【美容院での体験談】通っている美容院で、信じられないような抜きのサービスに遭遇した


通っている美容院で、信じられないようなサービスに遭遇した。

そこは10人に満たないような地方の美容院だが、結構お客の入りは良くて、土日なんかは人もいっぱい。

ただ、場所は少し街の中心地から離れた、郊外にある綺麗な美容院。

そこに通っている、自分と同じようなお客さんと仲良くなる機会があり、とんでもない話を聞いてしまった。

そして、自分もそれを体験することが出来たので、ここに書き記します。



この話を聞いた、同じ美容院に通っているおじさんが、

「あんた、もしかしてここに3年以上通っているか?」

と聞いてきました。

「はい、ちょうど3年になります」

実はここは居酒屋での会話で、一緒に飲みに行くことになったのだ。

お酒も回ってきたおじさんがポロッと話した。

「あんたに良いこと教えてあげるよ」

「あそこの美容院は、ちょっと普通とは違うサービスがあるんだよ」

ますます気になった俺は、

「一体どんなサービスがあるんですか?」

「3年以上の常連で、しかも紹介でしか知り得ないサービスなんだよ」

ますます混乱と共に興味が沸く。

「知りたいか?その代わりこの事は、普通の人には言ってはいけないよ」

「知れ渡ってしまって、それこそ警察にでも摘発されたら台無しだから」

そこで俺が、

「じゃあ、何で俺になんか教えるんですか?」

そう聞くと、

「3年以上の常連にこのサービスを紹介して、その相手が実際にサービスを頼むと、俺(おじさん)に1回だけもっといいサービスが受けられるだよ」

まるで美容院の紹介制度みたいだった。

ここで一気に核心へ触れる。

「早くどんなサービスか教えてくださいよ」

「まず○○○○○(合言葉のようなもの)をシャンプー台の時に伝える」

「するとシャンプーが終わると、個室に案内されるんだ」

心臓の鼓動が止まらなかった。

「要するに、ちょっとエッチなサービスが受けられるんだよ」

「え?それじゃ風俗じゃないですか!?」

そう聞くと、

「いや、エッチと言ってもちょっと特殊なんだよ」

「本番や口とか、そんなモロなことはしないよ」

「まぁ後は、気になるなら1回試してみな」

それから、もちろんそれのサービスを試したくて仕方なくて、まだ前回その美容院へ行ってからそんなに日にちも経っていないが、予約を取って行ってみて早速シャンプーしている時、その言葉を言ってみた。

ドキドキしながら言ってみたが、本当に終わった後個室に連れて行かれた。

簡単に髪を乾かしてもらったと思ったら、耳元で、

「私は貴方に直接触れません。正面も向き合いません」

「これは偶然の出来事ですよ」

謎の囁きを語りかけてきた。

すると、シャンプーしてくれたいつもの担当のスタイリストさんはその部屋から出ていき、レセプションと呼ばれる黒い女性のスーツを来たカウンター業務をしているお姉さんが入ってきた。

「こんにちは」

と可愛い笑顔で挨拶をしてきた。

この手のスーツって実はすごく生地がさらさらして、女性のお尻がすごく強調されるので、近くで見るとプリンっとしたお尻がさらに出っ張っていて、こんな個室で俺はムラムラが抑えきれなかった。

「じゃあ、まずは試してみますか?」

と可愛い笑顔で言ってきたので、

「は、はい。分かりました」

と言うと、大きめのリクライニングチェアに座っている俺の上に、突然ドスンっと背中をこっちに向けて座ってきたのだ!

心の中はえーーーー!?という驚きで電気が走ったようだった。

すると、お姉さんは何事もなかったかのように、

「あぁ、今日も疲れた、ちょっと休もうっと」

まるで俺がいないかのようにでも、俺が座っている上に座ってそんなセリフを吐いたのだ。

突然こんな可愛いお姉さんと体が密着して、しかも髪の毛が顔にワサワサ当たってすごくいい匂いで、頭が変になりそうだった。

その上、あんなプリプリしたお尻が俺の股間の上に乗っていて、しかもお姉さんは少しお尻をモジモジ動かして股間を刺激してくる。

やばい、めっちゃ気持ちいい!

それが正直な感想だった。

すると、俺をまるで空気みたいに扱うお姉さんが、小さな声で、

「私はただこの椅子で座っているだけです」

「お客様は後ろから私を触ってもいいですが、絶対に服の上からだけです」

そう言うと、まるで休憩中にリクライニングチェアでくつろぐ女性を演じるかのように、ただ俺の上でリラックスするお姉さん。

ただこっちとしては、こんな可愛いお姉さんが自分の上に座っているだけでも、精子は暴発寸前。

丸くてプリンっとしたお尻で相変わらずグリグリと腰を動かし、こっちの股間をさらに刺激する。

俺は後ろからお姉さんをぎゅっと抱きしめて、服の上からならいいと言われたので、胸を揉みながらさらにぎゅっと抱きしめていた。

こんなに近くで女性を感じたのは久しぶりだったし、シャンプーと香水の匂いで理性を保つのが大変だった。

でも、このままでは間違いなくパンツを穿いたまま精子が暴発してしまう、と思った俺は、

「あ、あの、このままだと出てしまいそうなんですが・・・」

そう言うと、お姉さんは、

「やめてもいいですよ。でもこのまま続けると気持ちいいみたいな」

独り言のようにつぶやいた。

えーい、もうどうにでもなれ!という気持ちでお姉さんを抱きしめたまま、さらにお尻に股間を押し付けてグリグリとすると、

「う、あ!」

と言葉と共に、大量に生温かい物が大量にパンツの中で放出。

でもお姉さんを抱きしめたままイケた快感とこの異様さで、異次元の気持ちよさだった。

しばらく抱きしめていた手を緩めると、お姉さんが、

「さぁ、仕事に戻ろっと」

とまた独り言のように呟いて、部屋の片隅に置いてあった物入れから使い捨ての下着と黒い袋をそっと渡して、その部屋を出て行った。

これに着替えて帰れということだろうと察して、急いで精子まみれのパンツを黒い袋に入れて、使い捨てパンツに履き替えた。

すると、まるで見計らったかのようにお姉さんが入ってきて、今度は耳元に小声で、

「次回からは5000円お釣り無しで持ってきてください」

「今日はサービスです」

「まだお客様は、誰にも言っちゃダメですよ?」

そして可愛い笑顔のあとに会釈して、部屋を出て行った。

その後は何事もなかったかのように、いつものスタイリストさんに髪を切ってもらって普通に家に帰ったのだが、もう現実の出来事とは思えなくて放心状態だった。

また次回も利用するつもりだが、もう普通の風俗など行くことはないくらい、こっちの方がエロスを感じた。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!