マスターと妻と私①

2ff6or0t
私達は40台前半の同い年の夫婦です。

妻、愛子は20歳の時に出来ちゃった婚で結婚しました。

子供は進学のため家を離れ、私達は40を前にして二人だけの暮らしになりました。

夜の生活も頻繁になって、私は妻にいろいろなプレイをさせるようになったのです。

妻は私の要望に反対もせず、答えてくれました。



Mな性格の妻は私に難題を突きつけられる事に興奮するようです。

 

私は妻を他の男とセックスさせたい願望があり、妻のヌードを交際誌に投稿したりネットで男性を募集してみました。

反響は大きく多数の男性から応募があり、妻と二人で3人の男性を選んびました。

3人の男性とは一人ずつお会いし妻は私の前で3人の男根を女陰で受け止めました。

各男性と3Pをした後、帰ってからも私の興奮は冷めず妻を責めました。

男の持ち物の大きさをを聞いたり、写真やビデオを妻に見せての言葉責めです。

妻は私の質問に答えながら乱れた自分を恥じて興奮するのです。

私達は新たな男性を求め、出会い系サイトやツーショットダイヤルで探しました。

20人程の男と会って妻は抱かれ続け淫乱な人妻と成長したのでした。

 

私は新たな経験を妻にさせたくなりました。

二人でたまに飲みに行くスナックのマスターを提案したのです。

妻は珍しく反対しました。 「あなた、マスターとは同じマンションなのよ・・・恥ずかしいわ。」 「いいじゃないか。去年、離婚して独身だし、口も堅いから・・・」 「でも・・・」 「まかせろって・・・今晩、飲みに行くぞ。」 「もう・・・言いだしたら聞かないんだから・・・」 その夜、二人でスナックにでかけました。

偶然、客は居なくてマスターだけでした。

1時間程、カウンターで世間話をしていましたが11時を過ぎても客がないので店を閉めてテーブルで飲もうとなったのです。

私も酔いがまわってきて自然と下ネタになります。 「マスター、下の処理はどうしてるの?風俗かい?」 「風俗にはいかないなぁ。もっぱら、DVDのお世話になっているかな?」 「淋しいなぁ。愛子を貸そうか?」 「なに言ってるだよ。」 「愛子じゃ不満なの?」 「いやいや・・・こちらがお願いしたいぐらいだよ」 「ありがと、マスター。たまにはお願いね。」 妻が頬を染めながら嬉しそうに答えます。

「愛子、少しお礼の意味を込めてマスターにサービスしたら・・・ワンピースの裾を捲ってやれよ。」 「ええっ~恥ずかしいなぁ。チョットだけ・・・」 妻はワンピースの裾を両手で持って少しずつ捲っていきました。

ブラとお揃いのHなピンクの下着で、ショーツは陰毛が透けて見えます。 「おお~愛ちゃん凄い。刺激が強すぎるよ。」 「今晩、私を思って頑張ってね」 「愛子、子供じゃないんだから・・・ショーツを見たぐらいで頑張れないぞ。

トイレに行って下着を脱いでワンピースだけになってきてやれよ。」 「愛ちゃん、お願いしますよ」 マスターからのお願いに 「もう・・・男は助平なんだから・・・」 妻は笑顔でトイレに行きました。 「マスター、後で愛子にDVDを持って行かせますよ。」 「ありがとう、ゆっくりと見せてもらいます。ウラモノですか?」 「観ればわかります。」 「あなた・・・脱いできたわよ」 妻はブラとショーツをぶらぶらさせながら座りました。

薄手のワンピースのボタンを3個も外して胸の膨らみが肌蹴ています。 「愛ちゃん、今夜は眠れないよ。」 「マスター・・・私も眠れそうにないわ・・・」 「愛子、マスターにDVDを貸してあげるから持って行ってくれよ」 「DVD?・・・そうなのね・・・マスター、一緒に観ようね・・・」 店を出て3人でマンションに歩きます。

5Fでマスターが降り8Fの自宅に帰りました。

 

大学生二人と3PしているDVDを選んで妻に持たせました。 「マスターとセックスしておいで・・・1回済んだら電話して・・・マスターの部屋に行くから・・・」 「分かったわ・・・行ってくる・・・」 妻は自分の恥ずかしいDVDを持ってマスターの部屋に行きました。

妻からの連絡を待って2時間が過ぎた時、携帯が鳴りました。 「・・・あなた・・・マスターはシャワーに行ったの・・・DVDを観て驚いてたわ・・・セックスしちゃた・・・私もシャワー借りるから30分程で来て・・・間取りは同じだからリビングにね。」 私は40分過ぎた頃にマスターの部屋に行きました。

玄関のドアを開けると妻の喘ぎ声を微かに聞こえます。

リビングの照明はついていないようです。

静かにリビングのドアを開けると妻の声が淫らに響きます。 「あっ・・・あっ・・・んんっ~」 四つん這いになった全裸の妻が入口の私に顔を向けています。

後ろには全裸のマスターが挿入を繰り返して腰を振っています。 「あっ・・・すいません・・・愛ちゃんのDVDを観てたら我慢できなくなって・・・」 「私が愛に持たせたんだから・・・どうでしたか」 「いやぁ。素晴らしいです。」 「マスター・・・秘密は守って下さい。守ってくれたらいつでも愛子を貸しますよ。」 「絶対に秘密は守ります。」 「愛子もいいね?」 「あんっ・・・あんっ・・・いいです~」 マスターに突かれながら答えます。

私も全裸になって男根を妻の口元に突き出しました。

妻は咥えながら喘ぎ声をあげます。 「いい・・・いい・・・私は淫乱な人妻・・・二人の男に可愛がってもらうのが好きなの・・・もっとHな女にして~」 「マスターにお願いしてお店で輪姦してもらうか?」 「いやぁ~お店で廻されるのはイヤ~」 「愛ちゃん・・・お店に来る時は下着は着けないでくるってのは?」 「それなら我慢できるわ・・・」 マスターが逝きそうになったので私と入れ替わって妻を責めます。 「ああっ・・・ああっ・・・逝きそうよ・・・逝くっ・・・逝くっ・・・逝ちゃう・・・逝く~ッ~~」 朝まで妻は私とマスターの玩具になりました。

それからの妻は週に何度か昼間にマスターに抱かれ夜に私に抱かれる暮らしが続きました。

マスターと妻と私②に続く

What do you think of this post?
  • エロくない (3)
  • エロいいね (1)

厳選記事PICKUP!