【鬼畜体験談】上司の奥さんが寝ている間にウンコを漏らす悪戯をした③

zxghgfjfgj
【鬼畜体験談】上司の奥さんが寝ている間にウンコを漏らす悪戯をした②の続き

実は、あれからも何度か上司の美人妻、孝子さんに悪戯する機会があってやったのだがいつもワンパターンの悪戯にちょっと飽きてきたので何か目新しい事はないのかと色々と考えていたw

しかし、全く気づかないバカ夫婦w

美人だけどオツムは弱いのか?w

何とか孝子さんに一人の時に悪戯する機会は無いものだろうか・・とずっと考えていた。いつも上司の存在が気になってw

いやそれでも、かなりの悪戯してるわな。



だが、やはりいないにこした事はない。

機会を伺う事、数ヶ月ついにチャンスが巡ってきた。気が長いな俺w

上司が更にその上の上司と関西方面に出張に行く事になったのだ。

思わずガッツポーズw だが、だからと言って簡単には無理だな・・上司のいない所に訪ねて言ってもまず入れてもらえないな。変に警戒されても今後困るからな。

さてどうしようか、侵入には困らない、何故なら以前、マンションの合鍵を造らせてもらっているからなw だがまだ悪用した事はないぞ。まぁなるようになるかw

そして無事に上司は5日間の出張へと旅立ってくれたのだ。さて、もうある程度の計画は立てている、はやる気持ちを抑えて一日、二日と過ごし、勝手な想像だがそろそろ一人が寂しくなるかなと思う三日目に孝子さんの好きな餃子をお土産に渡しに行ってみた。

もちろんただの餃子ではないw 俺様特製の睡眠薬をたっぷり吸い込ませ、タレにも混ぜ混んでやったのだ。

ちょっとくらいの味なら餃子のニンニクが消してくれるだろうし、マッコリも持参して「自分これ飲めなくて一度開けたんですけど良かったら」と手渡す。

もちろんこちらも睡眠薬入りだw 孝子さんは俺を招き入れようとしてくれたのだか、そこはキッパリとお断りしてマンションを後にしたのだ。エライだろ?w

これから車の中で時間が過ぎるのをじっと待つ。時刻は19時少し前。

もし、あの餃子とマッコリを口にしてくれなかったら計画倒れになる。じっと待つこと2時間、非通知で一般電話に掛けてみた。10回ほどコールで留守電に切り替わる。ならと孝子さんの携帯に着信を入れる。

こちらも留守電になる。履歴が残ってしまうので「先ほどはお邪魔しました、餃子とマッコリ、お口に合いましたか?では失礼します」と入れておく。完璧w

しばらくたってもバックコールもない、お風呂か?さらに一時間経過、さすがにこれは寝てくれたなと思い、用意してきた悪戯グッズを手に車から降りて部屋に向かう。

玄関のチャイムを鳴らす・・・・応答無し、ならばと合鍵でゆっくりとドアを開けた。リビングからはTVの音が聞こえる。

足音を忍ばせリビングに、そっと様子を伺うとソファーに寝転ぶ孝子さんがいたw

テーブルには俺が渡した餃子の空箱とちょっとだけ残っているマッコリが置いてある。よし!!大成功ww おそらくはかなりの量の睡眠薬を摂取しているだろうから起きる事はないなw

アルコールと睡眠薬は危険らしいが体が健康なら死ぬことはないらしいから大丈夫だw 

睡眠薬には短期型と持続型があるのだが両方を飲んだ事になるwまぁ当分目は覚めないw ちょっと大きなイビキが気になるが心配ないだろ?w

睡眠度合いを確かめるために大きな声で名前を呼ぶ、反応無し。反応されても困るかw 体を強く揺さぶる、こちらも反応無し。

そしてビンタを強く2、3回w

大イビキのまま、まったく反応しないやw

さっそく全裸になる俺w 自慢の皮被り粗チンはすでにヌメヌメ、ビンビンw

自分で言うのもなんだが実にお粗末だw

孝子さんのウンコの方が長くて太いなw

昏睡状態の孝子さんもブラジャーとパンツだけにしてやった。いつもは上司もいたし目覚めた後で衣服の乱れに気付かれると厄介なので慎重にしていたが今日は孝子さんの中では自分一人w 

多少いろんな事がおかしくても酔っていた自分のせいだと思うしかないだろうw そう、目覚めた時には素っ裸状態にしていくつもりw

どうせ薬のせいで記憶はプッツリないのだからw まずは黒いブラジャーを引き上げて乳首を拝見、前にも書いたがあまりオッパイには興味がない、どちらかというと貧乳で乳首は異常なほどデカイw

