【JS時代の体験談】わたしは金髪の人にタバコを吸わされた上にフェラチオまでさせられました…


私がS学五年の時でした。私は私立の学校に電車で通学していました。

下校の途中に、大きな本屋さんに寄ってお勉強の本を選んで、レジに並んでいました。

次が私の番になった時、後ろから手が伸びて私の本を取って、レジに出したのです。

(えっ……?)

私の本を取ったのは、制服を着た高校生のお姉さんでした。お姉さんは私の本を何かのカードで支払うと、私の方を見て、

「行きましょう。」と私の手を握って歩きはじめました。

私は店を連れ出されました。



お姉さんは隣のビルに入りました。そして階段を昇りはじめました。

「あの、お姉さん……その本……」と私が話しかけると、お姉さんは笑顔で振り向いて、

「あとで渡したげるから。ちょっとおつきあいしてちょうだい。」と言いました。

お姉さんと私は、階段のおどり場にやって来ました。そこにはお姉さんと同じ制服を着た長い金髪のひとが、階段に座っていました。

(あ、私、脅されるんだ……)

そう思って逃げ出そうとすると、お姉さんはそっと私を抱きしめて、金髪のひとの前に連れて行きました。

金「まあ、某学付属の子ね。」

姉「そう、品のある子でしょ。」

金髪のひとは、お姉さんに何かを渡しました。

「サンキュー」

お姉さんはそれを受けとりました。

それはタバコとライターでした。お姉さんはタバコに火をつけると煙を吹きだしました。

金髪のひともタバコに火をつけました。

(まだ高校生なのにタバコ吸うなんて……私、不良につかまってしまった……)

なんとかして逃げ出そうとしていると、お姉さんが、

「やだ、そんなにビビらないでよ。別にアナタみたいな可愛い子をいじめたりしないからさ。」

と言いました。そしてお姉さんは自分が持ってたタバコを、私の口に寄せました。

「くわえてごらんなさい。」

私は怖かったので、しぶしぶタバコをくわえました。もちろん私、タバコを吸ったことなんかありません。

私がタバコをくわえて立っていると、お姉さんも金髪のひとも、

「いいわね。こんな可憐なS学生の唇にタバコがはさまってるなんて。」

「ほんと、ギャップ萌えしちゃうわ。」

と言ってニヤニヤしていました。

お姉さんは新しいタバコに火をつけると、私の後ろから手を回して、パンツの中に指を入れてきました。

お姉さんは、私のオシッコの出るワレメをさぐりあてると、ワレメにそって指を動かしはじめました。

私は、もうそこを触って気持ち良くなるオナニーを知っていました。

でも、もちろん他の人にそこを触られたことなんかありません。

初めてそこを触られたくすぐったさの中に、タバコの煙の苦さが加わって、私はエッチな気持ちになって来ました。

「まあ、この子。」

金髪のひとが言いました。

「タバコの先が時々赤くなるわよ。吹かしかたを覚えたみたいね。」

金髪のひとは、お姉さんに目で何か合図したようでした。お姉さんは私を金髪のひとの前に座らせると、お姉さんの制服のスカートをめくりあげました。

(あっ……)

金髪のひとは、スカートの下はハダカでした。そして脚のあいだに、だらりと垂れ下がるものがありました。

(おチンチンだ……女のひとなのに、おチンチンが生えてる……)

タバコの煙の苦さを口もとに感じながら、そのおチンチンを見ていると、だんだん顔が近づいていって、おチンチンを触りたくてムズムズして来ました。

「ねえ、触ってみる?」

お姉さんが私の心の中を察したのか、そう言いました。そして私の手をとると、金髪のひとのおチンチンを包むように当てました。

おチンチンは暖かくて柔らかくて、私の手からはみ出した所がダランとしていました。

「こっちの手は、ここをつかんで、こっちの手はこうやってゴシゴシ動かすのよ。」

お姉さんは手を添えて教えてくれました。

私が言われた通りにすると、おチンチンはグングンと中の方から固くなってふくらんできました。

あんまり急に大きくなったので、私は驚いてタバコを口から落としそうになりました。

「いいわ……素敵。こんな可愛い女の子に、くわえタバコで手コキしてもらえるなんて。」

金髪のひとが言いました。

お姉さんは私の手を止めさせました。

「ねえ。」お姉さんは私の口からタバコを取ると、おチンチンの先を指でツンツンしました。

「ここを、なめてあげてくれない?」

私はうなずきました。そしてピンク色になめらかに光るおチンチンの先っぽに舌を当ててペロペロなめました。

おチンチンって、しかもその先ってオシッコが出てくるキタナイ所だって私は知っていました。

なのに、その金髪のひとがとてもキレイなひとだったので、そんなに抵抗はなかったんです。

それに、金髪のひとのおチンチンをなめる私の顔の横から、お姉さんがタバコの煙を軽く吹きかけてくれるたびに、私はおチンチンをなめる自分のイヤらしさに酔って、いつの間にかパンツの中に手を入れてワレメを指でさすっていました。

「ああ……」

金髪のひとの声がしました。その時、おチンチンの先からダラダラと白いものがあふれて来ました。口の中にもいっぱい入りました。

それは今まで私が感じた事のないニオイと味でした。でも、私の口の中に先回りしていたタバコのニオイと味にくらべれば、それはとても優しい刺激でした。

「ありがとう。アナタみたいな可愛い子にフェラまでさせちゃって。」

金髪のひとが、私の髪を優しくなでながら、私の顔についた白いものを拭いてくれました。

そしてお姉さんは、私に新しいタバコをくわえさせて火をつけてくれました。私はなぜか、タバコに火をつける時の呼吸のタイミングをつかんでいました。

そのタバコの煙は、おチンチンをなめていた時にお姉さんが吹きかけてくれた、イヤらしい苦さを思い出させてくれました。

「これ、忘れないでね。」

お姉さんが本屋さんの袋を手渡してくれました。

「あ、あの、お金を……」私がおさいふを出すとお姉さんは首と手を振りました。

「いいのよ、今日のお礼よ。」

お家に帰って、本屋さんの袋を開くと、私のお勉強の本の他に外国のポルノの本が入っていました。

そしてランドセルからは、真新しいタバコの箱とライターが出てきました。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!