【人妻との体験談】『フェラで5分イかないで我慢できたら中出しOK』との賭けを持ち掛けてきた出会系の人妻

bandicam 2016-05-16 14-24-26-843
出会い系で出会った32歳の人妻のアヤはフェラチオ上手だった。

自分でもフェラチオの技術にはかなりの自信を持っているらしく、

「5分イかないで、我慢できたら、中出ししてもいいわよ。」

なんていうオイシイ賭けを持ちかけてきた。

さっそく俺はベットに全裸で寝そべり、人妻の舌を期待に股間を膨らませて待った。



アヤは反り返った俺のペニスを眺めながら、ゆっくりと服を脱いでいき、豊満なおっぱいをおしげもなく、さらけだした。

パンティ一枚になったアヤは俺の足の間に座りこんで、俺の股間に手を伸ばした。

きれいに手入れされたツメの先で俺の太ももや足の付け根あたりをつつ・・・となぞる。

くすぐったい・・・でも、気持ちいい。

ツメから指先に刺激が変わり、じょじょにペニスの方へと近づいてくる。

このワクワク感がたまらない。

いよいよ指先は、玉袋に到達し、こちょこちょとくすぐられたり、指先をふわあっと広げられたりして、期待をさらに高める。

指がペニスの根元に届いたと思った瞬間、亀頭をあたたかい舌で、ぺろりと舐めあげられた。

予想していなかった刺激に、腰がびくんと動く。

「ふふふ。敏感なのね。」嬉しそうなアヤの声がラブホテルの部屋に響き、ぴちゃぴちゃとアヤの舌が立てるいやらしい音が続いた。

俺の亀頭は先の方からカリの方まで、丁寧に舌で舐め尽くされ、アヤの唾液と俺自身の先走りで濡れてびちゃびちゃになっている。

口の中に亀頭だけ含まれ、舌をまとわりつかせるようにからませたり、歯を痛くないようにそっとあてて、なぞったりと、バリエーションも多彩だ。

さすがフェラチオテクニック自慢の人妻なだけある。

顔を少し持ち上げて、ちらっとアヤの方を見ると、嬉しそうな顔で俺のペニスをしゃぶっている。

アヤは亀頭の先端からゆっくりと根元の方まで口に含んでいった。

「うう・・・。」気持ちよさに、思わず、声がもれてしまう。

絶妙のスピードと密着感はもうプロじゃないかと思ってしまうくらいの技術力だ。

手元で支えているように添えられている両手はさりげなく、俺のペニスを下の方にひっぱり、より強い快楽をサポートしている。

またゆっくりと、口が亀頭の先端に戻るまでの間にも、口内で舌が茎にらせん状にからみつき、引き止めるかのような歓待をしてくれる。

ヤバイ。

これはヤバイ。

はじまって、まだ2分も経ってないのに、イきそうだ。

焦る俺の心とは裏腹に、ペニスは与えられる快感に着実に頂点へと上りつつある。

「すごい・・・硬い・・・。」うっとりとした表情で俺のペニスに頬ずりし、舌でちろちろと刺激するアヤは淫乱という言葉を実感させてくれるいやらしさだ。

危機感を募らせた俺は、卑怯な防衛策に出た。

「こっちにお尻向けてよ。」アヤは俺をまたいで四つんばいになり、パンティにつつまれたお尻を俺の前に突き出した。

指先できゅっとしまったお尻なで上げると、「やだ・・・。」と振り返る。

ついでに、パンティをおろして、アソコをむき出しにした。

パンティを足から抜いて、下からアソコを見上げると、すでにたっぷりとした滴りがそこにあふれていた。

指でワレメをそっと撫でながら、「フェラチオしてるだけで、こんなに濡れちゃうんだ。淫乱だねー。」というと、

「こんなに硬くて大きいペニスが入るかと思うと、ワクワクしちゃうの。」

といいながら、輪にした指を亀頭の先端に添えて、口に含ませつつ、根元までゆっくりとおろした。

口と指のダブルの刺激で、セックスとはまた違った気持ちよさが俺のペニスを襲う。

負けないように、自分の唾液で濡らした中指をアヤのアソコに突っ込んで、ちゅくちゅくと出し入れする。

「ふ・・・うん・・・だめぇ・・・。」

アヤは俺の指に感じながらも、せっせと俺のペニスをしゃぶり、指で愛撫を加えてくれる。

指を二本にして、クリトリスも刺激して対抗したが、舌と指とのコンボ技と玉袋と蟻の門渡りへのツメなぞり攻撃に、俺のペニスはあえなく撃チンした。

発射を予告する余裕もなく、アヤの口内で精液が勢いよく飛び出してしまう。

アヤの舌はゆっくりと俺のペニスにからみついて、吸い上げるように精液を搾り取っていく。

今までのフェラチオでは感じたことのないような強烈な快感と脱力感が俺をつつんで、下半身がしびれたようになった。

身動きがとれないでいる俺の横に全裸のアヤが満足そうによりそい、「気持ちよかった?」とにっこりと微笑む。

くちびるは唾液でつやつやとひかり、オスのエキスを飲み込んでますますイキイキとしているようだ。

「すっげーよかった。中出ししたかったのに、我慢できなかったよ。」

まだ荒い息で答えると、アヤは早くも回復しつつある濡れたままの俺のペニスに指をそっとからめて、いやらしく笑った。

「もうできそうね?」アヤは俺の上に馬乗りになると、ゆるく立ち上がった俺のペニスをアソコにくわえ込んだ。

俺のペニスは新たな快楽に、すぐに完全に立ち上がり、臨戦態勢になった。

アヤは自分で好きなように腰を振り、俺のペニスを楽しんだ。

たまに腰を動かして、さらに奥にペニスを進めつつ、俺のペニスをくわえ込んでいるアヤのアソコや上気してあえいでいる顔を見ているうちに、俺もまた射精感が高まってきた。

下からガンガン突き上げて、アヤがイったことを確認してから、俺もアヤのアソコの最奥に、精液を吐き出したのだった。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!