【相互オナニー体験談】大学の同じクラスの堅物真面目女子が実はどエロで、車中でお互いオナニーし合った


体験談概要
居ますよね~、一見暗そうに見える冴えない女子が。でも磨けば光るような女子。そんな彼女に目を付けた投稿者。それは間違いではなかったようです。飲み会の後に彼女を誘い出しドライブ、駐車した車内で彼女の本能が徐々に剥き出しになっていきます。
大学時代、同じクラスに、いつも冴えない女子3組がいた。

3人とも、もっさりしたセーターに長いスカートをはいているような堅物で、この大学に入ったのは勉強のためだと本気で思っているような3人組だった。

でも、俺はその中の1人恵利は、本当は美人なんじゃないかと前々から思っていた。

だから、何かの飲み会の後、オンボロ中古車で恵利をドライブに誘った。

昔は、まだ飲酒運転がそれほど厳しくなかったし、そんな学生はいくらでもいた。そういう時代だった。

30分ぐらいドライブをして、公園の駐車場に車を止めた。



いい雰囲気に持ち込むのに、テクなどいらない。

俺は会話を押さえて、徐々に、黙り込むようにした。

恵利は、空気が読めてないのか、それともそんな空気にならないようにしようと思っていたのか、車の中でずっとしゃべっていた。

スイスのコルビジェセンターがどうしたとか、何だかそんなことをいつまでも話していた。

正直、恵利がこんなにしゃべるとは思っていなかったので、少し意外だったが、俺は、ああそうか、飲み会の後で、ちょっと酔ってるんだなと、ようやく理解してきた。

イライラしてきた俺は、結局、実力行使で良いんだろという結論に達し、

「お前さあ、本当は美人だよな、ちょっと顔見せて」

と、俺の顔を恵利の至近距離まで近づけた。

普段はメガネをかけていて、あまりよく分からなかったんだが、間近で見て確信した。本当に美人だった。

恵利の瞳は、展開が読めなくて驚いていたように見開いていた。

短いまつげがきれいに目の縁を取り囲み、切れ長の目は、少し汗をかいたこめかみに続いていた。

息を押し殺した恵利から、それでも少し漏れてくる吐息は、レモンサワーの臭いがした。

カーステレオから流れるジプシーキングスが次の曲に変わる一瞬、車の中に静寂が訪れて、俺は、きらきらと輝く恵利の薄い唇に、自分の唇を重ねた。

恵利は一瞬、ビクッとして、体を固くした。

俺は、大切なものを守るように、恵利を抱きかかえた。

それは、ちょっと本能的とも言えるもので、優しく抱いてあげることで、恵利の不安を少しでも取り除いてあげたかったんだと思う。

意外だったのは、恵利が俺の口の中に舌を入れてきたことだ。

たぶん、何かで読んだか聞きかじったのか、恵利は口づけとはそういうものだと思い込んでいるらしかった。

ぬるっとした感触が、恵利の口から俺の口に伝わってきて、俺の股間は一気に硬さをましてきた。

Gパンの中で俺のペニスは、痛いくらいに硬くなってきた。

恵利は、はじめて異性とキスをしているという事実もさることながら、自ら舌を差し込んだという破廉恥な振る舞いに、自ら猛烈に興奮しているようだった。

ふだんあれほど堅物でまじめだと思っていた恵利が、今、俺の口のなかで舌をレロレロと動かしている。

その感触にどの程度、溺れて良いのか、恵利は少しとまどいつつも、自分の中に呼び覚まされた猛烈にいやらしい情欲をもはや押さえきれないようだった。

俺は、ふいに唇を離し、

「お前、本当はいやらしいんだな」と耳元でささやいた。

恵利は少し泣きそうな顔をして、俺から目をそらす。

俺は、もう一度、唇を重ねて、今度は俺の方から、恵利の口の中に舌を差し込んだ。

と同時に、恵利の胸に手をやり、服の上から、少しなでさするように恵利の胸に触れた。

恵利は堪えようとしても堪えきれないといった調子で、鼻息を荒くする。

俺は恵利の胸を揉む手に力を加える。胸全体を大きく回転させるように、大きく大きく揉みしだく。

恵利は、俺の手の回転運動に呼吸をあわせるかのように、口からも息をもらしだす。

「本当にいやらしいな」、耳元でささやくと、恵利は小さな声で「イヤ」と反応する。

ここからは、速攻だ。

まず、恵利の上着とスカートの隙間から、右手を服の中にすべりこませる。

恵利のほっそりとした脇腹から、背中に向けて右手をすべらせ、ブラのホックに到達する。

ブラのホックを外すのに2、3度手間どったが、それも外し、ブラの内側を撫でるように、今度は、恵利の脇の下から、右の乳房に到達。

見かけによらず、たっぷりとした重量感のある乳房を、今度は少しやさしくもみしだく。

手のひらに固くなった恵利の乳首を感じつつ、恵利の乳首をころがすように、右の乳房全体をもみしだく。

「ああ」 恵利の口から、はじめてエロい声が出る。

「感じるのか」

「・・・」

「感じてるんだろ」

「・・・・・・」

「いいんだ、それで」

右手を微妙にスライドさせ、親指と人差し指で、かるく乳首をつまんでやる。

それがスタートの合図であるかのように、「ああああ」と恵利が声をあげはじめる。

その間、俺は、恵利の首や頬や耳たぶや瞼や額に、繰り返し繰り返し、キスをし続けた。

それから、乳房を揉む手を、恵利のスカートにホックに滑らせる。

案外、スカートのホックは簡単に外れて、恵利のウエストが露わになる。

「いやっ」

「何がいやなの?」

「あ、あたし少し太ってるから」

「こんなの、太ってるうちに入らないって」

恵利を俺の方に抱き寄せて、恵利の腰を浮かす。

と同時に、スカートをずりさげる。

堅物の恵利のパンツなどすっかり中学生みたいな子どもっぽいパンツなんだろうと思っていたが、意外にも、恵利のパンツは薄紫色で、とてもエロかった。

「いつも、こんなパンツはいてるの?」

「え、ああ、普通だよ、はあ、こんなの」

「いや、それは普通だろうけど、お前にしては意外だな」

「・・・」

「だろ?」

「わたしのこと、すっごい真面目っ子だと思ってたんでしょ?」

恵利は、いきなり、俺のいきりたったジュニアを、Gパンの上からさすりだした。少しは手慣れてることを示そうとしたんだと思うが、実際には、力が入りすぎていて、少し痛かった。

