【連れ子との体験談】私は絶対に他人には言えないですが、娘の処女を奪ってしまったんです

bandicam-2016-09-13-02-30-33-552
絶対に他人には言えない秘密を暴露します。

4年前、俺は年上の女と結婚しました。

出会いは会社近くの定食屋。

バイトのくせにその店の看板娘みたいな人で、同僚たちも絶賛してた人でした。

年齢を聞くまで25歳ぐらいだと思ってたんだけど、実は34歳で俺より6つも年上。



ダメ元で名刺を渡したら連絡があって、何度か食事に行って告白。

会えば会うほど惚れちゃってた俺は、告白をした時、正直気絶するかと思った。

「ごめんなさい、言ってなったけど、子供がいるの」

(えっ?マジで?マジッすか???えっっっ?)

俺はかなりキョドってたらしい。

子供がいる様にも見えなかったし、さらに子供の年齢聞いてまたビックリ。

「今、高2なの」

でもそんな事を聞いたからって、『じゃあ考え直す』なんて言えないでしょ。

だから、「そんなの関係無いよ!」と言い切っちゃったんです。

彼女には、「娘にも聞かなきゃだから返事は待ってて」と言われました。

数日後にメールがあって、今度は娘も一緒にと言われた。

ぶっちゃけ心の中では、(結婚するとは限らないのに何でだよ)と思いましたが、「余裕でOKだよ!」と答えておきました。

周りに相談した結果、「ヤメときな!」が100%。

でも惚れちゃってるからそう簡単に切り替えられないし、流されるまま娘と会う事に。

何度か接待で使っている個室のある焼き肉屋を予約し、そこで初めてのご対面。

娘を見てこれまたビックリでした。

お母さんの面影はあるものの、全くの別物って感じでした。

お母さんはどちらかというと清楚系な顔立ちでしたが、娘はハッキリとした派手めな顔立ち。

身長もお母さんより高く、服の上からも分かるほど胸の大きさも違う。

そして何より違ったのが攻撃性。

「初めまして、娘のアヤカです」

挨拶から刺々しい口調だったし、ちょっと俺を睨むような目をしてた。

そうそう、娘の名前は『アヤカ』で、お母さんは『ユリ』っていいます。

ユリはアヤカをなだめるようにしながら、俺とアヤカ2人に気を遣っていました。

聞いてみるとアヤカは進学校に通っていて、中でもトップクラスの成績らしい。

「へぇ~凄いんだね」

「凄くなんてありません、普通ですから」

「そう?勉強できるのは凄いじゃない」

「みんな勉強しないから出来ないんだと思いますけど」

もうこんな喧嘩腰の会話だったから、俺もかなり疲れましたね。

それ以上にユリの方が疲れたと言ってましたけど。

俺はその時初めて、ユリの前の旦那について聞かされた。

高校時代に付き合っていた彼は4つ年上。

17歳の時に妊娠が発覚し、出産はしたが高校は無事に卒業。

卒業と同時に結婚して、そのまま結婚生活へ。

旦那は整備工場で働く意外に真面目な男だったが、結婚するまで酒乱だった事を知らなかったらしい。

ユリが高校生だったから一緒に飲む事もないわけで、一緒に住むようになって初めて発覚したらしい。

酒乱だと知らなかった頃は、仕事のストレスかなって思っていたと。

でも何度か殴られてアザを作って、周りから酒乱だという事を教えられたんだって。

互いの両親から言われて、一旦は酒をやめた旦那だったが、アヤカが小学校に入学した頃に工場をリストラされ、また酒を飲むようになって毎晩修羅場。

