契約をもらうため、やむを得ずエロ社長に最愛の妻を提供しました

drlo6cnx
小さな建設会社を営む父とその専務を務める私。

不況の影響で、会社の経営状況は悪化の一歩を辿っていました。

~家族構成~ 妻(32歳)・息子(8歳・5歳)・母/事務員(58歳)・父/社長(60歳)そして私/専務(35歳)

地元に大きな建設の話が舞い込んだのは数か月前の事でした。

知り合いを通じて、何とか契約が結べる寸前まで来ていたんです。

この契約が決まれば、数年我が家は安定した収入が得る事が出来るし、その後も、このお客さんを通じて仕事が入って来ると言う大きな話だったんです。

我が家にとって大きなチャンスで、父も家族も必死でした。



本契約の日に、知り合いが計画してくれた接待ゴルフがあり、その後に飲み会が開かれる事になったんです。

取引先に気に入って貰い、契約書のサインを頂くと言う大事なイベントで、失敗は 会社倒産を意味していました。

イベント数日前に、知り合いが家に来て接待ゴルフと飲み会の場所の最終打ち合わせが行われたんですが、その場で困った事を頼まれたんです。

知り合い:以前、取引先の社長とゴルフをした人に聞いたんだが、社長の気を引くなら女性を付けた方が良いと言うんだ。その人も女性を付けて気に入って貰いサイン貰ったそうなんだ。55歳の変態オヤジらしい。ワンマン社長だから気に入らないと直ぐに契約破棄を言いだすんだと。誰かゴルフが出来る女性は居ないか?

父(社長):今、急に言われてもなぁ・・・ゴルフが出来る子だろ

知り合い:確かに急な情報で、申し訳ない。でも、変態社長に気に入られれば、当分アンタの会社も安泰なんだ。悪い話ではないぞ。

父(社長):そうだけどなぁ・・・お前誰か知り合い居ないか?

私(専務):急すぎるよ。しかもゴルフ出来る女性って・・・身近で妻か?

父(社長):あれ、美優さん出来るのか?

私(専務):ん~そんなに上手くないけど、何度かコースを一緒に回った事があるから・・・

知り合い:奥さんかぁ~・・・大丈夫かなぁ、相手はエッチな社長だから、何されるか保証はないぞ!

父(社長):ん~他に居ないし・・・なぁ雅人(私)、美優さんに頼んでもらえないか?

私(専務):ちょっと呼んで来るよ

知り合いの話しっぷりから、何となく推測は付いたが我が家に他に術が無かったのも確かでした。

妻を呼び、知り合い・父の話をされた妻は、私を一瞬見た後”分かりました”と頷いた。

妻が部屋に戻った後だった、知り合いがゴルフの日の事を話しだしたんです。

知り合い:奥さんが良い返事をくれて良かった。ゴルフの日だけど、奥さんに派手目の服装をして貰った方が良い。社長の目に付く様に・・・

私(専務):派手目って?どんな?

知り合い:前に一緒に回った社長は、ミニスカート姿に胸元が大きく肌蹴たシャツが良いと言っていた。下着もエッチな感じの物で、見せるパンツは駄目だとか?

