【黒人女性との体験談】日本のAVを研究してるかのようなエロ偏差値の高い女性〈前編〉

puigpyfoyu
言葉が出来るというだけで潜り込んだ会社で、アフリカのプロジェクトチームに回され、入社3年目でいきなり海外事務所に転勤となった。

現地在住15年の支店長と俺、あとは現地採用の外人が2名。

そのうちの1人がマティ・なんちゃかんちゃら・キザイヤさんだった。

彼女は父親がマグレブ、母親は黒人。仏独英伊アラブと父親の国の言葉を使いこなす才女で、日本語もカタコトだけど話せる。

前の夫はスウェーデン人、今の旦那はドイツ人、というインターナショナルな人だった。自己主張も強いが仕事も出来る彼女は、俺のことを出来の悪い弟みたいに可愛がってくれていた。



マティさんは、おそらく30歳くらい。つやのある薄めの黒い肌に、びっくりするくらい大きな目、いわゆるタラコ唇に高い鼻、巨乳で脚が長くて腰が細く、銀縁の眼鏡を掛けていた。ヒールを履いて俺と同じくらいの背の高さだ。

もう1人の現地人、(デブの白人、奥さん日本人、子沢山、アニメ好き)に言わせると、

「マティは気が強いから怖いよー。旦那さんも大変だよー」ということだ。

そんなある日、マティさんとデブと3人で昼飯を買いに行くと、やたらとデカい黒人2人が怒鳴りながら、店のショーウィンドウを鉄パイプで割っていた。

立ちすくむ俺たちにいきなり椅子を投げつけると、連中はいきなり襲ってきた。

無意識に5歳からやっている空手が始めて役に立ち、二人の鼻に綺麗に俺の正拳が決まった。

これは俺が強いわけではなく、日本人相手だと無意識にかかる心理的な制御が、黒人相手だとゼロになる、というだけだ。

はじめに鉄パイプがかすったのか、俺の頭から血が流れ始めた。俺は逆上してしまい、道に倒れた黒人のマウントをとってひたすら殴った。もう1人は倒れたときに頭の打ち所が悪かったのか、ピクリとも動かない。

駆けつけた警官に引き剥がされて我に返ると、黒人の顔はぐちゃぐちゃになっていた。

俺は二人の警官に道に押さえつけられ、「動くな!!」とピストルを頭に突きつけられた。

マティさんが大声で「その黒人よ!!日本人じゃないわ!!」と叫んでいる。デブ白人から連絡を受けた支店長がのんびり現れ、警官と話し始めた。

俺と支店長は警察病院に連れて行かれ、その後事情聴取されて帰らされた。

店の人からも話を聞いたらしく特にお咎めはなかったが、実はビビッて色々漏らしていたので下半身が気持ち悪かった。

その日からマティさんの態度が急に変わった。ふと気づくと強烈に色っぽい目で俺を見てたりする。

嬉しいが彼女は人妻だ。旦那さんは写真で見る限り熊のような大男だし、おまけに彼女の親父さんは、前のご主人が浮気した時仲間を集めて半殺しにしたという話を聞いたことがある。

変なことをしたら殺されかねない。普段から胸元の開いた服が多いマティさんをなるべく見ないようにした。ポロシャツなんて着られた日にはもうたまらんのだ。

時々スーツっぽい服も着てくるのだが、これはこれでエロすぎる。

ある日皆で帰りに一杯飲みに行こうとすると、めずらしくマティさんも一緒に来た。シャツは胸元が大きく開いて、白いタンクトップから谷間が見える。エロ過ぎる。

ネックレスが谷間にあるから見ざるを得ない。あの胸に顔を埋めて寝てみたい。俺の横に座って何故か身体をくっつけてくるので、当然勃起状態だ。

帰り道が同じ俺と2人きりになった瞬間、マティさんは、いきなり俺の腕を組み、胸を押し付けながら、「あなたの家に行きたい」などと恐ろしいことを言い出した。

そういえばこっちに来て半年、一回もセックスしてないなあ、エスコートでも呼んで抜いとくべきだった、と思いつつ流されるまま一緒にマンションに入った。

狭いエレバーターの中で、マティさんは俺に腕を絡めて大きな目でずーっと見ている。当然胸もあたる。もうたまらん。

1人暮らしには広すぎる家に入ると、彼女はすぐに抱きついてきた。俺はたまらず、グレープフルーツみたいなおっぱいを揉みまくった。

香水の匂いもたまらん。エロモード全開で俺に絡みつくマティさんは、もの凄く強い目力で見つめ、俺のものをズボンの上からさすり始めた。

「私のことは嫌いなの?」

「そんなわけないじゃないですか」

べろべろと俺の顔まで舐めるマティさん。シャツを脱がし、黒のブラの上から弾力たっぷりの胸を揉みまくる。マティさんも俺の上半身を裸にして、乳首や胸を舐め回す。

ソファやベッドに行けばいいのだが、なぜか勢いあまって一気にズボンとパンツを降ろしてしまう俺。彼女は俺を見つめながら、硬くなったモノを逆手に持つと2,3回ゆるゆるとしごき、そのまま跪いて大きな口を開けて咥えてくれた。

