始まりは変だった「ジャージ越しの素股」①

jajimusume01s_029
こんな時間からなんですが僕の数年前の厨2のときのささいな思い出です。

登場人物は俺(私の事です)と学級委員のA子です

あれは夏休みが終わってすぐの出来事だった。

当時田舎の学校に行っていた俺はなんと学級委員に選ばれてしまった。

ペアを組むA子は見るからに委員長タイプの子で真面目で物静かな子でした。



夏休みが終わったあとに改選された各委員に決まった人たちの名前を大判用紙に書いて掲示するのが最初の学級委員としての仕事だった。

俺は野球部、A子は吹奏楽部で部活をしていたので部活が終わったあとにその仕事をすることになった。

ちなみにA子は美人ではなくかわいいタイプで誰かといえば菅野美穂ににている。

女だったが男と話をしているのをみたことがないぐらいでで浮いた話は1つもなかった。

俺は委員になるまでA子と話したことがなかったので(A子は相当おとなしい子だったので)その時も話すことはなく最低限の会話しかしていなかった。

そのとき大判用紙に記入するために机を4つつなげてその上で書いていた。

そのときは自然に字がきれいだったA子が書くことになった。

俺はなにもすることがなくただ黙ってA子がかいているのを正面からみていることしかできなかった。

そしてその時字を書こうとしてA子が前かがみになるたびに胸の谷間とスポーツブラが見えることに気がついてしまった!!(ちなみにそのときの服装は下がジャージのズボンで上がTシャツの体操服です)

当時ちょっとしたことで勃起してしまうほどうぶだった俺はそれだけで勃起してしまった。

ただそれを悟られないように隠すのに必死だった。

成績は常にトップだがおしとやかという言葉がぴったりのA子のまだまだ小さい胸のふくらみをこの夕暮れの教室で2人きりの状況で見れたということに俺は興奮していた。

そのうちに俺は前かがみになっているA子の後ろから下着のラインが見たいという気持ちが抑えられなくなり自分の机にいくふりをして勃起したチンポを隠しながら後ろにまわりこんだ。

柔らかそうなおしりに浮かび上がる下着とブルマのラインにますます興奮した。

俺は自分のなかで頭がおかしくなっていくのを自覚していた。

この勃起したチンポをあの柔らかいおしりに押し付けてみたいという思いがふつふつと浮かんできてしまっていた。

今にしてみれば恥ずかしい限りだがそのときはこのうぶなA子にチンポを押し付けても気づかれないだろうという思いもあってさっそく実行に移すことにした。

机とA子のおしりの間の狭いところを通るふりをして勃起したものをぐいぐいと押し付けてみた。

A子は少し前のほうに移動したが全然気づいてないように見えた。

これなら何回かやっても大丈夫だろうと思った俺はそれから何回か繰り返したが、それだけでは物足りなくなり実際に手の甲や手のひらでおしりに触れてみたりしてみた。

5回ぐらい繰り返したときだっただろうか。

それまでは興奮していて気づかなかったが俺のチンポがA子のおしりの谷間つまり万個を通るときにA子がおしりを押し付けてくることに気がついてしまった。

そしてさらに俺の勃起したチンポをちらちらと見てくることにも気づいた。

A子の視界に入るところでは隠していたつもりだったが、MAXパワーになった俺のチンポはもはや隠せなくなっていたようだ

そしてA子が俺のチンポを見たあとで俺の顔を見たときについに目と目があってしまった。

気まずくなった俺が「・・・ごめん」というとA子は「うん」とだけ答え、またもとの体勢で書き出した。

こうなるともう押さえがきかないのが厨房の性欲で勃起したチンポを隠すこともせずわざとA子の脇に立ったりしていた。

そのときである。

机にチンポを押し付けていた俺のほうにマッジクのキャップが転がってきた。

A子はそれを拾うついでに明らかにわざと手の甲で俺のチンポを触ってきた。

その直後目と目があうとA子の顔は真っ赤になっていた。

そのときに俺の中で何かが切れる音がして最後までつまり射精まで逝きたいという思いに支配された俺はすぐに実行した。

前かがみになっているA子の後ろに回りこむと今までは通過していた万個の部分でチンポをストップさせA子の腰をつかんでみた。

A子はちらっとこっちのほうを見たがまたもとの体勢にもどった。

それを見た俺はもうどうにも止まらなくなりA子に、

「やっぱりA子さんも男のあそことか興味あるの?」と聞いてみると、

A子は正面を向いたまま消え入りそうな声で「・・・・・・・うん」とだけ答えた。

ジャージ越しではあるがA子の万個の温かさが伝わってきた。

A子も興奮して濡れていたのだろうか。

つばをのむ音が聞こえるくらい静まり返った日も暮れた教室でジャージ姿の2人の学級委員がチンポと万個をくっつけ後背位でじーっとしている様子は誰かに見つかればそれこそ大変なことになるのはわかっていたが部活も終わりみな下校した後で電気がついているのはこの教室だけだしカーテンも閉まっていたので誰も来る気配はなかった。(後背位といってもジャージ越しだが)

後背位でチンポと万個をくっつけたままで1分か2分ぐらい経っただろうかA子もA子で書くという仕事どころではなくなっていたようで、その手は完全に止まっていた。

俺はついに覚悟を決めた。

何も言わずおもむろに腰を動かしてみた。

A子はびっくりした様子で振り返ったが俺の顔と結合部分を見るともとの体勢にもどった。

俺は拒否されなかったのでもう最後まで逝こうと決めた。

スピードを上げると童貞だったおれには経験したことがない程の快感がおれの下半身を突き抜けていくのがわかった。
(何度も繰り返すがこれはジャージを着たままの話です)

