【変態親子体験談】自分のオナる姿を見せる代わりに、13歳の息子に射精を見せてくれと頼む母親③


【変態親子体験談】自分のオナる姿を見せる代わりに、13歳の息子に射精を見せてくれと頼む母親②の続き

息子にタイツの中に手を入れられて、激しく逝ったあと、私と息子はお風呂に入りました。

精液と愛液で汚れたタイツを脱がせようとすると、脱ぎたくないと言うので、二人ともタイツを穿いたまま、シャワーで汚れを落としてから浴槽につかりました。

一緒にお風呂に入るのは数年ぶりです。

お風呂につかりながら私と息子はキスをしました。

息子はしきりにママ、可愛いよ、同級生の誰よりも可愛いし、芸能人にも負けてないよ、ママ最高と言ってくれます。



すっかり嬉しくなった私は、ちょっと変態になったけど、自分の子育てが間違ってなかったと思いました。

息子は私の胸を触っています。

ツンと上を向いた乳首を弄びながら、おっぱい吸いたいと息子は言いました。

私に抱きつき、乳首を吸う息子を見て、いくつになっても男の子は母親が好きなんだと感動しました。

チューチューと音を立てて乳首にすいつく息子に、乳首の愛撫の仕方を教えてあげました。

指で弾いたり、舌で転がしながら私の乳首を固くする息子。

息子に乳首を責められて、私はまた催してきました。

息子のペニスを感じたくなったので、浴槽の中に二人とも立ち上がり、身体を密着させました。

お湯で濡れたタイツが、私たちの下半身に張り付いて、エロチックな気分を盛り上げます。

息子は私の乳首を吸いながら、勃起した股間を私の股間に押し付けてきました。

すごく固くて大きな息子のペニス。

それを肌で感じながら、濡れたタイツ越しに息子のペニス扱いてあげました。

あっ、あっ、ママ、気持ちいいよ、また逝きたくなりそう。

息子は乳首から口を離して喘いでいます。

私も久々に感じる男のペニスの感触に、身体か熱くなってきました。

お互いの身体を密着させて、キスを交わす私と息子。

お湯のチャプチチャプいう音すら淫靡な響きで、誰にも言えない私と息子の秘事を盛り上げます。

私は息子のお尻に手を回して、彼のペニスを自分の股間に押し付けました。

息子の勃起した亀頭が私のクリトリスに擦れて、とてもいい気持ちです。

私は腰を上限させて、息子のペニスを、タイツ越しに性器全体に当てました。

息子もすごく気持ち良さそうで、ああ、いいよ、ママすごくいいと呻いています。

腰を上下させながら、私は息子の亀頭を手のひらで包むように愛撫しました。

くすぐったいような、おしっこが出そうな感覚にとらわれた息子は目を閉じて、私の唇に吸い付いています。

私は深く舌を入れて少し唾液も流し込みました。

私のヌルヌルの唾液を飲み込む息子を見て、私も息子の何かを飲んであげたいと思いました。

浴槽の外に出て、私は息子を立たせその前に跪きました。

息子は快感の予感に身体を震わせています。

ママ、もしかしてフェラチオしてくれるの?うん、とうなずき私はタイツの上から息子のペニスに唇を付けました。

ビクンと動く息子。

寒くないように、シャワーをかけてあげながら、私は息子のタイツ越しに唇を這わせます。

亀頭から竿、玉までをゆっくりと這い回る私の舌を感じて、息子は絶え間なく声を出しています。

ママ、ママ、チンボ気持ちいいよ、タイツちんぽ気持ちいいと呻く息子。

もっと気持ちよくしてあげるわね、と私は息子のタイツを少し下げ、いきり立ったペニスを露出させました。

手でペニスの根元を押さえながら、息子のペニスを咥えました。

スベスベした亀頭に舌を絡める私のフェラチオを受けて、息子は手足を突っ張っています。

声にならない声を絞り出しながら、快感に耐えているようです。

しゃべると射精してしまいそうなのでしょう、私が気持ちいい?と聞くと、目を閉じ、口を固く閉じてうなずく息子。

私は亀頭から竿に舌を這わせます。

竿の表と裏を丹念に舐められて、息子の膝はガクガク震え始めました。

息子の感じる部分を探りながらフェラチオをする私。

玉を口に含んだり、亀頭を舐めながら、手で竿を扱いたりしていると、息子がイヤイヤをするように首を横に振っています。

気持ちいい?逝きそう?と聞くと、逝きたいけど、まだ逝きたくない。

ママにもっと可愛がって欲しいと訴えます。

そんな息子がとても可愛いと思いました。

もっと感じさせてあげたくて、喉の奥まで息子のチンポを飲み込みました。

少しえずきそうになりましたが、頑張ってしゃぶってあげると、息子は私の頭を両手で押さえ、腰を振り始めました。

歯が当たらないように、しゃぶる力をコントロールする私。

別れた元ダンナは私のフェラチオが下手だと言いましたが、その子供はこんなに感じている。どうよ、私もやれるじゃないと自尊心が高まりもしました

そんな事を考えながらしゃぶっていると、息子は頂点に達したようで、はげしく腰を動かして、ママ、出ちゃう、僕出ちゃうよ、どうしようと言います。

ママのお口に出しなさいと、目で告げる私。

いいの?ママのお口に出してもいいの?あ、あ、出る出る、ママにしゃぶられて、お口の中に出ちゃう!次の瞬間、息子は身体をブルっと震わせ、私の口の中に射精しました。

暖かい精液を口一杯に感じる私。

飲み込もうかとも思いましたけど、出して見せてあげた方か息子は喜ぶと思い、AV女優のように、口から息子の精液を出して、手の中に垂らしました。

【変態親子体験談】自分のオナる姿を見せる代わりに、13歳の息子に射精を見せてくれと頼む母親④ヘ続く

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!