昨日、俺とセックスしたベッドで望まない男に、本気で感じている彼女

acfcfb5c
向こうは気付いていない覗き見感が興奮する の続き

その後の彼女と別れる原因になった時の事を書いたんですが、また、三文エロ小説みたいになってしまった、しかも長いしorz

周りのやつに言えなくて、なんかずっと微妙な気持ちのままだったの話なので晒させてください

補足1
彼女は、決してケツの軽いタイプではありません。
ただ、小学生の時のトラウマで、強引にされると萎縮して相手の言いなりになってしまうのです。
それでも娘のことが出てくるまでは、二人の関係に特に問題はなかったです。
セックスに関しても、明るい私の変態プレイにもつきあってくれるいい娘でした。

補足2
私は、とりあえず変態です。



季節の割には暑いある日、俺がかおりの部屋にいると、かおりからメールが来た。

ー今、部屋にいるよね?今から荒木さんと上に上がるから、隠れていてほしい。ー

「!?」

彼女の勤める店に「がまがえる」とスタッフに裏で言われている、荒木と言う40代後半のハゲデブがいる。

金はあるがいつも高慢な態度で話はかなり下品な下ネタばかり、スタッフにも他の客にも嫌われている。

同伴、アフター、送ってもらうときも二人っきりにはなるな、と注意がでるほどだ。

実際、無理矢理ホテルに連れ込まれそうになったスタッフもいるみたいだ。

客と買い物に行ってランチを食べて帰ってくる、それは聞いていたが、まさかその客とだったとは思わなかった。

ー大丈夫?ー ー絶対に出てこないでー

ーそれは、やられそうになってもってこと?ー ーうんー

俺は部屋を出ようと思ったが、エレベーターは一基しかなく、階段もエレベーターホールの前を通る。

店で何度も会っている俺は、絶対に見つかってはいけない。

俺は隣の部屋に入り、鍵を閉めた。1分後、玄関の開く音がした。

「じゃあ、どうぞ」かおりの声が聞こえる。

「何だ、いいところのにすんでるな……ここに座ればいいのか?」不遜で下品な声が聞こる、天井が高く、改装したばかりのこのマンションは一見高そうに見える。

「せっかくお前の為に買ったワインなのに、一緒に飲もうとか気が使えんのか」

すでに機嫌悪そうに、文句を言っている。

「やっぱり、部屋は恥ずかしいですよ」

かおりはわざと冗談風に話していた。

俺はそっとカメラをセットし録画ボタンを押して、隣の部屋を見た。
(構造上簡単に隣の部屋が全部見えるのだが、なぜかは伏せます)