寝ているのにコリコリに立っていて俺の人差し指の第一関節くらいはあるw

子供はいないので色はピンクに近いベージュという感じw

そしていよいよブラジャーとセットモノらしい黒いパンツを脱がせた。

これもいつもの様に真っ白くなったオリモノがこんもりと盛り上がり付着している。

いつもの事なのでやはりオリモノが異常に多い体質なんだろうなw美人なのにw

美人だからこそマンコもキレイにしておかないとね。孝子さんw パンツからは何とも言えない臭いがw 常人ならかなりの悪臭に感じるだろうが俺には最高のエロ臭だ。

どれどれ、悪臭の元を検査しましょうか。

年齢の割りにはかなり小ぶりなビラビラを開く・・いくら風呂に入る前とはいえ普段からあまり洗わないのだろうか、真っ白いバターの様なオリモノがビラの谷間や複雑に入りくんだマンコの隙間にたまっているw 

クリトリスも包皮をめくるとこれまたカスで真っ白にww

俺はそのカスを綿棒できれいに落としてやったw かなりの臭いだがたまらないw

いつもならそれを口にしながら一発発射だがw 今日は孝子さんの口に入れてやる。

だらしなく口を開き半目で寝ているw

美人も台無しだなw 綿棒を口に入れ舌にマンカスを塗りつけてやるw唾液で溶けていい感じだw 自分のマンカスを食わされる美人妻w うーん萌えるわw

さて今度はうつ伏せに、俺の1番大好きなお尻を検査しましょうねw

しかし何度見ても最高の尻・・いやケツw

程よく肉付きが良くてやや垂れ気味な典型的な和尻。触り心地もスベスベして気持ちがいい。ではこの尻肉に隠された1番恥ずかしい部分を見てやりましょうw

う~ん・・こっちも白いカス付きw

ティッシュペーパーのようだ、しかも点々と付着w ホントに顔とのギャップで下半身は汚いなw 顔を近づけて臭いをクンクン・・あぁ、肛門の臭い、癒されるわぁw 酸っぱい様なツンとする臭いにほのかな便臭、ヤバイ、逝きそうだw

対象に放射状にきれいに整った肛門は俺が今まで見てきた中でも1番だw

もちろん臭いも1番w 軽く開くとキュッと反応する。叩いても起きないのに肛門は反応するんだなww  

さていよいよ本格的な悪戯を開始しようかw

まずは部屋にブルーシートを敷いて孝子さんを真ん中に転がす。

マンコにはたっぷりのローションをヌリヌリwとろんとろんにしてやる。

意味は無いが手錠をしてみる、征服欲が満たされるw これが上司の奥さんだからまた萌えるな。

股をこれでもかと開いてみる、そこに電マを強で押し当てた。

少しのけぞる様に動いたが起きる気配は全くないw さらにシリコン製のディルドをゆっくりと挿入、かなり大きく太いヤツだがローションのおかげか、はたまたユルマンなのかスッポリ根元まで飲み込まれたw

いや決してユルマンではないなw

俺のチビチンでもすぐ逝くのは経験済みだからな、いや俺が早漏なだけなのか?w

グチュグチュと音をたてながら出し入れするたびにめくれあがるマンコが物凄くいやらしいw  時々、ピクンと体が動くのだが無意識に感じているのだろうかw

それとも苦痛を感じているのかw

ディルドを抜くとローションと混じり合ったマンコ汁がドロリと垂れ流し状態。

そのまま肛門に指を入れてみる。

なんなく中指がスッポリ入る、更に奥まで押し込むと指先が障害物に当たるw

そう、肛門の奥の障害物w ウンコちゃんw

いつもは入り口付近にいるのだか今日は恥ずかしいのか奥に隠れているようだw そーっと指を抜いてみる。爪の中にはウンコちゃんが隠れていたw

クンクン・・・臭っ!!アハハ、そりゃウンコだもの臭いわなw 顔に似合わない臭いだw 俺のウンコより臭いかもなw

肛門にもたっぷりローションを塗りつけてマンコに入れていたディルドの挿入を試みる・・かなり大きいのでさすがに無理か、だが肛門を丹念に指で揉みほぐしながら時間をかけてチャレンジ・・先っぽが入るとあとは無理やり押し込むw 