最後は旦那の両親も出てきて、「息子と別れて下さい。じゃないと申し訳ない」と言われたんだって。

その日の夜ユリからメールがあり、『焦ることなく、結婚を前提にお付き合いして下さい』と言われた。

もう引くに引けず付き合う事となったが、当然のように俺の両親は大反対。

友達も大反対だったが、一緒にいればいるほどユリは本当にいい女だった。

無理やりではなく素直に働き者だし、一緒にいるとかなり癒される。

子供を産んでるのにスタイルは崩れていなくて、Cカップの美乳と綺麗な肌は格別だった。

しかもセックスでも献身的で、いつまでもしゃぶってくれるフェラ好き。

清楚な見た目なのにセックスになると淫乱になり、そのギャップにもやられてしまいました。

大反対してた両親もユリの人柄を知って次第に認めてくれるようになり、交際2年でついに結婚する事になった。

当時高2だったアヤカは大学生になっていて、初めの時とはまるっきり真逆の態度になってた。

お父さんを知らずに育ったせいか、一緒に暮らす前から俺に甘えてきたりするようにもなってたしね。

恥ずかしそうに甘えてくるから俺も素直に嬉しかった。

結婚してからは日曜日になると3人で出掛けていって、まるで本当の親子みたいな感じだった。

ただ問題だったのは、アヤカが腕を組んでくること。

母親のユリよりも大きいっぽい巨乳が、俺の腕にムニムニ当たってくるわけだ。

意識しないようにはしてたんだけど、どうにもこうにも意識が集中しちゃって仕方が無い。

無意識なのかよく分からんから何も言えず、毎回心の中では困り果ててた。

ある日の夜、夕飯後に酒を飲みながらTVを見ていると、アヤカがやってきた。

「ねぇ、この子どう思う?」

そう言ってスマホを差し出してきたので見てみると、男の子の写真だった。

「まぁ今時の若い子って感じじゃない?彼氏か?」

「違うよぉ~、この前いきなり告られた子」

「ほぉ~~すげぇ~じゃん。付き合うの?」

「どうしようかなと思ってさぁ~、なんかチャラくない?」

「写真だけじゃ分からんなぁ、俺が会ってやろうか?」

「それはマジでダメ。絶対ダメ」

話を聞いていたユリはアヤカがいなくなった後、俺に心配そうに言ってきた。

「あの子まだ男の子と付き合った事がないみたい」

「マジでか?あんなに可愛いのに?」

「うぅ~ん・・・やっぱり前の旦那がトラウマになってるみたいで」

「その割に俺にはベタベタしてくるけどな」

「たぶん初めて甘えてるんだと思う。もともと甘えん坊だから」

「お前に似て淫乱になっちゃって、セックスしまくりになったら困るしな」

「なにそれぇ~~~」

「だって昨日も言ってただろ?『ユリはオチンチンが好きです』って」

「やめてよぉ~~~~もうしない!もうしませんよぉ~~っ!」

「ウソウソw今日もする?淫乱のユリちゃん」

酒が入ると淫乱に拍車が掛るのを知っているので、俺はわざとそんな事をよく言う。

この時も結局、テーブルの下に潜り込んでフェラをしてくれたぐらいでしたから。

そんな楽しい結婚生活でしたが、ユリは働いていた定食屋を辞めました。

俺と結婚したのが周りにバレて、なんとなく居辛くなったらしい。

簿記の資格も持っていたので、知り合いに頼んで普通の会社で働く事になった。