私(専務):キャバクラじゃあるまいし・・・

知り合い:そう思うかもしれないが、現実にそう言う接待も多い。

翌日、妻を連れてスポーツ用品店に向かい、一番派手な服装を選んだ。

妻は”恥ずかしいわ”と顔を 赤らめていたが、家族の為だと試着室に入って行った。

試着室のカーテンが開くと、そこには色気ムンムンの妻が立っていた。

胸元は大きく開き、胸の谷間が強調されている。

妻は胸がEカップ程あるのでなかなかの付き出しでした。

色白のムチムチした太腿も半分位まで露出され、しゃがみ込むとパンチラが見える位。

こんな姿を多くの男達に見られると思うと、嫉妬と興奮を覚える。

レジに向かい会計を済ませると、車を走らせたが妻は何も発する事はありませんでした。

数日して、ゴルフ当日がやって来ました。

その日は、仲介人の安さんと私と妻、そして取引先の社長と部長と言うメンバーでした。

父は、飲み会の席の準備と仕事の打ち合わせがあって、ゴルフは参加出来なかったんです。

ゴルフ場の駐車場で待っていると、黒塗りのベンツが来て私達の前で止まりました。

後部座席から部長さんと社長さんが降りて来て、名刺交換を済ませると社長は直ぐに妻の存在に気づき、厭らしい目でジロジロ見ていました。

妻も緊張した表情で”初めまして、今日はよろしくおねがいします”と挨拶をすると、社長の横に 寄り添う様に立ったんです。

社長もご機嫌な感じで”今日は楽しめそうだね”と笑顔になったんです。

ハウスに向かい、5人で回る事になった私達は、カートを2台用意し1台は私と安さん、部長さんでもう一台に社長と妻がのる事になったんです。

社長は、女性が私の妻だとは知りません。

1コースに付く頃には妻にベッタリで、腰に手を廻す程でした。

私が打ち、社長さんが打った後に部長が打つと、妻が打つ準備を始めました。

その時には、社長は妻の元に近付き色々話しかけている様子だったんです。

妻がクラブを振ると、スカートがヒラりと舞い、パンティが一瞬見えました。

黄色いレースのTバックパンティ、社長は目をくりくりさせながら妻のお尻に食いついていました。

移動時もカートで終始妻にベッタリの社長は、腰からお尻の方へ手を廻すのが確認出来たんです。

安さん:我慢だからなぁ!奥さん頑張ってるんだから・・・

私:分かってます!大丈夫ですよ。

部長や社長に聞こえない様に、話をすると部長さんが話しかけて来たんです。

部長 :契約決定ですね。社長の表情でわかります。

安さん:本当ですか?嬉しいですね。

部長 :しかし社長が女性好きなの、何処で知りました。しかも社長が好む格好まで

安さん:いやぁ~取引ですから、色々調べて・・・

部長 :流石ですね。でも私も助かりました。社長機嫌悪くなると大変ですから・・・

コースも半分の9ホールを回る頃には社長は妻にベタベタで、お尻を撫で回すわ胸を触るわでやりたい放題でした。

妻も必死に作り笑いしながら、社長の手から逃げていたんです。

昼食を終え、妻に”大丈夫か?もう少しだから”そう言うと妻は”大丈夫よ!心配しないで”と力強い言葉を返してくれた。

午後に入っても社長は妻にベッタリで、隙を見てはお尻を撫でていました。

そんな時だったんです。

社長が辺りを見渡すとカートに乗り込んだ妻の胸元に手を入れ生乳を揉んだんです。

妻も必死に手でガードしたんですが、耳元で何か言われると、手を放し胸を揉ませていました。

社長は、胸を揉んだ後に、妻の股の間に手を回し、足を開かせていました。

妻は唇を噛みしめ、我慢しているのが分かったんですが、私には助けてあげる事も出来ません。

ただ遠くから見守る事しか出来なかったんです。

その後、社長のショットは乱れだし、OB寸前の林に飛んでは妻を連れ、木陰に入って行ったり カートを遅く走らせ見えなくなったりしては、妻の体を弄っていた様です。

最終ホールのカップイン後、2人の姿が消え私が探し歩くと、コースの休憩所で妻は社長にキスをされていたんです。

悔しい気持ちが込み挙げながら、股間は熱く燃え上がっていた事に反省をする私です。

数分の時が過ぎ、社長と妻は戻って来ましたが、妻は私と目を合わせる事は無かったんです。

社長が”今日は成績は駄目だったが、面白かった”とご満悦でした。

そして、社長が”また一緒にゴルフしましょう”と言っていました。

社長のこの言葉が後に厄介な出来事になる事を、私達は知る由もありませんでした。

駐車場に向かった私達は飲み会の場所の案内をして、各自の車に分かれたんですが、妻は社長と一緒に黒塗りのベンツに連れて行かれたんです。

部長さんが私達の車に乗ってきました。

移動中の間、妻は社長に弄ばれ続けていたんでしょう。

車は街で一番のホテルに着きました。

