【出会い系体験談】夫と別居中の46歳熟女は久しぶりのチンポに興奮し全身が性感帯のようだった

bandicam-2016-09-26-02-20-39-242

体験談概要
投稿者は出会い系サイトで夫と別居中で大きな子供が2人いる46歳の熟女と知り合った。1週間ほどラインでやり取りの後会うことに。対面当日そこにはスマホの画像で送られてきた以上の美魔女がおり、投稿者はフル勃起状態になる。あまりガツガツ行くと引かれるので徐々にラブホへ誘う投稿者。最後には熟女も少女のような表情を見せ、お互いラブホへ行くことになった。
2年前のこと。

恭子とは出会い系チャットPCMAXで知り合った。

当時、僕は32歳、恭子は46歳だった。

チャットではLINEだけ交換をした。

年下とのSEXに興味があるとのことだったが、いきなり会うのは怖いので、まずはLINEから始めたいとのことだった。



恭子には別居中の夫と、高校生の息子、中学生の娘がいた。

1週間ほどLINEのやり取りをしてから会うことになった。

じっくりと話をして、気が合えばSEXをする前提だった。

中央線の某駅で待ち合わせをした。

事前に画像を送ってもらっていた。

画像からは細身で知的な印象を受けていた。

実物の恭子は想像以上だった。

顔は阿川佐和子似、胸は豊かで服の上からでも、そのボリュームがわかった。

恭子を見た瞬間に僕の息子は膨れ上がった。

この女性を欲望のおもくくままに陵辱したい!