そのせいで生活がバラバラになり、その頃からアヤカと2人で夕飯を食べることが多くなってきた。

結局、写真の男とは付き合わず、俺に「世間の男は」的な愚痴を言いまくるアヤカ。

それを諭すようにしながら夕食をとるのが恒例でした。

ある日、ユリが月末の残業で遅くなった時、俺は1人で酒を飲んでTVを見ていました。

珍しくそこにアヤカがやってきて、一緒に飲んでいたんです。

「ねぇ・・・お母さんには内緒にしてくれる?」

「なにが?」

「いいから約束して!」

「う~ん・・・まぁいいか。約束するよ。で、何だ?」

「やっぱりこの歳になって処女って重い?」

「はぁ?」

「答えてよ」

「いや・・・まぁ・・・別にいいんじゃねぇ~か?そんなの」

「真面目に答えてよ!」

「なんだよ急に。どうかしたのか?」

話を聞くと、先日出会った男を好きになったと話してくれた。

その男もアヤカを好きみたいで、メールの内容からすると付き合うかもしれないと言う。

でも自分が処女なのを知らない相手は、処女ネタで変な事を言ってきたらしい。

「俺は処女は嫌だなぁ~」とか「処女だとお互いに楽しめないじゃん」とか「処女とやったら結婚しなきゃいけないみたいじゃん」などなど。

「そんなの好きなら関係ないだろ。だいたいそんなので嫌がる男なら付き合う価値ないしな」

「でもさぁ~、やっぱり・・・重いよね」

「気にすんなって。アヤカは可愛いんだから余裕だよ、そんなの」

「そう?本気でそう思ってる?酔っ払ってるからじゃなくて?」

「酔ってはいるけど本気は本気。ぜぇ~んぜん余裕だってば」

「じゃ~さぁ・・・お母さんとアタシだったら?」

「そりゃ~お母さんだろ!結婚したぐらいなんだから」

「はいはいそうですね、聞いたアタシがバカでした」

アヤカはそのまま不貞腐れて部屋に戻っていきました。

それから数日後の日曜日、ユリは休日出勤で出掛けていました。

だから俺はアヤカと昼飯を食べて、昼間っから酒を飲んでゴロゴロしてました。

知らないうちにソファーで寝てたらしく、アヤカに起こされてベッドへ移動。

そのままスヤスヤ寝ていると、なんか腕を掴まれている感触で目が覚めました。

夢心地だったから、てっきりユリが帰ってきて、隣に添い寝してきたんだと思ってたんです。

だから腕枕をしてやってそのまま寝てました。

抱く様な感じで添い寝してたので、いつものようにムラムラしてきちゃいまして、ギュッと引き寄せて、おもむろにアソコを触ったんです。

なんだかゴワゴワするなぁ~着替えてないのかよぉ~とか思いながら、強引にパンツの中に手を入れて触りました。

いつも通りアソコはベチョベチョで、クリトリスを弄るとエロい吐息が漏れ始めます。

酔ってなかったらすぐにユリじゃないことに気付いたと思います。

でもその時はユリだと思い込んでいたから、そのまま膣内に指を入れようとしました。

でも入らない。

入れようとしたら腰が逃げるんです。

何してんだよ!と思って足で腰を固定して指を入れようとするけど、なんかいつもと違う感じ。

やっとおかしいことに気が付きました。

隣を見ると、そこにはアヤカが寝ていました。

ビックリして飛び起きた俺は、「おぉいっ!何してんだよ!」と焦って大きな声を出しました。

だけどアヤカは俺に抱き付いてきて何も言いません。

パニくった俺はアヤカの肩を掴み、「何してんだ!どうしたんだ!」と攻め立てました。