社長と部長が泊まる高級ホテルです。

2人を下ろし、18時に迎えに来る事を話すと、一旦家に向かいました。

後部座席に座る妻は、口数も少なく外を見つめていました。

私は運転しながらバックミラーで妻を確認すると、妻のスカート奥に黄色い下着がない事に気づきました。

安さんが居たので何も言いませんでしたが、妻はベンツの中で下着を脱がされ悪戯されていたんでしょう。

家に着くと妻は、直ぐに着替えを持ち風呂に向かって行ったんです。

家に着いて1時間が過ぎた頃、安さんが迎えに来ました。

寝室に向かうと着替えた妻が化粧をしていましたが、服装が露出が多い格好だったんです。

もちろん社長の好みを意識した物だと直ぐに分かったんですが、妻のミニスカ―ト姿は久々に見ました。

妻も決心を決めた表情で”飲み会が終われば、家計は楽になるね”と明るく話していました。

車に乗り込んだ私達は、予約を入れていた高級料亭に向かったんです。

料亭前で、取引先の社長を待っていると、間もなくやって来ました。

一緒に奥座敷に向かい、社長と部長を席に座って頂き、妻は社長の傍に座りお酌を始めたんです。

社長は妻の御酌に相変わらずご満悦で、ゴルフの話に場が和んでいました。

安さんが”酔っぱらう前に、契約の話を済ませませんか?”と切り出してくれました。

社長は”今日は本当に楽しかった!今後も頼むよ”と契約OKの言葉を頂いたんです。

父は涙目で”こちらこそよろしく頼みます”と深々と頭を下げ、私も妻も頭を下げました。

部長が契約書を取り出し、社長がサインすると父が受け取ったんです。

安心感からか、父も安さんも酒を飲み随分と酔っていました。

もちろん私も酔ってはいたんですが、妻が気になって酔えません。

社長は、妻の腰に手を回し離れようとしない為、妻と話す事すら出来なかったんです。

社長も酔いだすと、妻の太腿を撫でたりスカートの奥に手を伸ばし、弄り出すと妻も俯き加減になり私の視線を気にしている様でした。

安さんと父が部長と仕事の話を始めたので、私も会話に入ったんです。

父も安さんも大部酔っていたので、結局部長と私で仕事のやり取りを決めたんです。

後日、仕事の詳細を話し合う約束をし、ふと妻を見ると、社長共々部屋から出て行った様子でした。

私もトイレに向かうフリをして妻を探しました。

料亭の人に聞いてみると、もう一つ個室を頼まれていると聞き、その部屋に向かうと、襖が少し開き 中から声が聞えたので、覗いて愕然としました。

妻が社長に身を寄せ、キスされながら股間を弄られていたんです。

社長は”いい女だ、俺の女になるか?”と妻を口説いている様で、妻は”困ります。

夫も子供も居るんです”と 答えていたが、社長はお構いなしで、妻のパンティに手を掛け引き下ろす勢いでした。

妻も必死の抵抗を見せるも”契約解除は困るんだろ”と言われると、抵抗を止めたんです。

一気にパンティを引き下ろされ、マンコが露わになると社長は指先を割れ目に沿って這わせました。

酒と強引な密着に感じてしまったのか?妻のエロ汁も溢れ社長の指に絡み付くと社長は”淫乱な女性だ”と満足気な顔で、妻にキスをしたんです。

直ぐにでも部屋に突入し、社長を殴り飛ばしたい気持ちでした。

しかし、契約解除されたら我が家は火の車になる事も事実!必死に我慢し、妻を見守る他ありませんでした。

社長はマンコに指を入れ、クチャクチャと音を立て出し入れを繰り返しながら、妻のクリトリスを刺激すると ”あぁぁぁ~駄目ぇ”と小さく囁きだす妻でした。

シャツも捲り上げられ、胸も出されると社長は一気に揉み出したんです。 このままでは、社長の物を咥えさせられるのも時間の問題だと諦めた瞬間、裏手から店の人が来て 部屋の襖を開けると”お客さん!困ります・・・ここはホテルじゃないんですよ”と声を掛けてくれたんです。

2人も流石に驚いた表情で”もう店を出ますよ”と酔ったふりを見せながら部屋から出て行きました。

間一髪?妻は社長に食われる事はありませんでしたが、弄ばれたのは確かです。

妻の頑張りのお蔭で、今は仕事も順調に進み我が家の生活も安定しています。

あの日以来、私は弄ばれている妻の姿を思い出し、異常な興奮から夜の営みは激しくなりました。

妻も私の変化に気づいている様ですが、全て受け入れてくれています。

先日、安さんから聞いた話ですが、先方の社長が”またゴルフでも行きたいなぁ・・・”と言っているらしいのです。

取引相手なので、適当に対応も出来ない状況で、妻がまた・・・そう考えると心配で溜まりません。

What do you think of this post?
  • エロいいね (10)
  • エロくない (1)

厳選記事PICKUP!