【人妻乱交体験談】近所の奥様方とレズ、母子、不倫カップル入り乱れての大乱交になった〈前編〉


もう、10年以上前の話です。

その頃僕は19歳でした。

ある日、車を車庫からバックで出していると、お向かいのご主人の車と接触してしまいました。

とりあえず車から降りて謝ったのですが、すごい剣幕で許してもらえず、夜、家に来いと言われました。

夜になって菓子折りを下げて行くと、ご主人は酔っており、上機嫌でした。

僕の隣家の奥さん(後家でした)の本田さんと5軒くらい先の真崎さんの奥さんも来ており、ご主人(山口さん)の奥さんと4人で飲んでいました。

(うちは市営の住宅に住んでいました。)



ご主人は今度はあっさりと許してくれて、修理代もいらないとのことでした。

仲直りの意味で一緒に飲もうと言われて、楽しく飲ませていただきました。

そのうち、ご主人が風呂に入ると言って席を立ちました。

僕は3人の奥様に囲まれてドギマギしながら飲んでいたのですが、急に山口さんが、息子が最近オナニーを覚えて困っている、という話題になりました。

山口さんのパンティでときどきオナニーし、精液が付いていることもあるそうです。

真崎さんと本田さんも酔っているせいか興味深くその話に聞き入っていました。

夜も遅かったので、息子さんは2階で寝ていたようでした。

ふいに僕に話が振られました。

「Kちゃんもオナニーしてる?」と3人に聞かれ、酔ったせいもあって、事細かに毎日すると説明し、誰でもするんですから息子さんのことは心配ないですよと言ってあげました。

