【職場での体験談】営業成績の賭けで勝ち、女性社員に毎朝トイレで一発と夜一発を会社でしてもらってる〈前編〉


こんにちは、現在会社を経営している40代の男です。

これは昔の営業マン時代の体験談です。

私の勤務していた会社は、大手の住宅メーカーの代理店として契約した会社で、住宅のリフォームの仕事を取って来る過酷な営業の仕事でした。

やはり営業に出ると、相手は一般家庭だけですので、対応は非常に冷たいですね。

まずインターフォンでの会話で終わります。

新人なんかは、お客さんに冷たくされて、会社ではトップに怒鳴られて、すぐに辞めていきます。



でも私の性格は、人から言われた事なんか気にもならないので、全然続けられました。

それどころか、毎日人妻と出会える事を考えると楽しくて仕方なかったです。

最初の3ヶ月は仕事なんてもちろん取れませんでした。

そして毎日の様にヤ◯ザみたいなトップにどやされていましたが、その間に人妻は20人程頂いていたので、全然平気でした。

そして4ヶ月目にやっと仕事を取る事が出来ました。

私の仕事ははアポイントだけですので、その後は判子を押させるプロのクローザーに引継ぎます。

そして私がアポイントを取った仕事が成立すると、いつも恐いトップのヤ○ザみたいなおじさんが凄い笑顔で近寄ってきて、「お前イイじゃねーか!これからも頑張れよ!」と言われました。

正しく飴と鞭なんですが、これにハマってしまい、私は積極的に営業を頑張るようになりました。

そして1年もすると、バンバン仕事が取れる私は、クローザーに昇進していて、社内でもちょっとした派閥リーダーでした。

そしてもう一つ同じ位大きな派閥があって、そこのクローザーは冴子と言う女でした。

そいつも営業実績は私と同じ位で、若干冴子の方が上だった。

冴子は28才で、キャバクラ上がり営業トークで売上を伸ばしている女だった。

見た目は化ばいが、かなりのイイ女で、「沢○えりか」に顔も態度もそっくりな女でした。

おっぱいもかなりデカくて、性格以外は満点だった。

冴子の高飛車ぶりと裏表の激しさは聞いていたので、私はとくに自分から話し掛ける事はありませんでした。

そしてその年の忘年会で、皆顔を合わせて飲む機会がありました。

総勢100人以上は集まって宴会ははじまりました。

ヤ○ザみたいなトップは気を効かせて早々に帰ってしまい、残った人間の中では、売上がある私と冴子が幅を効かせていました。

いつしか参加者も少なくなって、50人位になっていました。

すると冴子側の若い奴が、私のグループの若い奴に絡んできて、ちょっとした口喧嘩になっていました。

原因は単純に自分達のリーダーを自慢し合っていたらヒートアップしてしまっただけです。

私も冴子も、自分達を思うあまりに始った喧嘩ですので、怒るに怒れません。

でも事態が収集つかなくなってきてしまったので、取り敢えず口論を止めさせようと、私が出ていくと、誰かが「じゃあ勝負しろ!」と言い出しました。

そうすると途端に場が盛り上がって、「上等だおらぁ!」って誰かがまた言い出して、結局、私と冴子が売上で勝負する事になってしまいました。

私は全然乗り気じゃ無かったんですが、冴子が「負ける気しないからどっちでもいいよ!」と言い出すと、ムチャクチャ頭にきてしまい、「じゃあ、負けた方は一ヶ月勝った方の奴隷だからな!」と言うと冴子は「バッカじゃ無いの、どっちでも良いけど、あんた頭大丈夫?」と言われて、益々ブチ切れてしまったが、平静を装って話し合い、来月の売上で勝負する事に決まった。