妻だと思って変な事をしてしまった恥ずかしさと、誤魔化したい気持ちでいっぱいだったんです。

それでもアヤカは泣きながら抱き付くだけで何も言いません。

次第に冷静になってきた俺は、怒る事をやめて優しく抱き締めてやりました。

たぶん何か理由があったんだろうって。

俺が勝手に寝惚けて触りだしちゃったから、悪いのは当然俺なんだろうって。

「リビングに行こう?」と誘っても、頭を振って拒むアヤカをベッドに残し、紅茶を入れて戻ってきました。

ベッドの上で紅茶をすすり、しばらくして落ち着いたアヤカに聞いてみました。

「何かあったの?」

もうこれ以上ないってぐらい優しい口調だったと思います。

アヤカは泣きながら、溜まりに溜まった鬱憤を吐き出すように、下を向いたまま話し始めました。

簡単にまとめると、処女だという事が重く、前に話してくれた男の子に、今だに処女だと告白できないでいるようだ。

しかもその男は、アヤカがある程度経験があると勘違いしているらしく、処女を貶すような感じらしい。

「そんな男ならやめとけ!」と思わず言ってしまいました。

アヤカ自身も分かってはいるらしい。

でも、今まで母親の事ばかりを考えてきたアヤカは、そろそろ自分も人並みに恋愛しても良いかなと思っているという。

まだ結婚とか考えてないけど、普通に遊ぶくらいはいいじゃないって。

早く処女を捨てたいけど、ナンパはやっぱり怖い。

勇気を出して気に入った男としようと思ったけど、「アイツ、処女だったよ」と周りにバラされるのも嫌。

で、悩み抜いた末に辿り着いたのが俺だという。

「今は家族として暮らしてくるけど、ぶっちゃけ血の繋がってないお父さんだし・・・」

凄く謝りながら言われたけど、正直言ってかなりショックだった。

まずあり得ない話でしょ?

母親の再婚相手である俺に処女を捧げるなんて。

でも想像以上にアヤカは真剣で、「ダメなら出会い系とかで見ず知らずの男にしてもらう」と言う。

「どっちもダメだ!」としか言えず、俺はリビングに戻った。

参ったなぁ~と思って酒を飲もうとしたが、そんな気分になれず、ただコーヒーと煙草を吸いながらTV鑑賞。

30分経ってもアヤカは寝室から出てこない。

マジでどうしていいのか分からなかった。

1時間ほどしても出てこないアヤカ。

そこで下した俺の決断は、アヤカを抱いてやる事。

アホな俺はそれ以上の選択ができなかったんだよね。

意を決した俺はシャワーを浴びて、ウォッカをショットグラスで1杯飲んで寝室に向かった。

アヤカは布団に包まって寝ていたが、俺が入るとビックリして振り返った。

「とりあえずこれ飲みな」

アヤカにもショットグラス1杯分のウォッカを渡した。

アヤカも勘付いたんでしょうね。

黙って頷いて一気にウォッカを飲み干してた。

「本当にいいんだな?誰にも言わないで、この後も普通に暮らせる?」

「うん、絶対誰にも言わない」

キスをすると緊張しているのか、ガチガチに体を硬直させていた。

舌を入れると不器用に舌を絡めてくる。

黙ってゆっくりねっとりと舌を絡ませ、教えてるかのようなディープキスをした。

アヤカはノーブラだった。

キスをしながら胸を揉むと、既に乳首がコリコリになってた。

(そう言えばさっき触った時、何もしてないのに濡れ濡れだったよな・・・)