3人は目をトロンとさせてふ~んと言っていました。

ふいにテーブルの下から真崎さんにちんぽを掴まれびくっとなりました。

僕のちんぽはすっかり勃起していました。

「Kちゃん、固いね、、おっきいよ」と耳元で囁かれました。

本田さんも身を寄せて来て、わーすごいと僕のちんぽを触って来ます。

山口さんは、自宅で今ご主人が風呂に入っていることもあり、少し恥ずかしそうにしながら黙って見ていました。

山口さんはおっとりとした美人で、すごくグラマーです。

優しくて、人妻ながらも僕は3人の中でも一番好きでした。

車の事を不問にしてくれたのも、彼女がご主人に言ってくれたからなのです。

「Kちゃん、Kちゃんのおちんちん見てみたい、、、いい?」と真崎さんが言い、僕はうなずきながらズボンを下ろしました。

本田さんが、パンツ越しに触って来て、優しく上下にこすってくれました。

「ね、Kちゃん、さっき言ってたようにオナニーしてみてよ」真崎さんに言われて、恥ずかしかったけれど、少しして見せました。

「パンツの上からじゃなくて、ちゃんと見せて。」と本田さんに言われ、真崎さんにパンツを脱がされました。

「わぁーKちゃん、たってる、、すごぉい」3人は声を合せて言いました。

僕はもうヤケになり、山口さんに向かって大きくなったチンポを向け、

「息子さんも こうやってするんですよ」といいながらチンポを擦り上げました。

もう、先走りの液が尾を引いて垂れ下がり、3人の奥さんはごくりと唾を飲みながら、僕のオナニーに見入っていました。

「ちょっと触ってみて」と真崎さんにちんぽを握らせ、しごかせました。

真崎さんはリズミカルに手を動かし、僕の先走り液を親指で亀頭の周りに塗り付けながら、

「なんか、感じて来ちゃった」と言っていました。

本田さんと交代でちんぽを激しくしごいてもらいました。

本田さんは顔を上気させて、僕の先走り液が垂れてくるのを舌を延ばして受けとめました。

一人呆然としている山口さんに、ぬるぬるのちんぽを近づけて握らせました。

山口さんの鼻先にくっつくかと思うくらいちんぽを近づけました。

「Kちゃんのおちんちん固くておっきいよね?山口さんも濡れちゃった?」意地悪く本田さんが聞きました。

真崎さんと本田さんは僕の玉袋を優しく転がしていました。

初めは抵抗していた山口さんの手が少しずつ上下に動き始めました。

僕のちんぽはもうぬるぬるで、動かす度に、すごくいやらしいクチュクチュという音がしました。

「山口さん、もうイキそう、もうだめだよ、、ううっ」山口さんは動転したのか、反射的に僕のちんぽを口中深く咥えました。

僕は童貞でしたから、しゃぶってもらったのは初めてで、ものすごく気持ち良かったのと、本田さんと真崎さんが玉袋とかお尻とか体中を触ってくれていたこともあって、気も狂うような快感に酔いしれていました。