それで、俺は恵利の手を少し脇にのけて、ベルトとボタンを外し、Gパンのチャックをおろした。

俺は、トランクスから飛び出しそうになっているジュニアを、完全に外界に解放した。

恵利の手を、いきなり飛び出した肉の塊にもっていくと、今まで経験のない得体の知れない感触を確かめるように、恵利は俺のジュニアを強く握ったり、離したりしはじめた。

「す、すごい、おっきい」

「どうだ、いやらしいだろ」

「あと、熱い」

本体とそれを取り巻く皮という二重構造に興味がひかれるらしく、恵利は本能的にジュニアをしごきだす。

「う」

不覚にも声をあげた俺を見逃さず、

「え? 気持ち良いの?」

「もっと先っぽの方も、今みたいにして」

「ん? こう」

「あああ」

俺は、少し大げさに声をあげてやった。

「ね? 気持ち良いの? 気持ち良いの?」

「ああ、気持ち良い」

「ん? 先っぽから何か出てきたよ」

たぶん、こういうことも本能的にプログラミングされてるのか、恵利は、ジュニアの先から出てきた汁を亀頭にぬりたくる。

「おお」

今度は、本当に、強烈な快感が襲ってきた。

恵利は、少し狂ったように、ジュニアを握る手を動かし出した。

たぶん、恵利自身、猛烈に興奮していたんだと思う。

俺は、お返しとばかりに、恵利のパンツの中に手を入れた。

想像どおり、あり得ないというほど、パンツの中は洪水状態になっており、股間部分はまるで熱い飲み物をこぼしたようになっていた。

こんなの、どう触っても大丈夫そうだなと思った俺は、適当に中指と人差し指を恵利の穴の中に押し込む。

「あああああ」

今までの流れからは信じられないほどのトーンと大きさで恵利は声をあげる。

中指と人差し指を適当にかきまぜる。

「あああ、あああ、あああ、あああ」

かきまぜる回転運動に反応して、リズミカルに喘ぎ声をあげる恵利。

少し手首にスナップをきかせて、回転運動と同時に穴の上壁を押し上げる動きをプラスすると、恵利は腰を動かし出した。

「エロいな」

「あああ、あああ、あああ、いわないで、はあ、はあ」

「お前は、本当にエロイな」

「いやあ、あああ、あああ、あああ」

「お前、授業の時とか、真面目な顔しながら、エロいこと考えてるんだろ」

「あああ、あああ、いや、考えてないって、はあ、はあ」

「いや、考えてるね。少なくとも、明日の外国語講読の時間には思い出すね」

「はあ、はあ、何を? あああ」

「指を入れられて、腰を振って、よがっていたってことをだよ」

回転運動、手首のスナップに加えて、手のひらでクリも押し込む。

また別に快感が恵利を襲い、体を少しねじるようによがる。

「んんんーん、いやああ、ダメ、ダメ、ダメ」

「何がダメなんだよ」

「ダメ、あああ、もう、本当にダメ」

「何がだよ」

「あああ、なんか、なんか、出てくる、熱いのが、熱いのが」

「それはお前がエロいって証拠だよ」

今まで遊んでいた左手を、恵利の背中からまわし、恵利の上着の下に滑り込ませる。そして、左手で乳房を揉む。

「ああ、もういじめないで、いじめないで、ねえ、あああ」

「いじめてなんかないだろ、お前はこういうのが好きなんだ」

「いやあ、もういやあ、あああ、あああ」

「気持ち良いって言ってみなよ」

「いや、はあ、はあ、はあ」

「気持ち良いんだろ、気持ち良いって言ってみなよ」

「・・・・・はあ、はあ、はあ」

サディスティックな欲望がふくれあがった俺は、いきなり手首をぐりんと反転させ、今までクリの裏側を押し上げていた人差し指、中指で今度は肛門の方を押し上げる。

たぶん、ここまで濡れてなかったら痛かったと思う、この乱暴な動きが、恵利に最後の一線を飛び越えさせた。

「ああああああ!、気持ち良い、気持ち良い、気持ち良い、ああああ、」

「それだけか」

「あああ、ダメえ、もう死にそう、死ぬ、死ぬ、死ぬ、あああ」

「お前、明日、外国語講読の時間、発表、あたってるだろ」

「え? あああ、あああ、はああ、はああ」

「もう準備できてんの?」

