【剃毛体験談】フェラするのにチン毛が邪魔と言われ、お互い剃り合ってツルンツルンになってSEXした

bandicam-2016-11-04-01-40-45-516

体験談概要
投稿者はサラリーマン。ある日の通勤の際、女子高生のムダ毛処理跡を見て興奮してしまう。それからは女性が剃っている姿を想像してはオナニーをする毎日になった。しかも自分のチン毛までなぜか処理してしまう投稿者。職場の飲み会の際、そのことを同僚達にいうと、いやに喰いついてくる女性社員がいた。
朝の通勤バス、会社近くの高校に通う女子高生が乗ってくる。

よく見かける、むちゃんこカワイイ子がいる。

その日、その子が俺の前の席に座った。

だから何、てなもんだが、それが全てのきっかけだったのだ。
  
真面目な仕事の、真面目な資料の入った、真面目な封筒が落ちてしまった。

しかも前の席の真下まで。



取ろうとして真面目に屈んだら、女子高生のふくらはぎが目の前に!
 
不覚にもそれで勃起してしまったのだ。

ただ単純に、JKの生脚ラッキー、ぐらいのはずだった。

でも間近で見ると何か、カミソリ負けみたいなポツポツとか、小さな傷が見えた気がして。
 
それで想像してしまったのだ。

お風呂だか、お風呂上りだかで、裸か裸に近いカッコで、脚をちょりちょり。

そしてまん毛もちょりちょり。

暗がりの中、あれがムダ毛処理の傷とは限らんのに、その姿がありありと!

頭に浮かんでしまったのだ。
 
という話。
 

 
終わりじゃないです。

それはきっかけに過ぎないのです。

夜、家に帰る頃にはそんなこと忘れかけてたけど。

オナニーしてたら浮かんできた、カミソリ負けの生脚と、ムダ毛処理中のJK。
 
一発抜き終えて、ふと俺もムダ毛処理してみたくなった。

ヒゲ以外したことないけどな。

風呂で、ちん毛全そりしてみた、考えたらムダじゃない毛だが。
 
まずはハサミで大まかにチョキチョキして。
 
安全カミソリでじょーりじょり、走れじょりい。

♪ちくちくちくちく、ちくちくちくちく、じょり、じょり、じょりい。
 
出来たよアンジェリーナ。

全身を鏡に映してみる。

うは、子供みてえ、皮あまってるしな。
 
でも、あれれ?うおお、みりみり勃起してきた。すげー!

毛がないってだけで、意味のわからない興奮が押し寄せてくる!

何て言うかあれだ。

汚れを知らない天使のちんちんが、突如魔性に目覚めた、って雰囲気。

ぴっちぴちに張り詰めた亀頭が、毛がある時より凶悪に見えるし。

坊主が屏風に上手に激怒したみたいな感じだ!
 
そうか!陰毛ってのは無意識の内に、心のパンツ化しているのだ!

心の壁A.T.フィールド、それを取り払った時、人は本当のハダカを知る!

ほほう、これはある意味露出行為の興奮なのだな。
 
おもしれー!
 
すげー興奮。

もちろんもう一回オナニーした。

ごめん、さらにもう一回した。合わせて三回。
 
…だが日が経つと、これ、生えかけのチクチクが煩わしいっつーのな。

もうやらん、と思ってたが、生え揃う頃には、またいつかやろーって思った。
 

 
さてある日、部署の宴会があって、いい気分になった時。

仲のいい同期に、ついこの話、しちゃった。

そしたらそいつ吹き出して。
 
「セバスちゃんお前、あそこつるつるなのー!!」
 
「ぐふ!ばか声でけー、それに今は生えてるし」
 
新人のレナちゃん(20)に聞かれちまったじゃん!
 
レナちゃんは推定処女だよ、あんな純朴な可愛らしい子に、ちん毛の話聞かせやがって。

ああ、軽蔑される、ようやく頼りGUYのある先輩キャラ、確立しかけてたのに。
 
だがレナちゃんも酔っ払ってたのか、えへらえへら笑ってるだけだった。
 

 
「セバスさん…彼女さんに何か言われませんか」
 
いまいち盛り上がらない飲み会の最中、レナちゃんがこっそり聞いてきた。

俺彼女いないんだが…。て言うか、何の話だい?
 
