【老人介護体験談】元気なくせにヘルパーに介護してもらい、下の世話をさせる変態老人〈前編〉

bandicam 2016-05-11 01-15-56-076
「それじゃあ、おとうさん。また来るね」 

未央はそう言って、老人の住む家から出た。

未央が訪問介護を始めたのは、二ヶ月前からだった。

夫が上海へ単身赴任してから一年になろうとしている。

夫がいない解放感を味わっていた未央だが、在宅老人のヘルパーとして参加することにしたのだ。



「あしたの夕飯は、何を作ろうかな」

帰りの電車に揺られながらいつもそんなことを未央は考えていた。

自分が介護をしている久二雄は、71歳で寝たきりではないが自己生活能力に欠けていた。

最初の一月は先輩ヘルパーの手伝いだったが、介護が必要な老人の多さに、一人で任される様になっていた。

未央がなんとか勤まっているのは、幼い頃に亡くなった祖父の姿を久二雄にだぶらせているところが大きかった。

「おとうさん!今日の夕食はおとうさんの好きな肉ジャガですよ」

未央は部屋の中にあがり腕まくりをすると、昨日干して置いた洗濯物を取り込んだ。

手際良く掃除機をかけていると、

「未央さん、すまないけど尿瓶頼むよ」と久二雄が訴えた。

「ちょっと待ってね、今準備するから…」

未央にとってこの作業は苦手だった。

今年で27になる未央だが、やはり性器をさわるのは抵抗があった。

「じゃあ、おとうさん……はい」

寝巻きをまくり、下着を脱がしにかかるとそこにはすでに男としての機能は果たさないが隆々とした男根があった。

未央はその久二雄の男根を恥ずかしそうに支え持つと、尿瓶の口にあてがう。

実は久二雄の手足は不自由ではない。

脳梗塞の後遺症はリハビリによって回復し、スクワットや柔軟体操は欠かさない健康体だ。

それを隠して介護を頼み、格安で家事をさせている。

不自由な身体を経験しているので、上手く演技ができるのだ。

「未央ちゃん。扱い方上手だねえ。ご主人も単身赴任でかわいそうに」

「もう、おとうさんたら……」未央は顔を赤らめて言った。

最初の頃こそ、無口で無愛想だった久二雄だが、自分の世話をすることになった、美人で清楚な未央に興味をもっていた。

なにかと下の話をして、未央がどんな反応をするのか楽しんでいるのだ。

夕食も終わりそろそろ帰る時間がせまっていた。

帰り支度を始めた未央に久二雄が言った。

「未央さん…わしは風呂にはいりたくなった」

「えっ…今から…?…明日じゃ、だめ?」

「わしは今日入りたい!今日といったら今日!」

頑固な久二雄は言いだしたら聞かない。

未央は帰りのバスの時間が気になっていた。

バスが無くなると山道をかなり長い距離歩かなければならない。

しかし、それ以上に未央は頑固で素直じゃない久二雄と気まずくなるのは避けたかった。

「どうしても今日じゃなきゃ駄目ですか?」

「いやだったら、もういい!明日から来るな」

(あぁ…まずい…意地になっちゃった。しょうがないな…やるか)