急な展開についていけてない俺を尻目に、マティさんはゆっくり顔を動かす。今まで彼女がしゃぶってきたモノの中では、一番貧弱なんじゃないか。らくらくと根元まで咥えて、そのまま舌でタマから括れまで丁寧に舐める。

スウェーデン人とドイツ人、ヨーロッパでも有数の変態大国の男にみっちり仕込まれた絶妙のテクニックだ。左手で扱かれながら括れと先を赤い舌で舐められていると、すぐに限界に達しそうになった。

「すいません・・。もう終わりそうです・・」

ちなみに俺の言葉は常に丁寧語だ。くだけた言葉を話すレベルではない。

マティさんは大きく口を開け舌を出し、左手を太股に置き、右手でゆっくり大きくしごき始めた。

俺は「はうう・・・」と情けない声を上げながら彼女の口に向けて発射した。勢いがついて眼鏡に掛かったやつを、マティさんは指ですくって俺を見ながら舐めた。どんだけエロ偏差値高いんだよ・・・。

呆然と裸で立ち尽くしていると、マティさんはパパっと全裸になり、俺にバスルームの場所を聞いた。日本人ではありえない体型だ。

お尻の位置は高いし凄いボリューム、胸はツンと上を向いたままプルンプルンしている。俺の農耕民族丸出しのプロポーションが恥ずかしすぎる。

シャワーがこれまた最高だった。仁王立ちの俺の全身を素手で洗いまくるマティさん。普段気の強い彼女が何故こんなに献身的になるのかどうにも信じられない。

立ったまま背中を胸で洗われた時には、これを教えたのは日本のAVを研究している奴に違いないと思った。バスルームの鏡に映る、黒い身体と黄色い身体。これはダブルで興奮できる。

後ろから抱きつかれ、首筋を舐められながら両手でしごかれると、俺はまた限界に達した。

こんどは「ううう・・・」と呻きながら壁に向って発射すると、マティさんは立ったまま身体をかがめ、お掃除フェラを丁寧に丁寧にしてくれ、指に絡みついた出したものをしゃぶって笑った。

ようやくベッドにたどり着くと、膝立ちになった俺の正面に四つんばいになり、口だけで喉の奥まで咥えてくれる。

仮性包茎の悲しさでフェラも痛く感じがちな未完成人間なのだが、マティさんの口の中はよだれが多いのか全然痛くない。長い舌も色々なところに絡まってくる。

ヘルスのフェラより全然プロっぽい・・。この人、今までどれだけの人種の男に仕込まれたんだろう・・。

あっというまに上を向いた俺のモノの下側を、顔を傾けて舐めながら、

「コンドームは持ってる?」

と聞くマティさん。すいません用意してません、と答えると、OKっと言いながらぴょんとベッドから降り、玄関に放り投げた自分のバッグから箱を取り出すと、アホみたいに膝立ちで待っている俺のところに戻ってきて、口でつけてくれた。だから経験豊富すぎるって。これが世界標準なのか?

そのまま綺麗な黒い脚を絶妙に開いて仰向けになったマティさんに、俺は覆いかぶさった。綺麗にそりあげたあそこに先をつけると、下から腰がぐっと上がってすんなり入った。

正直日本での経験値も少ない俺が偉そうに語るのも恥ずかしいが、マティさんの中はキュキュっと締まって、今まで味わったことのない感触だった。

中でうにょうにょ動き、モノの先っぽが引きずり込まれる感じがする。

オナニーより気持ちのいい身体は情けないことに初めてだ。もう2回も出しているのに、すぐ限界がきそうだ。

備え付けのベッドなのでスプリングが古いのか、俺が腰を入れるたびにギシギシ凄い音を立てる。

太股で俺の腰をがっしり挟み、俺の肩を持ったマティさんが、まさにエロそのものの顔をして俺を半開きだけど大きな目で見つめてハアハア喘いでいる。

俺の腰の動きが少し遅くなると、下から絶妙のリズムで腰を回しながら突き上げる。俺も外人っぽくオウオウいいながら腰を打ち付け、ムオーとか呻いて3発目を出した。

そのまま谷間に顔を埋めて、ハアハア言っていると、マティさんは俺の顔を両手で掴み、舌を入れてキスをしてくれた。

「私の身体は気に入りましたか?」とマティさんが敬語で聞いてきたので、俺はおっぱいを舐めながら、最高です、こんな気持ちのよい経験はしたことがありません、と答えた。

俺はおそるおそる、マティさんみたいな美人が、なんで俺なんかと、と聞くと、脚を絡めて背中に爪を立て、頬をこすりつけながら、

「あの時守ってくれました。獣みたいに強かったです。普段子供みたいなのに男です」

と囁き、あのクズ達を殺してしまうつもりだったんですよね、あいつらの顔が壊れていました、セクシーです、私は従属したいと思いました(うまく訳せません・・)とちょっと怖いことも言い出した。

