【主婦の体験談】私は高校生の息子にオナニーしている姿を2回も見られてしまいました〈前編〉

bandicam 2016-08-31 11-43-57-075
はじめまして。私は34才の主婦で百合子と言います。

今、12年ぶりに再会した息子の事でここに投稿させて頂きます。

私も主人も同じパン屋で働いていました。

実は私、結婚して一人の息子が出来た後、直ぐある理由で主人と離婚してしまいました。

しかし、どうしても、主人と息子の事が忘れられず何度も主人の家へ行きました。



でも、門前払いをされる一方でした。

でも、主人は息子の誕生日の日、某ホテルで毎年私に息子の成長する姿をみせてもらっていたのです。

そんな主人が今年の3月、胃ガンで亡くなりました。

私は部屋で一人泣きました。

だが、私はある理由で主人のお通夜にもお葬式にも出席させてもらえなかったのです。

お葬式の後、息子の健太(15歳)の面倒をだれが見るのか親戚が会議を開いていたみたいです。

そんな事を私は知らず、親戚の人達が帰って健太一人になるのを家の近くで待っていました。

夜中11時を過ぎた頃、親戚の人達が帰ったのを私が見届け健太君の前に現れました。

そして、家に入らせてもらい主人の仏前に御参りしました。

その時は何も言わず、健太の前から去りました。

お葬式の二日後、息子の健太から私に電話がありました。

「母さんと一緒に住んでもいいかな?母さんの臭いがお父さんと同じ臭いだったから」と言う内容でした。

私は嬉しくなり泣きながら受話器に口を当て「あなたさえよかったら」

と・・・・。

そして新しく高校の新学期から私の家から健太は通学するようになったのです。

しかし、健太は私の街に不信感を抱いていたみたいであまり私に話し掛けなかったのです。

そんな中、一通の手紙が私と健太に届きました。

それは、亡き主人からの手紙でした。

「健太の誕生日にいつものホテルで待っている」と言う内容の文でした。

健太の誕生日の日、私は健太と一緒に毎年誕生日に行くホテルへ行きました。

私と健太の予約席に座ると、シェフが来て一通の手紙が健太に渡されました。

それは、私と主人が出会って、一緒になった経緯から、嫌々家庭の事情で引き裂かれた事、毎年健太の誕生日にこのホテルで家族で祝っていた事など遺書として書かれていた手紙でした。

その手紙を読んだ健太は初めて私を「お母さん」と呼んでくれました。

その日から健太は私を母として、又私は健太を息子として生活するようになりました。

全てがその日からスタートだと思ったのです。

一学期が終わり夏休みに入りました。

健太は部活で朝出て行ったら夕方まで帰ってこない日が続きました。

しかし、今まで母親を知らなかった健太にはあまりにもギャップが大きい過ぎたみたいでした。

八月十日の事でした。

その日から私の仕事はお盆休みとなりました。

午前中、健太の部屋を掃除をしようと入ったのです。

部屋の中は凄く散らかっていたので、私は一生懸命母親として掃除をしました。

しかし掃除をしている途中「家族姦系」「近×××」といった本や「母と息子」といったタイトルのビデオがベッドの下から出てきたのにビックリしたのです。

なんと、その奥に私の洗濯前のパンティーが4枚出てきました。

その中の一枚は多分健太の精液だと思うのですが、精液の付着したパンティーが出てきたのです。

私はパンティー4枚だけを手に取り後はそのままにして、健太の部屋から去りました。

その日を境に、毎朝、洗濯機に洗濯物を入れようとし、息子のブリーフに触れるとベットリと精液が付着しているのに気が付いてしまい・・・。

しかしその時、私は怒りも嫌悪感も感じませんでした。

それよりか健太もそろそろそういう歳頃になったんだと妙に変な気分になりました。

それから私は毎日洗濯前に、息子のブリーフを意識しだすようになりました。

私は仕事の休みの暑い日はいつもタンクトップというよりランニングみたいなTシャツとショートパンツという格好で家にいたのです。

あのとき八月十五日もそうでした。

家事が終わり一段落してアイスコーヒーを飲もうとした時でした。

フット健太の精液で汚れたブリーフを思い出してしまい、場所も忘れリビングの椅子に座ったまま右手の指をショートパンツの股付近を上下にソ~ットなぞりました。

健太が私のパンティーを見ながらオナニーしている光景を私の頭の中の脳裏に浮かべながら。

ついつい熟れた体がカッカッ!となり火照り始め、右手の刺激だけでは満足できず、左手でシャツを巻く利上げ乳首をコリコリと刺激してしまいました。

それからショートパンツを膝の上までずり下げ左手でパンティーを捲りました。

右手で黒い茂みの中で濡れている陰部を擦りそれから徐々に陰部の中へと手を入れ始めてしまいました。

突っ込む膝がガクガクして立っていられないくらいでした・・・

我慢できずパンティーをも膝までずらしてしまい、左手で乳房を揉み右手で陰部に指を出し入れし静かな部屋に股間からクチョクチョ・・・とイヤらしい音が響きわたりはじめました。