かなりキツいが半分まで飲み込んでくれた、ゆっくりと動かしたが孝子さんは寝たままだw

20センチくらいはあると思うディルドを肛門に差され寝ている光景はある意味異様だなw

俺はそれを見ながら我慢できなくなり孝子さんの顔にたっぷりとぶちまけてやったよwしごきだして30秒とかからなかったw 

肛門のディルドを抜こうとしたらカリの部分が引っ掛かり抜けなくなったw

ローションを足してみるがいっこうに抜ける感じがしない、仕方なく力づくて引き抜いた・・・体が大きくのけ反り1度起き上がりまた倒れ込む、ふぅ・・危ない・・

が、肛門が切れたのか大出血・・ちょっとやり過ぎたかw 腸壁を傷つけてしまって出血したのならちょっと面倒な事になる。

血塗れの肛門を良く見ると出血は外部なので肛門が切れただけだw

太いウンコしたら誰でも経験あるだろ?

ハハハ、最低な野郎だと思うヤツ沢山いるんだろうなw なんか血を見て更に興奮してきた俺は肛門を舐めた。もちろんまだ出血してるので口の中には血の味が広がる。

俺は今、孝子さんの肛門から流れる血を舐めているんだ、そう思うと体中の血が逆流するほどの興奮なのだ。

口中にたまった唾液と血液を孝子さんの口に流し込む、まだ俺の精液が顔にたっぷり付着していたのでそれも指先で口に押し込んでやるw

マンカス、精液、涎、血液、色んなモノを飲み込む孝子さんww 可愛いよな。

お尻を虐めるのはこのへんにしておこう。

あ、後で浣腸はお約束だけどなw

しかし、鬼畜な俺のチンポ、一向に収まる気配がないw また出したくなってきやがったw

俺は鬼畜な事に今、出血が治まったばかりの肛門にチンポを入れたのだ。ディルドで広がった肛門は俺の粗チンなんか楽々と飲み込む。

もちろん生挿入w病気なんか怖くないww 入り口は広がっていても中はさすがにキツい、まぁ腸に出し入れしてるんだから当たり前w 

所詮マンコだって内臓だろww 慎重に動いてもまた血がにじみ出してきた、ならば一緒だろうと激しくピストン・・・ふぅまた1分もたずに腸内中出ししてやった。

チンポを抜くと更に裂傷が広がった気がするがもう遅いww

かわいそうなので舐めてやった。

精液と血とほんのりウンコちゃんの苦味がするw  マンぐり返しの体勢にして肛門を良くみてみると裂傷は大したことはないのでまぁ一安心だw

それよりマンぐりでも起きないほどの昏睡が少し心配になってきたよw

量がヤバすぎたかな?とは言え今さらの話なので仕方ないw 逆に何でもできるんじゃね?との開き直りだw

マングリついでに浣腸してやろうかw

持参したのはイチジク浣腸10個入り、アダルトショップで買った100CCの浣腸器、グリセリン原液、それから孝子さん宅の冷蔵庫から牛乳を拝借w

またマンぐり返ししてまずはイチジク浣腸を5個続けて入れてみる・・・少しするとお腹がギュルルルーと鳴り出す、昏睡していてもお腹の傷みは感じるようで体をモゾモゾと動かしている・・だがマンぐり体制で俺がガッチリとロック状態なので苦しそうに呻いていたww

