【人妻との不倫体験談】雑木林で野ションした人妻にパンツをはく余裕を与えずバックから生挿入


今年の夏のある金曜日、会社の同僚といつもの店に飲みに行くと、店の奥の座敷で、明らかに10近くは年上の女性たちが集団で飲んでいた。

店員に聞くと、どこかの女子高の同窓会だと言っていた。

あまりにうるさいので、チラチラと見ていると、その中に見知った顔があった。

向こうもこちらに気づいて、軽く会釈を交わしてきた。

相手はうちの近所の主婦の清美さんだった。



日頃から近所で会えば、挨拶をし、GW前頃に清美さんのお宅が外装塗装をしていたことから、うちにも挨拶に来て、玄関先で少し話をしたことがある程度の顔見知りだった。

こちらが清美さんに気づくまで、チラチラと見ていたので、先に気づいていた向こうも気になっているようだった。

俺の隣では職場の同僚達が仕事の愚痴を言い合っていた。

たまに同意を求めてくるだけだったので、適当に相手をしながら、清美さんの方をたまに見ていた。

清美さんは小柄で普段は上品な雰囲気を醸し出している色白な肌も酒のせいか、熱気のせいか、顔を赤くしていた。

それでもたまに目が合うと、目鼻立ちがはっきりした顔で、にこっと笑顔をこちらに向けていた。

そうとも知らずに隣の同僚たちは愚痴の言い合いを楽しんでいた。

俺がトイレに立ち、用を済ませて、トイレから出てきたところに清美さんが立っていた。

首元など、肌が露出していた部分は赤みを帯びていた。

清美さんから店を出る時間を聞かれて、適当に答えると、清美さんもその時間に出るからと一緒に帰ることになった。

席に戻ると相変わらず愚痴なのか議論なのか分からないが盛り上がっていた。

清美さんの方にチラッと目配せをすると、清美さんの方も何もなかったかのように自分の輪の中に入っていた。

俺が言った時間になり、清美さんの方に目をやると、こちらを見ていた。

しばらく前から、何度もこちらを確認しているような様子だった。

それにしても、女性は目をこちらにやりながらも、仲間内とも盛り上がれると思うと、少し怖くなったが、俺が席を立ちあがり、同僚に金を適当に渡すと先に店を出た。

2分もしないうちに清美さんも出てきた。

店内よりも暗かったせいか、肌の感じを見ると、先ほどよりも酔いが回っているような印象を受けた。

そこから駅まで歩く中で、改めて清美さんに酔いが回っている事に気づく、ホームで立っていた清美さんの体はユラユラと揺れていた。

終電に近い時間帯の電車に乗り込むと、朝のラッシュ程ではないが、混み合っていた。

普段、電車に乗らない清美さんはその光景に驚いていた。

それなりに距離を取って乗っていたが、あまりにもふら付いていたので、自然と清美さんの腰の辺りを触れるか触れないかと言う位置に手を構えていた。

何度か向かい合っている清美さんがこちらに寄りかかるように倒れこんできた。

電車を乗り換えで降りるときには、ほとんど密着しながら電車を降りた。

人の波に流されないように、清美さんは俺の袖の裾を掴んでいた。

ベッドタウンに向かう電車は先ほどの電車よりも混み合っていて、それから2,3駅は人が乗ってくる一方で、清美さんと俺の体は密着し、豊満な胸が俺の体に当たっていた。

電車の揺れに合わせて、清美さんの体が俺とくっついたり離れたりするたびに、上からブラがチラチラと見えていた。

胸元が少し開いたカットソーの中にキャミソールを着ていたが、豊満な胸が押しつぶされて、キャミソールの肩ひもを持ち上げていたおかげで、ブラが丸見えだった。

小柄な清美さんの頭がたまに俺の顎に当たっていたが、気にはしなかった。

しかし、どうやらブラが見えているのが、ばれたらしく、会話はなく、清美さんは下を向いたり、時々俺の頭の後ろに視線をやったりしていた。

しばらくは清美さんもどうしようもなかった。

徐々に電車が空いてくると、自然と距離も離れたが、清美さんは俺の袖の裾を掴んだままでいた。

心なしか時々手に力が入り、清美さんの視線が浮ついているように感じていた。

酒や電車の中の熱気とは別に清美さんの顔が赤くなり、時折物欲しそうな子供のような感じに見えた。

それでも俺の勘違いだろうと思っており、やっと隙間が出来たところから、俺は吊革に手を伸ばしていた。

最寄駅に近づくにつれて、清美さんと少しずつ距離が出来てきた。

もしかしたら乗っているかもしれない、他の近所の知り合いに見られたくなかったのだろう。

清美さんの目は寂しそうに見えた。

最寄駅に着いてから、それなりに人の流れの中で、清美さんの耳元で飲み直そうと誘うと、清美さんは駅からほど近い俺の行きつけの店まで後を付いてきた。