「え、う、うん。でも、なんで、こんな時にそんなこと言うの?」

「今、俺は穴を乱暴にかきまぜたからな、」

「・・・・」

「だから、お前は、明日になっても、股間の奥底に俺の感触を感じ続ける」

「・・・・」

「穴の中が少し痛くて、クリがジンジンしているはずだ」

「・・・・」

「俺は、そんなことを考えながらお前を見つめる。」

「え?」

「それで、お前は俺の視線を感じるたび、股間の感触を思い出す」

「何、やらしいこと言ってるの?」

「やらしいのはお前だろ」

「恵利、ティッシュもってる?」

「え? 何に使うの?」恵利はティッシュをバックから取り出す。

「今から出す」

「え?」

「見てろよ」

俺は、これ以上ないくらい固く突き上がったジュニアを、ゆっくりしごき出す。

「やらしい。。」

俺は、恵利に見せつけるように、手を大きく上下させる。

恵利は、駐車場の車の中で、男がジュニアをさすっているという状況に興奮しているようだった。

「ほら、恵利も、自分の、さわりなよ」

「え? そ、そんなこと、したことないし」

「嘘つくなよ」

俺は左手で恵利の右手首をつかみ、そのまま恵利の右手を恵利の股間に導いた。

「ほら、ほら」

「いや」

「自分で、自分のクリを触ったり、穴に指を入れたり、」

と、そこまで言ったところで、恵利はクリを小さく揉み出した。

少し面白かったのは、恵利が俺のジュニアとオナニーを見つめる真剣なまなざしが、まるで、授業中の恵利の真剣な表情そっくりだったことだ。

俺は、授業中の恵利の顔と、恵利がクリを愛撫する様に興奮して、堪えきれなってきた。

「ねえ、いきそうなの?」

「ああ」

「いくとき、精子、出てくるの?」

「そうだ」

「ああああ」

何に興奮したのか分からないが、恵利が喘ぎ出す。

「白いのがドクドクと出てくるぞ」

「はあ、はあ、はあ、」

「見たいか」

「いやあ、はあ、はあ」

「一緒にいくぞ」

と俺が言って、ジュニアをしごくスピードを速めると、恵利もクリをさする手をスピードアップさせた。

「はあ、はあ、はあ、あああああ」

恵利はいつの間にか、左手を服の中に入れて、自分の乳房を揉んでいる。

「はあ、はあ、いやあ、ああああ、ああああ」

恵利も絶頂に近づいているようだ。

「ああああ、ああああ、ああああ、ああああ」

恵利は軽くまぶたを閉じると、苦しげに眉間にしわを寄せ、少しずつ体を震わせている。

「ああ、はああ、ああ、ダメ、はあ、ああ、ああ、ああ」

恵利は、いくんじゃないのか。

俺のジュニアをしごく手はますます速まる。

「ねえ、ねえ、ねえ、ああああ、もうダメぇ」

恵利は、体を大きくブルンと震わせると、

「ああああああー」とひときわ高い声をあげて、果てた。

俺も、恵利のいった様をみながら、射精した。

ジュニアは、初発の後、5回も6回もうねりながら、精液を放出した。

その後、ちょうど他の車が駐車場に入ってきて、俺と恵利はすぐさま服を整えた。それからそそくさと駐車場を立ち去った。

恵利のアパートの前に着くと、恵利は明日の発表の準備が残ってるからと言って、すぐに車を降りようとした。

俺は、こういう日にはこうするものだといった調子で、恵利の手をとって引き寄せ、恵利の唇にキスをした。

恵利は、今度は決して流されまいという感じで、俺を軽く押し戻した。

俺が「じゃあ、また明日」と言うと、それでも恵利は、少し固い笑顔を見せて車を降りていった。

翌日、外国語講読の時間に恵利は発表をした。

恵利は、発表の途中、一度も俺を見なかった。

たぶん、恵利の体には、本当に前日の余韻が残っていて、だから、俺の顔をまともには見られなかったのだろうと思う。

恵利はその後、彼氏ができたのか、それとも、もしかしたら、その時からつきあっていた奴がいたのか、ともかく俺とはそのまま何も発展しなかったんだけれど、20年近く経つ今でも思い出す、俺のとっておきの青春ズリネタだ。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!