【学生時代の体験談】家庭教師先の奥さんとプールに行き、俺の巨根を見た奥さんのエロさは凄かった

harieguhitoutma

体験談概要
学生時代の投稿者は小6相手に家庭教師をしていた。その生徒の母親は若く見えて、しかもいつもエロい恰好をしており投稿者の股間はいつも爆発しそうであった。渡りに船とばかりに母親が投稿者をプールに誘う。そしてプールの母親の恰好は超ハイレグ、投稿者も自慢の巨根でチンポがパンツからはみ出しそう。もうこうなれば後の展開は見えてくる。
俺がまだ大学生の頃の話だ。

当時、小6の女の子の家庭教師のアルバイトをしていた。

かなり大きな豪邸だった。

母親は30代後半らしいが、見た目は20代後半に見える。

なぜか、いつもタイトな服を身につけている。



体つきも、出る所は出て、腰のくびれも素晴らしい。

金持ちの奥様だから体にはお金をかけているのだろう。

ジムにも通っているらしい。

ある日、「T君、あなた、泳ぎは得意?」と母親に聞かれた。

俺は、「日本海育ちなので、海やプールでよく泳いでいたし、高校の時も水泳部だった」と答えた。

「じゃあ、教えてくれる?」

そう言われたので、家庭教師とは別の日に教えてあげることにした。

「水着も一緒に選んで欲しい」と言われたのでスポーツショップにも同行した。

母親の名は、和美と言う。

下心丸出しと思われても仕方がないような、当時流行っていた超ハイレグの競泳水着を和美さんに勧めると、すんなりOKして買ってくれた。

俺も3サイズくらい小さいブーメラン競泳水着を買って貰った。

ブーメランは和美さんのリクエストだ。

(和美さんもエロい事を考えているのか?)と思った。

次の日、少し遠くのレジャープールに和美さんの車で連れて行ってもらった。

「近くだと近所の人に会うかもしれないから」と言っていた。

更衣室で水着に着替えた。

俺の水着もかなり小さいので、尻が半分ほどはみ出した。

勃起すると俺のモノは20センチはあるので、水着からはみ出してしまう。

エロエロ考えるとヤバいので、冷静にプールまで歩いて行った。

和美さんもやって来た。

やはりスタイルは抜群だ!

腰骨の上まで超ハイレグの水着が切れ上っている。

「どう?」と聞くので、「ステキです、よく似合ってますよ」と答えた。

和美さんの後ろ姿も確認すると、なんと尻が半分以上はみ出して、水着が食い込んでいる!

30代後半とはいえ、ジムで鍛え上げられたボリュームあるヒップにしっかりと競泳用水着が食い込んでいた。

俺は思わず勃起した。

水着から俺のモノがはみ出しかけた。

俺は慌てて前を手で隠した。

「どうしたの?」

和美さんがそう聞くので、「いや~、奥さんがあまりにもスタイルがいいので」と言うと、和美さんは笑いながら、「じゃあ、T君のが、こんにちは!する前にプールに入りましょう」と言われ、一緒に流水プールの中に入った。