ようはまんぐり返し状態の孝子さんを後ろから顔に股がくる姿勢で両腕で尻辺りを抱えている形だww

もう大好きな孝子さんのマンコも肛門も目の前にある、しかも股間越しに顔が見える何ともたまらん状態なのだ。

お腹は鳴れども排泄には至らない・・

俺はさらに残りの浣腸を追加してやった。

合計10本、300CCが注入された、普通の状態ならたまらず大噴射だろうがなんせ熟睡と言うより昏睡状態なのでw

まんぐりのこの状態で大噴射が始まったら俺も孝子さんもウンコちゃんまみれなのは必至だがもちろん俺はその状態を待ち望んでいるのだ。さらに10分近くが経過した。

いよいよ孝子さんも苦しそうに呻き声を出し始め体を捩らそうとする、しかし意識は覚醒していない。

そろそろ噴射も近そうな気配、お腹を揉んでみる、グルグルグルー、キュキューと音が大きくなる、肛門から茶色い水状のウンコちゃんがチョロチョロと流れ始めたw 

孝子さんのお腹を伝い流れ首元まで筋になる、その後からゴボゴボと音を立て固形のウンコちゃんと下痢の様なウンコちゃんが仲良く肛門を盛り上げ出てきた。

目の前数センチで見るとかなりの迫力だよw期待したような大噴射はしないが途切れる事なく大量のウンコちゃん達が出てくるw 

すでに俺も孝子さんもクソまみれw 途中何度もブーー、ブブッと湿った大きなオナラをしながら肛門からしぶきをあげてウンコちゃんを出す。

時々マンコからは粘り気のあるオシッコがチョロチョロとw

長い長い排泄がやっと終わって見ると俺の胸から股間、孝子さんのお腹から首までがクソだらけ、笑えるくらいの大量クソが出たw

今排泄を終えたばかりの肛門をきれいに舐めてやる・・知ってるか?ウンコってかなり苦いんだぜw 

まんぐり返しから仰向けに戻す、ブルーシートの上はまさに糞尿まみれ床にも流れ出しそうになっていたので慌てて拭き取るw

風呂場から洗面器を持ってきて固形になっているウンコちゃんを救出w濡れタオルで孝子さんの体を拭く、髪の毛にも染みていたがまぁ適当にきれいにしてやった。

俺はブルーシートを持ってシャワーで体とシートを洗ったw ここではたと閃くw

そうだ剃毛してあげようww まぁ孝子さんのヘアーはそれほど多くはないがいっそパイパンにしてやろうか、俺の仕業とはまずばれる事はないしもしかしたら酔って自分でしたのかもと思わせればいいのだw

俺は洗面所からワキ毛処理用と思われるカミソリを持ってきてマンコを傷つけないように入り口や肛門付近の無駄毛まできれいに処理してやったw

熟女のパイパンはワレメからビラがはみ出して妙にイヤらしいな。

まだウンコ臭いマンコを舐めてやる、それからコンドームに孝子さんのウンコちゃんを詰め込んでディルドの出来上がりw

それを口に含ませる、もし歯が当たったりして破れたらもろにウンコちゃんを食べる事になるwそれも見たいが後が大変なのでそっとフェラさせた。次はマンコに挿入、柔らかめのウンコディルドが孝子さんの卑猥なマンコに出入りしている。

俺はたまらなくなりマンコにチンポを入れ腰を振った、やっぱり生は気持ちいいなw

俺が刺激に弱いのか孝子さんのマンコが名器なのかあっという間に中出しで昇天w

安全日とか関係ないwふぅ気持ちいいな。

グチョグチョのチンポを孝子さんの口でお掃除させた。こうして書くと短いが実際にはかなりの時間が経過している。

相当効いているようで相変わらずイビキをかきながら昏睡状態だw大丈夫だよな?w

ここで俺は洗面所に行きもうひとつ洗面器を持ってきた、何をするのかって?ハハ。その上に跨がりふんばったw

ネチネチと音を立てながら俺のウンコちゃんがこんもりとw 臭いな・・孝子さんのウンコちゃんとそんなに変わらないのに何故か嫌悪感を感じるw

クスコを取りだしまたマンぐり返しにする。

もう分かったかな?そう、クスコで肛門を開き、俺のウンコちゃんを孝子さんのお腹の中に詰め込んでやったのだww

それなりの量が全部入ったのだ。

孝子さんの次の排便は俺のウンコちゃんw

それから俺はさっきのウンコディルドと孝子さんのウンコちゃんが入った洗面器を持って風呂場に入る。結構な量だw

全身にウンコちゃんを塗りたくりコンドームを口に加える。

チンポをシゴキながら肛門にウンコを詰め込んでは出してを繰り返しイキそうになると口の中のコンドームを噛んで破った、一気に口中がウンコで一杯になる。

吐き気を我慢して飲み込みながらまた大量に射精してしまった‼何度も吐きそうになったが我慢してすべてを胃に収めたよw 

しかし、苦いのはなんとかならんのかねw

あの苦味が吐きそうになる原因だな。

もうチンポから顔までがクソだらけw

荒い流す作業が面倒だw

リビングに戻ると全裸の孝子さんが転がっているw

俺はそろそろ帰る支度を始めた。

まず持ってきた道具をひとつひとつ確認しながらしまいこむ。よし、OK 、次に使った洗面器などを元の場所に。こちらもOK!

風呂場の床に剃毛して毛の付いたままのカミソリを転がしておく。

排水溝の網のウンコちゃんなどをきれいに流しておく、一応指紋なども拭き取る。

そして孝子さんの脱がせた衣服を床に散らばせて、OK だ。

あ、もちろんあの汚れパンツはもらって帰るよw

さて、目覚めた時、どうなるかなw

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!