そしてお互いに、飲みの席での話では済まないように書面に書いて約束をしました。

翌日、酔いが覚めて会社に行きましたが、まだ怒りが納まりませんでした。

とゆーか段々と冴子態度にムカついてきて、絶対に勝ってやると、素面でも考えは変わりませんでした。

その日の夕方、冴子と会社で顔を合わせたので、再度確認すると冴子は「あなたが土下座でもしない限り勝負は有効よ、書面もあるでしょ?」と言っていました。

私は完全にキレて、絶対に勝つ事を心に決めました。

それから間もなく勝負の月に入りました。

通常は月に一件のリフォームが取れればイイ方です。

私や冴子は月に最低で2件3件仕事を取って来ますが、イイ時は5件と言うのもありました。

私達だけでは無く、アポイントを取る部下達も重要ですが、付き合いが長い信頼出来る部下達は、勝負の事があるので、いつも以上に燃えているようでした。

私の予想では、今月は5件決まれば勝てると思うが、向こうも情報を公開しないだろうから7件は契約を決めたい。

通常では7件なんて数字は絶対に無理な数字であるが、僕には秘策がある。

今まで肉体関係になった人妻の中に、リフォームをしてもイイと言う人妻が4人ほどいる。

何故すぐに仕事にしないかと言うと、たまに会社全体の売上が悪い月に、トップが恐ろしく厳しいノルマを叩き付けて来る時があるので、そんな時に余裕でスルー出来るように、この4人はいざという時の為にキープしていた。

でも今回は負けるわけにはいかないので、全部は使うつもりは無いが、今月の成績によってはキープを使うしかないと思っていた。

そうこうして、その月も中旬になって来た。

今契約が決まっているのは2件だけだ。

私は取り急ぎキープの内2人にも契約をさせて、4件まで確定させておいた。

そして月末が近付いてくると、もう1件契約が取れて5件になった。

私は向こうの情報がどうしても知りたくなって、部下に盗聴器まで買って来させて調べた。

どうやら向こうは6件の契約を取ってきているらしい事が分かると、私は部下にこちらの偽情報を流させて、こちらは4件しか契約が決まっていない事にした。

取り敢えず冴子側に安心させて、営業の勢いを落とさせるように仕向けた。

でもこちらの不利なのは変わらないので、私は結局切り札全部を使い、7件の契約を決めて、月末の発表に臨んだ。

でも、勝負の内容は契約件数では無く請負工事金額の合計なので、契約件数が上回っていても、まだまだ安心は出来ない。

ただ、リフォームのパッケージは外断熱工事がメインなので、とんでもない大きな家でも無い限りほとんど金額は一定している。

発表の場所は社内の会議室で、トップには内緒でケータリングを注文して、当人と両方の部下だけを集めて、こっそり行われた。

会社にバレるのは構わないが、こんな勝負事が定番化されると仕事がキツくなるだけなので、秘密になっていた。

そして待望の結果発表!

双方の契約件数が発表された!!!

もちろん私達は7件で、冴子側は6件、冴子の顔が引きつった。

そしてトータル金額の発表だ。

私達の方は6300万円で、冴子側は5900万円だった。

私の部下達は「うおおおおおおおおお!!!」と大はしゃぎでした!

