【スタイリスト体験談】グラビアアイドルの陰毛をチェックしたり、胸の谷間を作る仕事をしています


僕は専門学校を卒業してから、あるメイク事務所に就職しました。

そこでの仕事は、テレビや映画、雑誌、ビデオなどに出る出演者のメイクを担当します。

僕はこの仕事がとても好きです。

もともと綺麗な顔の人をメイクで、さらに綺麗にすることが出来るからです。

でも、おかしなメイクをしてしまうと、とても怒られるので、やや緊張します・・・。



メイクの他に、スタイリングの仕事もあります。

たくさんある衣装の中から、出演者の体のサイズに合った服を選んで、現場に持っていくのです。

ドラマ物等の場合、衣装のイメージが大体決まっているから簡単なのですが、イメージ物等は、慎重に選んだ上、たくさん持って行かなければならないので大変です。

たくさんの衣装の中から、監督なりディレクターなりが撮影日に決めます。

結構無駄な労力を使います。

服の場合はこれで終わりで、出演者が着た後に少し手直しをすればいいのですが、水着や下着などの場合は、直しがとても楽しいです。

アイドル達の水着写真で、『この人、こんなに胸大きかった?』というものがあれば、それは私達の仕事の成果です。

現場では出演者よりもスタッフ側が主導権を握る場合が多いです。

ま、大御所を除きますが・・・。

出演者が来ると、しっかり挨拶をした後、まずメイクをしてもらいます。

メイクが終わると、「こちらでこれとこれに着替えてください。着替え終わったら声を掛けてください」と言い、着替えが終わるのを待ちます。

出演者から「着替え終わりました」と報告があると、スタイリストは更衣室に入ります。

そして出演者(大抵アイドルです)の水着の直しを一対一でするのです。

有名人と二人きり、密室です。

まずは下の毛のチェックです。

もちろん事前に処理されてる(はずな)ので、毛が水着よりはみ出してる人はあまりいませんが、一応チェックします。

あとからチェックすると、「被写体の毛が写っていて使えない」とクレームが入ることもしばしばあるからです。

水着の際を目で確認します。

少しの動きでも毛がはみ出るといけないので、ちょっと水着を摘んで、毛がはみ出ないかも試します。

僕の場合は神経質なので、産毛が少し出ている程度でも剃ってしまいます。

股の方も足を広げてもらってチェックします。

昔は毛が出ていると写真として掲載できなかったので、とても神経質にチェックします。

こちらもちょっとした動きではみ出ないように、近くの毛も剃らなくてはなりません。

ですから、一見見えていなくても、水着を少し引っ張ってみたり、動かしてみたりしないとわからないのです。

実はこの時に、グラビアアイドルとかの大切な所が見えてしまいます。

彼女達は素人とは違い、『見られてなんぼ』だと思っているので恥ずかしがりません。

僕は仕事なので余計なことは出来ませんが、毛のチェックのついでに、あそこのチェックも見つからないようにしていました。

何人ものアイドルのあそこを見ました。

とても綺麗な人もいましたが、清純派なのにとてもすごい人もいました。

まあ、チラッとしか見えないのでなんとも言えませんが、久しぶりの水着撮影とかいう人の場合は、毛が残っていたりするので、あそこの周辺を剃る時は、もろに見えてしまいます。

今度は後ろです。

Tバックを穿く場合は、アナルの周りを入念にチェックしなければなりません。

その時は四つん這いになってもらって、お尻を開いてチェックします。

柔らかくて弾力性のあるお尻を触るだけで勃起してしまいます。

Tバックまで穿く人は、もうこの仕事に慣れている人ですから、ほとんど毛はありません。

分かっていても一応アナルを見て確認させてもらいます。

お尻周りの毛のチェックが終わると、今度は全身です。

足や脇や顎の下までチェックします。

このあたりは100%問題ありません。

簡単なチェックです。

その後にブラの直しをします。

『小さな胸は大きく、大きな胸はさらに大きく』というのが僕らのスローガンです。

ブラジャーも着け方次第で全然見え方が変わります。

僕達はプロなので、作り方を心得ています。

一応「失礼します」と言い、脇の下の肉をブラの中に収めます。

乳首から何から丸見えです。

しかもおっぱいももろに触ってしまいます。

2、3回脇の下の肉をブラの中に入れるので、その間ずっとおっぱいが丸見えになってしまいます。

やはり女性ですから腕で乳首が見えないように隠そうとする人が多いのですが、その姿がまた可愛らしいです。

隠そうとしても乳首が見えてしまうから、なおさら可愛く思えます。

見る前までは、とても興奮しますが、乳首を見てしまうと、(ああ、なるほどね。こんなものか・・・)と急に冷めてしまいます。

なぜだろう?(笑)

一応しっかり目に焼き付けますが、後で思い出そうと思っても、なかなか思い出せないのが悲しいです。

そんな感じで胸を両方作ると、見違えるくらいに胸が大きく見えるのです。

後はバスローブを渡して本番まで待機します。

そして本番が終わると衣装チェンジします。

その時にまた水着の直しをします。

毛のチェックは終わってるので、胸の直しだけです。

最初よりも早く終わります。

そんなわけで、一日中女の子のおっぱいを触れるのです。

とても楽しいお仕事です。

15、6歳のアイドルのおっぱいやあそこを、見たり触ったりできる職業は数少ないと思います。

いつも次の仕事が楽しみです。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!