いつも接待などで飲んだ後、一人で飲みにくるようなお店で、常連に絡まれなければ、落ち着いて飲める店でもあり、マスターとも気心が知れていた。

ただ女房は連れてきたことはなく、自宅からすると駅から見て反対側なので、女房も興味を持つことはなかった。

女連れで来たことに少し驚いた表情を隠さないままマスターは気を利かせて、店員に奥の半個室の座敷へと通してくれた。

地元だが、初めて来たという清美さんは2,3本焼き鳥に舌鼓を打ちながら、俺が勧めたカクテルを飲んでいた。

テキーラベースのカクテルだが、飲みやすく、アルコール度数も高いので危険な飲み物であった。

しかも、挨拶がてらマスターが席に来てくれた時に注文し、目配せもしておいたので、もしかしたら、いつもより濃かったかもしれなかった。

ある程度、意識をはっきりしておいてもらわないと困ると思い、それを一杯飲ませた後は、薄めの緑茶ハイを飲ませていた。

1時間ちょっとの店の滞在で、清美さんの呂律は微妙だったが、一人で立てないくらいまでは酔っていなかった。

そこからなら、歩いて20分弱でお互いに家に帰れる。

タクシーと言う選択肢はこの頃には俺の中でなかった。

しかし、清美さんは歩いているうちに少しずつ酔いが回ってきたらしく、足取りが千鳥足になっていた。

すでに終電もなくなった時間帯で人通りはまばらだったが、それでも車がすごい勢いで通過をしていく。

見られていようが構わず、肩を抱き寄せながら歩道を歩いていた。

微妙に会話は成立していたが、途中で何を言っているのか分からないところがあった。

「このままじゃ、ご主人に怒られちゃうから、少し遠回りしていきましょうか?」と言うと、うなだれたままの清美さんは俺の肩の辺りで頷いた。

遠回りするルートには、子供たちが肝試しに使うような、林の中に木道が敷かれているところもあった。

そこを抜けると、背丈よりも高い草が覆い茂っている「〇〇植物園」と地元の人でもめったに立ち入らない公園があり、そこには東屋があり、夕方まではもっぱら高校生カップルの憩いの場所になっている。

近くに古い神社もあることから、この時間は不気味すぎて、ただでさえ人が来ないのに、高校生さえもこの時間は来ない。

木道に入り、表通りの街灯が木の葉に隠れはじめると、俺は清美さんを抱きしめてキスをした。

清美さんは嫌がらずに、下から俺の首に腕を回して、呼応する。

舌を絡めつつ、清美さんのカットソーに手を入れて、ブラのホックをはずし、そのまま豊満な胸を両手で覆うようにすると、清美さんは密着していた胸だけを俺から少し離した。

清美さんの首筋にキスをし、ネックレスのチェーンを唇で少し持ち上げながら、胸への愛撫を徐々に激しくしていく、耳元で「こうしたかったんでしょ?」と聞くと、清美さんは一度頷いてから、俺の首に両腕を回して、キスをせがんだ。

清美さんの胸はカットソーを捲り上げ、ブラを絡めて固定したことで、完全に露出していた。

豊満が故にブラを外すと年齢相応に少し垂れたが、乳首はしっかりと硬直していた。

林を駆け抜ける夜風の冷たさと俺の手の温もりのギャップが良いらしく、清美さんもしばらく楽しんでいた。

俺が腰を屈めて乳首に吸い付くと、清美さんは少し声を上げながら俺の両肩に手を置いて、その手に少し力を入れていた。

膝丈のスカートの中に手を入れると、パンストだと思っていたのが、太ももの途中までのストッキングだった。

ショーツのラインに沿って指をなぞると、「ダメ・・・」と言いながら、腰を少し屈めて太ももを閉じようとしていた。

少しは理性があったほうが、こちらとしても後々まで楽しめると思った。

清美さんの背筋に指を這わせると、清美さんは自分の胸に吸い付いていた俺の頭を両手で押さえながら、背筋が伸びた。

おかげで少し清美さんの太ももが開き、スカートの中の手は難なく、清美さんの恥ずかしい所をショーツの上から触れた。

清美さんは触られまいと腰を落とそうとするが、胸のところに俺の頭があり、後ろに尻を突き出しているようにしかならなかった。

そのうち「トイレに・・・」と清美さんが呟いた。

触られたいからではなく、トイレが近いと思ったから腰を引いていたのだと思った。

普段は上品な人妻が用を足している姿なんて、めったに目に掛かれないと思い、清美さんをおぶって、木道を走り抜けた。

植物園の中にある東屋の脇には防犯の為か街灯があるが、草が覆い茂っているせいで、植物園の外からはその街灯は確認できない。

とりあえず草が短い部分を見つけると、そこまで連れて行き、清美さんを下すと、清美さんは俺が後ろに回ったと思って、スカートをたくし上げて、ショーツを下すと、用を足し始めた。

