【人妻との体験談】マンションの定例会で僕の隣に座り、股間に手を伸ばして揉んできたセックスレス人妻


つい先日の話です。

僕が住むマンションで回覧がある場合、僕は上の階の601号室へ持っていきます。

そこには20代の夫婦が住んでいますが、その奥さんの裕美さんはスタイルが良く、黒髪ストレートの美女。ある日「いつも旦那さんが持って来るんですね?」と言われ、

僕は「独身ですよ・・」と返しました。

しばらくして定例会があり集会所で準備していると、601号の裕美さんが来ました。裕美さんはPCを広げる僕の横に座りました。



「なんでパソコン広げてるんですか?」と気さくに話しかけてきました。

「今年は当番で僕が副議長になっているんで・・・」と議事録を見せました。

会議が粛々と進み、僕はその内容を打ち込んでいると裕美が覗いてきて、

「速いですねぇ~」と言い、「誰でも使っているものですよ」と返しました。

それからもずっと僕のPCを見つめていましたが、彼女は僕に擦り寄り、手は僕の太ももの上に乗せていました。

その手がどんどん股間に近づくのを感じ、目を見ると、裕美は微笑みながら知らん顔してPCを見ていました。

しばらくすると裕美の手が完全に僕のアレをスリスリしていました。

無論、硬くなります。

そんなこんなで会議が終わり、僕は管理会社の人と少し打ち合わせをしてデータを渡すと集会所から出ました。扉の向こうで裕美さんが待っていました。

「ランチしません?」と裕美さんが言ってきました。

裕美さんの「Hしたい」というオーラがびんびんに伝わってきます。

「じゃあ僕の部屋で」といってマンションに戻り、僕が部屋にいるとすぐに裕美さんはやって来ました。

ランチなどなく、裕美さんを部屋に上げるとリビングへ。

ソファーに並んで座ると、裕美さんは甘えてきてまた僕の股間をすりすりし始めました。

僕は裕美さんの髪を掻きあげ、首筋にキスをしました。

「ぁぁあ・・・」裕美さんの甘い吐息。裕美さんは僕のズボンを膝まで下ろし、勃起したペニスをいやらしく舐め始めました。

僕は裕美さんの服をまくると、豊満な乳房を揉みました。

いつしかお互い全裸になり、互いの性器の舐めあいに。

互いに愛液を出しながら求め合い、裕美さんを寝室のベッドへ連れて行きました。

僕の彼女の愛用の電マを出すと、

「やだぁ・・・これAVで見たことある・・」と興奮気味の裕美。

見た目の清楚さは微塵も感じられない淫乱な姿でした。

スイッチをいれ、クリトリスを責めると体を大きく反り返らせ、

「キャァアアーー・・・ダメェエエ!すぐイッちゃうぅ~!」と絶叫しました。

愛液が吹き出し僕の全身に飛び散りました。

しばらくすると「くすぐったいからやめて」と泣きそうな顔で懇願したが、僕のS心に火がつき、幾度と無く絶頂へ導きました。

可愛かった声がうめき声に変わった頃、僕は怒張したペニスをヌルリと押し込んであげました。

少しいじめすぎたせいか、挿入後のリアクションは薄かったが、

僕がイキそうになるとギューッと抱きついてきました。

「中にちょうだぁい・・・・」と裕美。

いったいどれくらいの量が放たれたのかわからないが、裕美の中で僕のペニスが激しく鼓動を打ちました。

「あぁ・・熱い・・・すごい・・ドクドクって・・・」

裕美が上ずった声で言い、キスをせがんできました。

事を終え、抱き合いながらまったりしていると、裕美が、

「2年ぶりの・・エッチなんです・・」と言ってきました。

「普段は・・一人で?」と僕が聞くと、恥ずかしそうに裕美さんは頷いた。