プールの中で俺のモノは、完全に水着からはみ出してしまった。

和美さんも気がついたみたいで、「まあ、若いって、いいわね~」と笑う。

そして大胆にも、俺のモノをプールの中で握り締める。

さすが人妻だ。

「T君の大きいのね~、彼女が羨ましいわ」と言うので、「今は彼女はいません」と嘘をついた。

和美さんは、プールの中でも食い込んだ水着を直そうとしないので、ほとんどTバック状態になっていた。

俺のモノを和美さんが触るので、俺も恐る恐る和美さんのヒップに手を触れた。

「お尻、水着がかなり食い込んでますけど大丈夫ですか?」と聞くと、「いつもTバックだから気にならないわ」と和美さんは言う。

和美さんのオマンコにも触ってみた。

水着越しにも和美さんの愛液が確認できる。

水の中でもヌルヌル具合が確認できるくらいだから、かなり濡れているのだろうと思われた。

水着の前布をずらして和美さんのオマンコに指を入れた。

やはりヌルヌルだ。

和美さんは抵抗しないので、和美さんの奥に指をピストン運動した。

和美さんもプールの中で俺のモノをしごき続けた。

俺の方が爆発しそうだったので、「奥さん、そんなにされたら出ちゃいます!」と言うと、「かまわいから、イッていいわよ」と言う。

「でも、プールを汚します」と言っても、「こんなに広いからわからないわよ」と言う。

そういう問題かと思ったが、和美さんが激しくしごき続けるので、ついに射精してしまった。

「T君もエッチねえ、こんなに出しちゃって。でも、これでプールから一度出られるわね」

確かに一度出したので、半立ちくらいになり、なんとか水着の中に収まった。

和美さんは、今度は俺の水着の後ろを吊り上げてTバック状態にした。

「若い子は、お尻を出した方がいいわよ」と言う。

「食い込んでお尻が痛いんですけど」と言うと、「そのうち慣れて癖になるわよ」とウインクされた。

結局、ほとんどTバック状態で食い込まされたまま、俺達はプールから出た。

平日で人は少なかったが、おばちゃん達は俺のアソコや尻を凝視して、オッサン達は和美さんの食い込み水着を見ているような気がした。

二人でミストサウナ室に入った。

誰もいなかった。

キスをした。

和美さんは舌を絡まてくる。

人妻のテクニックは、キス一つにしても同級生の女の子より数段上だ。

和美さんは俺のモノを水着から出して、いきなりフェラした。

俺も和美さんのオマンコに指を入れた。

グショグショだ。

指をピストン運動すると、フェラ中の和美さんも喘ぎ始めた。

「T君の、欲しい・・・入れて!」と和美さんは言う。

「ゴムを持っていない」と言ったが、「今日は、大丈夫だから」と言って、和美さんはハイレグの水着の股間部分を横にずらして、おまんこに俺のモノを入れてしまった。

ピストン運動すると、グチュグチュと音が出るくらい濡れていた。

抱っこ状態で和美さんと繋がっていると、突然、人が入って来た。

20代前半と思われる女性の2人組だった。

入って来た瞬間、「あっ!」と言った。

俺たちがヤッているのがわかったようだ。

すぐに出て行きそうだった。

が、意外にも和美さんは、「あの~、よかったら見て下さい!」と言った。

後で和美さんに聞いた話だが、見られながらエッチするのが好きだそうだ。

やはり2人組は出て行きそうだったが、「お願いします、後でお礼をするので見て下さいませんか?」と和美さんが言う。

俺は恥ずかしいので息子を抜こうと思った。

「イヤッ、T君、抜かないで!」

結局、女性2人は見てくれる事になった。

エッチの経験はあるのだろうが、他人のを見るのは初めてなのだろう。

俺と和美さんの繋がっているところを見て、「凄い、本当に入ってる!」と言っていた。

「T君、もっと突いて!」

和美さんがそう言うので、思いっきりピストン運動を続けた。

ハアハアと和美さんは喘ぎ続ける。

和美さんのは締りがいいので、俺はイキそうになるのを抑えるのに必死だった。

見られていると俺も興奮する。

やがて和美さんの体が痙攣し、一度目の頂点に達したようだ。

俺も射精してしまった。

本当に中に出しても大丈夫なのか心配だった。

「T君、まだ抜かないで!若いから、まだ大丈夫でしょ!」

結局、俺と和美さんは繋がったまま、もう一戦する事になった。

和美さんは、また舌を絡めたキスをしてくれた。

やはり上手だと思った。

若かったので、いわゆる抜かずの2発ができた。

息子を抜くと、精液と和美さんの愛液まみれのペニスが出てきた。

「うわっ、大きい・・・」

女性2人組はつぶやいた。

「大きいでしょ、彼の」

和美さんが満足げに言った。

What do you think of this post?
  • エロいいね (4)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!