「彼女さんの趣味で剃ってるんですか」
 
うお、シモ系の話、するのこの子。

酔っ払ったノリもあったんかな。

でも変な興味津々というより、真剣な顔で聞いてくるのは、なぜ?
 
「俺、彼女いないし、今は生えてるし!」
 
「えー、うそー!ごめんなさい!すみません、忘れて下さい!」
 
話が終わっちゃった。

と思いきや、飲み会お開きのあと、なぜか俺にちょこちょこついて来た。
 
「2人でもうちょっと飲みに行く?」
 
「はい」
 
おお、これは!期待するよねえ。
 

 
場所変わって、とりあえず飲む、飲ませる。

飲ませる、飲ませる、飲む、飲ませる。

酔っ払った女の子はとにかくかわいい。
 
彼氏いるのかなあ、お持ち帰り出来るかなあ。

2人で飲むの初めてだ、いろいろ聞きたい。
 
「セバスさんあの、何で、剃っちゃったんですかー」
 
「え、何でって、その、何となく」
 
「そういう人、多いんですかね?」
 
「えー、えっと」
 
あれれ?何で俺が質問される側に?

て言うかやっぱりその話ですか。

俺のちん毛がそんなに、君の純情ハートをちくちくさせてしまったんですか。
 
「あれってえ、邪魔ですよねえ、もう…剃ってしまいたい…」
 
うわ、思ったより酔いが深いです、顔真っ赤です。

何だよ剃るとか剃らないとか、何の話だよ。
 
「あのー、何かあったのですか」
 
つい敬語になる俺。
 
「彼のちんちんが小さくてえ、もう、タマタマまですっぽり!口に入っちゃうんですよお」
 
…。…。えええ…。

この瞬間、彼女の清純イメージが、ガラガラと音を立てて崩れていったのだった。

こういう子はエロいこと考えてるはずないって都市伝説、信じていたかったのに。

ちんちんとか言うな、タマタマとか言うなよお…。

ああ、彼氏いるのか、もうやりまくってんのかな…。
 
でも半勃起しちゃう俺。

小さいちんちん、ほおばるレナちゃん…。

想像せずにはいられない…って、あんた何で指しゃぶってるの。
 
「こうひて、根元まれ入れはら、もう顔に」
 
ああ、そうなの。

ちんちん小さいから、ちん毛が顔に当たりやすいの。

勃起してないならともかく、勃起してもそうなるってことね。

うんうんそれ確かに小さいよね。

そしてその顔、最高にエロいね。
 
「わしゃわしゃして鬱陶しいからあ、剃ってもいいですか?」
 
「へ、何で俺に言うの」
 
「だって剃るのが趣味なんですよねえ?」
 
「1回だけだし、今は生えてるし、て言うか俺の?」
 
「また剃って下さいよお…」
 
「だから何で俺」
 
「だから!鬱陶しいからって言ってるじゃないですか!」
 
「ひ、すみません…」
 

 
というわけでお持ち帰り。

期待してたはずなのに、わけわからん状況に正直困惑気味である。
 
俺の部屋に入る頃には、レナちゃんの酔いも少々醒めてきてて。

自分の発言を思い出したのか、どーんよりと沈んでしまった。

あのね、よくあることだよ、気にすんなよ。
 
「ごめんなさいごめんなさい、失礼しました、ごめんなさい…!」
 
何かあんまり、やる雰囲気じゃないんですけど。

それに酒入ると俺、勃ちが良くないし、無理に流れを作らないことにした。
 
「ガンセキオープン…」
 
レナちゃんがポツリと口にした。
 
「彼のちんちんが…」
 
「何じゃそりゃ」
 
説明しよう!(富山敬)

ガンセキオープンとは、チキチキマシン猛レースにおける、エントリーマシンのひとつである!