「あ、山口さん咥えちゃった」本田さんと真崎さんも負けじと、僕の玉袋に舌を這わせ、もみしだき、手と舌で僕の体のあちこちを触りました。

「Kちゃん、出していいよ、山口さんのお口にいっぱい出してあげて」本田さんが目を潤ませながら言いました。

山口さんはやっと自分が何をしているのか分かったらしく、いやらしく僕のちんぽを咥えていた口を離そうとしました。

僕は山口さんの頭を押さえつけ、本田さんとキスしながら、真崎さんのおっぱいを激しく揉んでいました。

僕も射精しそうになり、「もう、もう、出ちゃう、山口さん、イクよ!」と腰を振りました。

「Kちゃん、Kちゃん、わたしにもちょうだい」本田さんがすごくいやらしい声で言いました。

「さぁ、出しなさい。早く出さないとご主人がお風呂から出てきちゃうわよ」真崎さんが急かします。

「ああ、ううっ、、すごく気持ちいい、、出る、出る、ううっ!」

僕はついに3人の奥さんに弄ばれながら山口さんの柔らかい何とも言えないフェラチオに酔いしれながら、山口さんの口中深くにちんぽを突き入れ、おもいっきり射精しました。

「うう、ふぐっ、、ふぅー」山口さんはむせながらも、僕の精液を全部飲み下しました。

その後お口でちゃんと僕のちんぽをきれいに掃除してくれました。

「やだ、Kちゃんこんなにいっぱい出して、、、。」顔を赤らめながら、山口さんは言いました。

少しおまんこを触りましたが、ぐっしょりと濡れていました。

そこでご主人が風呂から上がって来てしまって、真崎さんが慌てて僕にパンツとズボンを履かせてくれました。

何だか酔いも醒めてしまい、いづらくなったので、帰ることにしました。

真崎さんも一緒に帰ると言い、本田さんはまだ用事があるからと、山口さん宅に残りました。

帰るといっても僕の家はすぐ向かいなので、真崎さんを送って行きました。

「Kちゃん、さっきすごかったね、あたしすごく感じちゃったのよ?」真崎さんが悪戯っぽく笑いながら言いました。

僕はまだ興奮していて、つい真崎さんをその場に押し倒してしまいました。

「あ、あんっ、、だめよKちゃんこんなトコで、、、」真崎さんが言うのも構わず、キスしまくりました。

真崎さんも悩ましく舌を出して、応じてくれます。

「今日ね、ダンナいないの、、娘も、もう寝たからホテルいこっか?」

僕に異存がある訳もなく車に乗り込み、ホテルに行きました。

ホテルに向かう途中、早くも真崎さんは僕のズボンのチャックを下ろし、フェラしてくれました。

さっきはあまり感じなかったけど、すごいテクニックです。

唾液を塗りつけながらずるずると音を立てて、吸い込むようにしたり、柔らかく包みこむようにしたり、とにかくすごい舌技でした。

射精しそうになったのでそれを告げると、

「まだ、ダメよっ。これからもっといいことするんだからねっ」と悪戯っぽく笑いました。

真崎さんは少し派手目のスレンダーな美人です。

テニスで鍛えた肢体はすごく眩しかった。

ホテルに入って、一緒に風呂に入りました。

僕は真崎さんの身体をすみずみまで洗ってあげて、体中舐めてあげました。

真崎さんは歓びの声を上げて僕達はずっと抱き合っていました。

風呂から上がってベッドに倒れ込み、お互い貪り合うように愛撫し合いました。

「真崎さんのおまんこ、おいしいよ、、、すごくステキだし、、真崎さん。」

「やだ、Kちゃん、でもKちゃんもステキよ」ついに我慢出来なくなり、真崎さんのおまんこに、大きくいきり立つちんぽをあてがいました。

ところが、童貞だった僕はうまく入れられず、真崎さんに僕が童貞であることを気づかれてしまいました。

「え?Kちゃん初めて?さっき上手だったからてっきり、、、あらあら」

僕は真っ赤になっていましたが、真崎さんがクスクス笑いながら僕のちんぽを優しく握ってくれて、濡れそぼったおまんこにしっかりあてがってくれました。

僕は真崎さんのおまんこの感触を確かめるようにクリトリスから膣口にかけて、優しくなぞるようにちんぽを押しつけました。

「ああ、いい、Kちゃん、、それとっても気持ちいい。。。」

「真崎さん、、、おまんこ柔らかいよ、、こんなに濡れてる。。」

じらしにじらしていたら、今度は真崎さんが我慢出来なくなったらしく、僕の腰を両手で掴んで抱き寄せるように引きました。

その瞬間、にゅるりと僕のちんぽは真崎さんのおまんこに深く入っていきました。

同時に「ああっ」と声が出て、お互い激しいディープキスを交わしていました。

真崎さんが優しくうまくリードしてくれたおかげで、僕は最高の状態で童貞を捨てることが出来ました。

正常位で深くつながり、僕は無茶苦茶に腰をうちつけました。

「Kちゃん、Kちゃん、、すごい、、ああん、、いい、いいの」

「ああ、もう、、でそう、、出していい?」

「ああぁ、、このまま来て!中に出してぇ」

「中に出したら赤ちゃんできちゃうよ?」

「いいから、大丈夫だから、、Kちゃんのちょうだい、、子供出来てもいいからぁ」

「ああ、もう、ダメだ、、真崎さぁん」

「ダメよ、優子ってちゃんと呼んで!ああ、はぁ、、んっ」

「うん、優子の中に出していい?。。かわいいよ、、優子っ!」

「いって、出して、おねがい、、中に、、あたしもいっちゃうぅ」真崎さんが自分で腰を使い始めました。

もう限界です。

「優子。。。優子っ!」真崎さんを強く抱きしめました。

僕はひときわ大きく深く突くとそのまま静止し、どくっどくっ!と真崎さんのおまんこに大量の精液を送り込みました。

金玉が大きく縮むのが自分でも判るくらいの激しい射精でした。

しばらく繋がったままいて、ちんぽを抜いておまんこを見ました。

「やだ、見ないで、、Kちゃん、恥ずかしい」

「だめ、見せて」真崎さんは大きく腰を回していましたが、腰を止めた刹那、おまんこからプチュッという音がしたかと思うと、ドロッと大量の精液がおまんこから逆流してきました。

真崎さんは、はにかみながら、こう言いました。

「もう、さっき山口さんのお口にあんなにたくさん出してたのに、若いのね、、、。」

それからも騎乗位、バック、座位などで繋がり、夜明けまで真崎さんを犯し続けました。

ほとんど中出しで、口にもたくさん出し、飲ませてあげました。

Hビデオを見ながら、同じ言葉を言わせたりして、何度も抱きました。

射精するときは、優子ぉっ!と叫び、思い切り抱きしめてあげました。

その日、口に2回、おまんこに4回、熱いザーメンを優子に注ぎ込みました。

朝になったら太陽が黄色く見えて、仕事も休みました。

【人妻乱交体験談】近所の奥様方とレズ、母子、不倫カップル入り乱れての大乱交になった〈後編〉へ続く

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!