【寝取られ体験談】家に帰ったら、妻が職場の上司2人を自宅に連れ込み浮気3Pしてました

bandicam 2016-02-23 00-46-49-136
嫁の美也子の、浮気現場を偶然見てしまいました。

まさか自宅に勤め先の上司二人を誘ってエッチにふけっていたなんて驚きでした。

でも美也子が二人の上司に挿入されてる姿を目の当たりにして、勃起してしまった自分が情けないです。

私の会社は小さな印刷会社で、たまたま暇だった土曜日に半日で終わっていい事になりました。

いつもは終わったら美也子に帰るコールをしてから帰宅するんですけど、この日は驚かせてやろうと、そのまま帰宅したのです。



すると自宅の前に、美也子の勤める老人福祉施設の車が止まっています。

今日は美也子は休みのはずですから、施設の人が急用で来てるのかとおもい家に入りました。

「ただいまぁ」

お客さんがいると思い、少し控え目に言ったのですが反応がありません。

リビングに入っても誰もいません。

すると二階から…話し声が・・・

二階は寝室と空き部屋しかないので、お客さんを上げるとは考えにくいんです・・・

階段の下から聞き耳をたててると・・・。

「美也ちゃん濡れてきてるね。そんなに我慢してたのかい」

って男の声が!

その一言で私は全てを悟りました。美也子が浮気してると!

何故か私の体が震え始めています。

心臓の音がドクドクとリビング中に響いているかのようでした。

ところが、なぜか私は怒鳴り込んで行く勇気よりも、美也子がどんな事をされているのか気になってしまったのです。

ソーッと階段を上がり、吹き抜けの途中にあるはめ殺しのガラスから、寝室の中を覗き込みました…

そこには福祉施設の制服を着た美也子が四つん這いになっていました。

スカートを捲りあげられ、パンティーの上からお尻や割れ目を、男に弄られていました。

驚いたのはもう一人男が居たことです。

つまり、美也子は二人の男を相手にしていたのです。

もう一人の男は全裸でした。美也子にペニスをしゃぶらせています。

「相変わらず美也ちゃんのお口は気持ちイイね何回でもイキそうだ」

相変わらずって事は、今日が初めてではないって事です。

そのうち美也子の割れ目を弄んでいた男が、パンティーをずらして秘部を曝しました。

なんと美也子のそこは、今まで私が見た事もない程に濡れて光っています。

「美也ちゃんのココ大洪水だよ!溜まりまくってるんだろう」

エッチな言葉を浴びせるように楽しんでいます。

美也子は喘ぎながらペニスをしゃぶり、お尻をクネクネさせながら、

「主任のチンチンちょうだい、早くぅ」

なんて言っています…

私の位置から、美也子のオマンコは主任の頭が邪魔になってよく見えなかったのですが、指を二本挿入しているようです。

「美也ちゃんのオマンコ、くちゅくちゅとイヤらしい音がしてるよ。奥の方から熱いお汁が溢れ出してくるよ!」

「主任そんなに刺激されたら、オシッコしたくなっちゃう」

「それなら美也ちゃんのオシッコ姿を課長と一緒に見ようかな」

「そんなの恥ずかしいから嫌ぁ」

するとフェラをさせているのが課長って言う事みたいで…

その課長が「まっちゃん!そろそろ交代してくれ。我慢できない」

そう言って主任と入れ替わり、美也子のバックに回り込みました。

フェラで激しく勃起したペニスを、いきなり美也子に挿入したみたいで・・・。

「んぁぁぁ!」

美也子の背中が反り返り喘ぎ声を出します

「美也ちゃんのオマンコ締まるなぁ・・・めちゃくちゃ気持ちいいよ!」

そう言いながら、課長は腰を使いを速めて行きます。

美也子もそれに同調するかの様に喘ぎながら、

「課長のチンチン気持ちイイよぉ!オマンコが溶けちゃいそぅ…もっと奥まで突いてぇ♪」

「そうかそんなにいいならこうかこうか?」

課長は激しい勢いで腰をぶつけます…

「あぁぁぁ!当たるぅ奥に課長のチンチンがぁ!」

「も、もう我慢出できん・・・美也ちゃん、中に…中に出していいだろ」

「いいの中に!中に課長の熱い精子いっぱい出してぇ」

その美也子の応えを聞くと同時に、課長は一際強く腰を突き上げた。と思うと「ううっ!出る!」と呻いて美也子の膣奥に熱い精子を撒き散らした

「ああぁぁぁぁ!課長ぉぉぉ!イクぅぅ」

その時美也子も果てたようでした…

課長が美也子から離れた時、膣から精液がドロッと流れ落ちました…

「課長どうです美也ちゃんのオマンコ気持ちイイでしょ?私が虜になったのも分かるでしょ」

と、主任。と言う事は、美也子はずっと以前から主任とは関係を持っていたと言う事である・・・。

「本当によく締まるオマンコだな。私もそんな経験がある訳じゃないが、家内とは全然ちがうな」

二人はそんな会話をしながら、次は主任が美也子をバックから責め始めた。

一気に挿入したらしく美也子の悲鳴じみた声が・・・。

「ひぃぃぃ!ダァめぇ!奥がぁ…壊れるぅ」

「いつもこれくらいやってるじゃないか! 美也ちゃんは激しい方が感じるんだよな」

そう言いながら主任は激しく腰を突き入れます

「主任のチンチンイイ!固くて気持ちイイ!」

「美也ちゃん、どこがどんなに気持ちイイの?」

「オマンコぉ!オマンコが溶けちゃうよぉ…主任のいつもの精子ちょうだい!美也子の子宮にちょうだい」

美也子が喘ぎながらおねだりしています…

続きはまた時間がある時に…

What do you think of this post?
  • エロいいね (2)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!