原始人と思しき2人の搭乗者が操るその様は、文字通り野を転がる岩石そのものなのだ。
 
…というのは俺も知らなかったんだが。

要は、毛むくじゃらの原始人の顔から鼻だけが、ちょん、と出ていると。

彼氏のちんちんは、ガンセキオープンの原始人の鼻なんだと。
 
チキチキマシンは知らんが、イメージは伝わってきたんで、もう俺バカうけ。

つられてレナちゃんも笑ってしまって、一気に和んだ。

(後に映像で確認してさらに俺一人でバカウケ)
etjhtjrjrtsutr
でもな、それはあまりにも彼氏に失礼ってもんだよな。
 
「いえ、小さいのはいいんですよお、毛が邪魔なんです…」
 
「レナちゃんの毛だって、なめる時邪魔だって思われてるかもよ」
 
「え、そんなのされたことないです」
 
「え、そうなの」
 
「私が口でするだけで、他は何にも」
 
「えー、何それ」
 
※レナちゃんはまだ処女だった。

彼に口でしてあげるだけ。

セックスに至らない理由は、俺には衝撃的だったが、ここで書くと長くなってしまうので割愛。

別の機会に書くかも知れないが、それまで勝手に想像していて下さい。

ヒント:彼氏の名前は正太郎(仮名)。
 

 
「はあ…セバスさんに彼女いないって知ってれば…」
 
「…?」
 
俺に彼女がいると思い込んでたのも、彼の告白にOKした理由らしい。

ということは?俺のこと?
 
「はあ、あの、好きです…」
 
…。…。えええ…。

数ヶ月前に彼女と別れたことは、あんまり周りに言ってなかったもんな。

悔しい…一体俺は何をしてたんだっ。

もっと言いふらせばよかったっ…!
 
「じゃあ彼と別れて俺と付き合ってよ!」
 
「え、いいんですか?」
 
「え、いいの?いや、いいに決まってるし!」
 
「じゃあ剃ってくれるんですか?」
 
「…何でそうなるの?」
 
「…何でですかね?」
 
「レナちゃんも全部剃ってみる?それならいいよ」
 
「え、何でそうなるんですか?」
 
「知るか!」
 

 
何だかんだ言っても、心のパンツを脱ぎ去ったときの興奮が忘れられない俺。

ぶーぶー言いながらも、本音はわくわく、じょりじょり。

風呂で剃り終え、「真の全裸」で彼女の前に立ったとき、ちんちんは五分勃ちだったんだが。
 
その目の前で、まさに最終形態へと変貌を遂げたのだった!

「毛のないところにチンコは勃たたず」と言うが(言わない)、勃たないわけがない。
 
「あははあ、セバスさんすごい!これ大きい方ですか?」
 
「普通と思うけど」
 
酒のせいもあって赤くなってるレナちゃんの顔は、うっとりしてるようにも見える。
 
「すごいすっきりしてるー。やっぱり剃った方がいいですよ!」
 
「じゃあレナちゃんも剃ってよ」
 
「それは恥ずかしいです…」
 
なんと理不尽な…。

今の俺が置かれている状況以上に恥ずかしいことなど、そうそうないぞ。

そしてその恥ずかしさが興奮を呼ぶのだ。
 
「だめ、脱ぎなさい。不公平だろー」
 
「わわ、わかりました…でももうちょっと見てていいですか、すごいキレイ…」
 
置かれる状況によってはエロの象徴もアートにまで昇華するんだろうか。

心の壁に遮られること無く、全てを晒すという行為が、まるで崇高な儀式のようだ。
 
で、俺胸毛とか多いんですけど、それはいいのですか。
 
「男らしくて好きです、いいと思います」
 
…毛深いのが嫌いなわけではないらしい、よかった。
 
やがて彼女は無言で手を添えると、俺の目を見て言った。
 
「してもいいですか…?」
 
俺の返事を待つことなく、彼女はちんちんをほおばる!

彼女にとっては初体験の標準以上のサイズ、一生懸命な表情がかわいい!
 