今日のかおりは、白いブラウスに超ミニの赤いタイトスカート、黒いストッキングを履いていた。

白いブラウスはかおりの大きな胸をさらに強調しているように見える。

「暑かったなぁ」

「そうですね」そんなことを話し、かおりはグラスを用意し

ソファに座り、二人でワインを飲み始めた。

しばらく客は店への不満をグチグチ言いいながら、かおりの手を握ったり、太ももさわったりしていた。

「だめですって」

その度に軽く注意するかおりに対して、客は気にせずそのまま撫で続ける。

かおりは小さい声で

「…やめてください」

と言った。

すると客は猛烈にキレ始めた。

「いったい、お前にいくら使ってると思ってるんだ、少しぐらいサービスしようとは思わんのか!!」

「ママに言って、お前をクビにする事ぐらいすぐにできるんだぞ!」

もちろんそんなことはできない、かおりもそれはわかっているだろう。

少し経つと罵声はおさまった。

かおりは空になったグラスを持ってソファを立つと

「下げてきますね」

と言って、キッチンとトイレに行った。

ふきんを持って戻ってくると、客は立ち上がり、

「いいすぎたな、すまん」

とあやまった。

「いえ…」

あのまま続いたらどうなっていただろう、かおりは今、娘の親権争いで裁判まで起こされている。

田舎の金持ちの旦那の実家に対し、かおり自身も現在片親で苦しい生活をしているのでかなり不利だ。

生活レベルを安定させ、さらに裁判費用までつくらないと娘を取り上げられてしまう。

歩合の比率の大きい今の店の給料では、この客みたいに金を持っている客は今は切れない。

それを考えたら、絶対出てこないでと言うメールはかおりの決意なのかもしれないと思った。

かおりがふきんでテーブルを拭いていると、客はいきなり後ろから抱きつき、胸を掴んだ。

「店ではじめて見たときから、ゆか(店での名前)の大きなおっぱい揉みたかったんだよ」

気持ち悪い笑い声で、抵抗するかおりにおかまいなしに揉みまくる客。

ブラウスのボタンが取れたのか、下着があらわになった。

下の部分の少しだけ青いラメの生地がついてる全面黒レースのブラジャーだ。

客はブラジャーのカップ部分を両側に開き、こぼれたかおりの胸を直接揉みしだくと、

「部屋に上げたって事はおまえだって少しはいいと思ってたんだろう」

客は、自分の芝居じみた台詞に一人で興奮しているようで、

鼻息荒く乱暴にかおりの胸を揉み続けた。

客は下品に笑いながらソファに座り、かおりを引き寄せるとキスをした。

かおりは反応しない、それでも構わずキス続ける。

キスと言うよりも、唇辺りを舐めまわす感じだ。

かおりの唇周辺はべちょべちょになってしまった。

客はまた下品にグヘグへと笑いながら、

「後ろ向け、今度はお前が見せろ」

「いいか?自分でスカートをまくれ」

と命令した。

かおりは四つん這いになり、尻を客に向けスカートを上げる。

ブラジャーとそろいの黒レースの下着、そして尻に食い込むようにガーターベルトのストラップが見える。

「エロイ下着つけてるなぁ」

「そんなミニじゃ座ったらストッキングのレースが見えるもんなぁ、昼の店でもちらちら見えてたからな。」

「やっぱり誘ってたんだろ」

「ちがいます」

かおりは小さく言う。

客はまたぐへへと笑い、

「いやか?」

と聞く。

「……」

客はごつごつした手で撫でた。

「やっぱり濡れてるじゃないか、好きそうだからなお前は」

「他の客が言ってたぞ、好きモノっぽいって」

確かにかおりは、グラマーで男好きする顔をしている、それでよく誤解もされているが実際はそんな娘ではない。

客は、においを嗅ぐように鼻を近づけ、さらに舌を出してパンティの上から舐めた。

「いやっ、ぅぅん」

ビクッとして体を震わし尻を上げたまま突っ伏すかおりに、構わず顔を押し込み舐める客。

「ああっ、ああっ」

客はグヘグへと笑いながらなにか言っている、多分下品な事だろう。

「いやっ、はずかしいっ…やめてください…」

「おれがきれいにしてやるよ」

パンティを下すと、かおりの尻に顔を埋め、舐めた。

「はぁ…はっ…はっ、はぁっ…」

びちゃびちゃと音がし始め、かおりの口から吐息が漏れる。

「はぁんっ…、はぅああっんっ」

耐えきれなくなったように、声を上げると、嬌声が続く。

「はぁ、はぅ、ああぅん」

「んふぅ、いぃ、ああっ」

テレビとソファ、テーブル、それにベッドしかないシンプルな部屋にかおりの声が大きく響く。

