【寝取られ体験談】毎年、宴会行事があると大勢の男性社員に中出しされている妻

bandicam 2016-05-16 14-10-23-035
私の妻知子は先月35歳になったばかりの美人ではないけど、かわいい感じのスラッとした、スタイルのいい女性です。

妻は私と結婚する前から、ある製薬会社で働いています。

私の職場でも妻の会社の医療機器を使っているため、消耗品等の部品を発注することがよくあり、世間で言うお得いさんになっています。

そのためか、うちの担当者から一泊での慰安旅行件忘年会に誘われました。

その担当は、私とそこで働いている妻が夫婦であることは知りませんでした。



つまり結婚した後に入社した新人さんがうちの担当だったためです。

私も妻の会社の社員旅行なんて行った事がなったので、楽しみにして妻を驚かせようと、内緒にしていました。

しかし驚かされたのは私の方でした。

当日、仕事が遅くなってしまい、遅れてその会場につくと、すでに皆さん出来上がっていて、中にはそのまま寝込んでしまっている人もいました。

その中で、会場の角のあたりで数人の男性が集まっていて、異様な雰囲気が伝わってきます。

私は妻を捜してうろうろとして歩きまわって見ましたが、姿が見えません。

そのとき角の集団から「毎年これが楽しみで、来てるんだぜ」という声が聞こえました。

?と思いその集団の中心をのぞくと、そこに妻がいました。

しかも服がはだけて、胸が丸出しです。

私「何やってるんだ!」と声に出しかけた瞬間。

妻「あぅー気持ちいいよー、、ぁぁ」妻の下には、一人の男が仰向けに寝ており、その男の物を受け入れ、腰をくねくねと振っていた。

男A「次は俺だぜ、早く終わらせるよ」

妻「やだーもっとするーあぁもっと奥まで突いてー」と腰を上下に振っています・・

妻は酒は好きだが、酔ってしまうと何をしているのかわからなくなってしまう。

過去にナンパされお持ち帰りされた事が何度か有った・・・泥酔状態で中出しされて焦った事も有った妊娠こそはしなかったが・・次は離婚という事で許したのだが・・・

そのことで俺は普段、妻が飲み会にいくときは、門限を決めて迎えに行っていた。

その心配していた悪夢が目の前で行われている。

男A「ちょっちょっと、知子さん!出ちゃうよ!」急に下にいた男が言ったがお構いなしに腰を振りつづけ、ついには中に出されたようだ。

その男達の異様な雰囲気に圧倒され、ただ呆然と見ている事しか出来なかった。

妻「まだー私逝って無いーおちんちん早くー欲しいー・・」

男B「知子さんほらさっきより大きいの有るよ」

妻「それ・それ欲しい大きいの待ってたのー」

私は目を疑いました其の男の物は黒人並の大きさでした。

妻は自ら其の巨根を握り締め自分の膣口にあてがい腰を落としていました。

ズブズブ・ズブと、巨根が全部妻の胎内に飲み込まれてました

この光景を男達はガン見しながら呆れた様子で話していました

男達「Bの巨根全部飲み込んだよ内の肉便器もうガバマンコに成ってるよ・・」

男A「あーあ之が毎年楽しみなのにもう事務員使い物に成らないな・・・」

妻「あん、あん、大きい、之よ之なの!!」

男B「知子さんのおまんこ締まるよ、」

妻「もっとズコ・ズコしてー掻き回してー」

妻は巨根に跨り激しく腰を振っていた。

男B「知子さん凄いよ奥まで咥え込んでるよ!」

妻「奥まで届くー子宮壊れちゃうー」

男B「知子さんの肉壷気持ち良いですよ」

妻の顔を見ると白目を向いていてアヘ顔に成っていました・・・

妻「あは・あは・腰が止まらない・・・」

男B「あっもう出そうです知子先輩中に出しますよ」

妻「熱い子宮に来るー赤ちゃん出来ちゃうー」

巨根の男も妻の膣内で果てました、チンポが抜けると妻のアソコから糸を引きながら精液がドロッと垂れてきました・・・よく見ると膣口が大きく穴を開けていました。。。

男CがBの巨根の余韻に浸っている妻を今度は正常位の形に寝かせています。

妻「まだするのーもう疲れちゃった・・・」

妻はこう言いながらも男達のなすがままに成り大股を開いています・・

男C「うわっBのチンポの後じゃガバガバじゃんスカスカだよ太平洋マンコだよ」

そんな屈辱的な事を言われながらも妻は残り4人の男達にも中出しされていました・・

最後の男が中出しした後フラフラな妻に今度はクスコを挿入していました

中を覗くと妻の膣口から子宮口が見えています、白濁液が溜まっていました

約8人分の精液です・・・男達が妻のアソコをカメラで撮影していました

ネットに流すみたいな話をしている社員もいました・・・

男性社員達が一通り中に出した後、その中の一人が俺に話しかけて来ました、巨根の持ち主でしたBこそがうちの担当だっんです。

「あ、来てたんですか、内の事務員とどうです一発?毎年恒例なんですよ酔うと肉便器に成るらしいんですよ・・ピル飲ませたから中出し誰でもOKなんですよ殆どの社員が中出ししてますから・・・」

私はカッとなったが、逆に異常な興奮もしていて、妻を押し倒していた。

妻はまだ酔いが覚めておらず、というよりその異常な雰囲気に酔っているようだった。

妻のアソコを見ると、白く泡立った精液が大量に溢れ、床に垂れ糸を引いている。

そこに自分の物を入れると、ツルッと簡単に挿入出来てしまいました・・・

Bの巨根にズボズボに拡張されていて中もヌルヌルとしていて抵抗がない状態にされていました。

大事な妻の中に出した男達に見られながら、妻を抱いていることに興奮し、私は激しく腰を振りました。

「毎年恒例だから、今年はうちの事務員さん独り占めしていいですよ中出しも勿論OKです」

担当が私に声をかけた。

妻の中に入れたまま抱きかかえ、自分の部屋へ連れて行った。

私はゲストだったため一人部屋だったから、誰にも邪魔はされない。

部屋の中でも、妻を抱き続けた3回は中出しした。

「よっちゃん(私)、なんでここにいるの?、、、ぁん」

やっと酔いが覚めてきたようだ。

「あん、、、、、、、ぁん、、、見てたの?」

「毎年なのか?」

「わかんない、、、あ、、、気が付くと、やられてるんだもん、、あ」

涙が出てきた、、、、。

妻も泣いていた。

事が終わって、じっくりと話を聞くと、私と結婚する前から、宴会行事の後には、誰かにやられていたらしい。

私と結婚して、門限を決められてからは無かったが、泊りがけの宴会の時には、やられてしまっていた。

妻にやられているときの内容を説明してやった。

起きたときにはいつも隣に一人しかいないので、複数にやられているとは、思っていなかったらしい。既にガバマンにされてしまったが・・・

私は妻に仕事と酒を辞めさせた。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!