【内科医体験談】いつもお年寄りや子供を診察してるので、久しぶりのJKにムラムラときました

lyfuoyufouyfouyf
私は38歳になる内科医です。

この話はまだ私が研修医を終わって、ある病院に勤務し始めた時の話です。

ものすごく興奮した記憶があります。

医者は給料が高いと言われていますが、みなさんが想像するような高額な給与をいただいてるわけではありません。

ですからどうしても別の病院の当直のバイトをしたりしています。



この話は別の病院に週末のみバイトに行っていた時のことです。

土曜の昼からはほとんどが暇になり、カルテの確認やら看護師とだべったりと、忙しくはないのですが、そんな時、17歳の女子高校生が母親と一緒に、左下腹部痛を訴えていて、診察に来ました。

患者は17歳で、普通の女子高校生で、身長は約160センチくらいでしょうか、なかなかのかわいい子で、いつもお年寄りや子供を診察してるので、久しぶりにムラムラときました。

(当時、彼女もいなかったものでセックスもごぶさたでした)

実際に診察室に入ってきたのですが、土曜の昼からは看護師も少なく、病棟に応援に行っていたので、私1人で診察することになったのです。

その子は制服のまま診察に連れてこられたみたいで、ネームを見ると、なかなかのお嬢様高校である。

昨日の夜から下腹部が痛くて、それでも無理して部活に行ったが、我慢できなくて病院に来たそうですが、私もまだ未熟な医者で、とりあえず診察後に詳しい検査をすることにした。

病歴なんかも聞いたが大きな病気にかかったことないとのことだが、腹部をひととおり触診も交えて診察し、排卵通の可能性もあるかも、と思い、母親も呼んで詳しい説明をした。

とにかく母親はどうにかしてくれと言わんばかりで、本人より母親を落ち着かせることに苦労した。

検査はレントゲン、超音波、尿検査、血液検査などを行うことにしたが、本人は少し戸惑っているみたいでしたが、医者としてはいい加減なことを言うこともできないので、そう説明した。

母親には詳しい内容と直腸診や外陰部や内診について話をし、手伝ってもらおうと看護師を呼んだが、忙しいとのことで、私1人でやれないこともないので、さっそく準備に取り掛かった。

まず女子高校生の本人には、制服を全部脱いで、検査着に着替えるように言って、下着も取るのですか、と聞かれたので、すべて脱いでください、と指示してカルテを書いていると、制服を脱ぎ始めたので、横目でチラッと女子高校生が制服を脱ぐのをチラ見しながら、母親に待合室で待つように言って追い出し、エコー室の鍵を取りに事務所に向かった。

その子はかなり抵抗した表情をしていたが、戻ってくると、検査着に着替えていて、

「下着も脱いだ?」

「は、はい・・」

なんか納得いかない顔をしておりましたが、私は気にせずにゴム手袋を持って一緒にエコー室へ行った。

その前にレントゲンを撮らないといけないので、そちらに行かせ、レントゲンを撮った。その時気づいたのだが、意外にバストは豊かであり、私の脳のスケベ心にスイッチが入ってしまった。

通常は医者としてはあるまじき事ではあるが、医者である前に男である。その辺は仕方ない。

ただ普通はレントゲン技師が撮影するが、私はあまり慣れていないため、その子に検査着の前を少し開けるように指示したが、私が指示したより余計に検査着の前を開き、張りのある豊かなおっぱいがあらわになり、そのおっぱいを見た瞬間、とうとう私の股間にスイッチが入った。

「もう少し上に行ってもらえる~」

そんな指示を出すたびに、白い乳房が揺れ、私の股間がだんだんと大きくなり、何かいたずらしたくてたまらなくなった。

いつもは診察で女性の胸は見ているが、若い女性を診ることはあまりなく、久しぶりに楽しい診察になりそうだと思った。

その子のおっぱいは豊かだが乳首が小さくピンク色で、さらに下半身はパンティもはいていない。陰毛は薄く、でもまだ男には触られていないような純粋できれいな肌で、余計私は興奮してしまった。

レントゲンを終える頃には、もう私は何も躊躇することもなく、そのままエコー室へ移動し、

「検査着は全部脱いでね」

そこ子はなんでそこまで・・、みたいな表情をしたが、実際にそこまでする必要はないが、これはもう職権乱用で私の思いである。

彼女はしぶしぶ全裸になると、横にならせた。

観念したようであり、顔は真っ赤になり、ベットに横たわる女子高校生の全裸は芸術に近い体で、今にもおっぱいにしゃぶりつきたくなったが、高ぶる気持ちを抑えながら、検査用のゼリーを取り、彼女の体に塗り始めたが、いちお彼女の下半身にタオルをかけると、いよいよである。

