【出会い系巨乳体験談】『毎回中出しでいいから頻繁に会ってくれない?』と頼まれ暇があれば中出ししてます


関東の大学に通う大学生です。

二年前に出会い系で中出しできるセフレをGETしたので報告します。

彼女の名前はM子。

容姿はそれほど良いわけではありませんが特別悪くもありません。

体型は少しぽっちゃりしてるものの、結構巨乳でパイズリも楽しめます。

年は19歳で肌もまだピチピチです。



あるサイトに冗談半分で投稿した際、メールをくれたのがM子でした。

即お互いのアドレスを交換し、色々と話をしました。

その時は彼氏とセフレがいると言っていたのですが、お互いの写真を交換するとM子の反応が一変しました。

『彼氏はいるけど遠距離』だとか、『セフレはおじさんだからあまりできなくて不満』など、ことあるごとに『エッチしたい』とメールしてくるようになりました。

これは好機と思い、『じゃぁセフレなる?』と聞くと、『いいよ。ってかセフレになって♪今週の水曜日にホテル行こ!!』とメールが来ました。

即OKメールを送り、朝から駅で会う約束をつけました。

その後、M子に色々エッチな写真を送らせました。

見ると結構な巨乳。

乳輪は少し大きめですが、垂れていなく、張りもある感じでした。

本人も胸が大きいと言っていたのですが、巨乳好きの私としては最高のオッパイでした。

会う当日まではエッチメールばかりしていましたが、ここは省略します。

当日、朝早くから駅に向かいました。

30分程前に着いたのですが、M子が本当に来るか判らなかったので、少し離れたところから待ち合わせ場所を監視することにしました。

5分後、待ち合わせ場所に一人の女の子が来ました。

M子です。

写真で見ていたので、胸を見て一目で分かりました。

確かにかなりデカい。

この子をこれから犯せるのかと思うと、もうたまりませんでしたね。

すぐに声を掛け、コンビニで飲み物や食べ物を購入し、ホテルへ直行。

ホテルへ入ると、まず二人でお風呂に入りました。

お湯を張っている間、お互い服を脱ぎ、入る準備をしました。

もうこの時から私のアソコはギンギンで、M子が「すごい!!今日はいっぱいいっぱい出していいからね♪」と私のアソコを軽く触りました。

もう爆発寸前でした。

すぐにでも襲い掛かりたかったのですが、ちょうどお風呂のお湯が溜まったので、まずはカラダを洗うことにしました。

もちろん私のカラダはM子が、M子のカラダは私が洗ったのですが、胸を洗っているともう我慢できず、M子に襲い掛かりました。

M子「上がってから。まだダメだよ」

そう言うM子を無視して手マンしてやると、M子のカラダから力が抜け、「あぁ~ん」と喘ぎだしました。

それと同時にアソコも大洪水。

理性がぶっ飛び、バックの状態でM子に生挿入してしまいました。

挿入するとM子の喘ぎはさらに激しくなり、「あぁぁ・・・もっと・・・もっと突いて・・・、もっとM子を犯してぇぇぇ」と、淫語も交えて乱れていました。

生でやっていた事と、M子の巨乳を揉んでいた事もあり、私はすでに爆発寸前でした。

私「ヤバい、イキそう。どこに出す?」

M子「ピル飲んでるから好きなだけ中出ししていいよ♪」

もう夢中で腰を振り、M子の膣の奥に射精してやりました。

M子「はぁ・・・はぁ・・・、最高・・・。これから毎回中出しでいいから頻繁に会ってくれない?」

私「もちろんいいよ。連休とか泊まれる日は俺の家に来いよ。その方が時間気にせずやりまくれるし」

M子「じゃぁこれからよろしくね、セックスパートナーさん」

この後、風呂場で2回、ベッドで4回中出しをし、パイズリでも2回イキました。

M子とは今だにセフレの関係が続いており、もう何回中出ししたのか数えきれません。

M子は、彼氏とも昔のセフレとも別れ、私を本命にしたようです。

今では一緒に住んでおり(付き合ってはいないので同棲ってわけじゃないけど)、暇があれば中出ししています。

また機会があれば、M子との中出し体験を投稿したいと思います。

駄文で申し訳ありませんでした。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!