【熟女との体験談】とある晩、五十路の美魔女車校教官と語らいながらのセックスと放尿プレイ。


羆月桂冠さんからの投稿。ありがとうございますm(__)m

【56歳熟女との体験談】黒革ツナギのライダースーツ姿が妖艶な五十路の美魔女車校教官とおしっこ三昧!!の続き

お互いに全裸で薄明かりの中、五十路の美魔女車校教官・秀子さんのベッドで俺は今、彼女のウニの棘のような剛毛の陰毛に顔を埋めている。

程よく匂う漁港のような彼女のマン臭が俺の肉棒を元気にしてくれる。

秀子さんはそのいきり立った俺の肉棒を引っ張ったり、チュッパチャプスのようにしゃぶっている。

年の差10歳、セフレとなって今年で5年、還暦間近の彼女と人生半世紀間近の俺とは変態プレーを楽しむ間柄だ。

今は寒すぎるから、彼女の大好きな野外プレーはできないから、普通にインドアセックスになる。



剛毛を掻き分けて、黒ずんだ年季入りの大陰唇が俺の目に広がる。

海の幸の香りが俺の中枢神経を猛烈に刺激する。

こみあげてくる淫液…。

人差し指でクリトリスを突き続け、彼女も喘ぎ声を微かに上げる。

「ハァァッ!ハァァッ!」

その中で秀子さんは語った。

過去の交際相手の事を…。

秀子さんは20代いっぱい、当時していた車のレース関係で知りあった同い歳の自動車整備士の男性と細く長くお付き合いしていたらしい。

名前はJさん…。

秀子さんが自動車のメカニックにかなり詳しいのも彼の影響もあったそうだ。

それで今ではたまに俺と一緒に車やバイクをいじったりもする。

初めての彼氏で、もちろん初体験の相手でもある。

秀子さんの初体験は20歳。

やはり痛かったと言っていた。

俺と出会う前の最終体験は29歳で、彼女と別れる事が決まってからの話だという。

そのJさんとは彼の浮気(相手は何と一回り年下の女子高生らしい) だったそうだが、彼氏のセックスは実に事務的で味気無かったと語っている。

彼はその女子高生を妊娠させてできちゃった婚をしたそうだ(女子高生は高校を中退までした)。

セックスだが、そのJさんのイチモツは仮性包茎で比較的早漏気味…。

気分屋でセックスレスな時期もしばしばあったという…。

その後、秀子さんはちょっとだけだが男性不信気味になり、30歳以降は男っ気は無かった。

しかし、性欲はたまるもの…。

むしろ秀子さんの性欲は20代当時より高まったようだが、男性的に気丈な彼女はあんまり異性から歓迎されなかったのか、多忙で機会がなかったのか御無沙汰していた。

閉経した50歳過ぎに俺と知りあって半端なく下半身を重ねる仲になり、その長い長いブランクがかえって変態プレーに目覚めさせてしまったと考えられる。

もはやお互いに結婚する気も無く、しかし性欲旺盛な中高年同士という利害関係でなれた有難いセフレなのかも知れない。

話を聞きながら、ドドメ色の彼女の乳首を甘噛みする俺…。

片手は彼女の豊満な乳房を揉んでいる。

そして肉棒は彼女の中に入っている。

「アアン…。」

悶えながら語り続ける秀子さん…。

今だからこそ普通のセックスじゃ物足りない、思いっきり乱れたいという願望が良いタイミングで俺に向けられたと喜ぶ彼女。

俺は彼女に跨がって上下運動をする。

「アウッ!アウッ!」

喘ぎ声とともに生臭いエッチ臭が広がる。

同時に彼女の剛毛に指を絡ませてお遊び。

「ハァァ…。ハァァ…。」

つまらない恋愛ごっこや結婚ごっこだったら一生セフレがいいと豪語する秀子さん…。

そのセフレ関係も過激に行きたいと俺に甘えるように寄り添う。

抱き締めてキスをする。

そして彼女の下の口にもキス!!

俺も秀子さんにはエロい母性をこの上なく感じているのだ。

そして俺たちならではのプレー!!

お風呂場へ行き、大好きな放尿デュエット!!

彼女の剛毛から流れ出るおしっこのエロさが俺の肉棒をそして気持ちをも一気に元気づける。

堂々と女性の最も恥ずかしい姿を見せてくれる彼女のサービス精神は筋金入りと言っても良い。

この日はチョロチョロと股間に垂れ流すバージョンだがいずれにしても彼女最高のエロさなのだ。

クンニする俺…。

ああ、しょっぱいなぁ…。

秀子さんは恥じらいを捨てて乱れられる男が魅力的だと言う。

【熟女との体験談】五十路の美魔女車校指導員とのおしっこプレイに燃える理由。へ続く

What do you think of this post?
  • エロいいね (12)
  • エロくない (1)

厳選記事PICKUP!