「わかりました。それでは、お手伝いします」

風呂に湯を張ると、よたよた歩く久二雄を手で支えて湯船に運んだ。

「あぁぁぁぁぁ…いい湯だ」久二雄の満足気な声が響く。

「あっ、いけない」

未央は脱衣場にきて久二雄の寝巻きを準備しているときにはっと気づいた。

久二雄を風呂に入れる日には濡れても良いように、Tシャツと短パンを持ってきていたのだ。

暖かかったのでシャツとスカート、ジャケットは着てこなかった。

久二雄から自分の家まで片道1時間はかかる。電車にも乗らなくてはならない…。

「おーい、未央さぁん。背中たのむよ」久二雄が呼んでいる

「おーい….未央さぁん。背中ながしてくれー……」

「あ…あのぅ……あのぅ」

未央は曇りガラスになったドア越しに小声で言った。

「おぉぉぉ…….どうしたぁ…どうかしたのかぁ」

「お風呂用の服を忘れてしまって、濡れてしまうと困るので…」

「下着でもなんでもいいじゃないか。こんなじじいが相手なのだから」

「別にはずかしがらなくても……もう興味をもつ歳じゃないよ」

答えながら予想外の展開に久二雄はにやりとした。

「もう風邪引いちゃうよ。やるのやらないの。いやならそう言えばいい」

久二雄はわざとイライラしたように声を荒げた。

「や、やります。い、今、用意します。ちょっと待ってください」

身に着けていた明るいピンクのハイネックシャツと深緑のフレアスカートを脱ぎ、薄いピンクのレースの入った白いブラジャーと小さなパンティだけの姿になる。

未央は顔を紅潮させて静かにドアを開け中に入っていった。

「すいません。あんまり見ないで下さい」

レース部分から未央の胸の突起が透けて見える。

久二雄の視線は未央のその豊かな胸の位置から自然と下腹部へと下に移っていった。

薄い生地で出来た小さめの白いパンティからは未央の薄い蔭りが透けていた。

股間の部分は割れ目がくっきりと入り、若い女の恥ずかしい部分の形状を想像させる。

久二雄は入ってきた未央のあられもない下着姿を舐めまわすように見ていた。

「おとうさん! 背中を向けてください」

未央は自分の羞恥にあふれた姿をねちっこく凝視し続けている久二雄を促した。

「はいはい、分かりましたよ」久二雄は素直に応じた。

「それじゃぁ、頼むよ」久二雄は背を向けた。

未央は溜息をついて手ぬぐいに石鹸を擦りつけ背中を洗い始めた。

「あぁ、気持ちいい」久二雄は声をあげた

「そ、そうですか。喜んでもらえて良かったです」

「ありがとうね。未央さんは本当に優しいねぇ」

「なんかお礼がしたいねぇ。未央さんは何が欲しい?」

「……………………。………」

「あれ、未央さん聞いている?」

「は、はい。えーと、その気持ちだけ、気持ちだけで本当うれしいです」

未央に会話を返す余裕は無かった。

背中を流して行くうちにお湯がかかって、自分の下着が濡れて透けていたのだ。

胸の突起がまるで下着を着けていないかのように透けている。

決して濃いほうでは無い薄い茂みから割れ目までが濡れたパンティ越しに確認できる。

とその時、久二雄はくるりと向きを変え、未央の正面を向いた。

「未央さん。わし、ちょっと良い事思いついたよ」

久二雄の目に未央の生まれたまま姿が目に入ってきた。

「わっ、どうしたの?未央さん!」

ゴクッと久二雄は唾を飲みこんだ。

つんと上を向いて張りの有る形のいい乳房そして、薄い陰毛から覗いている割れ目。

実は久二雄は妻に先立たれてからも、射精は難しいが、時々風俗の世話になっている。

未央と出会ってからは一度でいいから、その若い肉体を弄くりたいという思いを募らせていた。

「きゃぁぁぁぁっ。おとうさん、向こう向いて。お願い!」

未央は手で胸と股間を隠しながら必死になって懇願した。久二雄は未央を無視してかたりかけ、

「こんな綺麗な未央さんに、いつも背中を洗ってもらってばかりじゃ、罰が当たる」

「そんな、仕事ですから…おとうさん。本当、恥ずかしいから、向こう向いてください」

「今日はお礼の気持ちを込めて、未央さんの背中を流してあげたいのだよ」

久二雄は後ろを向きながら話し続けた。

「何も出来ない一人ぼっちの老人に、せめてもの恩返しをさせてくれないかね」

久二雄は優しい言葉をかけながら、申し出に困って震えている未央を鏡で見ながら楽しんでいた。

「あの、本当気持ちだけで結構ですから。有難うございます。うれしいです」

突然の申し出に未央は悩んでいた。

「やっぱり……こんなジジイに触られるのは、未央さんは厭だよね…」

未央は自分が鏡に映っていることを気づかなかった。

「わ、わかりました。それじゃあ、お願いします」

未央はそう言うとくるりと背を向け、びしょ濡れになってしまった下着を脱いだ。

下着を脱いでいる時にも久二雄は未央の淡い繁みを覗いていた。

足をあげてパンティを脱ぐ瞬間に未央の性器が一瞬露わになる。

未央は胸を隠す様にして久二雄の前に背を向けてしゃがみ、お尻をついた。

久二雄は手ぬぐいに石鹸を擦り付けると未央の背中を洗い出した。

「どう?気持ちいいかい」実の娘に言うような優しい口調で尋ねた。

「ええ、何か懐かしい気がします」

未央は自分の思いすぎだったかもしれないと、少し反省しながら答えた。

「はい、次は腕をよこして」

久二雄は未央の腕を取って洗い始めた。

石鹸の泡から立て膝で押さえられた胸の突起が見え隠れしていた。

未央はすっかり、久二雄の事を信用して言われるままにしていた。

「じゃあ、未央さんこっちを向いて」

未央は素直に向きを変えて正座した。

未央は子供の頃に一緒に風呂に入った、祖父との楽しい思い出を頭の中に描いていた。

久二雄はタオルに石鹸をつけると、未央の柔らかい乳房を優しく円を描く様に洗い出していた。

まだ子供のいない未央の乳房は凛とした張りが保たれ、久二雄の手を弾くような弾力が備わっていた。

薄紅色いた輪郭の中心にある小さい蕾は、薄ピンク色で恥ずかしそうに揺れていた。

「あ、少し痛いです」

「おぉ、すまん、すまん。それじゃあ手で洗ってあげよう」

「えっ」

久二雄は自らの手に石鹸を塗りたくると未央の乳房を優しく撫で回した。

輪郭に沿って包み込む様にゆっくりと手を滑らせる。

ときおり久二雄の指がその先端にある敏感な蕾にかすかに触れる。

その部分は少しずつ硬度を高めていき、尖り出していく感触を久二雄は楽しんでいた。

「も、もう十分です。ありがとうございました」

しかし未央は体の中心から涌いてくる快感を覚えていた。

(やだ、どうしよう)

久しぶりの心地よい愛撫に未央の体が悦びの反応をしているのだ。

「もう少しね。これぐらいしかできないから」久二雄は優しい目をして言った。

「はいっ、オマタも洗おうね。腰を浮かせて」

【老人介護体験談】元気なくせにヘルパーに介護してもらい、下の世話をさせる変態老人〈後編〉へ続く

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

1 個のコメント

  • いやらしい熟女のオシッコや白の紐パンを汚す所を見せて欲しい変態です。そのオシッコやエッチな愛液で汚れた紐パンでチンチンを縛ってくれるキレイでいやらしいおばさんのペットにして欲しいです。舐め犬を飼いたいおばさんに飼われたいのでよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    厳選記事PICKUP!