【風俗体験談】飲み屋の隣に座ったオヤジがソープ経営者で、新人ソープ嬢の客役を頼まれたラッキーな夜


出張先での、風俗H話。

仕事を終え、晩飯がてら居酒屋へ一人で行った。

カウンターで飲んでると混んできて、隣の席に50過ぎのちょっと水商売っぽいオジサンが座った。

お互いに一人だったので、自然に会話をするようになり、酔いも手伝って打ち解けて一緒に楽しく飲んでいた。

自己紹介もして、名刺交換もした。

オジサンは、〇〇興業代表取締役となっていた。



オジサン・・Yさんはちょっとイカツイが気さくな人で、出張できてる俺に色々とこの地方のことを教えてくれた。

携帯が鳴って、電話に出る為に席を外したYさん。

暫くして戻ってくると、

「松ちゃん(俺)、この後・・まだ・・時間あるか?」

「はい・・後はホテル帰って寝るだけなんで・・」

「そうか、悪いけど・・ちょっと助けてくれへんか?」

と両手で拝む。

「私に出来ることなら・・」

「そうか、実はな・・」

・・話の内容は、Yさんは、ソープランドを何軒か経営しており、 今日は新人の実技指導の日だった。

指導は先輩の泡姫がするのだが、お客さん役はYさんが手配する事になっていた。

普段は暇な日中にするのだが、新人さんの都合で夜にする事になっていた。

指導役の泡姫から、

「お客さん役はどうなったか?」

と確認の電話だったらしい。

すっかり忘れていたYさんは、急に頼める人も見つからなかったので、俺に頼んできたのだ。

半ば強引に、お店へ連れてかれた。

G県のG市には全国的に有名なKZ園というソープ街があって、一度来てみたいとは思ってたので、引き受けた。

Yさんの経営する中で、中級のソープの『WF』って店だった。

新人さんはこの仕事が初めての素人さんで、 麻莉亜ちゃん(仮名)(西内まりあに似たスレンダーな娘だった)は、20歳でOLらしい。

最初は中級のこのお店に勤務し、状況によって系列の高級店へ移籍もあるそうだ。

指導役の泡姫の美咲さんは高級店の娘だったので、そっちの店『TS館』へ3人で移動した。

緊張してる麻莉亜ちゃん。

俺も緊張してた。

「松ちゃん、頼むな・・アノ娘・・あまり男性経験ないみたいだから・・。

ガンガンに犯っちゃって・・泣かしたってや。

セックス好きになるように・・何やったら・・二人で泊まってってもええで」

と笑いながら、別の用を済ませに出て行った。

お店の一室に案内されて、ソファに座って待ってると、美咲さん(25~6歳の森カンナ似のキレイな娘)に連れられて、ドレスに着替えた麻莉亜ちゃんが緊張した面持ちで出てきた。

美咲さんの実技を交えながら、即尺から指導が始まった。

ホテルでシャワーを浴びてて良かった!

さすがプロの泡姫はツボを心得ていて、エロくて上手だし、キモチイイ!

麻莉亜ちゃんの拙いフェラも恥じらいがあって、ソレはソレで良かった。

「お兄さん、可愛そうだから・・そのままお口でイカセてあげて・・」

と美咲さんに言われて、麻莉亜ちゃんは一生懸命フェラしてくれたので、そのまま口の中に射精した。

続いて、スケベ椅子での洗体、マットプレイと実技指導。

マットプレイの最後で、

「最後はゴム着けてあげて、お客さんの上に跨って・・エッチして終わるのよ」

と美咲さん。

麻莉亜ちゃんは、ほっそりしてて胸も小さかった。

Bカップで、オシリも小さく幼さのある感じだった。

乳首はきれいなピンク色してた!

美咲さんもほっそりしてたが、出るトコは出てるッて感じで、胸は程よいCカップで、腰も細く、ちょっと大きめのオシリへ続くラインがキレイだった。

「じゃぁ・・エッチでイカセてあげて・・」

と麻莉亜ちゃんを促して、騎乗位で挿入させた。

ちょっと濃い目の陰毛に覆われたマンコは、小振りでキツキツだった・・。

色はピンクでキレイだった!

ぎこちない騎乗位だったので、途中美咲さんが代わって、跨ってきた。

キレイに手入れされた陰毛で・・マンコ廻りはパイパン!

抜き差しがバッチリ!

小振りだが、キツくはなく全体で包み込んでくる感じで、キュッキュッと締め付けてくる。

さすが!っていう腰使いで、キモチ良かった。

麻莉亜ちゃんも一生懸命腰を振って頑張ってくれたので、何とかイケた。

「よく頑張ったね・・最後は、ベッドで恋人同士のようにエッチするの・・お客さんにまかせてもいいのよ」

と美咲さん。

「じゃぁ、私は帰るから・・二人でね・・」

とドレスを着て、出て行った。

麻莉亜ちゃんと二人でベッドへ移り、俺がリードして、恋人のようにエッチした。

3回目だったので、長々と麻莉亜ちゃんを責めれた。

ガンガンと体位を変えながら激しく責めて、麻莉亜ちゃんを何度もイカセれたと思う。

終始受け身で喘いでた。

最後は、ゴムの中で射精。

色々と経験出来て楽しかったし、キモチ良かった。

麻莉亜ちゃんに見送られて帰ろうとすると、Yさんが居て、

「ありがとな、どやった、アノ娘?」

「はい・・良かったす」

「そうかぁ・・後でホテル行かせるで、もっと可愛がったってくれ・・」

と笑ってた。

冗談かと思ったら、ホントに麻莉亜ちゃんがホテルの部屋にやって来た。

疲れてたが・・もう1回エッチした。

ゴムがなかったのでナマで!

「ナマは初めて」

っていう麻莉亜ちゃんに、安全日だというので中出しした。

初めてのナマでの中出しに震えていた。

出張で行く度に、Yさんと飲んでる。

Yさんにも頼まれていたので、『WF』へ行っては、麻莉亜ちゃんを指名してる。

仕事も辞めて、泡姫専業になった麻莉亜ちゃん。

濃かった陰毛もキレイに手入れしているので、マンコ廻りはツルツルでピンクの口がキレイ!

ピルを飲み始めた麻莉亜ちゃんは、特別にナマで中出しさせてくれる。

抱く度に淫らになっているし、泡姫としても成長してる麻莉亜ちゃん。

出張が楽しみになった俺。

麻莉亜ちゃんも楽しみにしててくれるみたい。

麻莉亜ちゃんがオフの日には、普通に恋人のようにデートもした。

いつも奉仕する側なので、俺とのエッチは受け身でいられて、心身ともに安らぐらしい。

アナルセックス(処女だった)も、させて貰った。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!