「でも電マは初めてで・・くせになりそう・・・」

それを聞いて僕はまた電マで裕美さんを可愛がってあげました。

また裕美さんと合う日が楽しみで仕方ありません・・・

先日601号の裕美さんとの話を書きましたが、昨日あった出来事を書きます。

3連休で夜更かしをしていた僕は早朝6時に階下のコンビニに朝食を買いに行きました。パンのコーナーで選んでいると、肩をトントンと叩かれました。

「おはよ~」振り返ると裕美さんが居ました。豊満な白い乳房のほとんどが見えるような格好で微笑む彼女に、ドキッとしました。

「おはよ・・早いですね。」と僕が言うと、

「旦那とこれから出かける予定で手抜きの朝食です。」と裕美さん。

会計を済ませ一緒にエレベータに乗ると、裕美さんは急に抱きついてきて、

「チューしよ」と言って来ました。

僕はギュッと裕美さんを抱きしめ軽くキスをすると、胸元の服を少しまくって「おはよ~」とおっぱいに向かって言いました。

「あーっ・・エッチねぇ・・」と笑いながら裕美さんはテントを張った僕の股間をスリスリ。

エレベータが開き、僕が降りると、「後で行ってあげよっか?」と裕美さん。出かけると言っていたので半分冗談だと思いながら「シャワー浴びて待ってる。」と返しました。

部屋に戻り食事を済ませ、テレビを見ながらうとうとしていると突然ベルが鳴りました。もちろん、現れたのは裕美さん。

「あれ?お出かけって言ってなかった?」と僕が言うと、「そのつもりだったけど・・・剛士さんしたそうだったし・・・旦那だけで行かせちゃった。」

眠気も一気に吹き飛び、裕美さんを招き入れるとイチャイチャしながら求め合いました。

「昨日ね・・旦那が私のベッドに潜り込んできたから『久々だ』と思ってたのね・・」

「わぁ・・・旦那とした後でって・・・」

「違うの・・旦那は『口と手でしてくれ』だって。悶々としちゃう・・・」

「それで・・来たんだ?」

「うん・・・」僕のペニスをしゃぶりながら潤んだ目で応えられ大興奮でした。

今回は電マを封印し、全身をゆっくりと愛撫しながら時々キスをするゆるやかな流れで愛し合いました。

激しくしなくても裕美さんは愛液をたっぷりと溢れさせながら可愛く喘ぎました。

およそ2時間ほど、互いに愛撫し合い、挿入・・・

弓なりにしなる裕美さんの体、揺れる乳房にしゃぶりつきながら互いに腰を動かすと、何とも言えない快感が襲いました。

「ぁぁ・・剛士さんのおっきいし・・かったくて・・すごぉいイイ・・」

裕美さんの言葉は僕を興奮させます。

バックで突くと裕美さんは四つん這いになっていられず潰れました。

うつ伏せの裕美さんを後ろから突くと、

「これすごい・・イイ・・いきそう・・・」と裕美さんが枕に顔を埋めました。

裕美さんの体がピクピクすると、僕はその姿勢のまま裕美さんを起こし背面騎乗位に・・

全身鏡に映る僕のペニスを呑み込む自分の姿に裕美さんは恥ずかしがりながら喘ぎました。お互い汗だくになりながら正常位に戻るといよいよ僕はフィニッシュへ。

「また中に出してイイ?」と僕が聞くと

「だめぇ・・・ん・・・」と言って僕の首に手を回しキスを求める裕美さん。

ネチャネチャと音を立てる卑猥な結合部を抜くと、僕のペニスはギュッと抱きあう僕と裕美さんの体に挟まれました。

ドクッドクッと二人の間で脈打つペニスからすごい量の精液が放たれました。

ペニスが脈動していると「剛士さんのイッた顔・・可愛い・・」と裕美さんが言い、僕は少し恥ずかしかったです。

互いに体を拭き、イチャイチャしていると、徹夜明けの僕は物凄く眠くなりました。裕美さんも眠くなったようで、いつの間に裸で抱き合って眠ってしまいました。