俺は無言

A子も無言

教室の中にはジャージがこすれ合うかすかな音とA子のジャージのズボンのポケットに入っているティッシュがこすれる音とA子が肘をついている机がきしむ音そして2人の少しだけ荒くなった呼吸の音だけしか響いていなかった。

A子は恥ずかしいのか感じているのかわからないが下を向いたままだった。

肘と肘のあいだから見える唇は一文字に結ばれたままだった。

手には書きかけのマジックを持ったまま。

俺はどんどん腰を動かし続けた。

今考えてみるとこれはジャージ越しの素股である。

でも当時のおれにとってこれだけでも最高に気持ちよかった。

腰を動かし始めて3分ぐらいだろうか。

初めて万個にチンポを当てたにしては時間がかかったのはジャージ越しだからだろうか。

夏の出来事なので俺もA子も汗をかいていた。

ただ2人ともあえぎ声をあげるわけでもなく無言でひたすら腰を動かしていた。

そんな俺にも限界がやってきた。

射精しそうになったおれはA子の腰をつかんでいる手に力をこめ腰を動かすスピードをあげた。

A子は俺が逝きそうなことを知ってかしらずか下を向いたままだ。

俺はついに無言のままジャージの中で大量に射精した。

A子もビクンビクンとうずくチンポの様子や腰を動かすスピードが落ちたことから俺が射精したことがわかったようでこちらを振り返った。

俺はそんなA子の様子を見ながら余韻を感じるように腰を動かし続けた。

そして逝ってから1分後俺はなごりを惜しむようにチンポを万個からはなした。

しばらくA子は机に肘をついたまま。俺は精子によって股間をぬらしつったたまま。でいたが俺には猛烈な罪悪感と後悔が襲ってきた。

A子に訴えられたら俺は逮捕されてしまうんではないかということが頭の中を駆け巡った。

「・・・・ごめん・・・・」

俺の口からでたのはそれだけだった。

A子はしばらく無言でいたがなぜか「・・・・・ごめんなさい・・・・」とまたも消え入りそうな声でいうとジャージのポケットからティッシュを取り出すと、

「・・・これ使って」といった。

俺はA子の怒ってない様子をみて安心して後ろを向いてジャージの中の精子を拭いた。

A子はというともうすでに残りの仕事に取り掛かっていた。

ジャージの万個の部分を俺の精子とマン汁で濡らしながら、俺が処理に使ったティッシュをトイレに流し教室に戻るともう仕事は終わっていた。

俺が勇気を出して「一緒に帰ろう」というとA子も「うん」といってくれた。

A子が怒ってないことに安心した俺はそれから饒舌になって色々なことをA子に聞いた。

Hなことに興味はあるがこういう性格なので誰ともそういう会話をしたことがないこと。

俺のことを実は好きだったが恥ずかしくて誰にもいえないことオナニーはしたことがないこと雑誌などから男の生理について少しではあるが知識を得ていたことなどをA子はポツリポツリと話してくれた。

俺たちは今日一日で二人の仲が急速に近づいたことに戸惑いながら付き合うことにした。

俺たちは手を握ることもなくキスをすることもなくA子の家の近くで別れた。

すっかり日も暮れていたが俺はかなり興奮して家路についた。

付き合うことにはなったもののA子と俺のうぶな性格によって、それからしばらくはなにも進展はなかった。

付き合うとは言っても下校時間に一緒に帰るぐらいで、そのときもA子から話し出すことはなくA子は俺が話したことに対して返事や相槌を打つぐらいでした。

それに下校時間にはほかに部活を終えた生徒も周りにいっぱいいるため人のいるところではA子は俺の1,2m後ろを歩いていて人がいなくなると、また俺の横にするすると寄って来るというようなことを続けてました。

これは田舎の人ならわかると思いますが男と女が一緒に帰るのを誰かにみつかると、もうちゃかされてちゃかされて一緒に帰るどころではなくなるのです。

A子のほうもその性格からか誰にも付き合っていることを話していないようでした

付き合い始めて一ヶ月ぐらいは下校時に一緒に帰り話をするだけで、ともに超が付く程うぶだった二人はキスはおろか手を握ったこともありませんでした。

A子の体に触れたのはあのジャージ越しの素股のときだけという変な状況が続きました。

一ヶ月もたつとA子も慣れたのか段々と自分から話をしだすようになり、学校ではあまり見ることがない笑顔までも見せてくれるようになりました。

俺は学校の誰も知らないA子の本当のかわいさを自分だけが知っているという優越感とA子の言葉の節々に見られるような優しさとかわいらしさ、本当にうぶな感じに触れ始まりは変だったけれども本当に心から好きになっていました。

そしてこのうぶでかわいいA子に対してHなことをするのはなにか神聖なものを汚すようでなにも手出しはできませんでした。

そしてそんな関係が続いていたときA子のほうから家に来ないかという提案がありました。

かなりの勇気をだしてそのことを言ったのか顔を真っ赤にした様子と、あのA子の部屋を見てみたいという気持ちのあった俺はもちろん行くことにしました。

日にちは俺の部活が休みでA子の母親が単身赴任をしている父親のところへ行く第二土曜日にしました(このとき知ったのですがA子は一人っ子でつまりこのときは私とA子の二人きりという状況です)

もうその日の前の晩は興奮であまり眠れませんでした。

そしていよいよその日が来ました。

始まりは変だった「ジャージ越しの素股」②へ続く

What do you think of this post?
  • エロいいね (7)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!