ゼリーは医療用であるが、ヌルヌルしていて、ローションほどではないが、気持ちがいいものであり、胸から下腹部に塗らなければならないが、最初、彼女の胸の上のところから塗り始め、乳首に差し掛かると、彼女の体がピクっと動いた。乳首に手があたり反応するということは、彼女は敏感である証拠であると勝手に思い、もはや検査でなく、私の趣味で体のいろいろなところを触った。

そのたびに彼女は目を閉じ、気持ちよさそうな表情をして、今にも喘ぎ声を出しそうなくらいになっていた。

エコーの診察も終え、タイルで彼女の体を拭き、

「異常はないみたいだけど、少し詳しく検診するね」

やさしく問いかけ、彼女も拒否はせず、私の言うがままに行動し、仰向けの状態で少しベットの端にお尻を移動させ、両足を大きく開かせると、まだ使っていないきれいな外陰部があらわになり、膣の入り口、小陰部を少しずつ開くと、だいぶ潤んだ膣口が見え、奥に処女膜が見え、少し指を入れてると、愛液が流れ始め、彼女の表情が声が出るのを我慢してるように見えた。

私はいけると確信した。この女子高校生は感じている、と。

彼女の処女膜を押すと愛液が少しにじんできた。

少しいたずらしてやろうと思い、小陰部あたりを指先で軽くクリクリとすると、

「あっ、・・・・」

思わず女子高校生の彼女の喘ぎ声みたいな、吐息みたいな声がもれたのが聞こえた。この子は感じている。確信した。

あまりしつこくすると、セクハラと間違えられるので、今度は彼女をうつ伏せに寝かせ、直腸診をすることにした。

私は迷わずに四つん這いになるように指示をした。

すると彼女は恥ずかしそうに仕方なく四つん這いになると、お尻の穴と膣の周辺がよく見えるようになった。

「もう少し両足を開いて、お尻を突き出して」

彼女は私の言うがままにおしりを突き出すと、肛門と外陰部がばっちり見え、ゴム手袋をはめて、ゼリーを指につけ、彼女の肛門に人差し指を挿入させた。

「あっ、せ、せんせい、あっ・・・」

「大丈夫だよ、少し力を抜いてみようか」

少し力を抜いたのか、アヌスの締り具合が緩まり、そのまま、す~っと指が入っていった。

「まだ痛いかな?」

「う、い、いえ・・・」

素直でかわいい子です。ほんとは、もっといやらしくするのだが、あくまでも診察で仕事なので、気づかれないようにしないといけない。

しかし彼女の外陰部あたりは、なんとなく愛液で光が当たり、輝いていた。

「はい、いいよ」

私はそう言うと、まだまだいたずらしたかったが、とりあえず止めた。

「たぶんね、子宮の左奥に軽い痛みがあると思うから」

他に異常所見はないので、私は四つん這いのままで、ティッシュでもう一度女子高校生のお尻の穴やおまんこ辺りを確認するようにきれいに拭いた。そして座薬を肛門から挿入した。

「明日、病院休みだけど私は病院にいるから、診察においで」

「は、はい、わかりました」

翌日彼女は時間とおりにやってきた。

昨日の制服も興奮させるものがあったが、今日の私服は、一段と私の性的興奮を高めた。

「私服もおしゃれだね」

「先生、あんまりおせじを言わないでください」

「おせじじゃないよ、嘘を言うのはきらいでね」

「よかった、嘘でもうれしいです」

「だからほんとだって」

なんか昨日会ったばかりなのに、今日の彼女と私はすごく打ち解けていて、いい感じであった。

「やっと明るくなったみたいだね」

「はい、もう痛みはありませんから」

「よかったね」

「それに先生に私のすべてを見られてますから」

なぜか私の方が照れくさくなったが、昨日は痛みもあって元気がなかったが、本来、この子は明るい子なんだと思った。

「じゃ、とりあえず、ベットに横になってくれる」

「はい、洋服はどうするんですか?」

「全部脱いで」

「え~、また脱ぐんですか?」

「いやなの?」

「先生に見せられない体なんです」

「見せられない体なら、なおさら検査しないと」

この子は下ネタの冗談が通じるようだ、しかし、最近の女子高校生はませてるな~、と思いながら、服を脱ぐのを横目でチラチラと見ながらカルテを確認しているふりをしながら、でも股間はもう硬くなっていた。

