【巨乳との体験談】憧れだった産後すぐの同僚に中出しを2回、そして夢のパイズリを初体験しました


自己紹介

29歳、IT企業会社員の拓人といいます。

同姓している婚約中の彼女持ちです。

巨乳が大好きです!

巨乳が好きでない人も、おっぱいが大きくて不快な男はいないはずです!

自分はやっぱり巨乳な女性が好きで、今の彼女はそうでもありませんが、捨てきれない巨乳への憧れがあります。

自分は、彼女がいても、胸の大きな女性がいるとずっと見てしまう上に、あわよくばとお近きになろうとします。

これは彼女と付き合う前からやっている事で、今も続けています。

そうは言ってもあわよくばなんて結果は出せずに惨敗です。

唯一勝ちだと言えるのは、同僚のEという女子社員くらいでした。

Eは二年後輩なんですが、自分が4大卒で彼女が院卒で歳が同じという事でお近づきになり、複数で遊ぶようになり、何度か二人で食事にも行けるようになって、先輩と後輩の垣根を超える仲になっていました。

彼女も会社の外では敬語を使わなくなりつつあったくらいで、ブラのサイズをサラーっと訊いてみました。

彼女もサラーっと教えてくれました。

Eの65だと。

そして服の上からちょっとだけ触らせて貰いました。

それが自分の唯一勝ち星でした。

それからも彼女とはたまに遊びに行くことはありましたが、人の多いところや複数人だったので触った事はありません。

時は流れ自分にも彼女ができ、Eは学生の頃から付き合っていた相手と結婚し、一年くらいで妊娠して産休に入りました。

自分は、その間に彼女と結婚を前提にお付き合いをしていました。

一年程前からEは産休から復帰して、今は以前のように仕事をこなしています。

さて、前置きが長くなりましたがここからが本題です!



先日、自分が彼女と同棲するとEちゃんに話たところ、二人用のテーブルを譲ってくれると言われました。

子供ができて、大きなテーブルを買うので捨てようとしていました。

彼女に聞いたら欲しいという事で、仕事終わりにEのお宅に取りに伺う事に。

幸い、自分の実家の車がヴォクシーで乗りそうだったのでその日は車で出社。

定時で上がりEを乗せて保育園に寄って子供を拾ってからお宅訪問でした。

その日は旦那さんが夜勤で不在という事で気を使わなくて済みました。

あらかじめEちゃんから、夕飯を食べて行って欲しいと言われていた事もあってご馳走になりました。

自分はEが調理している間に子供と遊んでました。

人見知りをしない子で、すぐに心を開いてくれました。

夕飯の後、Eから子供をお風呂に入れるから旦那さんの代わりに子供をお風呂から出したら拭いて服を着せて欲しいと頼まれ、OKしました。

さすがに夕飯をご馳走になっている手前断れません。

なんならEちゃんが子供と風呂に入っている時に、夕飯の食器を全部洗っておきました。

食器を洗ってものの数分でお風呂から呼ばれて、脱衣場に行くと子供が立っていました。

Eちゃんの裸を拝めないかとかすかに期待していたんてすけど。

子供をタオルで拭いて、服を着せようと子供の服を手に取るとEちゃんのパジャマが下にあって、もしやっとパジャマの下を見てみたら、下着がありました。

あんまり荒らすと感づくかもしれないので、チラッとタグを見たらGの65に変わっていました。

これも後で聞いた話で出産して大きくなったそうです。

少し太ったとも言っていました。

そんなに変わって無いと思いますし、太って無いです。

パジャマを全て元通りにして子供と脱衣場を後にしました。

遊び疲れたのか、Eが出てきた頃には子供は寝てしまいました。

Eちゃんって結構美人顔なんですが、スッピンでも綺麗でした。

スッピンをこんなさらけ出してくるのは、お母さんになったからなのかと思いました。

Eは寝る部屋に子供を連れて行き、戻ってきてコーヒーをいれてくれました。

コーヒーを頂きながらですが、自然と話の内容が夫婦間に夜の営みになりました。

持ち出したのは向こうです!

出産してからというもの、セックスレスって愚痴をこぼして来ました。

自分なりに親身になって聞いていたつもりです。

親身になってEちゃんのセックスの話を訊いたら、興奮してしまいました。

結婚する前は、かなりエッチしていた事や、セーラー服やナース服を着ると旦那さんが興奮して襲ってきた事、旦那さんがスーツが一番萌ていた事なんて色々聞けました。

そんな流れで胸も触られないのか訊いたら、たまに触ってくると言っていました。

そしたら、自分で出産してから大きくなったと言って、分かっていた事ですがブラのサイズを訊きました。

「出産した時はパンパンだったんだよ」

っと母乳が出る期間はおっぱいが固かったそうで、今は普通に戻ったと言っていて、「へ~固くなるんだ~ちょっと触らせて~」

っと軽いノリで言ってみるもんです。

「今は普通だよ?」

っとダメとは言わないので、軽く揉み揉みしてみました。

以前にも増してデカいと思い、Eちゃんからダメと言われるまで揉み続ける事にしました。

大きくなったね~

ヤバいね~こんな大きなおっぱい初めて揉んだ

普通に柔らかい

などと言って揉み揉みしていると、興奮して股関が煮えたぎってました。

Eから「ちょっと恥ずかしくなってきた」っと言われました。

それが余計に興奮してしまい

いいじゃん!