客は少し顔を上げ舌をすぼめると、かおりのアナルに舌を差し込んでいく。

「いやぁぁっ、荒木さんだめです、あっぁン」

かおりは顔を上げ、のけぞった。

びちゃびちゃとアナルを舐め続けた客は、

「おまえのをきれいにしたんだから、おれものなめろ」

と言いまたソファに座った。

かおりは、ゆっくりと下からものを舐め、咥えると吸い付くようないやらしい音をたてて、顔を上下に動かす。

そしてまた、下の方まで舐めていき、袋まで丹念に舐めていた。

「どうだ、でかいだろう」

マヌケな台詞に吹き出しそうになったが、確かにでかい、客のものは想像以上に大きかった。

かおりは黙ってものを手に取り舌をだして舐めた。

そしてゆっくりとものを口に含んだ、ものがさらにでかくなる。

牛乳瓶以上はある。

かおりは口を大きく開けているが、やっと咥えている感じだ。

「いいぞ、いいぞぉ」

そう言って満足そうに立ち上がると

「胸でできるだろ」

と言った。

かおりは膝を立て、両手を使い、唾液でべとべとになったものを胸で挟んだ。

そして少し苦しそうに下を向き、飛び出ている亀頭を咥えると、体ごと上下に動いた。

俺もかおりにパイズリさせたことがあるが、俺のときとは全然違う。

おれのものではかおりの胸に全部埋まってしまい咥える事が出来ないからだ。

おれは何か悔しいような焦りのような気持ちでその光景を見ていた。

「うっ」と言う声とともに、かおりの顔に精液が飛ぶ。

かおりはものを胸から外し、手でしごいて口を開け、自ら、さらに大量の精液を浴びた。

「いいぞぉ」そういってグヘヘと笑う客。

口から外れた精液は、顔にかかり、胸にそして床にまで垂れていた。

「おまえもほしいだろ?」

「……」

かおりは黙ったまま、亀頭の先から垂れている精液をなめた。

客は嫌らしい笑みを浮かべかおりを見ている。

俺は飛び出していって止めたいと思った。

かおりが望んでしているのなら、何も思わない、見れてラッキーと言ったところか。

しかし、これがかおりの決意なのだろうか、そう思うと暗い気持ちになる。

どうにかしたいが俺の財力では、裁判費用を少し出すのが精一杯だ。

そんな感情に関係なく、おれは勃起していた。

そのときの俺は彼女がやられるところを見たいと言う感情と暗い気持ちが混ざり合っていたと思う。

客は、

「うしろを向いて、自分で開いてみろ」

と言って、かおりをまた四つん這いにさせた。

客は完全に自分に酔っている。

そして素直に言う事を聞くかおり。

俺のところからでは分からないが、

自分の尻に手を当て左右に開いているようだ。

「いくぞ」

そう言うと、客はかなりでかいものをかおりの中にゆっくりと入れた。

「ひぅっ、あっっ、あああっ」

かおりは逃げようとするが、客にしっかり腰を掴まれている。

そして、それでも左右に開いている手は外さなかった。

「あぅぅ…ああっ!」

少しずつものが中に入っていくごとに、喘ぐかおり。

「あぅ、あっ!!」奥まで届いた感じだが、客のものはまだ三分の一くらいは残っている。

「そらっ」客が一気に最後まで突き入れた。

「ひぁっ、ああぁっ!!」

かおりは、叫ぶように喘ぐ。

客の出た腹が邪魔しているが、それでもかなり奥までいってるだろう。

「あああっ、ああっ」

「あん、あぁんっ」

と腰の動きに合わせて声を上げる。

「思ったよりも簡単に入ったな」

すでに汗だくの客が、息を切らして腰を止める。

「荒木さん、おおきいっ、すごいぃ…いぁあっ」

かおりは、もう自分から腰を前後に動かして喘いでいる。

客はかおりと繋がったまま立ち上がると、こちらに向かってきた。

「ばれた!?」

そう思ったが、こっちの窓際に姿見の鏡がある、それにかおりを映したかったようだ。

「見えるか」

そう言って、胸を揉みながら腰を動かす。

「やぁあっ、見ないでぇ」

そう言うかおりは、俺に言ってるのかのように感じた。

俺は罪悪感はあったが、それ以上に興奮していた。

「あああっ、いやぁ、ああっ」

そう言いながらも、かおりは客のピストンに合わせて、腰を動かしている。

そして、部屋の角沿いに設置してあるバリアフリー用の、窓側の手すりにかおりの片足をかけ、壁側の手すりに手を置かせた。

「こうすれば、外から絶対見えるよな」

マンション7階のこの部屋だが、近くに同じような高さのマンションがいくつもあるし、ベランダは狭くパイプで出来た柵があるだけだ、これだと同じ高さだけでなく、斜め上斜め下からも見えてしまう。