冴子は眉間にシワを寄せて、かなり悔しそうにしていましたが、毅然とした態度は変えません。

冴子側の部下達は、私の部下達にムチャクチャ罵られていました。

少し見ていましたが、目に余る物があったので、止めに入って「もう決着はついたんだから、男だったら何も言わないで、互いに健闘をたたえろ!」と言いました。

その場が少し落着くと、部下の一人が「リーダー、負けた奴は1ヶ月奴隷扱いですよね?」と言い出した。

私は「今はその話はいいだろ、皆は良く頑張ってくれて感謝してるけど、その件は俺に預からせくれ、あまり敗者を虐めるのは趣味じゃ無いから」と言って誤魔化しました。

そして勝者も敗者も混じって飲み会が始りました。

今回は喧嘩をした者にペナルティーを与えたので、皆取り敢えず落着いて飲んでいた。

その日は早めにお開きにして、後は個々に飲みに行ったり、帰ったりと自由解散にした。

私は冴子だけ残るように言っておいたので、二人だけ会社に残った。

そして冴子を連れて屋上に向かった。

私は冴子に敗者のペナルティーについて持出した。

私 :「冴子、忘れてねーだろ?」

冴子:「当たり前よ、で?どうするの?好きにすれば、雑用でも何でも、約束は守るわよ」

私 :「じゃあお前は今日から便所になれ」

冴子:「は?何それ?何、どういう意味?」

私 :「お前は俺専用の精子便所になるんだよ」

冴子:「は?冗談でしょ?ふざけないで!仕事の事で何でもするって言ってんのよ!」

私 :「俺は仕事の事とは言ってねーよ」

冴子:「常識的に考えて分かるでしょ?ふざけないで!」

私 :「うるせーな、もうここに念書もあんだぞ?」

冴子:「そんな汚い事・・・私、婚約者もいるのにそんな事出切るわけないでしょ!」

私 :「あ?お前結婚すんの?お前みたいな女と結婚するってどんな奴だよ」

冴子:「余計な事言わないで、あんたみたいな粗末な男じゃ無いから」

私 :「あーあ結局女ってのはスジも通せねーんだよなー、どいつもこいつも一緒だな!」

冴子:「・・・・・」

私 :「仕事に対するプライドとか、約束に対する誠意ってのがゼロだな」

冴子:「ふざけないで!女を理由に馬鹿にしないで、クズみたいな男ね!」

私 :「そのクズみたいな男の方が、きっちりスジ通ってんだぞ!分かってる?」

冴子:「・・・・・」

私 :「どうすんだよ!」

冴子:「・・・分かったわ・・・」

私 :「え?聞こえねーよ」

冴子:「だから、分かったって言ってるでしょ!」

私 :「よし」

冴子:「一ヶ月後のこの時間できっちり終わりだから!」

私 :「じゃあ早速一発抜きてーから、マ◯コだせ」

冴子:「は?何言ってるの?どこで?」

私 :「ここで」

冴子:「ふざけないでよ!屋上じゃない!頭おかしいんじゃないの?」

私 :「お前外でした事ねーの?」

冴子:「当たり前でしょ!馬鹿じゃないの!あたしはそんな安い女じゃないのよ!」

私 :「とにかくお前の意見はどうでもイイよ、早くパンツ脱げよ」

冴子:「場所を変えて!ここは無理よ」

私 :「お前に選択権はねーよ、なんだよ結局ウジウジ文句たれてスジ通さねー作戦かよ」

冴子:「・・・ハァ、分かったわよ・・・」

すると冴子はかなりキレた顔をして、パンストとパンツを勢い良く下ろした。

足から抜き取ると、素早くジャケットのポケットに突っ込んだ。

冴子:「で、どうするの?さっさと終わらせて」

私 :「じゃあそこの手摺に手突いて、ケツ向けろ」

冴子:「コンドームは持ってるんでしょ?」

私 :「あるわけねーだろ」

冴子:「はぁ?ふざけないでよ!出来ないじゃない!無ければ無理よ!」

私 :「うるせーな、彼氏とは生でしてんだろ?」

冴子:「するわけないでしょ!そんなの結婚した後に決まってるでしょ!」

そこで私はいきなり怒鳴り散らした!

私 :「ガタガタうるせーよ!!!一回腹くくったら黙っとけ!!!」

冴子:「・・・・・」

私 :「お前濡れてねーだろ、濡らしてやるよ」

冴子:「触らないで!自分でやるわよ!」

冴子は手を口に持って行くと、手の平に唾液をたっぷり垂らして、自分でスカートに手を突っ込んで、マ◯コを濡らしていた。

そして小さい声で「これでいいでしょ、さっさと終わらせて」と言うと下を向いて、ケツをこっちに向けた。

私はズボンを下ろして、ビンビンのチ◯ポをシゴきながら、冴子に近付くと、スカートを一気に捲りあげた。

すると冴子のケツが丸出しになった。

冴子は一瞬「ビクッ」となったが、下を向いたまま震えているように見えた。

私は冴子のケツの割れ目を手で広げると、中身をじっくり観察した。

やはり冴子の体は絶品だ!

