【巨乳との体験談】今までで一番スリルのある興奮したオナニーとなりました

bandicam 2016-03-27 02-04-18-584
今年度社会人になった新人です。

あらかじめ説明させていただくと、私はそこまで巨乳フェチでもおっぱい星人でも無い。

今日までは。

きっかけは今しがたの出来事でした。

自分の同期は同じ支店で4人います。



男3人女1人で4人の仲は良好で、よく4人で呑みに行くし日帰りのプチ旅行にも行きました。

同期の女の子は、顔は可愛い方だと思う。目がパッチリして、色白です。

身体は…背は166センチと高めで、太くは無いけどムチムチしていて、エロい身体をしています。

もちろん胸も大きくて、男ならついつい胸に目が行ってしまいます。

彼女に対して恋愛感情は無くても近場にいる女性だということもあり、性の対象にしていました。

一緒にいる時間が長いと、胸の谷間が見えることや、スカートの奥が見えることがあり、胸が自然に当たってしまうこともあって、彼女を性の対象としていたこともあったと思います。

つい最近まで、同期で遊んでいたことからいつも幹事をしている私は、今日も彼女と会った際に飲み会しようと声をかけました。

今日の彼女はなぜか歯切れが悪く、2人で呑みに行こうと言うのです。

雰囲気がおかしく、何かあったことだけは悟って2人で呑みに行きました。

呑みながら彼女から話を聞くと、他の同期から交際を申し込まれたが、お断りしたことからしばらくは皆で呑みに行くのは控えたいとのことでした。

彼女は輪を乱して申し訳ないと言って、いつもより呑んでいました。

そしたら案の定、彼女はフラフラで帰る頃には完全に酔っぱらいです。

早めの帰宅となりはしましたが、タクシーを拾って彼女のアパートに行きました。

彼女はなんとか部屋の鍵を取り出して、ベッドまで連れて行くとそのまま寝てしまいました。

オートロックなんて完備されておらず、この帰るのも物騒だと考え、しばらく暗い彼女の部屋で待機していました。

まだ23時にもなっておらず、暇を持て余してスマホゲームやネットサーフィンをしていたら、ここのサイトに行き着きました。

みなさんの巨乳体験を読んでいると無性に興奮を覚え、日頃から性の対象にしている無防備な彼女の身体を触りたいと思いました。

胸は最後にと、初めにストッキングの上から脚を触りました。

太もものムチムチ感が素晴らしく、スマホのライトでスカートの中を照らして薄い紫の下着を拝みました。それと同時に写真も撮りました。

続いて、唇を奪いました。

酒臭かったのですぐに辞めて、首や髪の匂いを嗅ぎました。

彼女はいつも香水のいい匂いで、今日も変わらず匂いを嗅がせていただきました。

既に興奮して勃起していたのですが、最後にとっておいた胸を触ることにしました。

ブラウスの上から触った初見は、大きくて、私の手の平には収まらないサイズでした。

軽く揺すって、揉んだ後でボタンを上から外して行きました。

ボタンを一個ずつ外して行くのがとても興奮しました。

ボタンを外し終え、キャミソールの上から同様に触り、キャミソールをまくり上げて、下着。

お揃いの薄い紫の花柄で、カップに胸が収まり切っていないようにも見えました。

動画に切り替えて、ブラジャーをずらしていきました。

現れたのは、予想よりはるかに大きい胸と、やや大きめの乳輪、乳首で色はほぼピンクでした。

触ってみたら今まで経験したことの無い大きさと柔らかさでした。

ここまで彼女は起きるような気配が無かったため、そのまま彼女の胸を揉み続けました。

揉んだことで形が変わるところや揺らせばプリンのように揺れるところをスマホに収めることが出来て大きな収穫となりました。

優しくではありますが、吸ってみたりもしました。

言葉に言い換えることの出来ない、巨乳の素晴らしさを実感しました。

私は、気が付くと自分の息子をいじっていて、ズボンから取り出してしごくことにしました。

片手で彼女の胸をまさぐり、片手では自分の息子とじゃれあい、ほどなくして気持ちよくなりました。

彼女の胸にかけようかとも思いましたが、止めることにして手を伸ばしてティッシュに出して自ら処理しました。

今までで、一番スリルのある興奮したオナニーとなりました。

彼女の服は元通りに着せて、今は眠っています。

洗濯機の中を物色して、G70と記載されたブラジャーを見つけて、それを借用し、二度目のオナニーを行いました。

自分でも変態で最低な行為だという自覚はあります。

しかし、今日という日に巨乳の良さを知り伝えたいと思いました。

とてもスッキリしたので寝ます。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!