「あふ、おっひい。ふう、ほんとは大変なんですねー」
 
彼氏のがどれだけ小さいかわからんが、タマまですっぽり入るって、言ってたなあ。

ある意味、そこまでされる体験って、できないよな、どんな感じなんだろ。
 
唇をめくりあがらせながら、必死で顔を前後させるレナちゃん。

ああ、気持ちいいよ。それにしても。

15cmあるちんちんを根元まで、しかもタマまで余裕で隠せるほどの大きい口なんてない。

それほどの大きな口の中で、ちんちん全体を舌で撫で回される…。

ちょっとされてみたいなあ!
 
そのとき俺の頭の中で突然思い浮かんだ…あれだ。

口だけじゃない、顔そのものが大きい女、あの女ならちんちん全体をいっぺんにしゃぶれる。湯婆婆!
 
やべー、湯婆婆でイクとこだった。

こんなにかわいい子がフェラしてるのに!
 
「ねえ、口に出していい?」
 
「うふぁ、やれす、やっはことないえす」
 
「気持ち悪い?」
 
「ごめんなさい…」
 
「レナちゃんも剃ってくれたら、今日はここまでにしとく」
 
「えー、うわあ、どうしよう…」
 
意味のわからない選択肢である。飲むか剃るか!

しかし、心の壁を取り払う本当のハダカを、是非レナちゃんにも体験して欲しい。

それが出来れば、今日は挿入なしでいいとさえ思い始めていた。
 
「お風呂貸して下さい…」
 
待つことウン十分。

文字通り一糸(一毛)まとわぬレナちゃんが現れた。

今初めてレナちゃんの裸を見たのだ。

レナちゃんも男に裸を晒すのは初めて。

それどころか全裸を通り越した「真の全裸」である。

待ってる間しぼみかけたちんちんも、即座に復活。
 
ぴたりと閉じた割れ目を隠すものはなく、向かい合った俺達はようやく初めてのキスをした!
 
「セバスさーん、ふう、何ですかねこの感じ、すごい恥ずかしいのに、爽快…」
 
「全部見てもいい?」
 
「…」こくり。
 
レナちゃんはもともと薄毛らしくて、剃り跡もそんなに目立たなかった。

あ、剃る前も見せてもらえば良かった、…でもまあいいや、すぐ生えてくるし。

割れ目の周辺もきれいなもんで、少し濡れてて、しゃぶりつかずにはいられなかった!
 
「ひゃあ!」
 
毛のないまんこにクンニするのは初めて。

わしゃわしゃしないってのは…これは確かに…イイ(・∀・)!
 
「う、ひゃああぁ、あは、あーーー!ちょっ…!…ッ!」
 
クリを攻めたらレナちゃんはすぐイってしまった。
 
「うわ、うわわあ、ほんとのエッチってこんななんだ…すごい」
 
「入れてもいい?」
 
「はあはあ、ちょっと、待って、下さい…体があ、熱いです…。最後まではちょっと…彼とちゃんと別れてからでもいいですか…まだ怖いし」
 
そうだった。彼氏がいるのだ。

口でイカせてくれることになった。
 
いつも彼氏には、最後ティッシュで押さえながら出させてるらしい。

レナちゃんはいつも服着てると言うし。

でも今はハダカ…。
 
「口に出すのはダメだよね」
 
「うふぁい」ぺろぺろ
 
「顔にかけたりとか」
 
「何れすか、そえ」んちゅんちゅ
 
「知らない?顔にぴゅっぴゅって」
 
「そんあバカなことする人いるんえすか」ちゅぷじゅぷ
 
「…じゃあおっぱいに」
 
「あ、それイイですね!」
 
あれれ、おっぱいは嬉しいんだ。よくわからない。

いっぱい我慢したから勢いよく出たよ。
 
どぴゅどぴゅ「あー、いいですね!気持ちよさそう!」
 
「ふうう」
 
「すごい出たー。あー、においも人によってちょっと違うんですね…」
 
結局お互い口だけで3回ずつイって、寝た。
 

 
という昔の彼女とのなれそめ、嫁に話してみた。

昔の女の話、平気で聞きたがるから。
 
「私のふくらはぎがそんなドラマを生んでたんだねー、この変態がー!」
 
で、今日もお互いの剃り跡を舐めあうのである。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!