谷間見せてよ!

Eちゃんのパジャマの胸元から谷間を覗き込んでみました。

エベレストが2つそびえ立ってました!

うお~いっと言葉では無い声を出してしまいました。

セックスレスな理由が自分には理解不能です。

エベレストを見て、自分のリミッターが完全に外れてしまいました。

谷間を見終えたら直ぐにパジャマの中に手を入れて、ブラのホックを外して生乳を揉み揉みしていました。

感触は柔らかくて揉み心地抜群!

手に収まらないボリューム!

下から持ち上げた時の重量感!

どれを取っても完璧でした。

Eちゃんも「やだ~恥ずかしいよ~」っと絶対嫌がって無いノリ。

脱がせたらやや垂れている気はしたが、やっぱり大きい!

母乳出る?

っと思いっきり吸ったら、少しだけ出ました。

それからは普通です。

おっぱいを重点的に身体をまさぐり、全裸にして、自分もほぼ全裸になりました。

固いチンチンを胸に突き刺してみました。

自分のチンチンがこんな巨乳にささる日がくるなんてと感激しました。

興奮し過ぎで、どんな事をしたか詳しく覚えていない所もありますがチンチンを突き刺した後は、フェラしてねっとりと唾液を絡ませてきました。

フェラの途中もおっぱいを触り続けて、乳首を触るとビクンッと感じてましたね。

フェラの後はやっぱり、やりました。

エッチしたい?

っと訊いたら

分かんない

っとEちゃんは横を向いて顔を隠してました。

アソコはかなり濡れていたから、やりたいのは見え見てでした。

「こんなに濡れてるのにわからない?」

っと指を入れて意地悪してると、

「エッチしたいです」

っとEちゃんが簡単に折れました!

お望み通りに突き刺さしてあげると、

「あぁああああ」

っと雄叫びのような大きな声。

ひさしぶりで痛かったそうです。

ゆっくりと突いてると慣れてきて激しく突いても大丈夫でした。

自分はエッチの時にかなり声をかけるタイプでチンチン気持ち気持ちいい?

Eちゃんのマンコ気持ちいいよ

っと平気で言います。

他にも

おっぱい揺れ過ぎて興奮する

Eちゃんのおっぱい好きだよ

てかEちゃん好き

っとキスしたり、おっぱいを舐めてEちゃんの身体を堪能してました。

彼女からはあまり返信は無く、チンチンを感じて喘いでいましたが実際、彼女にはオナニーの時にお世話になっている事もあり

「オナニーの時にEちゃんのおっぱい揉んでるの何度も想像したわ」

っと言ってみました。

すると

「そーなの?」

っと反応してきました。

まさかエッチ出きるなんて幸せだと本音を打ち明けると

「好きにしていいから」

っと。

お言葉に甘えて好きにEちゃんを犯す。

もう犯してましたが。

正常位で手をお腹の上ででクロスさせて、上腕二頭筋で胸を寄せさせると、エッチのリズムに乗って胸が揺れてとても素晴らしい光景です。

しかし、生でエッチしていて気持ち良かったのと、Eちゃんのおっぱいを眺めているというのもあり、いつもより早く射精が来てしまいました。

この時間が永遠に続けば良いのに!

っと出きるだけ長くEちゃんの中にいたい思いが強く、無言で中出ししました。

怒られるかと思いきや、彼女も満足だったらしく「気持ち良かった」っとエッチの後はケロッとしていました。

産後だと締まりとかどうなのかなー?っと思いましたが、全然気持ち良かったです。

その後、帰る前におっぱいの間にチンチンを挟んで貰い初パイズリを体験しました。

正直な感想を述べるとあんまり気持ち良くはなかったです。

前々から、パイズリの体験談を読ませて頂いて、憧れだったのでEちゃんにパイズリして貰うという貴重な体験をする事ができて良い日でした。

チンチンを挟む事が出きるなんて素晴らしいし、とてもエッチです。

自分は結局、チンチンをおっぱいで挟むというエッチな体験の後に、またエッチしました。

バックでエッチをはじめて、最後は正常位でした。

二回も中出しはまずいかと、おっぱいに精子を巻いて帰りました。

罪悪感はありますが、憧れの巨乳なEちゃんとエッチができ、夢が叶ったようでまさに言葉では形容できない喜びです。

翌日、会社で二人で話をする機会があり、またエッチしたいね~っと言ってみたんですが、彼女からは「だーめ」っと断られました。

だめと言っておきながら「気持ち良かったよ!」っと満足そうだったので、また機会があれば彼女とエッチしたいものです。

ただ、その後話していたらセックスレスになってから自分以外にもエッチした相手がいるような事をチラッと言っていたので、またやれそうな期待が持てました。

あの日からまだその期待は叶ってませんが、自分の行いがゲスでもあんなにセクシーな女性と寝れるなら自分は喜んで不倫します。

Eちゃんとエッチした後で、彼女にあまり魅力を感じなくなり、彼女とはセックスレスになりました。

全然息子が勃ちません。

やっぱり自分は巨乳が大好きです。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!