俺は一度は後ろに回ったが、清美さんの正面に回り、背の高い草を避けて、街灯に照らされていた清美さんの用を足す姿を見ながら、スマホのカメラにも収めた。

目を瞑りながら、頭を少しフラフラと動かし、胸を露出させたまま、用を足している上品な人妻は俺を興奮させた。

しかも、ショーツを脱がす手間も省けた。

用を足し終わると、清美さんは前かがみになって、ショーツとスカートを直そうとするが、俺は後ろに回って、清美さんの手を抑えて、そのまま茂みから引きずり出すと、東屋の背もたれの部分に清美さんの両手を乗せさせた。

これから起こることが理解しているかのように、小柄な清美さんは俺に向かって、尻を突き出していた。

年齢の割にきつく、尚且つ入り口が小さいように感じられ、手間取ってしまったが、清美さんと合体する。

きつくて、むしろ痛かった。

清美さんにも大きく感じられたらしく、十分に濡れていたのに、始めは少し痛がっていた。

予想していた通り、ご主人以外は経験はなかったそうだが、その日、偶然会い、やたらと視線があったことや電車の中で体が触れてから、清美さんの衝動は収まらなかったらしい。

そんな事を言わせながら、東屋の中に移動し、椅子に寝かせた。

清美さんの顔だけは街灯に照らされるような位置に寝かせてから、背もたれに片足を上げさせて、再び繋がる。

清美さんの胸を揉みしだく、時折耳元で清美さんの表情や体の良さと感度のよさを褒めると、清美さんの全身が赤くなった。

俺が絶頂を迎えようとして、清美さんの耳元でどこに出すか?と問うと、清美さんは俺の首に腕を回して、きつく抱きしめていた。

おかげで清美さんの返答はなく、そのまま清美さんの中で果ててしまった。

清美さんに精を出しきると、力が抜けた清美さんの腕を畳むようにして、俺は上半身を持ち上げた。

ふと東屋の脇に視線を落とすと、脱ぎ捨てられた清美さんのショーツと靴が乱雑に転がっていた。

清美さんから離れて、清美さんの頭を片手で持ち上げると、俺はモノを咥えさせた。

ご主人にはそんな事をしたことがないらしく、それが余計に俺を満足させた。

時折、口から外れて頬を撫でるようにモノが動くと、その跡が街灯に当たり、厭らしくてかっていた。

モノをしまうと、東屋から出て、ショーツと靴を拾いに行った。

清美さんはまだ体に力が入らなかったらしく、背もたれに載せられた片足は下していたものの、だらしなく椅子の上に寝ていた。

ショーツを俺が履かせてやり、靴も履かせると、立たせた。

胸は露出したままの方が楽しめそうだったから、そのままにした。

まだ新聞配達も来ない時間帯だった。

清美さんのお宅が近づくにつれ、清美さんの理性も取り戻されてくるのか、清美さんは上の身だしなみを直そうとしていた。

俺がそれを阻止する。

清美さん宅の壁に押し付けて、胸に再び吸い付き、片足を上げて、俺の精液が染みついたショーツを清美さんの股間に食い込ませた。

それから、まだ酔いが残っていた清美さんの上半身だけ直して、門の中に入らせた。

門越しに清美さんにキスを要求すると、清美さんは応じてくれた。

トータルすると、嫌がられては無く、むしろ、好意を持ってくれたと思った。

このとき、残念だと思ったのは、酔いが想像以上に回っていたため、連絡先を交換するのを忘れていたことだった。

その危惧はすぐに拭えた。

しばらくしてから、清美さんが通勤する俺を待ち構えていたかのように、門の前を掃除していた。

その時に、清美さんの方からメモを渡されて、それが清美さんのLINEと電話番号だった。

ホームで電車を待つ間にLINEを送ると、すぐに返信が来た。

電車の中でもやり取りは続き、始めは上品な遠回しな言い方で求めてきたが、俺がストレートな言葉を求めると、返信に時間はかかったが、ストレートに求めさせた。

俺が会社に着くころには「清美のおまんこに〇〇(俺)のおちんちんが欲しい」とまで言わせていた。

ご主人とはもう10数年レスだそうで、俺と偶然会った日は一時の出来事で本来は納めるつもりだったらしい。

しかし、数日経ってから、体が本能的に求める衝動を抑えきれずに、俺を待ち伏せて、メモを渡したとの事。

会社を午後出掛ける用を作り、それに合わせて、清美さんに迎えに来てもらった。

上品だと思っていた人妻が男を車で迎えに来て、そのまま求めるように自らホテルに車を走らせる姿。

そして、一回り近くも年下の男に乱暴に抱かれながら、言葉だけの抵抗だけを発し、体は完全に受け入れている姿は良いものだ。

上品な人妻は俺と会うときはメス犬のように尻や腰を俺に振っている。

あれから数回、清美さんの求めに応じて、俺は相手しているが、嘘か本当か知らないが、清美さんはとうとうピルまで服用し始めたらしい。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!