【熟女マッサージ師との体験談】世間話の途中で「真ん中の足も揉んであげようか!」と衝撃のお言葉

bandicam-2016-10-04-01-25-46-761

体験談概要
これは実話らしいです。投稿者はサラリーマンで出張の度にビジネスホテルのマッサージを呼ぶのが癖になってようだ。この日も当然の如く電話でマッサージ師を呼び熟女の50代のオバサンにマッサージをしてもらっていた。その時熟女マッサージ師から意外な言葉が…
出張中の刺激的なお話を一つ・・・・

先日は上野の湯島のビジネスホテルに宿泊して来ました。

当然癖になってしまっているマッサージを電話でオーダー。

早速来たのが50代後半のおばさん。

まあ、いつも通りにありきたりの世間話から始まって、そろそろ足の辺に来たあたりで・・・



「真ん中の足も揉んであげようか!」

「お願いしますって言いなさい!」

と、かなりの半強制的なお言葉・・・・。

駆け引きのつもりの「どうしようかなあ・・・」って迷う振りしているといきなりパンツを下げちゃって、

「ほら、こんなに元気になってるじゃない!」

と言いながら私の息子をピンピン平手打ちしながらマッサージ!!

「早くお願いしますって言っちゃいなさい!!」

息子もろ出し状態のまま、他のところを揉みながらピンピン叩く。

M気のある人には堪らないでしょうね(笑)

当然お願いしてスッキリしてきました。やはり定番、全部で1万でした。

やはり仕事の関係で宿泊した時のことです。

一階がロイヤルホストのビジネスホテルです。

室内も広くキレイでいいホテルでした。仙台ではお気に入りのホテルです。

(宿泊費は大体7~8千円ですね)

仕事でクタクタだったので夜8時にマッサージを呼んだんです。

今までの皆さんのカキコを見ていると「若い女性を」とか言わなければダメらしいですが私の場合は単に、

「マッサージお願いします」

とだけお願いしていました。

(次回から使うようにします。笑)

早速来ました。やっぱりおばさんが・・・というよりおばあちゃんに近い・・・

H方向はなさそうだな・・・と思っていたら・・・

「ここがリンパの流れを良くするツボなんですよ」

と足の付け根を揉み始めて5分くらい延々と揉む。

当然元気になってしまいますね・・・・。残念ながら・・・。

すると、そのおばちゃんの台詞が良かった。

「アンタ、イケナイ人だ・・・。こんなところまで凝ってる・・・」

「本当はダメなことだけどアンタいい人そうだから楽にしてあげようか?」

い、いけない!相手はおばあちゃんだけど息子はギンギン・・・。

妙に上手なんですよ。足を揉みながらさりげなくギンギンのものを握る。

そのうちに横から出しちゃうんです。そして握りながら囁く。

「辛いでしょう。こうすると気持ちいいですか?」って。

そのうち軽く手コキするようになる・・・。でもそれ以上はしない・・・。

それも横から出した息子を見ながら「楽にしましょうね」・・・・。

当然抜いていただいてしまいました。

でも年齢の価格でしょうか、プラス2千円でOK。

まあ、安いかどうかは別としまして抜いていただきました。

抜き終わったおばあちゃんは息子から出た精子を拭きながらやはり・・・

「アンタ、イケナイ人だね・・・・」(本当に実話ですよ!!)

厳選記事PICKUP!