【JCとの体験談】出会い系で知り合った家出少女3人と鬼畜のハーレムSEX

bandicam-2016-11-17-02-11-00-064

体験談概要
これは妄想系の鬼畜の体験談です。読み物としてはおもしろいかもしれませんが、まぁ本当なら恐ろしいことでしょう。お読みになる方は真実の話だと思って日頃のストレスを発散して頂ければ幸いです。マジでやると犯罪ですからね。
かなり前だけど、PCMAXの地域コミュにて気になる書き込みを発見。

何度かメールのやり取りをしてみたら、家出中の中学生三人組でした。

あまり期待せずに会ってみると、待ち合わせ場所にはアイドル並の家出少女が三人いました。

家出三日目で、今までは昼は漫喫、夜はビルの非常階段で過ごしていた言います。

とうとうお金も無くなり、雨が振り出し、出会い系も使えずに、困り果てていたらしく、俺しかレスが無かったという。



とりあえずコンビニで食料を買い込み、ホテルへ。

彼女たちは一日マック一食の生活だったらしく、やたらと食う。

食欲が落ち着いたら次は風呂。

三人で入って、やたら何度も体を洗ってた。

一番年上がサーヤちゃんでティーンエイジャー。

ミキちゃんとサーヤちゃんの妹のマーヤちゃんは同級生。

詳しい事は聞かなかったが、サーヤちゃんとミキちゃんの家出に、マーヤちゃんがくっついてきたらしい。

風呂から出ると、三人でベッドを占拠して、グースカ寝ているので、まずはサーヤちゃんにイタズラ開始。

寝巻きの裾を捲ってピンクの可愛いパンツを拝んだ後に、少し勿体無いけど脱がしにかかる。

熟睡していて少し鼻息が聞こえたけど、起きずに少し陰毛の生えた綺麗なマンスジが現れた。

最初はゆっくり上下に舐めて、鼻息が荒くなった辺りからクリ責めに切り替えると、さすがに目を覚ました。

が、サーヤちゃんとは約束ができていたので、何も言われずにいるのをいい事に、スジ満がヌルヌルになるまで責めた後、ナニを宛てがいゆっくり挿入した。

彼氏とSEX経験があるらしいが、大人のナニは初めてらしい。

少し痛がるのをなだめながら小刻みにピストンしていると、感じてきたらしく可愛い声が中学生から漏れる。

「二人が起きちゃうよ」って、嫌がる口に無理やり舌をねじ込んで、唾を流し込み飲ませながら、一番奥に発射。

溢れたザーメンを拭いてあげる頃には、また寝息を立てていました。

次はミキちゃんとしたくて、サーヤちゃんの足元に寝てるミキちゃんの隣で添い寝。

寝巻きの襟から手を入れて、硬くなった乳首を責めながら、「本当は起きてるでしょ?」と耳元で聞いてみる。

しかしミキちゃんは寝たフリを続けるつもりらしく、目を閉じたまま。

なので寝巻きの胸元を肌蹴てちっぱいオッパイを露出。

貧乳は放置したままパンツの中に手を入れると、柔らかい陰毛の先にヌルヌルとした小さな割れ目がありました。

「濡れてるね?友達のエッチ見て感じちゃった?」

聞きながら割れ目に沿ってゆっくり指を這わせます。

息が荒くなった所で乳首を責めると、ピクッて反応。

それでも寝たフリをやめないつもりらしいので、こちらも調子に乗って、パンツをずり下ろし、股間に顔を埋め、ぷっくりとしたクリを舌で舐めていく。

さすがに寝たフリもできなくなって、「や・・・やだ」とロリボイス。

「友達に聞こえるよ?」と言うと口を閉じたが、手足で俺の頭を股間から離そうと抵抗。

負けじと太ももを抱え込んで激しくクリを責めると、「ひゅー」と息を吸い込んだ後に小さく痙攣。

クリを舐めながら乳首を触ると面白いようにピクビクと震えるので、「イッちゃった?」と聞くと、泣き出してしまいました。

その様子にさらに興奮して、ギンギンのナニを薄い陰毛の下のスジに擦り付け、抵抗が弱まった隙にナニの先端をヌルッと押し込み、体重をかけると、一瞬の抵抗の後にズルッと根元までナニが埋まりました。

しばらくキツいアソコを堪能した後に、ミキちゃんの体を起こし、駅弁でソファーに移動。

ソファーの弾力を利用して、ゆっくりとピストンを始めました。

ミキちゃんはさすがに痛そうでしたが、声を殺して我慢していて、それに興奮して我慢できずに、キスをして舌をねじ込んだまま、一番奥に発射しました。

中に出された感覚があったのか、「うそ・・・中に出したの」と目を開いてしばらく呆然としていましたが、体をねじって抜け出すと、風呂に駆け込みシャワーを使い始めました。

後はマーヤちゃんです。

ふとベッドを見ると、体を起こしてこちらを見ているマーヤちゃんと目が合いました。

どうやらミキちゃんとのエッチを途中から見ていたみたいです。

マーヤちゃんに、「見てた?」と聞くと、小さく頷きます。

「お姉ちゃん逹みたいに気持ちよくなりたい?」と聞くと、また小さく頷きます。

トイレに連れ込んで便器に座らせ、ナニを舐めてもらいます。

色々教えて気持ちよくなったところで、「お姉ちゃん逹と同じくらい気持ちよくなりたかったら、最後までしないとダメだよ?」と言うと、覚悟はしていたらしく頷きます。

壁に手をつかせ、お尻の間からまだ毛も生え揃ってない綺麗なパイパンのマンスジに舌を這わせ、小さなクリを指で責めると、ミキちゃんのエッチを見て興奮していたのか、すぐに濡れてきたので、立ちバックにて挿入。

しかし先がめり込んでもそれ以上に入らずに痛がるので、先が入った状態で便器に腰かけ、マーヤちゃんの体重を使って一気に挿入。

「いぎゃ!」

謎の叫び声が聞こえた直後、アソコがきゅっと締まってきました。

後ろからオッパイを揉み、後ろを向かせて口内に舌をねじ込み、腰を振っていると、ドンドンとドアを叩く音と、「ちょっと開けて」とサーヤちゃんの声。

マーヤちゃんの「お姉ちゃん!」の声と、痛みで収縮するアソコに我慢できずに、本日三回目のザーメンをマーヤちゃんの中へ。

その後色々あったものの、追加で3人とのプレイを果たしました。

ナニをマーヤちゃんに、タマを一個ずつサーヤちゃんとミキちゃんにしゃぶらせたり、尻を三つ並べて交互に犯したり・・・。

最後はマーヤちゃんとミキちゃんに乳首を舐めてもらいながら、騎乗位でサーヤちゃんの中に出して締めくくりました。

次の日の朝・・・またムラムラした俺は、こっそりマーヤちゃんとエッチ。

マーヤちゃんの声で起きてきたサーヤちゃんに呆れられましたが、その後、寝ぼけ眼のミキちゃんにも中出しさせてもらいました。

別れ際、サーヤちゃんに「死ねばいいのに」の捨て台詞まで頂いちゃった、鬼畜ハーレム体験でした。

What do you think of this post?
  • エロいいね (1)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!