【中学時代の体験談】女の子の家に行き、エロ話からお互いのオナニーを見せ合う交渉をした結果wwwww

bandicam 2016-08-06 10-39-46-756
オレが中学のときの話ですけど、当時仲のいい女の子がいて、学校帰りとかに良く遊んだりしてたんです。

家にもたまに行ったりして。

で、正直に言うと俺はその子(ここではAとします)のこと好きでした。

でも奥手なんで告白するにもできず…。

だったんですよ。



ある日も普通に遊んで、家に行ったんです。

仲のいい男友達と一緒に。

(その友達は別にAのことはただの友達だと思ってたそうです。)

最初は普通に喋ったり下らない事したりしてワイワイやってたんですが、そのうち連れの友達のカバンの中からエロ本が発見されまして。

おいちょっとやばい!ってお互い思ったんですが、そしたら以外にも、Aが興味を示しだして、「なにこんなもん持ってんの~?ちょっと見せてよ~」とか言ってくるんですよ。

正直そんな子だとは思ってなかったんでびっくりしました。

そしたらなんかニヤニヤしながら見てるんですよ。

「うわ!こんな事してるよ~」とか「すげ~~」とか言いながら見てるんです。

それ見て自分ちょっと興奮しまして、「今ならできんじゃねぇか?」みたいな無理な期待しちゃって。

でも友達いるし、ちくしょうと思いながらその日は帰りました。

で、1週間後くらいですかね、またAの家にいったんです。

もちろん一人で。

つーかもう狙いは告ってヤるみたいなめちゃくちゃな事考えてたんですよ。

最初は普通に話してて、1時間くらいたったときに、俺が「そういやさぁ、前○○(友人)がエロ本持ってたじゃん?あれマジウケたわ!」って言ってみたんですよ。

そしたら、案の定Aも乗ってきて、「ウケたね~! 男子ってみんな学校に持ってきてるの?」みたいに返してきて。

そしたら自分もうイケる!(?)と訳のわからん期待しちゃって、「みんな持ってるよ!A持ってないの??」って聞いてみたんですよ。

したら「持ってる訳ないしょ!女の子だよ!?」って言ってきたんですけど、顔には興味津々といった感じの表情を浮かべてました。

※この時点で俺のチンポMAX(笑調子に乗った俺が「でも興味はあるしょ?」と聞いたら、恥ずかしそうな顔をして「そりゃ、あるけど」と返事がきました。

で、思い切って聞いてみたんですよ。

「あんさぁ、Aってオナニーとかすんの?」と。

したらもう吹っ切れたのか、「そりゃするけどさぁ…、ってか○○(俺)はどーなのさ?」と返してきたんです。

別に自分は普段平気でエロ話できる人間なんで、「もちろん毎日やってる!」って答えてあげたら、Aは「へぇ…」とだけ言って、何て言っていいのかわからんような顔をしてました。

ついに調子乗りまくりの俺は「なぁ、Aのオナニー見たいんだけど」と言ってしまいました。

当然「何言ってんのさ!」って返してきましたが顔は半笑いです。

そこで「Aがオナニー見せてくれたらさあ、俺のも見せてあげるよ」って交渉(?)持ちかけたら、「じゃあ○○が先に見せてよ」と言ってきました!これはキタ!と思い、「いいよ、でも絶対Aのも見せてよ」と言うと、うなずいてくれました。

俺はまだ学校のジャージのまま、Aのベッドに腰掛けて、Tシャツとトランクス1枚になりました。

トランクス越しにもはっきりと分かるほど俺のチムポはビンビンになっていました。

Aが「それはもう勃ってるの?」と聞いてきたので、俺は「うん」と答え、「Aがパンツ下げてよ」と要求しました。

Aは無言で寄ってきて、何か汚いものを触るかのようなびくびくした手つきで、ゆっくりと俺のトランクスを下げました。

すると硬直した俺のチムポが顔を出し、その途端Aは「うわ、凄…」と言葉を失って(?)いました。

俺が「初めて見た?」と聞くとAは無言でうなずき、なんとチムポを触ってきました。

「硬いんだね」と言われ、俺がチムポをぴくぴくと動かしてやると、Aはびっくりしたのか、慌てて手を離し、俺の顔を見てきたので、俺は動く原理(?)を説明してやると、もっかい動かして、と要求してきたので、動かしてやりました。

Aは恥ずかしさを隠すように、「凄~い、こんな事できるんだぁ」と半笑いで見てきました。

「A、ここ触って」といい、俺はAに裏筋あたりを握って擦るよう言いました。

Aは無言で言われたとおりにし、これならフェラもいけんじゃないか?と変に冷静になっていた俺は、「ここちょっと舐めてくんないなぁ」と亀頭を舐めるように言いました。

するとAは「え、それはちょっと…」と困った様子を見せながらも、手の動きを止めません。

分かりやすい女です(笑 俺はAの目をみて、「お願い、舐めて」と言うと、Aは覚悟を決めたのかゆっくりと舐めだしました。

もう気持ちよかった事しか覚えてません。

1分も経たないうちにAの顔にぶちまけていました。

Aは「いやっ、ちょっと…」といいながらティッシュで精液を拭き取っていました。

さすがに飲めはしなかったようです。

俺も「ごめん、言おうと思ったけど出ちゃった」とフォローを入れておきました。

そして、「俺のちんぽ見たしょ?Aのオナニーも見せてよ」と聞くと、Aは「うん」とだけ言い、俺が服を脱がせてあげるとなんの抵抗もしませんでした。

実際俺は童貞で、当然服を脱がせるのも初めてだったんで、ブラジャーのはずし方が分からなくて困ってたら、「こうやって外すんだよ」と逆に教わってしまい、普通なら恥ずかしいとこなんですが、「へぇ、」と納得してしまいました。