とどめはリビングの壺の中に隠していた電動バイブを取りだし、陰部に入れて激しく オナニーをしてしまいました。

部屋中に響き渡る激しい声と電動バイブのモータ音により、健太が帰宅したのも本当に気づきませんでした。

最後は腰を浮かせ体を突っ張らせてフィニッシュをむかえてしまいました。

私は放心状態でしばらく動けませんでした。

その時、3時を指す時計の音が鳴りました。

「フッ」と前を見ると、その時に限って早く帰宅していた健太の姿と目が合ってしましました。

私は自分のした恥ずかしさと凄い不安に襲われました。

すぐ、電動バイブのスイッチを「OFF」にし、パンティーとショートパンツを履き、自分の部屋に電動バイブを置きに行きました。

それから部屋を出て台所へ行き何もなかったように「健ちゃんジュース入れるし待っててね!」と言い手を洗って冷蔵庫からジュースを出しました。

テーブルに置き向かい合わせで赤面しながら私はアイスコーヒーを飲みました。

その日の夜、私は風呂から上がり、洗濯をしようとしました。

しかし、風呂に入る前に脱いだ私のパンティーがないのに気づいたのです。

私は「また健ちゃんが・・」と思いTシャツ一枚だけを着て健太の部屋へ行きました。

健太の部屋のドアが少し開いていてそこから電気の光が漏れていました。

好奇心ながら、こそっとドアの隙間から部屋を覗きました。

私の想像通り健太は左手に私が今まで履いていてオナニーで汚れたパンティーの股間部分に鼻を当てて、右手でペニスを握りしめながら激しく上下に動かしていたのです。

私自身、健太の勃起したペニスを目の当りにして見るのは初めてでした。

亡くなった主人の物と同じぐらい立派ィャそれ以上の立派さに声も出ませんでした。

健太は「母さん、母さん」と言いながら・・・・私を妄想しながらのオナニーだったのです。

そして数分もしないうちに健太のペニスの先っちょの部分から勢いよく精液が机の上に向かって放たれたのです。

私は瞬間を目の前で見てしまったのです。

健太は「フッー」と溜息をついた後、飛び散った精液を私のパンティーで拭いたのです。

私は自分の部屋へ戻りました。

そして知ってて少しドアを開けました。

もうすでに私の体は興奮していました。

ベッドに寝て今健太がオナニーをしていた姿を思い出しながら、乳房を両手で包み指をできるだけいやらしく動かしながらオナニーを始めたのです。

着ていたTシャツを脱ぎ、口を半分あけ、少しあごを突き出すようにゆっくりのけぞっている乳房を左右に振りました。

太股が擦れるように膝を微妙に交互に上下させました。

私はたまらず、左手は両方の乳房を交互に掴みながら、右手を黒い茂み全体を擦り始めてしまいました。

もうそこは、ぐっしょりと濡れていました。

陰部付近はグチョグチョで、右手で撫で回すと昼オナニーしていた以上にいやらしい音がしたのです。

一番敏感なクリトリスの皮を捲り人さし指と中指でいじると、その下は、口をこれ以上開けないくらいパックリと開けています。

それから少し演技も入れながら、。「健ちゃん、そこよ、そこ!そこが気持ちいいの!」と声をあげて息子の名前を叫びました。

チラッと少し開いていたドアを見たら、私の想像通り健ちゃんがドアの隙間から私の姿を見ているのです。

私は健ちゃんに見られていると思うと益々興奮してしまいました。

興奮で体をよじるようにして体を180度回転させうつ伏せ状態となりました。

足を息子が覗いているドアの方にむけました。

膝を曲げ50センチくらい開け、私が右手で昼間のオナニー以上に激しくいじっている姿を健太によく見える体勢で見せてしまいました。

しばらくすると健太が部屋の中に入っていました。

私がその事に気づくと、私の口から「健ちゃんの舌でお母さんのを舐めて」と言ってしまいました。

健ちゃんは両手で私のお尻を持ち、お尻の割れ目の間に顔を埋め、陰部付近を舐め始められました。

しかし、陰部付近よりお尻の穴付近を舐められて少し気持ちが薄れてきたので、

「健ちゃんのを舐めてあげるから寝て」と言いました。

健ちゃんが私のベッドにうつ伏せになって寝ました。

私は健ちゃんのブリーフを両手で優しく脱がすと想像以上に反り返ってピンピンしていたペニスに出会ったのです。

ペニスの先っちょの二つに割れていた亀頭の先からは透明のヤラシイ汁が一杯出ていました。

と同時に先程オナニーをして出た精液も少し残っていたみたいで私は歯を立てないように優しくペニスをお口の中に包みました。

健太のペニスを口に含んだ時点から、もう母親としてではなく一人の女性となってしまいました。

それから口の中で唾液を一杯出しながらゆっくりとお口を動かしました。

時々陰毛が口の中に入り大変でしたが・・・・

健太は「お母さん、毎日このようにお母さんにオチンチンを舐めてもらっているのを想像しながらオナニーしていたんだ!」と・・

徐々に健太の亀頭部分から出ている透明な液体の量が増してきたのです。

2・3分ぐらいたった頃、急に健太が私の頭を両手で抑えたかと思うと、ペニスから精液が私の口の中で激しく放たれたのです。

凄い量に私は思わず咽てしまいました。

そして、健太の胸付近に一旦口に含んだ精液を全て出してしまったのです。

私は「凄い量ね。」と言って横にあった私が先程脱いだTシャツで健太の胸の精液を拭き取りました。

そして、「出してしまってごめんね。健ちゃん。」と言ってしまいました。

健太は「いいよ母さん、ありがとう。凄く気持ちよかった」と返事してくれました。

最後の一線だけは絶対に越えてはいけないと思い、「明日、部活で忙しいのでしょ。

だから、健ちゃん、もう寝なさい。」と私が言いました。

その言葉を聞き、健太はブリーフを履いて自分の部屋へ戻りました。

一時間ぐらいして私はまだ先程の余韻が残っていたのか興奮して眠ることが出来なく、昼間使った電動バイブを箪笥から出し、オナニーをしてしまいました。

【主婦の体験談】私は高校生の息子にオナニーしている姿を2回も見られてしまいました〈後編〉へ続く

厳選記事PICKUP!