【泥酔女体験談】飲み会の帰りにパートの人妻さんが泥酔していたので家まで送り届けた結果wwwww

bandicam 2016-05-11 00-46-17-412
先日、衝撃的なことがありました。

私は酒が弱くて、飲み会でも乾杯で口をつける程度です。

あとはウーロン茶とかを飲んでるので、店に行く時も車で、帰りの送りにも使われてたけど、それが幸いしました。

飲めないくらいだから、いつも二次会には参加せず、一次会で帰る二・三人を乗せて最寄りの駅に送って帰るんだけど、その日も三人乗せたんだけど、その中に、ベロベロに酔った30代の既婚のパートさんがいました。

まずは近い私鉄の駅で一人降ろし、JRの駅で残りの二人が降りるはずだったが、酔ったパートは、一人で帰れそうもなく、自宅も近所だったので送る事になった。



家の前に着き、寝ていたパートを起こすと、「ここどこ?二次会は?えー、なんで家なの!今日は旦那が帰って来ないから、二次会・三次会に行こうと思ってたのにぃ。」と、ごねだした。

どうやら旦那の留守に、羽根を伸ばそうとして、一次会で、ハシャギ過ぎて酔い潰れたらしい。

なんとかなだめて、肩を貸して、抱きかかえながら家の中に入れた。

その間、腰に廻した手に、肉付きの良い身体の感触が伝わってきて、身体を支えられずに、ずるずると崩れそうになるのを抱え直してるうちに、腰に廻した手が脇の方まで上がり、胸の感触が…。

制服の上からでも、その大きさは、密かに目をつけていたが、予想以上に大きかった。

どさくさ紛れに、乳房の感触を楽しんでいたが、酔ってる彼女は何の反応もないので、次第に大胆に、胸を揉んだりしていた。

自宅の鍵が探せずに、モタモタしていたので、私がバックの中を探して見つけた鍵で開けたが、その際、中にあったスマホが目についた。

リビングのソファーに座らせ、コートを脱がしてると、「まだ帰っちゃダメ。ここで二次会する!」と騒いだが、すぐに寝てしまった。

さっきの乳房の感触が忘れられずに、彼女を起こす振りをしながら、彼女の意識を確認しつつ、乳房を弄んだ。

セーターの中に手を入れ、それでも物足りなくなり、胸の所のボタンを二つ程外してブラウスの中に…。

ブラも、掻い潜ろうとしたが、その大きさゆえに、中々上手く行かず、背中のホックを苦労して外し、緩まったブラを掻い潜り、生乳を堪能した。

生涯一番の大きさと感触だった。

同時に、さっき目をつけたスマホを取り、中をチェックしてみた。

アドレスをチェックし、妙にデーター数を消費している画像をチェックしたら、パスワードが掛かっていて、色々試したが、ダメだった。

乳房を揉みながら、彼女に話し掛けてみた。

「大丈夫?家に着いたよ。ん?何?本当に大丈夫?スマホのパスワード言える?」

寝ぼけながらも彼女が答えた数字を入れるとパスワードが解けた。

中の画像には、明らかに彼女が自分撮りしたと分かる、彼女の恥ずかしい写メが多数あった。

自分のスマホに画像をコピーし、更に画像で見た彼女の乳房を直に見たくなり、セーターを捲り上げ、ブラウスをはだけ、ブラを持ち上げ、生乳を拝見し、その圧倒的存在感に感動しつつ、むしゃぶりついた。

彼女が寝言のように、「帰っちゃダメ。苦しい脱がして。気持ち良い。もっとぉ。」などと言い始めたので、一応保全の為に録音した。

ついでに、彼女の恥ずかしい姿を何枚も写した。

パンツを脱がし、性器のアップまで撮り、指でまさぐると、溢れんばかりに濡れてきたので、とりあえず入れさせて貰おうと挿入すると、彼女が抱き着いてきて、すぐに抜こうとしていた事など忘れて、ガンガン突いて中に出してしまった。

やばいと思ったが、既に遅く、仕方ないから、彼女の服を脱がし、下着姿にして、寝室まで運んで、ベットに寝かせて、名残惜しかったが帰った。

翌日出社してきた彼女が、おずおずと話し掛けてきた。

「昨日、送ってくれたそうで、すみません。あの…私、覚えていないんですが、何か変な事とか言いましたか?」

と、聞きづらそうに言ってきたので、かなり脚色して、ごねて困らせた事を話した。

帰るな!と騒ぎ、勝手に服を脱ぎ始め、スマホの自分撮りの恥ずかしい写メを見せ、旦那の不満を愚痴り、触ってよ、揉んでよ、抱いてよと、近所にも聞こえそうな大声で騒いだので、仕方なく、なだめるように触ったりしてるうちに、やってしまった事を話すと(嘘だけど)、顔を真っ赤にして、

「ごめんなさい、恥ずかしい、どうしよう、私なんて事を。お願い、この事、誰にも言わないで。」

と言ってきたので、

「秘密は守るよ。俺にも引け目があるし、なんと言っても良かったから。良いスタイルしてるんだね。脱ぐと良く分かったよ。」と。

すると、顔を真っ赤にしながらも、嬉しそうな表情を覗かせたので、

「旦那さんは、今日もいないの?昨日は酔ってたから、素面の状態で、もう一度したいなあ。」

と言うと、瞳を濡らしながら、

「昨日のお詫びもしたいから、良ければ今日来て下さい。」

こんなに上手く行くとは思わなかった。

いつでも冗談に出来るように構えていたんだけど、杞憂に終わった。

その夜、酔ってない彼女と、全裸で縺れ合い、彼女の性欲の激しさ、欲求不満の貯まり具合を体感した。

Hな写真を撮ってやると異常に興奮する性癖も分かったから、これからが楽しみだ。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!