そんな思いを抱いたが、いやらしさを出しては、女性に引かれてしまう。

僕は必死になって欲望を押さえ込み、自然体を振る舞った。

喫茶店で話をした。

恭子は教養深い女性だった。

有名私大を卒業し、趣味は読書とコーラス。

仕事はパートで弁護士事務所の手伝いをしていた。

1時間ほど話をしてから、僕は恭子を誘った。

「恭子さん、今日、これからいいよね。2人きりで過ごしたいんだ」

恭子は少し戸惑った顔をした。

「えっ、でも。どうしようかな・・・」

「俺のこと嫌い?」

「そんなことないよ。話して楽しかったし」

「それじゃあ、いいよね」

僕は微笑みながら、恭子に問いかけた。

恭子は少女のようにうつむきながら、ゆっくりとうなずいた。

ホテルまでの道、すでに僕の息子は、はちきれそうなほど大きくなっていた。

ホテルの部屋に入り、互いの上着をハンガーにかけた。

我慢は限界にきていた。

僕は恭子に近寄ると抱きしめキスをした。

やわらかい唇だった。

そして右手で胸をもんだ。

「あああ・・・」

恭子から甘い吐息が漏れた。

「いい・・・。実は久しぶりなの。優しくして」

「わかった。優しくするよ。可愛がってあげるからね」

「うれしい」

今度は恭子からキスを求めてきた。

そして僕の下半身へと手が伸びた。

「凄いわ。ズボンの上からでもわかる。若いっていいわ」

「駅で恭子さんを見たときからビンビンだったんだ」

「ホント?いやらしい!」

僕はスカートをたくしあげ、パンティーの中に手を突っ込んだ。

濃い毛をかき分け、恭子の秘部へと指を伸ばした。

熱い感触が指先に伝わってきた。

グニュリと指が秘部の奥へと入った。

「ああああああ!!」

恭子の声が部屋中に響き渡った。

「恭子さん、もうビチョビチョだよ。こんなに濡らして、

スケベなオ○ンコだね。だいぶ前から濡れていたんじゃないの?」

「う・・・ん、喫茶店を出たときから熱くなっていたの」

「そうなんだ。今日はたっぷり犯すからね。いいね」

「して、いっぱいして!」

僕らは服を脱ぎ捨て、シャワーも浴びずベッドへと倒れた。

僕はその豊満な胸にむしゃぶりついた。

乳首はすでに勃起していた。

右の胸を吸っているときは、左の胸を指先でつまんだ。

「うううう! いいよ、いいよ?」

さらに乳首を含むと口の中で激しく転がした。

「ああ、おっぱいだけでいっちゃいそう!!」

「まだダメだよ。これからだよ。我慢しないと」

「だって、英二凄いだもん。あっ、ダメいく!!」

恭子は弓なりになって絶頂を迎えた。

僕は責めるのをやめなかった。

胸の次はお腹、そして茂みの中へと舌を伸ばそうとした。

「ここはまだダメ。シャワー浴びてないから汚いよ。お風呂に入ろ!ねっ!」

恭子は僕の頭を両手で抱え込んだ。

「恭子さんの体で汚いところなんてないよ」

僕は強引に顔を茂みの中へと持っていった。

ツンとした小便臭さが鼻を突いた。

だが、その臭いがいっそう興奮を誘った。

僕は夢中になって、恭子の秘部を舐めた。

「いいよ、英二、いい。もっと舐めて!!」

「2人の子供を生んだオ○ンコ、おいしいよ!」

「あああん。そんなこといわないで?」

「だって本当だから。お母さんのオ○ンコ、いやらしくておいしいって、子供達に教えてあげたいぐらい!」

「ぐうう、いじわる!いじめないで。あっ、またいっちゃう?!!」

恭子の体にぐっと力が入った。

「あああああああああ!!」

恭子は歓喜の声をあげた。

恭子はベットでぐったりとしていた。

僕は隣で髪をなでていた。

「気持ちよかったかい」

「うん。すごく・・・」

「恭子さん感度いいね。全身が性感帯みたい」

「久しぶりだったし」

「本番はこれからだよ。まだ入れてないんだし」

「そうだね。英二の欲しい。でも、怖いな。入れたら私どうなっちゃうんだろう。おかしくなりそう」

「おかしくなろうよ。理性を壊してあげる。

本当の恭子さんの姿を俺に見せてよ」

そういうと、僕は立ち上がり仁王立ちになった。

僕のモノはずっといきたり立ったままだった。

「恭子さん、しゃぶって」

恭子はペ○スの先に舌を伸ばした。

4回、5回とアイスキャンディーを舐めるように舌を這わすと、口をあけペ○スを含んだ。

生暖かい感触がに包まれたペ○スから、快感が波打つように全身に広がった。

「恭子、いいよ。うまいよ。今までいっぱい舐めてきたね」

「うふふ!」

僕は自分自身を興奮させるため恭子を呼び捨てにした。

年上の女性が僕のモノを舐める姿は何度見ても興奮する。

ペ○スの硬度は増し、さらに大きくなった。

「英二、大きくなったよ」

僕はベッドに横になった。

「恭子、お尻をこっちにむけて。69をしよう」

恭子はフェラチオをしたまま、僕の顔にまたがった。

ぱっくりと割れた熟れたオ○ンコが僕の前にあった。

干したイチジクのようだ。

アヌスも丸見えだった。

「ああ、恥ずかしいわ」

「恭子みたいなインテリな女性がこんなにスケベとはね。意外だよ」

「またそんな意地悪をいう」

「欲しかったんでしょ!今日、年下の元気なチンポ欲しかったんでしょ」

そういうと僕は皮をむき、クリトリスを舐めた。

「ああああんん。そうよ。このおちんちん欲しかったの!」

恭子はペ○スにむしゃぶりつくと激しく顔を上下させた。

僕も負けじとクリを舐め、秘部に指を入れた。

恭子の口に力が入った。快感をこらえているのがわかった。

恭子の秘部から溢れ出る愛液は茂みをグッショリと濡らしていた。

「もうダメ!英二入れて!これちょうだい!!」

僕のペ○スから顔を離した恭子は、上を向き吠えるように言った。

正常位でつながることにした。

今度は上下反対となり恭子が寝た。

生で欲しいというのでゴムはつけなかった。

秘部はすでに潤滑油でヌルヌルだ。

「いくよ」

僕は先っぽを少しだけ出し入れした。

「あああ、いい。もっと突いて。意地悪しないでもっと突いて!」

僕はそれまでの緩慢な動作を止め、奥まで一気に突いた。

「ひっ!」

恭子が一瞬だが驚いた。

しかしそれはすぐに快感へと変わった。

「あんあんあん、いい!!」

腰を押し込むたびに恭子の声は大きくなっていく。

僕の動きは加速度を増した。

「恭子、久しぶりのチンポの味はどうだい」

「おいしい。すごくいい。英二のいいよ」

「これからも欲しいかい?」

「うん。欲しい。いっぱいして欲しい」

「いやらしいお母さんだ」

「それは言わないで。私だって女なの。あああん、気持ちいい」

「そうだね。今は一人の女だ。女の喜びを味わっているね。

年下チンポ最高だろ!」

「うっ、うん!最高!!だからもっと!」

僕は腰を動かしたまま、恭子の胸にしゃぶりついた。

恭子は僕の圧力を跳ね返すほど、弓なりになった。

「もういく!」

「恭子、一緒にいくよ。中に出すからね、いいね」

恭子はただうなずくだけだった。

自らも腰を動かし突き上げてきた。

快感の波に襲われ、恭子は声を出せずにいた。

僕も限界が近かった。

最後の力を振り絞り、腰の動きをさらに早めた。

「英二、いくからね。いきそう・・・あっ!」

恭子は目を閉じ、下唇を噛み、シーツを強く握った。

秘部が強烈に締まるのがわかった。

その締まりに僕はこらえきれなかった。

快感が雪崩となって恭子の中へと流れ出ていった。

それから少しの休息をはさみ、僕らは2度、3度と求めあった。

恭子にとって久しぶりのSEX。

それも体力の有り余る男と・・・。

次の日、恭子からメールがきた。

「まだ、あなたのアレが入っているみたい・・・」

恭子とは1年ほど付き合いが続いた。

その間、僕は年上熟女の体を心ゆくまで堪能した。

厳選記事PICKUP!