綺麗なケツの穴と、全然伸びていないビラビラ、マン毛もほとんど生えていない。

私は生のチ◯ポを当てがうと、ゆっくりねじ込んでいった。

入口は唾液でヌルヌルだが、中はまだ濡れていないので、一端抜いて、自分の我慢汁と唾液を混ぜて、入れ直した。

何とか奥まで入れて、少しづつ出し入れを繰り返すと、明らかに奥の方から濡れて来るのが分かった。

私は「おい、冴子、お前濡れてきたな」と言ったが、冴子は何もしゃべらない。

しばらくすると「プチュプチュッ」と音がするぐらい濡れてきた。

私は冴子の反応が無くてつまらないので、冴子のケツを平手で叩いたりしていた。

すると叩かれる度に「ビクッ」と反応して、ドンドン濡れてくる感じがした。

冴子はドMだと確信した。

こんな強気な女ほどドMが多い。

私はケツをガンガン叩きながら、激しいピストンをしているとマ◯コから「ブチュブチュ」音が響きはじめた。

明らかに今までと違う濡れ方なので、「冴子マ◯コ濡らしすぎだろ?変態かよお前は」と言葉攻めもしていた。

それでも冴子はブルブル体を震わせながら、必死で耐えていた。

私はイキたくなったので、冴子には何も言わずに激しく腰を打ちつけながら、中にたっぷり発射した。

チ◯ポが激しく「ドクン、ドクン、ドクン」と動いて、腰の動がピタリと止まったので、冴子は慌てて「ちょっと、どこに出したの?どこ?外でしょ?」と聞いてきた。

私は「中出しに決まってんだろ!」と言うと、冴子はムチャクチャキレた顔をして、涙目になりながら、私をビンタして、その場から走り去りました。

取り敢えず初日はこんなもんで勘弁してやろうと思い、その日は帰りました。

翌朝、会社で冴子とすれ違うと、私と目を合わせないようにしていたので、「冴子!ちょっと話があるから来い!」と言って呼び止めました。

冴子は親の敵でも見るような顔で睨み付けて、無言で立ち止まっていたので、手を引っ張って女子トイレに連れ込みました。

私は何も言わずにチャックを下ろしてチ◯ポを取り出しました。

冴子はとんでもない変態を見るような顔をして「自分が何してるか分かってるの?」とシリアスなトーンで言ってきました。

私は「いいからしゃぶれ」と静かに言うと、冴子の頭を掴んで口の中に無理矢理突っ込みました。

冴子は眉間にシワを寄せて苦しそうな顔をしています。

完全に勃起してくると、我慢汁が出はじめますが、冴子は飲み込まないので、逆に口の中が唾液でいっぱいになって気持ちが良かったです。

冴子は嗚咽を繰り返しながら、涙を流しています。

私は出したくなったので「冴子飲まねーと皆に昨日の事話すからな」と言って、冴子の口の中に、朝一の濃い精子を吐き出しました。

冴子は一瞬ギューっと目を強く閉じて、「ゴクンゴクン」と苦しそうに飲み込んだ。

そして冴子は涙を拭きながら、私を睨み付けて、先にトイレから出て、洗面台の前を通ると、私に分かるようにツバを吐いて走り去って行きました。

冴子が私を嫌っているのは良く分かりますが、私はそれがたまらなく楽しかったです。

その日の夜、外回りが終わったので会社に戻ると、冴子チームも戻ってきた。

冴子の方を見ていると、冴子は私と絶対に目を合わせないようにしていた。

いつも会社で一番遅くまで残るのは冴子だった。

私は帰ったフリをして、冴子が一人になるのを待って、オフィスに戻った。

冴子は私に気が付くと、「信じられない」と言うような顔をして睨み付けた。

そして、「あなた只の変質者と同じよ」とか「ゴミみたいな男ね」と憎しみを込めて言いたい放題に言ってきた。

