【同僚との体験談】彼女と別れ溜まりに溜まっていたので会社の同僚に中出ししまくった結果wwwww

bandicam 2016-06-24 00-56-23-141
ついに、会社の同僚の珠実(26歳)に中出ししました。

珠実は会社の部署こそ違え同じフロアで毎日顔を合わすし通勤電車もいっしょになるのでよく挨拶・話もしました。

僕も珠実も熱狂的な巨人ファンでいつも朝、「昨日のホームラン凄かったね」なんて話をよくしました。といってもお互い彼女・彼氏がいましたのでそれぐらいでした。

ところが3月くらい、僕の彼女は故郷へ帰り結婚してしまいSEXができず溜まりに溜まっていた連休の午後のこと。

僕は、吉祥寺をブラブラしていると珠実が一人でウィンドショッピングしていました。



僕は「おかしいな。彼氏と一緒でもないし、連休中だから実家へも帰省していないのかな」と思い珠実に声をかけました。

珠実も暇だったらしく一緒にぶらぶらして居酒屋へ飲みに行くことになりました。

そこで色々話を聞いてみると珠実も彼氏が突然、資産家の令嬢と結婚してしまったらしくその話をすると目から涙がでていました。

僕も彼女が突然結婚した話をすると大きく同情してくれました。

珠実は顔は中の上で身長も155cmと高くないですが、バストはDかEカップでデカパイでした。

話をしながらブラウスの中のオッパイが気になってもう僕はチンポが爆発寸前になっていました。

そのあとワンショットバーで少し飲んで、珠実をアパートへ送っていきました。

珠実は、

「今日はありがとう、少しあがっていきませんか?」

と言うやいなや僕は我慢できなくなり、珠実を抱き寄せキスしたまま部屋に入りました。

珠実は最初は驚いたようでしたがすぐ僕の背中に手を廻し舌を絡ませてきました。

僕は珠実のスカートに手を入れようとすると珠実は、

「ダメ!シャワー浴びる」と言うので僕は、

「一緒に入ろう」というと珠実は小さく頷きました。

二人は生まれたままの姿になり浴室へ入りました。

珠実のバストは予想以上の大きさで僕はすぐにむしゃぶりつきました。

そしてお互い手にボディソープをつけ洗いっこしました。

僕は特に珠実のオマンコとバストを珠実は僕のチンポを特に丹念に洗いました。

風呂から上がるともう我慢できなくなりすぐに珠実に挿入しようとすると珠実は、

「そんな大きいのいきなり入れられたら珠実壊れちゃう・それに中はダメ!」

と言いましたが僕は、

「大丈夫外に出すから」

といい挿入しました。

中に入れると珠実のマンコは激しく僕のチンポを締め付け溜まっていた僕は忽ち射精しそうになりました。

「アー出る、珠ちゃんの中に」

といと珠実は、

「絶対にダメ許さないから」

と強く言うので止むをえず珠実の顔に出しました。

溜まっていたので大量のザーメンが珠実の顔から胸にタップリと出て珠実はザーメンパック状態となりました。

珠実は風呂へ顔を洗いに行こうとしましたが僕は許さずスマホカメラで5枚位写真を撮りました。

珠実は、

「ヤダー変態!」

といいながら風呂へ行きました。

暫くして珠実は風呂から出てきました。

僕のチンポは既に半立ちになっていましたので、

「珠実パイズリしろ!」

というと珠実は、

「何よ!それ」

と怪訝そうな顔をしていましたので、

「こうするんだよ」

と珠実を抱き寄せチンポを珠実のデカパイの谷間にねじ込み、

「さあ、挟みつけろ」

と言うと珠実は、

「私風俗のひとじゃない!」

といいながらも挟み込んでいました。

僕は、

「今度は口だ」

と言いながら珠実の鼻をつまみチンポを上の口に挿入しました。

僕は珠実の頭を押さえつけると珠実は舌を使い始めました。

僕のチンポはまたもや元気はつらつオロナミンC状態。

今度はお返しと珠実の顔・唇・首筋・デカパイ・お腹・背中締めはオマンコ・アヌスをねっとりと舌を使って嘗め回しました。

珠実はうっとりとして指をくわえ、

「ハア・イイ」

と喘いでいたので僕は再び正常位でチンポを珠実のオマンコに挿入しました。

僕は、

「さっきはすぐ言ってごめん!今度はタップリ楽しませてあげるか」

と腰を使い始めデカパイをなめました。

それから座位・騎乗位にして下からデカパイを揉み倒しオマンコを突き上げると、珠実はロングの髪の毛を振り乱し、

「イーヨ・イーヨ」

と喘ぎました。

そして体位をバックにかえ挿入し、両手でデカパイを揉み激しく腰を使うと、締りのいい珠実のオマンコはさらに締りが良くなり、僕はもう限界がきました。

「珠実ゴメン・許せ!愛してるから許せ!」

と大声をあげると僕のチンポから大量のザーメンが珠実の中へ発射したのを体感しました。

俺は射精してからも背中をよじらせながら珠実を突きました。

珠実も、

「アーイクー!」

と言いながら果てました。

暫くして珠実は、

「ひどい中に出したのね!今日は危険日よ!」

と怒った顔をしました。

話を聞くと生理が終わって一週間程だそうです。

僕は、

「子供できたら責任取るよ」

というと珠実は、

「それは結婚するということ」

というので頷きました。

それから連休休みは4日間ありましたので僕と珠実は食料の買出し以外はほとんど部屋を出ず、中出ししまくりました。

その数数え切れず。

僕も珠実もできちゃった結婚は嫌だったので、連休が明けると部長に二人で結婚するので媒酌してほしいとお願いしました。

今週は珠実の実家へ両親に挨拶に行きます。

今は半同棲状態で毎日、口内射精・顔面シャワー・中出しを一発ずつやっていて少々疲れ気味です。

今日も天気がいいですが少し太陽が黄色く見えます。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!