【ネットカフェ体験談】夜、オナニーするためにネカフェの個室へ行き、チンポ丸出しのところを店員に見られた結果wwwww

ioeroijreoihrjoerjer

体験談概要
ネットカフェの個室でオナニーしはいけない決まりなんてないですよね、多分。店側もそれもニーズの一つと思っているのしょうか。まぁ、密室ですしオナニーするのは自由ですよね、でも女性店員にみられちゃったこの投稿者。事故とは言え女性店員に見せつけられて嬉しかったんじゃないでしょうか。
夜、ネットカフェの個室でオナニーしようと出かけた。

受付の眞鍋かをり似の店員に、見透かれたような引きつった笑顔をされながら、案内された個室に入った。

奥から2番目の部屋。(オナニーするにはもってこいだ)

部屋を出なくてすむように、コーヒー、コーラと用意する。

トイレに行く。



お店の温められたお絞りを2つ持ち、部屋の戸を締める。

チェアーを、お絞りで拭く。

ベルトを外す。ボタンを外す。チャックを降ろす。

(忘れた)パソコンの電源を入れる。

パンツをズボンと一緒に降ろす。

既に個室の雰囲気で、勃起したチンコが跳ね出る。

チェアーに座る。

お絞りで、チンコを包む。

「ふうぅー快感」(温かくて気持ち良い)

暫らくじっとして、温くもりを楽しんだ後、オナホールを取り出す。

ビニールを破る。蓋を空ける。

オナホール内のローションを絞り、入れ口に集めて亀頭を擦る。(ヌルヌルが気持ち良い)

入れ口に、亀頭を押し込む。

(キツイな、これは)跳ね返された。

(もっとチンコを勃たせないと)

受付の眞鍋かをりを思い出して、チンコを擦る。

パソコンの[オッパイ揉み揉みインタビュー]を見る。

女の子が、胸を揉まれて喜んでいる。

(固くなった)、オナホールを被せる。

「グニョ」(今度は入ったぞ)

(まだ、ちょっと痛いな)亀頭に、しっかりローションを馴染ませる。

(よし、大夫、馴染んだ)「グニョ」奥まで入れる。

(しっかり、絡み付くなコレは)「クチョ、クチョ」上下させる。

チンコの皮が引っ張られ、亀頭のヌルヌルと竿の締め付けが、本物のおまんこに似て気持ち良い。

オナホールの締め付けで、チンコが更に膨らんだ。

「ヌチッュプ、ヌチッュプ」

早く上下する。

チンコが引っ張られ、亀頭の先端の締め付けと、根元の締め付けの快感が、交互に訪れる。

腰を動かしていないので、息が切れる心配はない。

画面のオッパイの揺れと、喘ぎ声に合わせて上下させると、

(うっ、逝きたくなったぁ)(ちょっと我慢しょ)

「ヌチッュプ、ヌチッュプ」

(気持ちいいなぁ、これは)(うっ、駄目だ、射る)

(ティッシュ、ティッシュと・・・!・・無いぞ、ココは)

「あー」(射ちゃった)

お店のお絞りに、射ちゃいました。(気持ち良かった)

(よし、中出ししなかったぞ、もう一回使える)

オナホールに、蓋をする。

(ちょっと休憩するか)残りの飲み物を全部飲んで、

(どうせなら、綺麗にするか)チンコから、残りの精液を搾りだし、お絞りで全部拭く。

(綺麗になったし、眠くなったなぁ)(ちょっと寝るか、時間在るし)・・・。

・・・・・「トントン・・失礼します」、「トントン・・失礼します」、「はあっ」

「ガラッ・・失礼します、伝票のチャックをさせて下さい・・はい・・ありがとぅご・・・きゃぁー・・・すみま・・・ピシャ、ドン」

(アレッ、なんだっ・・・やべぇ、見られた!!?)

チェアーを倒して、お絞りで拭いて、サッパリしたチンコ丸出しで、うたた寝していたんだった・・・。

オナホールと、精液ベトベトのお絞りを、伝票の横に置いたまま、顕らかにオナニーし終わった姿を、眞鍋かをりに見られてしまいました。

(あーあ、どうしよう、まさか、個室で見られるとはなぁ、返事して無いのに開けるもんなぁ)

(まぁ、いいか、もう一回しよ)

気を取り直し、新しいお絞りでチンコを温めた。

見られて興ったので、チンコは既にビンビンです。

オナホールに、チンコが「ヌルッ」と、入った。

立ち上がり、オナホールをチンコを入れたまま180度回転させ、チェアーに押し付けた。

腰は振らないが、立ちバックみたいだ。

「出るっ」お絞りに射しました。

座わり直し、もう一度射した。

眞鍋かをりが居たので、精液とローションのせいでベトベトのお絞りを食器返却口に迷わず置いた。

おしぼりを片付けたので、直ぐにレジに行く。

手に付いた何かに戸惑いながらも、しっかり拭く暇も無く、慌ててレジに来た彼女に、(あっ、さっきの・・)と、伏し目顔をされながらも、「ごちそう様」と、会計した。

トレイに置いたお金を受け取る彼女の手が、何かで絖り、触った千円札が染みていきました。

お釣と染みたレシートをトレイに置くと、「有難うございました」も、そこそこに、精液とローションで汚れた手を洗っている水の音を聞きながら店を出ました。

個室を片付けている時に、わざと置いてきた使用済みのオナホールを彼女が見つけ、それのスメルに刺激され、密かにオナニーを始めた姿を想像して・・。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!