冴子は罵声を浴びせ続ければ、私が近寄らなくなると思っているのか、一生懸命言いまくっているが、そんな事は一切関係ない。

私は無言で冴子に近付くと、冴子の髪の毛を掴んで、机に伏せさせるように顔を押し付けた。

そしてパンツスーツのベルトを外して、パンツごとズリ下げると、カッチカチのチ○ポをぶち込んだ。

冴子はこうなる事は分かっていたようで、ほとんど抵抗はしないが、恐ろしい顔でこっちを睨んでいる。

「私は感じていないし、濡れてもいない!」と言わんばかりにアピールしている。

恐く冴子は、こんな性格だから、本物のセックスをしていないと私は思っていた。

なるべく変態的では無い、格好付けたセックスしかしていないはずだ。

だから、セックスで感じる訳がないと、自信満々の強気な態度なんだろう。

私は、徹底的に冴子の性感を開発させてやる事を決めた。

まずは、冴子に自分がドMである事を徹底的に植え付ける。

私は、無理矢理立ちバックで突っ込んだチ○ポを動かしながら、冴子に汚い言葉を言い続けた。

「お前強がってけど、くっせーマ○コしてんなー」

「お嬢様ぶってっけど、マ○コは風俗嬢とかわんねーな!」

「あーあ、濡れてきちゃったよ、感じてんの?」

「うわー、くっせーケツの穴!」

プリンセスのような扱いしか受けていない冴子が、今まで言われた事の無いような汚い言葉を浴びせ続けると、冴子は涙目になりながら、顔を真っ赤にしていました。

冴子が濡れてきたのは事実で、「プチュプチュッ」と音が出はじめていました。

今日はじっくり、冴子のGスポットに当てるようにピストンをしています。

冴子はこっちを睨む事は出来なくなって、顔を伏せて歯を食いしばっていました。

段々と冴子の体がブルブル動きはじめて、マ○コから汁が溢れてきました。

「おい、冴子、お前感じてんだろ?すげー濡れてんじゃん!」と言っても無視して、顔を伏せたまま震えています。

私は、冴子のマン汁を指に付けて、ピストンしながらアナルに指を入れました。

すると冴子は「あぐっ」と声を漏らしました。

はじめは痛いのかと思っていたら、どうやら違いました。

アナルに指を入れてから、冴子の痙攣が激しくなって、マン汁が溢れてきました。

冴子はアナルが感じる女みたいです。

そのまま激しくピストンを続けていると、冴子はテーブルの上の書類を掻きむしりはじめて、激しく悶えていました。

恐くイク寸前でしょう。

でも私は、そのまま先に冴子の中に勝手に出してしまいました。

冴子は最初は痙攣が収まらなくて、伏せたままでしたけど、起き上がると「また中に出したの?信じられない、頭おかしいじゃないの、ふざけないでよ!今日は婚約者と会うのよ!」と怒鳴りはじめたので、「マン汁溢れさせてアナルでイキそうになってた女が偉そうにしゃべんな!」と言い返すと、冴子は真っ赤な顔をして黙ってしまった。

かなり痛い所を突いたみたいだった。

そして、その日は早めに返したが、婚約者に会うって事を聞いたので、条件を出した。

それは婚約者とのセックスを盗撮する事だ。

デジカメを渡して、動画モードで一部始終を撮るように言った。

もちろん冴子は嫌がったが、奴隷契約は逃げられない。

そして冴子には、明日から毎朝トイレで一発と夜一発を会社でする事を取り決めた。

更に毎日ノーパンでスカートを履いてくるのも条件にくわえた。

【職場での体験談】営業成績の賭けで勝ち、女性社員に毎朝トイレで一発と夜一発を会社でしてもらってる〈後編〉へ続く

厳選記事PICKUP!