「はい、先生、裸になりましたよ、見てください」

「今日は素直だね、何かあったの?」

「いえ、ないですけど、先生だったら、見せたいんです」

「見せたい?何を?」

「だから、私のすべてです」

そう言いながら彼女はベットに横になると、私はまずは聴診器で胸、おっぱいの周りから下腹部を必要以上に診察した。

まったくもって異常はない。しかしこれで帰らせるわけにはいかない。

それに今日は病院も看護師が2人来てるけど、病棟にいる。

「じゃあ、次は昨日みたいに四つん這いになって」

彼女は言われるがまま四つん這いになり、私にお尻とおまんこがよく見えるようにしてくれた。

さっそく私はゴム手袋をして、彼女のお尻の穴から丁寧に時間をかけて診察していった。

そしてゼリーを指につけて、膣のあたりをクリクリとして、滑らかにして、今日は中指を挿入した。

「あ~ん、あ~ん、・・・う、う~ん」

明らかに彼女は喘ぎ声を出していた。昨日とはぜんぜん違う。

「どこか痛いとこある?」

「い、いえ、痛いよりも、いい・・・」

「いいって何が?」

「いえ、その、指が気持ちいい・・・・」

「もしかして感じてる?」

「う、うん、は、はい、・・いえ・・」

彼女は言葉になっていなかった。私はいけると思い、もう少し突っ込んでいやらしいことを聞いてみた。

いやな顔をされたら冗談でかわそうと思ってはいたが、

「指をこんな風にクリクリしたら気持ちいいのかな?」

「あ、あ、いい、いや、・・だめ・・」

「ちゃんと言わないと聞こえないよ」

「ち、違うんです・・・あ~、あ~」

彼女は完全に診察でない状態になっている。手袋の上からでもおまんこが濡れてきているのが、よくわかった。

「彼氏はいるの?」

「あ~ん、い、いえ、・・・いない・・・」

「自分でしたことあるの?」

「あ、あ、何を・・ですか・・・」

「オナニー・・・」

「いや~ん、恥ずかしいです~」

「これは診察だよ、清潔な指でしてる?」

「は、はい・・・あ~ん、あ~ん・・」

彼女はもう完全に我を忘れているようだった。

私はもう一線を越えようと思い、手袋を外し、いちお消毒して、クリトリスをクリクリと触ると、

「あ~ん、あっ、あっ、いや、だめ~」

「ここが気持ちいいの?」

「そ、そう・・・あ~ん、いくっ、いくっ、あああ~っ」

彼女は絶頂を迎えてしまった。そしてうつ伏せで倒れ込んだ。

何分か経過しただろうか、

「先生のいじわる」

「診察しただけだよ」

「いいえ、診察という名のいじめです、先生のスケベ」

「これは僕の仕事だからね、仕方ないな~」

「先生の仕事ってAV男優ですか?」

「そんなにうまかった?」

「もう、先生ったら、調子に乗って~」

それ以上は何もしなかった。彼女にとって私が最初の男になりたくなかったからだ、そしてこれは仕事でもあるからだ。

それから数日たっただろうか、彼女が病院に電話してきた。

デートしてほしいとのことだった。軽い気持ちでOK出したが、それから交際がスタートしてしまった。

そして彼女は大学へ進学していった。医学部に進学であった。

理由は私の診察に影響を受けたみたいだった。

私がしたのは診察ではなく淫察といったとこでしょうか。

数年後、研修医の彼女と大学病院で偶然出会った。

大学進学から1年くらいは会っていたが、私の仕事が忙しくなり疎遠になっていた。

しかし今、目の前にいるのは、きれいな女医になった彼女だった。

「先生、覚えてますか、またお願いします」

私は数年前のことですっかり忘れていたが、彼女のいたずらな表情がエッチなことをまたしてください、と言わんばかりだった。

彼女とは最後までエッチはしていないが、勉強はよく見てやったと思う。

だからこうして女医になっていると思う。

しかし、あのきれいな女子高校生がこんなにきれいになるとはね、思ってもみませんでした。

しかし私には今は家庭というものがあり、うかつに彼女と遊ぶわけにもいかず、またね、でかわしてる。

でも彼女を抱いてみたいのが本音である。きれいな女医さんに興奮しない男はいないだろうしね。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!