのが恥ずかしいらしく、店で一番大きいのを買っているらしい。

正直Fカップということはないでしょう。

私は、麻友奈さんのことを、全身くまなくゆっくりとマッサージをしていきました。

麻友奈さんも安心して預けてくれています。

1時間ほどでしょうか。体もほぐれ、いい感じになってきています。

正直、麻友奈さんから、やらしい吐息が漏れ始めています。

しかし、私は毎日のストレッチをいくつか教えて、次の約束をして帰ってもらいました。

その後2度ほど繰り返し、4回目のマッサージの日が来ました。

順調に効果が体型に現れている雰囲気もあり、本人も最初に比べるとやる気が違っています。

ただ、それと同時に、毎回マッサージしていて、吐息を漏らし、やや違った感情も出ている様子なのですが、帰らせている私。

前回は、家に帰らせた後、玄関口で耳をそばだてていると、かすかにオナニーしているような声が漏れていました。

この日は、麻友奈さんに水着に着替えてもらうようにお願いしました。

ためらいながらも私の手渡しした水着を持ち、別室で着替えに入る麻友奈さん。

数分後、白のビキニ姿で私の前に現れました。

正直、麻友奈さんのおっぱいはとても隠しきれるものではありません。ヒップもむっちりしています。

今日は、床にシートを引きその上に寝てもらいマッサージを始めました。

事前に用意したオイルを全身に塗りマッサージをしました。

オイルの中には、ネットで探した媚薬が混ぜてあります。

おそらく、マッサージ中に反応するでしょう。

今日は媚薬効果もあり、30分もしないうちから、麻友奈さんからスケベな吐息が漏れ始めました。

さらに腰をくねらせ両脚が脱力していき、自ら股間を晒すようなポーズをとり始めています。

さらに、電マを用意し肩から初めて、全身当てていきます。

麻友奈さんからは、吐息ではなく激しい喘ぎに変わっていきました。

麻友奈さんは耐え切れず、大量の潮を吹きました。

さらに、全身痙攣状態になり口から唾液も漏れています。

私は、麻友奈さんの全身を嘗め回し、自分のつばでべとべとにしてやりました。

次に、両脚を閉じれないように足首にロープを巻きつきソファーの足元にくくり脚は閉じれません。

開脚した股間に顔をうずめ、ひたすら下を這わせ続けました。

私の顔にも麻友奈さんは潮を噴出してきました。

私はジャージをずらし、チンポを麻友奈さんに見せ付けました。

真上に反り返ったチンポは充血し、先が先走りで、ぬれかかっています。

麻友奈さんは断ることなく、チンポを銜え込み激しく上下させてきます。

喉の奥まで銜え込み、よだれで、チンポはじゅるじゅるです。

私は仰向けになり、麻友奈さんに跨るように指示すると、自らの手でチンポを導き、マンコに挿入していきました。

麻友奈さんに自分で気持ちよくなるよう動かすようにさせました。

102センチの爆乳はバチバチと音を立てながら上下左右に揺れ動きヒップの重みが私の腰にかかってきます。

しばらくして、体位を正常位に変え今度は私のほうが、腰を動かし、麻友奈さんを突き上げていきました。

大量のザーメンは、麻友奈さんの爆乳にねっとりと発射しました。

その後も時間のある限り、2人は交わり、3度の発射をさせました。

大量に体液を発散し、体を動かし、結局これが一番の痩せの効果かもと思うくらいです。

その後も日にちが会うたびにSEXを繰り返し、ついにご主人が帰ってくる日になりました。

私は麻友奈さんにある提案をしました。それは、今まで体型を気にするあまり着なかった露出の高い服装でご主人を迎えることです。

上は身体のラインが出やすいフィット感のあるセーターですが、襟周りがざっくりで、肩や胸元が見え隠れしています。

下は、タイトスカートで、膝上20センチ近く、もうパンチラ寸前です。

そして、ご主人が帰ってきました。ここからは、後で聞いた話です。

1ヶ月ですっかり変わった麻友奈さんに驚いたご主人は、その日出張帰りで疲れているにもかかわらず、朝までがんばってくれたそうです。

年が明けても麻友奈さんのマッサージ通いは続いています。いや、マッサージというよりは、SEXがよいという感じでしょうか。

今では、家の中でSEXしたり、外に連れ出し、露出プレーで楽しんだり、麻友奈さんはただのぽっちゃりさんではなく、やらしいメス豚といいましょうか、性処理相手としては抜群の相手になりました。

実際、痩せるかどうかは気持ちの持ちよう、マッサージとかで痩せるというのもまあそんなことないといいますか、、、。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!