数ある部屋の中からこの部屋を見ている人がいるとは思えないが、それでも普通に外から見えてしまっているだろう。

「いやぁ、ぁぁああっ」

ますます、声を上げて乱れるかおり。

「いいぞ、もっとしてやる」

そう言うと、指をアナルにねじ込んだようだ。

「そこっ、だめ、だめです」

かおりが言った時には遅かった。

「はぁっ、あああぅっ」

喘ぐかおりの表情に、

「なんだ、お前いままでにこっちもやったことあるな」

「ないです、ありませんっ」

叫ぶように言ったが、かおりは中学のときの彼氏、つまりバイト先のおっさんにあらゆる事をされていた。

生理のときはフェラかアナルでする、そんなことが、恋人同士なら普通だと思っていたらしい。

それが違うと知り、かおりはそのおっさんと別れたと言っている。

俺とのセックスでも、たまにそう言う事を求めてくるので、俺もアナルや露出的な事もした事があった。

「ああんっ、ああっ、ああんんっ」

「そんな大きな声を出してると外に聞こえるぞ」

「あああっ、ああああっ、やぁ、んあぁっ」

そんな事はもう構わないかのようにかおりは大きな喘ぎ声をあげる。

一旦ものを抜いてかおりを自分の方に向かせると、また片足を手すりにのせ壁に押し付けるようにして、入れた。

俺が客の体型なら、腹が邪魔してうまく入らないだろう、しかし、客のものは十分かおりの奥に届いているようだ。

ブラジャーからこぼれた胸に吸い付きながらピストンする客。

「ぃやぁ、いやぁ、あんんっ、あっだめっ、あああっ!」

そう喘ぐとしばらく静かになった、かおりは「いった」みたいだ。

客は汗だくで、はぁっはぁと息を切らしながらものを抜いた。

客が腰を離すと、かおりは床に座り込んだ。

客はどすどすと歩いてソファの横のベッドに腰掛け、かおりを呼ぶ。

かおりはゆっくりと立ち上がり、客の元へ行く。

そして、ブラウスを脱ぐと、両手を後ろにまわしブラジャーのホックを外し、

腕を組むようにしてゆっくりとブラジャーを外すと、片手で胸を隠しながら、もう片方の手でブラジャーを床に置くと、腰までずり上がったスカートを脱いだ。

黒のガーターベルトとストッキングだけになったかおりは客の前に立つと、胸を隠している手をおろした。

少し大きな尻とむっちりとした太ももが強調された、その姿はすごく色っぽい。

そして、キスをしながら客を寝かせると、体にまたがり、自分からものをあそこに入れ、ゆっくりと腰を下げる。

「はぁん…、あっ…ああっ、やっ…あんっ」

喘ぎ声が、大きくなる。

半分も入っていない。

客は、かおりの腰をつかむと一気に下ろした。

「ひぁあっ、あああっ」

さっきまでとは違って腹が邪魔しないようで、さらに奥にまであたっているようだ。

「くっ、んっ、ひっ、ぁっ、や…あっ」

少しずつ動くたびに、呻くかおり。

だが、だんだんと、上下に激しく腰を振るようになった。

「すごいっ、いやぁ…いぃ、きもちいぃ っ…、すごいの…、いいっ」

胸が上下に揺れる、すごく卑猥だ。

「はっ、うあっ、あっ、あっ…ああっ、いきそうぅ、あうっ、ひああっ、だめ、いくぅっ」

あっという間に「いく」かおり。

客は、かおりを寝かせると、足の間に顔を埋めていく。

膝から太ももにさしかかると、かおりは自然に足を開いていく。

客はストッキング越しに太ももを舐めまくる。

そして、かおりのあそこへ顔を埋めた。

ちゅばちゅばと音をたてて、かおりのあそこを舐めている。

「はぁ…、はっはぁああんっ」

客は、シーツを掴んでいるかおりの手をとると、かおりの太ももにあて足を開かせた。