そう思いながらアヤカの舌をしゃぶった。

母親のユリとは違ってまだたどたどしい動きの舌を、丁寧にゆっくりとしゃぶりあげた。

乳首を指で摘み、クリクリと転がすだけでもアヤカは吐息を洩らしてくる。

ユリもかなり敏感体質なので、娘のアヤカも全身が敏感なのかもしれない。

そう思いながら首筋や耳を舐め、ボタンを外してアヤカの巨乳にしゃぶりついた。

見事なまでに実った巨乳は推定Fカップ。

しかも張りのあるお椀形の巨乳はツンと上向きで、薄ピンクの乳輪が何ともまたエロい。

揉みまくりながら乳首を舐め、甘噛みしたり吸いついたりを繰り返した。

その度に小さな声で、「んはっ・・・あっ・・・んあっっ・・・」と吐息を洩らすアヤカ。

ゆっくり下半身に右手を突っ込み、直接アソコを触ってみた。

案の定ビショビショで、さっき触った時以上に濡れててビックリした。

クリトリスを中心に指で刺激し、口では乳首を刺激しまくった。

「んくっ・・・ぅんっっ・・・うぁっ・・・」

腰をくねらせながら喘ぐアヤカは、不慣れな動きで俺の下半身に手を伸ばしてきた。

そうか、それも教えなきゃだもんなと思って、手を取って握らせてやった。

アヤカの手を上から握り、手コキの動きを教えてやった。

その動きに合わせてクリを弄るスピードを上げたもんだから、アヤカは手コキどころじゃなかったみたい。

「待ってっ!待ってっっ・・・!だめっ!待ってっっ!!」

急に俺の腕を掴み、アヤカは腰を引いて手マンを中断さた。

「痛かった?」と聞くと、「おかしくなっちゃう」と一言。

イッた経験が一度もないアヤカにはそう感じるんだろうな、と思った。

だからとりあえず手マンは終了した。

「ねぇ・・・見てもいい?」

「んっ・・・まぁ・・・な・・・」

かなり恥ずかしかったが、俺は全裸になって仰向けに寝た。

「これって痛い?」

アヤカが握りながら聞いてきた。

「大丈夫だよ、でもここは痛いかも」

「どうすればいいの?」

「こう握るだろ?それでこう動かすんだよ」

「痛くない?」

「痛くないよ、でも早漏だとそれだけでイク場合があるから注意だな」

「そうなんだ・・・それでどこを舐めるの?」

「まずは亀頭のここら辺を舌先で舐めるんだよ、キスするみたいにね」

「こう・・・」

亀頭を舌先で舐め始めるアヤカ。

「そうそう、根元から亀頭に向かって舐め上げたり、カリを舐め回したり」

説明するとアヤカは素直に実践してきた。

これがまた気持ち良くて、油断してると襲い掛かりたくなるほどだった。

「あとは全体を咥えて、少し吸い込むようにしながら上下にしゃぶってみな」

歯を立てないことやバキュームの強弱、口の中の舌の動かし方も教えた。

「疲れたら手コキしな」とも付け加えた。

妙な興奮だった。

贅肉のない綺麗な裸体で懸命に俺のを舐めるアヤカを見て、最悪な事をしてるくせに異常な興奮に包まれていた。

もしかしたら、見た事のないユリの若い頃と重ね合わせていたのかもしれません。

ゴムを着けてタオルを敷いて、正常位で入れる事にした。

何もしなくてもアヤカのアソコはグチョグチョになっていたので、汁を擦り付けて入れようとした。

でもダメなんですよね。

怖いのか腰が引けちゃうし、どうしても強引にはできないし。

だからローションを使うことにしました。

ユリとローションを使ってる事なんて知られたくなかったんだけど、仕方ありません。
アヤカもあえて聞いてはこなかったけど、そんなの持ってるんだぁ~って感じでした。

ローションのお陰で意外とすんなりと貫通できました。

最初はちょっと痛がってたので、根元まで入れてしばらくキスをしたりしていました。

我慢できなくなって軽く腰を動かしましたが、痛がる姿を見て射精するのはヤメました。

血が付いたタオルやアソコを放置するわけにもいかず、もういいか!と2人でシャワーを浴びました。

もうこの時にはお互いに罪悪感とかそんな感じではなく、普通の男女のような感じだったと思います。

俺がシャワーを先に出て、痕跡を消すようにベッドを綺麗にしてローションを片付けました。

1人リビングで焼酎を飲んでいると、シャワーを出たアヤカが戻ってきて、なぜか俺の背後に回って言いました。

「ありがとう・・・」

アヤカに後ろから抱き締められ、俺は何も言えず、「うんうん」と頭を振ることしか出来ませんでした。

この時の感情は言葉には出来ませんね。

ユリへの罪悪感、超えてはいけない一線を越えてしまった自分への情なさ・・・などなど。

ただ救われたのは、その数日後にもらったアヤカからの手紙でした。

仕事に行こうと玄関にいる時、そっと手渡された手紙。

そこには俺への感謝の気持ちや、男に対しての恐怖心などについて書かれていました。

今までのトラウマを払拭してくれた俺や、男の良さを教えてくれた俺への感謝の言葉。

罪悪感は消えませんが、かなり気持ちは楽になりましたね。

その後、アヤカも好きな男と無事エッチをしたらしく、その報告までされちゃいましたw

「やっぱりお父さんの方が凄かった」らしいですw

そりゃドスケベなユリに鍛えられているオヤジですから、そこらの若い男と比べられてもねぇ。

誰にも言える事じゃないので、こちらに投稿させて頂きました。

最後まで読んでくれてありがとうです。

厳選記事PICKUP!