【女子高生体験談】初めてのフェラを一生懸命したが噛んでしまい、手コキにした

ytikjtydkytdkdktydk
高校生の頃の話です。

実は中学校が厳格なとこでえっちなことどころか、男女一緒に帰るのもだめ、そんな中学校だったので自由な高校ではそんな真面目な中学校時代を恥ずかしいと思い、見栄をはって男性経験もあるふりをしていました。

そんな私は実はグループでも男の子と一緒に遊んだりしたこともなかったのでちょっと集まって遊ぶだけでもすごく刺激的で楽しい毎日だったのです。

そんなある日、一人暮らしの友達の家で集まってお酒を飲んでました。

当然お酒も強くなく、気が付いたら私はうとうと眠ってしまったのです。



ちなみにその時のメンバーは男友達4人、女の子3人でした。

こたつで眠っているとなんだか足がくすぐったいな。。と思い目を覚ましました。

すると男友達の一人H君が私の脚を撫でていたのです。

私はすごくびっくりして起き上がりました。

H君も驚いた様子だったけど、何事もなかったように、○○は帰ったよ、とか酔ってない?とか話しかけて来ました。

隣の部屋は和室で当時付き合ってた二人が布団をしいて寝ていて同じ部屋はH君、私、女友達の三人で、男友達二人は帰った後でした。

とりあえず和室との間のふすまはあいているし、寝てるとはいえ女友達もいるし、脚を触ったと思ったけど気のせいだったのかな。。

そんな風に思いながら、H君と話をしてました。

ちなみにH君は結構かっこいいし優しくて、もてる子でした。

でも私は別に好きな人もいたし、H君とどうこうなるなんて考えてもいませんでした。

ただ夜中に二人きりで話をしていることに緊張して、変な質問とかしちゃってました。

そのうちにだんだんえっちな話になって行ったんです。

しつこいようだけど実はえっちな話にうとい私。

なんだか話について行けず、そのうちにH君が私に、

『あれ、もしかしてKって処女?』みたいなことを言って来ました。

驚いた私は顔がまっかになるのが自分でもわかって、下を向いてしまいました。

するとH君は私の顔をのぞきこんで、あやまって来てくれました。

そしてなんだか嬉しいやとか言い出したんです。

何が嬉しいのかわかんなくて聞こうと思ったらH君は突然キスをして来ました。

初めてのキスに驚きながらもぷにって感触がきもちいいな。な〜んて考えちゃってました。

H君はキスをしながら私の頭を撫でてくれて、もうきもちいいし緊張するし何がなんだか分からなくなってましたが、ふと隣で寝てる友達や好きな子の事を思い出しちゃって、『やめて』って小声で言いながらH君から離れました。

するとH君は私を抱き締めてもう一度キスをすると、今度は舌をいれて来ました。

なんだか力が抜けて来ちゃいましたが、自分のあそこが、じ〜んてなって来てるのが分かりました。

ふと目線を落とすとH君の短パンがぱんぱん。

私は初めて怖くなりました。

なんとか離れながら、

『○○(寝てる友達)が起きちゃうよ』

って言言いながら立ち上がろうとしたら押し倒されて、H君が私にまたがってました。

私は友達が気になったけど酔ってるせいか起きる気配はありません。

思わず何も言えずに私の上にまたがっているH君を見ると、じっとみつめあってしまいました。

するとH君は、

『ずっとK(私)の事が好きだった』

って言いながら今度は優しくキスをして来ました。

私は自分を好きでいてくれた事が嬉しかったけど、とりあえずどうして良いか分からなくて、他に好きな人がといいかけましたが、また今度は激しくキスをされて、ついにはTシャツの上から胸を揉まれました。

抵抗したけれどあまり大きな音を出すと友達が起きるし、何より緊張ときもちよさでほんとに力が入らなくなっちゃって。。

気が付いた時にはH君の手はTシャツの中に入ってきて、ついには下着の中の私の乳首をくりくりいじり出したんです。

私はあんとか声が出ちゃったけど、もうそんな事を気にする余裕はなくなってました。

今考えると友達は気が付いたかもしれません。

その後Tシャツを無理やり脱がされて、私は短パンにブラジャー姿になってました。

すごく恥ずかしくて、怖くて、私は震えていました。

するとH君は、『ごめん、でも止まらね〜。。』

と耳元で呟きながら私のブラジャーを外したのです。

思わず『きゃ』と言うとキスをされて、今度はH君が皆に気付かれるよとか言いながら私の胸を揉んだり舐めたりして来ました。

乳首たってるね、とか言われて、恥ずかしいながらも、私ももっときもちよくなりたいって思い出してました。

そのうち短パンも下着も一気に脱がされて、私ははだかになってました。

初めてあそこを人に触られた感覚は忘れられません。

H君は乳首を舌で転がしながら、私のあそこを触りはじめました。

H君がすごい濡れてるよ、とか、クリトリスが固くなってる、とか色々と言うから、私は余計に感じてしまいました。

そのうちにすごいぴちゃぴちゃ音がして、恥ずかしいって伝えると、じゃあ俺のもさわってよ、と大きくなったH君のあそこに、私の手を運んで行かれました。

私はどうやって触ったらよいのか良く分からなかったけど、手を上下にしているとH君はすごくきもちいいって言ってくれたので、一生懸命しこしこしました。

するとH君は挿入しようとして来たんです。

でも私は処女でそんな勇気がなかったし、さすがに抵抗しました。

それでもH君は無理やりしようとしましたが、痛いと言うと、やめてくれました。

やっとなんとかなったかなと思いながら下着を慌てて手にすると、後ろから抱き締められて、また胸とあそこを触って来ました。

目の前では開いた襖の向こうで友達がこっちを向いて眠っています。

私はドキドキしながら慌てて振り替えると、H君のあそこははち切れそうでした。

私は思わずもう一度触りながらH君の大きくなったあそこを口に入れました。

もう顎が外れそうと思いながら一生懸命フェラしてると、どうやら私は噛んでしまってたらしく、彼がいたがったのでまた手でしてあげることにしました。

お互いに触っているとH君は触るのをやめてと言うので思わず、『どうして?』と聞くと、『いきそう、Kを先にいかせてあげたい』と言いながら私もあそこをなめはじめました。

指をいれられると痛くてだめだったけど、クリをなめながらあそこをなぞって触られると超気持ち良くて、お尻まで汁がたれるのが分かりました。

でもやはり経験がないせいかいくことは出来ず、私もまたH君のをさわりはじめました。

H君は私の足が好きだと言いながら私の足にあそこをすりよせたり、また私がさすっている内に、『ごめん、もういく』と言って私の頭を押さえて口に入れさせました。

そしてH君は私の口の中で出しました。

とっても苦かったけど頑張って飲み込みました。

その後もH君はキスをしたりまたさわりはじめようとしたけど、私はほんとに友達が気になって、慌てて服をきて、飲み物を飲もうよとかはしゃいだふりをしながら、テレビをつけるとやがて友達がめをさましました。

H君からはその後も告白されたり色々あったけど、結局付き合いませんでした。

私の初めての手コキ体験でした☆

なんか長くなっちゃってごめんなさい。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!