そしてまた、あそこに顔を埋めクリトリスに吸い付いた。

「ひぃっ、ひああんっ、やぁあンッ」

かおりは体をそらせ感じまくっている。

客はさらに、きつく吸い続けた。

「ひあぁ、ああああんっ、んっ…いやぁっっ」

のけぞるようにして、大きな喘ぎ声を出すと、また「いった」。

かおりは「いき」やすいわけではないが、感度が高く、一度「いく」と何度もイッてしまう体質だ。

客はのしかかるように上になった。

「ほら、入れるぞ、よく見ろ」

かおりの頭を起こし、入れるところを見せようとする。

「ああぅん、いやぁ…いぃあっ…はずかしい…ああっ」

かおりはそう言っても、もっと深くとアピールするように客の腰に手を回している。

それに応じるように深く早く突く客。

「はぁあん、ああん、あーーーっ、ああああんっ」

かおりの足は指をまるめ、ぴくぴくしている。

「また、イッたのか?」

客は、うへへと笑い、放心状態のかおりにキスをする。

かおりは艶かしい表情で舌を出し、客の舌に絡めた。

「ん…、はぁ、んぁあん」

ぴちゃぴちゃと音を立てながら、かおりの口から吐息がもれる。

おれは、どうしようもない気持ちに襲われていた。

あのベッドの上で昨夜、かおりとセックスしたばかりだ。

今そのベッドで、かおりはがま蛙のようなやつに股を開き、あんなにディープにキスを交わしている。

しかも望まないセックスに、本気で感じている。

昨夜のしているときのかおりの顔と今のかおりの顔が重なる。

かおりは小学、中学のひどい経験から、かえってセックスする=愛情があると言う風に思い込みたいのだ。

だから、この状況では感じるしかない、それは分かっている…。

「あんっ、ああっ、あああんっ」

頭の中が混乱している俺にかおりの喘ぎ声がまた聞こえ始めた。

客はいつの間にか、バックで突いている。

「ひぁ、はぁあん、ひぁっ、はぁっ」

泣き声のような喘ぎ声に、客は興奮したのか、かおりの尻を叩きながらさらに激しく突いた。

「いたいっ、あんっ!、はぁっ…はああっ、ひやぁっ、あっあぁあぁあン、だめぇ、またっ、ああぁっ」

かおりはもう何度イッたんだ?俺も数える事も出来ないくらい興奮していた。

「もうやめてぇ、もうだめぇ」

息も絶え絶えにそう言うかおりに

「なにいってんだ、まだまだだろ」

と言って、顔の汗を拭いながら、さらに腰を動かす。

客が正常位にもどして、体を立ててピストンすると、かおりは腰を浮かし、自分から腰を振った。

「ああん、だめ、だめ、あっ…あっ…あっ…あっ…、荒木さん、いきそうっ、はんんっ、いやぁっ…ひぁ、ひぁあんっ」

そしてのけぞるようにして、また「いく」とベッドに腰が落ちた。

ほら、どうだ、どうだ」
突き続ける客、

「はぁあん、あっあっ…あああっ…あっ…あんっ、あああぁっ」

すぐにまた感じ始めるかおり。

「あん、あんっ、はぁん…ああんっ、だめっ、やめていきそうっ…」

「荒木さんっだめぇ、だめっ、いきそうっ、わたしだめぇっ…」

「おねがいやめてぇ、いやぁっ…はぁっ…はぁ…はあんっ、いや…いやっあぁ…」

「いやぁ、だめっ、いきそうっ、あぁん、いっちゃうっ、だめぇ」

「だめですっ、あぁはぁっ…もうだめっもうだめっ…」

「いくぞ、だすぞっ」

客がものを深く突き入れ、腰がビクビクッと脈打った。

「あっ…あっ…あぁああっ…いくっ…いやぁっだめっだめぇ、ひぁあんっあああっ」

客の腰が脈打つのにあわせ、かおりは全身を痙攣させるようにして果てた。

客はへらへら笑いながら放心状態かおりの顔にものをなすり付けている。

そして服を着ると、少し何か話して早々に帰って行った。

