【合コン体験談】ナンパした人妻35歳美容部員と合コンし、酔ったところを悪友とハメ倒した

bandicam-2016-10-11-01-48-10-308

体験談概要
男にとっては憧れの美容部員と合コンした投稿者と悪友。2人は女慣れしており、合コン後に最後まで頂くことなど朝飯前といった感じだ。今回も上物の女子2人を示し合わせて食べてしまいます。
悪友がナンパした女と合コンをした。

待ち合わせの店に来た女性達は堪らなく色っぽく、いい女だ。

俺たちから軽く自己紹介を済せ、そして女性陣。

職業は2人共、美容部員のお姉さん。

さゆり:35歳、子持ちの人妻。

みき:28、独身、彼氏なし。



本社からの派遣のため勤め先で着替える場所がないらしく、制服のまま来た2人に「ごめんなさい」と言われたが、ビューティアドバイザーの制服がまたイイ。

細身のスカートに少し濃いめのベージュのパンストが堪らない。

2人共うなじが綺麗で、夜会巻きがセクシーだ。

まさに働く綺麗なお姉さん。

悪友、上松は相変わらず良い仕事をしてくれる。

上松がみきをナンパしてこの飲み会が実現した。

上松はいい男な上に、優しい雰囲気で安心感がある男だ。

恐らくみきも、上松の見た目と優しい雰囲気にコロッといったんだろう。

みきはかなりの美人だが、今回のターゲットは人妻のさゆりだ。

さゆりはとびっきりの美人ではないが、仕草や身体つきがエロい。

制服の上からでもわかる巨乳が俺達の欲求を一気に加速させる。

酒も入り、露骨にみきが上松にベタベタし始める。

俺たちはアイコンタクトで連携をとり、各自の役割を実行。

それなりに盛り上がり、いい人を演じ、いい感触のところで、「そろそろお開きにしよっか」と一言。

さゆりはまだまだ飲み足りない様子だし、みきはベロンベロンだが、「えー!カラオケ行こうよ♪」と言う。

「さゆりさんは電車、最終大丈夫?」と聞くと、「旦那は単身赴任だし、娘は夏季合宿で居ないから今日は大丈夫かな。それに明日は休みだし~♪」と、かなりノリノリな様子。

無事にカラオケに移動し、上松はみきを介抱する事に手を焼いている。

さゆりもみきの事は気になってるみたいだが・・・。

さゆり「上松くん、今日はみきちゃんの事ヨロシクね~♪」

俺とさゆりは一通りカラオケを楽しみ、酒も回り、次第に相当ストレスが溜まっているのか、仕事の愚痴や旦那の愚痴を言い始めた。

いい流れだ。

俺は聞き役に徹し、程よく褒めたり、「偉いなぁ」っと尊敬してる振りをした。

さゆりは上機嫌になり、酒のペースも速くなり、トロンとした目つきがエロい。

さゆりはすでに呂律は回ってないが、まだ話し足りない様子。

ここで上松がみきを送って行き、後で落ち合う約束をし俺宅へ移動。

さゆりはワインを飲みながら仕事の大変さを語る。

年上気取りしたいんだろう。

「すげーなー、働く女の人って格好いいなー」とか適当にヨイショを入れると、さらにヒートアップ。

もう俺が誰なのか、どこにいるのか、わかってない様子。

小一時間程して、上松が来た。

さゆりは上松を見るなり、『誰?』みたいにキョトンとしてたが、思い出したようで、「みきちゃん大丈夫だった?」と言ってバタンキュー。

この時点で作戦は90%成功。

タバコを一服し、この泥酔人妻の料理に取り掛かった。

シルク生地の七分シャツを捲り上げ、豊満な胸を露出した。

上松はさゆりの耳元で何やら囁いてる。

さゆりは言葉にならない言葉で唸っている。

ブラをもぎ取り、少し肥大した乳首を舐め転がし、じっくり巨乳を堪能した。

上松は耳元、首筋、鎖骨、乳首と愛撫を繰り返し、俺はパンストに包まれた太くも細くもないムチムチした脚を舐め回した。

さゆりの大事な股間へ移動すると汗とマン臭と香水の香りが入り混じり、なんとも言えない卑猥な匂いが。

興奮した俺は一気にパンストとパンティを片足脱がした。

大陰唇、小陰唇をゆっくり舐め、クリトリスの皮を剥き、強弱をつけて舐めまくった。

さゆりはビクンと身体を揺らし、意識が戻ってきたのか、ハァハァと喘ぎ声が漏れ始める。

上松がキスをすると、嫌がるどころか自ら舌を絡ませ腰を揺らす。

クリトリスへの愛撫を繰り返すと、さゆりのオマンコからヌルヌルでいやらしい汁が垂れてくる。

クリトリスを押し潰し、ねじったり引っ張ったりすると腰のビクつきが激しくなり、「いやっ、はぁ~あっあぁ~」とオマンコをクチュクチュいわせながら喘いでいる。

すると急にさゆりは、「ダメっ!やっぱり出来ない!」と悪あがきを始めたが、身体は正直で抵抗はしない。

上松が息子をさゆりの口元に差し出すと、自ら口に含み、亀頭を吸いながらヨダレを垂らしている。

さゆりの膣の中を掻き回すとフェラは激しさを増している。

クリトリスがフル勃起する頃には、さゆりの理性も吹っ飛んでいた。

旦那や娘を忘れ、ただの淫乱泥酔人妻だ。

「あはっ!いやっ、ダメっ、それ以上、動かさないでっ!あっ、ダメっ、イックゥっっ」

縦揺れに身体をビクつかせ、さゆりはイった。

さゆりを四つん這いにさせ、上松がバックから激しく突つ。

その反動でさゆりのフェラは俺の息子を喉の奥まで咥えこむ。

口を自由にさせてもらえないさゆりの口から出る、「?ぅぅ?ぅぅ」という低い喘ぎ声が堪らない。

俺の身体に寄りかからせ、後ろから乳首を攻め、上松が正常位で突き上げる。

さゆりは俺の耳を舐め、キスをしながら、「アッアッッ!も、もう好きなようにメチャクチャにしてぇ!!」と本性を現した。

それを皮切りに、さゆりに飽きるまで、人妻のエロい肉体をたっぷり可愛がり、堪能した。

次の日、俺が目覚めると、上松もさゆりもまだ寝ていた。

さゆりの乱れたままの着衣と、パンストを片脚だけ履いているエロい姿を眺め、(次はどうみきを料理してやるか)とタバコをふかした。

What do you think of this post?
  • エロくない (1)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!