初めてAの胸を見たときはもう感激で、さっそく触ってみました。

そしたら「んっ」とAがホントにAVで出すような声を出したのでビビリました。

そして俺のチムポも再びMAXになってしまいました。

今Aはパンツ一枚です。

夢のような光景に心臓をどきどきさせながらも、あくまで冷静に対処しようと思い、「ベッドに横になってよ」といってやりました。

Aは言われるままベッドに横になり、俺が「Aも俺のチンポ触ったしょ?触らして」といい、もうAが返事をする前にパンツ越しに指を這わせていました。

当時はAVとエロ本くらいしか情報源が無かったため、クリトリスの存在なんか知らなかったのですが、俺の指がクリトリスに触れたんだと思います、Aは体を大きくのけぞらせて大きな息をつきました。

俺はもうたまんなくなって、パンツに指を突っ込み、マンコがあると思われる場所を撫で回していました。

思ったより毛が濃く、そして湿り気のある感触が伝わってきて、そして金玉の皮を触っているような不思議な感触に襲われました。

俺は「これがマンコだ」と直感し、ゆっくりとパンツを下ろしていきました。

その動きに合わせるように腰を動かすAがたまらなくいやらしかったです。

そして、15年間夢見つづけていたものが姿をあらわしました。

Aは横になり、膝を立てて、足を少し開いた格好でした。

その間にそれはありました。

思っていたのとかなり違いました。

正直しょぼいと思った。

穴なんかあるの?って感じだった。

俺は「Aが自分やってよ。

その方が興奮するから」と言うと、Aは目をつぶって、漏れと目が合わないようにして、自分の指でクリトリスをいじりはじめました。

クリトリスを知らなかった自分は、てっきり穴に指を入れてオナニーをするものだと思っていました。

意外な光景にびびりながらも、チンポはガチガチに固まっていました。

Aは腰をくねくねとさせ、大きな息を吐きながら、指はいやらしく円を描きつづけます。

俺はまたもたまらなくなり、穴を探して指を這わせました。

すると、思っていたよりお尻のほうに穴はありました。

大きな唇のような二枚の襞があり、その中の下の方にあった穴からは、ぬるぬるした液体が少し出ていました。

自分はこれが「マン汁」なのだと思い、指に付いた液体の臭いをかいでみました。

以外にもあまり臭いは無かったです。

その時Aが、卑猥な声を出し、大きく体を反らせ、体中で息をし始めました。

そしてAがささやくような声で「イっちゃった」と言いました。

自分は「え?今のでイったの?」って感じでした。

てっきりマン汁か何かが吹き出すと思っていました。

ついに俺「もうここまでやったんだからさぁ、Hしない?」とAを誘いました。

Aももう断れなくなったのでしょう。

後から知った話ですが、Aは俺に気があったらしいです。

俺はドキドキしながら財布から近藤さんを取り出し、少々手間取りましたが何とか装着完了しました。

俺は変な知識だけはあったので、「もう十分濡れてそうだから、大丈夫だよな」と思い、Aの足を大きく開き、亀頭を先ほど発見した穴に押し付けました。

するとあれほど小さかった穴が広がっていき、あっという間に漏れの亀頭を飲み込んでしまいました。

その不思議な、暖かいマンコの感触に、漏れは思わず「あっ」と声を出してしまいました。

Aは俺と目を合わせようとしませんでした。

漏れはゆっくり入れないと痛いだろうな、と思いゆっくりと入れていきました。

本当に不思議な感触でした。

今までのオナニーとはまた違った感覚です。

締め付けられるような、生暖かいものに挟まれた漏れのチムポはすでに脈打っていました。

Aは痛そうな仕草は見せず、ただ時折腰を振るだけでした。

そこで俺は挿入したままAの上に覆い被さりAにキスをすると、Aの手が俺を抱くような形で絡んできました。

そしてAも俺の口に入ってきました。

少しキスをした後、ゆっくりとチムポをピストンさせてみました。

Aの口から息がこぼれます。

あまりの気持ちよさにびっくりしました。

そしてほんと2,3回ピストンをしただけで、激しい射精感に襲われ、俺はAの体を思い切り抱きながら、精液を発射しました。

いくらゴムをしているとはいえ、不安になるくらいの量が出ました。

Aは「…あったかい」といい、再びキスをしてきました。

ほんの1時間前まではバカ話をして盛り上がっていたとは思えないほど静かな時間が流れていました。

その後、Aとは2年ほど付き合いましたが別れてしまいました。

中学の頃の、今では「出来すぎちゃうんか?」と思うくらいの体験でした。

What do you think of this post?
  • エロいいね (1)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!