かおりは、客が帰った後も放心状態だったが

しばらくすると、起き上がりトイレに駆け込んだ。

おれは、カメラをしまいiPodを聞きながら漫画を読んでいたふりをしていた。

また少し経ってから俺がいる部屋の鍵が開く音がした。

俺は鍵が開いたのには気付かない振りをして、入ってきたかおりに

「ん?どうしたの?」

平静を装ってきいた。

かおりは、ガーターベルトやストッキングは脱いでTシャツ姿になっている。

「ごめんね」

「ん?なにが?」

「声とか、聞こえてたでしょ?」

「ああ、あれだけ大きければさすがに聞こえちゃうなぁ」

「ごめんね」

「いいよ、気にしてないから、それよりもかおりは大丈夫?」

「うん、今からシャワー浴びてくるね」

かおりから、あの客の臭いがする。

「ああ、わかった、ゆっくりね」

俺がそう言うと、かおりはドアを閉めて、バスルームに向かった。

俺は漫画をおいて、隣の部屋に入った。

少し蒸し暑くむっとする部屋の中は、あの客の酸っぱいようないやな臭いと精液の臭いが充満していた。

俺は、部屋を片付けようと、ブラウスやブラジャーを拾った。

パンティやスカートからは精液や唾液の臭いがする。

ベッドはシーツは大きなシミが出来ていて、あの客とかおりの汗で湿っていた。

ほんの30分くらい前に、かおりはあの客とここでやっていたのだ、俺の見てる前で。

半ば現実感がなかったが、この臭いが現実にあったことだと思わせる。

他の娘の時のレンタルとかとは違う、嫉妬や興奮以外のもやもやとした感情が湧いていた。

翌日の夜、かおりが俺を求めてきた。

シーツを替えても、あの客の精液の臭いと体臭はベッドから消えなかったが、それが俺を余計に興奮させた。

もう、もやもやとした感情はなくなっていた。

かおりは、キスしながら何度も俺に謝ってきた。

そして、「好きだよ、大好きだよ」

と何度も言った。

本当に気にしてなかった、気にすると言えば自分の無力さであって、彼女には何も思わなかった。

しかし、セックスの後かおりにもう無理だと言われた。

かおりは、彼氏がいるのに自分の為だけに他の人とセックスしたのが、つらくて耐えられないと言っていた。

本当は彼氏がいるのに、水商売で接客することさえつらいようだ。

けど、店はやめられない。

店を続けて行けば、また昨日のような事になるかもしれない。

その時彼氏がいると、つらいと言った。

かおりは気持ちが入らないセックスは出来ないタイプだ。

嫌いな相手でもセックスすれば、好きとまでもいかなくても嫌いにはなれない。

実際、チーフの時がいい例だ、あの時、最後は完全に本気になっていた。

「自分勝手でごめんなさい」といって謝ったが、かおりがそこまで思ているのなら、どうしようもない。

もやもやした気持ちが分かった気がする、かおりが客相手に何度もイクところを見て、こうなるような気がしたからだ。

そして別れた。

そんな彼女をこの前久しぶりに見かけた。

少し酔っぱらって、笑いながら携帯で話していた。

あの後、裁判はどうなったんだろうか?ちゃんと娘さんと暮らせているのかな?

そんな事を考えてたらチーフの事などを誰かに話したいと思って。

友人達になんで別れたのか聞かれたけど、言えるわけなかったので。

ほんとジコマンですいません、長いし、誤爆はするし、、、。

ちなみにあのときのビデオはたまに見てオカズにしてます。

変態ですから。

What do you think of this post?
  • エロいいね (2)
  • エロくない (1)

厳選記事PICKUP!