【鬼畜の体験談】JKとはいえ、何度も中出しSEXしていると最初の珍しさも飽きに変わり捨てた

uyitdrssutr
しばらく付き合っていたアキ。

危険日以外は全て中出しを繰り返していた。

危険日も生挿入で、髪の毛や顔面で受けさせた。

制服のまま校門そばの駐車場の車の中でスカートを捲り上げて中出し…

制服のままショッピングセンターのトイレで中出し…



セキュリティの掛かっていない部室に忍び込んでユニフォームに着替えさせて中出し…

自宅に送り親の帰っていない家に入りリビングで中出し…

口にも、肉壺にも、アナルにも…出せる所には全て出してきた。

JKとはいえ、何度も抱いていると最初の珍しさも徐々に飽きに変わり、関係を清算したくなった。

ちょうど「クリスマスは一緒にいたい」、「お正月は旅行に行きたい」等々、鬱陶しくなってきたのも事実。

ある計画のもと連休に旅行に連れ出した。

友達の話、彼氏の話、学校の話etc

どうでもイイ話だ。

今日辺りは危険日だから「今夜は中で出せないけどゴメンね」と残念がるアキ。

…「出す」気だよ…

旅館だと仲居が、この年の差カップルに興味を持つのは間違いないので、大きめのホテルにチェックイン。

部屋に着くなり、アキをベットに押し倒す。

「今日は中で出したいから、避妊薬を持ってきた」

と言いながら、医療用のオブラートをアキに見せつけ、肉壺に挿入。

もちろん避妊効果なんてありゃしないけど、アキは信じてるようだ。

「中で出すの好き」と…呑気なJKだ。

ある目的があるから今日はアナルにも口にも眼もくれず肉壺に中出しオンリー。

俺とのセックス三昧になってから、更にバストに張りが出て、テクニックも向上したアキ。

少し惜しい気もするが、今の彼氏とやらへの俺からのプレゼントだ。

まだキスとバストタッチから進めないようだが。

部屋に着いて2発。

中出し精子を肉壺に溜めたまま近所の寿司屋で食事。

「漏れてきてる」

と顔を赤らめているアキに日本酒を飲ます。

ヘロヘロになったアキを部屋に運び込み、更に2発。

お互いに酔った二人は、エロ語を連発しながら貪りあう。

翌朝、朝立ちついでに1発。
朝飯食って1発。

合計6発を危険日のJKの肉壺に発射完了。

結果は見事大当たり。

最後は彼氏とかいう坊やまで出てきてイキがってたが、大人の余裕と怖さを見せ付けるとスゴスゴと退散。

俺もドサクサにまぎれて、アキとはエンディング。

先だってまでのアキと別れ、新しいJKとの交際を始めた。

誤解ないように言っておくと¥ではない。

ちゃんと仕事上で知り合った訳で。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名前はミノリという。

JK1の水泳部である。

ショートヘアーに153センチの小柄な体型にCカップの上向きなバストでスイマーらしい締まった小尻。

なりそめは私の店舗のアルバイトとして入ってきて、夜遅くなったミノリを送って行った時に関係が始まった。

…初日のバイト明けで多少興奮しているミノリは私の車の助手席で職場のこと、学校のこと、友人関係のこと等を話し続ける。

いまどき無垢な子なのか、その素朴さと飾らなさにミノリに興味(ヤル気)がわいてくる。

私の店のユニフォームはタイトなシャツとパンツではあるが私服と変わらないデザインなので、そのまま出退勤するバイトも多い。

最初は興味なかったミノリも、よく見るとメリハリのあるボディで、しかも香水ではない女性の香りがする。

ただ話を聞いているとヴァージンのようである。

私はヴァージンには興味はないが、うちのバイトは何故かヴァージン率が高い…私の経験上。

ヴァージンは落とすのは簡単である。

詳細は語らないがヴァージンは簡単である。

その日も車を止めてミノリの髪を撫で上げる頃には、ミノリの目は潤んでいた。

そのまま頬から耳に唇を滑らせる。

抱き寄せてキスをする。

舌が絡み合えば、もう後は中出しまで一直線!

色気のないブラの下の固さの残るバストを揉み、小指の先ほどのピンクの乳首を嘗め回す。

小豆ほどの乳首は更に固さを増し、それを甘噛みすれば小娘の口から湿った吐息がこぼれる。

パンツのジッパーを降ろすとメスの臭いが車の中に充満する。

ショーツの脇から指を差し込むとヌメった肉壺が俺の指を潤す。

更に奥まで指を入れると「痛っ」と顔を歪める。

おもむろに肉棒を握らせ「これをミノリの中に入れるよ」と三流エロビデオ並みの言葉を掛ける。

メリメリと音がするような感覚の中でミノリに挿入。

身体が小さい分、更に締め付けが強烈であるが構わず奥まで肉棒を突っ込む。

処女膜が破れる感覚を肉棒に感じた時、ミノリは涙を浮かべながらも笑顔で微笑む。

あとは快楽の赴くまま肉棒で突き上げ、フィニッシュ。

「ミノリとの初めてにはゴムなんかの邪魔者はいらないんだ」

と言えば、ミノリも納得する。

余韻を楽しみながら肉棒を抜くと鮮血が肉棒を濡らす。

「社長はモテるだろうけど気持ちの中ではミノリを一番にしてね」

とミノリは肉棒を握りながら頬擦りする。

「今日が初めてだったけど、もっと上手くなるし浮気しないでね。私の初めての人なんだから」

と話すミノリの顔は、先ほどまでの少女の顔じゃなく女の顔になっていた。

それから週に3回程ミノリがバイトに入る日は必ず待ち合わせをして、中出しを楽しんでいる。

もちろん、まだ続けて行きたいのでピルは飲ませているが。

What do you think of this post?
  • エロいいね (1)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!