それだけのことでこんな極上ボディとやれるなんてラッキーだ、と俺は思いながら、胸を揉んで舌を絡めていると、また元気になってきた。

マティさんは俺の胸、腹筋と順番に舐めながら、横向きのままパクッと咥えた。

私にもさせてください、というと、咥えたまま俺の頭をまたいだ。匂いは結構きつかったが、綺麗にそりあげたマティさんのあそこを必死に舐め上げた。しばらく69を楽しんだ後、俺は思い切って、

「バックでしたいんですがいいでしょうか」

と聞くと、マティさんは四つんばいになって最高にボリュームのあるお尻を高く上げた。

俺はぎこちなくコンドームを装着したあと、大きなお尻を掴み、一気に生で突っ込んだ。俺はフンガフンガいいながら、腰に手が届かないのでお尻に爪を立てて必死で腰を振った。

マティさんの脚が長いので、俺は殆ど1人立ちバックの状態になったが、太股の付け根にあたるマティさんのお尻の丸みが最高に気持ちよかった。俺はなぜか絶叫しながら発射した。

2時間で4回も出したのに、何故か賢者モードにはならなかった。

マティさんは俺の身体に長くて黒い手脚を絡めて、大好きだの肌がすべすべで気持ちいいだのとずっと囁いてくれる、俺は横に寝ながらおっぱいを揉んだりしゃぶったりしているうちに、不覚にも寝てしまった。

朝起きると横にマティさんは居なかった。俺の貧弱なモノと稚拙なテクニックに幻滅して帰ったんだろうか、と悲しくなり寝室をでると、俺のTシャツだけを着たマティさんが、台所で朝ごはんを作っている。

たいした材料はなかったはずだが、卵やらソーセージやらサラダを用意している。俺がおはようございます、と言いながら近づくと抱きついてきて舌を入れる。おっぱいが当たって気持ちいい。

「もし嫌でなければ、来週から一緒に住みたいです」

俺はあせり、でもダンナさんがいるでしょ?と聞くと、

「大丈夫です。でもあなたが嫌だったら同居は続けて通います。」

と言う。俺はよくわからなかったが、嫌なわけないです、とだけ答えた。

マティさんは気にする様子もなく昨日の服を着て俺と一緒に出社した。支店長もおっさんも別に何も言わない。マティさんも特に何も言わないが、時々俺を強烈に見つめている。タバコを吸いに外に出ると、支店長も、お、俺も吸うか、と言って付いてきた。

2人きりになっても別に何も言われない。俺はこの上司を信頼していたので、思い切って、

「あのあと、、マティさん俺の家に来たんです・・」と告白してみると、

「あれから彼女はもう君に夢中だよね。いやーいいなあ。あのあたりの女性は、一度惚れたら尽くして尽くして尽くしつくすことで有名なんだよ。素晴らしいなー、あんな美人に惚れられて・。あの時の君の目は、僕でもゾクッとしたもんねー」

などと暢気なことを言う。で、、でも、ご主人がいるんですよね、会社に迷惑がかかったら、、と俺が聞くと、

「いいんじゃない、どうせ事実婚だしあの二人。」

とあくまで暢気だ。

「一緒に住みたいって言うんですけど、社宅ですし、、」

「いいよいいよ、本社も誰も知りやしないよ。若いんだから一人で住むよりそっちのほうがいいって」

とまったく気にする様子もない。

午後にデブ白人と二人で取引先に行く途中も、

「僕にもカラテ教えてよ。いいなー。マティは帰りに書類取りに行くって言ってたよ」

「書類ですか?」

「そう、事実婚解消の書類でしょ?落ち着いたら家に呼んでくれよ」

とこちらも気にする様子は全くない。

週末、俺はマティさんの家に呼ばれ、ダンナさんの目の前で荷物の運び出しを手伝った。

ドイツ人は俺とは一言もしゃべらず、最後にマティさんにハグをしてあっさり別れた。

そんな感じで急に始まった同棲生活だが、異常に濃い毎日だった。

【黒人女性との体験談】日本のAVを研究してるかのようなエロ偏差値の高い女性〈後編〉へ続く

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!