目が覚めるとすっかり暗くなっており、二人でバタバタと焦りました・・・

僕は同じマンションに住んでいる裕美さんと関係を持っています。

いつも僕の部屋でというパターンなので僕は少々飽きてきていた。

先日、裕美さんから誘いのメールがあった時、「○○駅で会いませんか?」と返すと「買い物に付き合ってくれるなら」ということでOK。

昼下がりに一緒に買物をし、軽食を摂ると僕は裕美さんを誘いホテルへ。

裕美さんも「独身に戻ったみたい」と喜んだ。

部屋に入るとゴロにゃんと甘えてくる裕美さんと、ソファーの上でスキンシップを楽しんだ。裕美さんは僕の勃起したペニスをしゃぶり出す。

「シャワーしないと・・」と僕が拒んだがお構いなしにしゃぶり、舌をペニスに絡めながら手で激しく扱く。僕は腰を浮かせて喘ぎ、勢い余ってそのまま発射・・・

裕美さんは、口の中で激しく脈打つペニスから放たれた精液をこぼさないように吸い取ると、ティッシュに広げて僕に見せた。

「こんなに出たよ~」無邪気な顔の裕美さんが愛おしい。

僕達はイチャイチャしながらバスタイムを楽しんだ。

「ラブホテルなんて何年振りだろう」とはしゃぐ裕美さん。

お風呂を出ると、僕は備え付けの電マでのオナニーを見たいと頼んだ。

裕美さんは最初は恥ずかしそうに電マでオナニーを見せてくれたが、徐々に高まるとキャンキャン喘ぎながら絶頂に達した。

僕は裕美さんの手から離れた電マを取り、敏感な部分に無理やり当てる。

「ダメーッ!出ちゃうから~!」と逃れようとしたが、

がっちり裕美さんの両足を僕の両足で抑えこみ、続けた。

ビシャッ、ビシャッ、バッシャーと激しくお漏らしした裕美さんの姿に興奮した。(自分の部屋でやられたら堪らないなぁ・・)とも思いながら・・・

痙攣する裕美さんの体から幾度と無く失禁のシャワー・・

どこまで続くのかと思ったが、苦しそうだったので止めた。

その頃には僕のペニスはすっかり回復しており、先っぽからはガマン汁が糸を引いていた。

裕美さんにフェラをお願いしたが、あまりの脱力感に出来そうもなかったので、そのまま挿入。

「あん、生はイヤッ・・」

と一瞬拒んだが、挿入されると後は喘ぐだけになった。

裕美さんをうつ伏せにしてのピストンで、裕美さんは何度も昇りつめた。正常位になり、電マを当てながら動いてあげると、悶絶しながらまた昇りつめた。

「旦那とのSEXではイったことがない」と言っていた裕美さんが一体何度イクんだろうと考えると興奮した。

そしてペニスを入れたまま、彼女の痙攣が収まるのを待つとギュッと抱きしめ、耳元で「もうイッてもいい?」と聞いた。

裕美さんは僕に抱きつくと、

「中でいっぱい出して・・・」と返してくる。

生はダメと言っていたのに、今では「中で」と言われたことに僕はすこし感激し、裕美さんの体を両腕で抱きしめながら、初めて裕美さんの中で果てた。

裕美さんは僕の耳元で「おチンチンがビクビクしてる・・熱いのが出てるのが分かる・・」と言いながらキスをせがんで来る。

射精が終わってもしばらく繋がったままキスを続けた。

その後、二人で起き上がると、ビチャビチャになったベッドを見て笑った・・

「これ裕美さんのお・・こだよ」と言うと

「剛士さんがいじめすぎなんだよ・・今度は私が責めて前みたいにお漏らしさせてあげるからね」と返された。

たしかに前回、僕は自分の部屋で終わった直後に責められて失禁して動けなくなったな、と。気をつけなければと思いながら、帰り支度をした・・・

厳選記事PICKUP!