【少年時代の体験談】おマンコにチンポを入れる遊びだよ!と言い割れ目に包皮を剥いて亀頭をこすり付けた


僕が生まれ育ったのは、田舎の山奥で小学校に行くまでは近所に年齢の近い子供も居なかったためいつも一人で遊んでいた。

特に農繁期になると昼間はずっと一人だったせいもあるのか自分の下半身を弄って遊ぶようになり小学校に行く前には既にオナニーを覚えてしまった。

勃起した小さな下半身の包皮を剥いて亀頭をむき出しにするのが気持ちよくて親の姿が見えなくなると下半身を出して包皮を剥いて遊んでいた。

包皮は剥いても手を離すとあっという間に元に戻り亀頭は皮の中に隠れてしまう。そうなったらまた包皮を剥いて亀頭を露出する。

それを繰り返しているうちにお腹のあたりに違和感をある感触が生じ怖くなりそこで遊びは終了。



そんな遊びも回数を重ねて行き、違和感があってもそのまま下半身の包皮をむいたり被せたりを続けてみたい欲求が生じて初めての絶頂を味わってしまった。

勿論、射精などあるはずもないのだけど、逝くときにはちゃんとピクンピクンとなるし物凄く気持ちが良い。

何故か物凄く悪いことをしていると思い止めようと思うのだけど時々我慢出来ずにやってしまってた。

その頃は女性というのを意識したことは無かったけど、我が家には3歳年下の弟が、そして近所にはまだ赤ちゃんの男女の子が3人生まれていた。

小学校になると農繁期には、お兄ちゃんとして近所の子供たちの面倒をみる立場になり、よちよち歩きの子供も含めて一緒に遊んでやっていた。

幼い子供たちが「おしっこ!」というと大人の真似をしてズボンを脱がしておしっこをさせてあげた。

女の子の場合は背中の方から両足を持って脚を開かせた状態でだっこして「しーしー」と言いながらおしっこをさせていた。

小学校3年か4年の時、同級生の男の子が女の子と下半身を見せっこして遊んでいるという話を聞いて、それまで我慢していた「女の子のあそこが見たい!」という気持ちを押しとどめることができなくなってしまって幼稚園児になっていた近所の女の子に見せてもらった。

「見せて。」

と言うと恥ずかしそうにパンツを脱いで床に横になってくれた。

生まれて初めてみる女性のそこには、あるはずのおちんちんが無くて一本の縦スジが見えるだけだった。

それでも僕の小さな下半身は勃起して、心臓はバクバクしていた。

何も出来ずにいる僕を助けるように、その子は脚を開いて自分で一本スジを開いて見せてくれた。

割れ目の中は真っ赤で痛々しく感じたけど「おまんこの穴にちんぽを入れるんだ」という同級生の言葉を思い出し急いでパンツを脱いで、

「おまんこにちんぽを入れる遊びがあるんだって。やってみる?」

と聞くと、

「うん!」

と言われ、割れ目に包皮を剥いて亀頭をこすり付けてみた。

でも穴が何処にあるのかも判らなく、幼いおまんこには挿入することができなかった。

それからは「親に言われたらどうしよう」とビビリまくる毎日。二度と馬鹿なことはしないと心に誓ったのだけど、それ以来、オナニーのネタは幼い彼女になった。

それから数年たって中学生になった頃、家族が出かけて自分一人しかいない我が家に小学生になっていた彼女が遊びに来た。

誰もいなくて寂しいと言う彼女とトランプをして遊んであげていた。正直面倒くさかったけど仕方がない。

そう思っていたら彼女は、「痒い!」と言って股間をパンツの上から掻き出した。

躊躇していると「変になってないか見て!」と言ってパンツを脱いでおまんこを見せてきた。

久しぶりに見るおまんこに下半身は勃起!

彼女は脚を開いて自分でおまんこを開いて見せてくれた。

そこは愛液で濡れているようで赤い肉の塊が見えた。

彼女はそこを指さして、

「ここ・・・」

と言うので、

「痒いの?」

と聞くと、

「もう大丈夫だけど・・・」

触ると痛そうに思い触れなかった。

でも久しぶりに見る女性の秘部。中学生になりおまんこには興味しんしん。

割れ目を開いたり閉じたり30分以上は観察させてもらった。

次の日もまた遊びに来たけど、

「ごめん。勉強があるんだ。」

と言って帰してしまった。

勿体無いとは思ったけど流石にまずいと思ってしまった。

隣のおじさんの怖い顔が目に浮かんだんだ。

その頃は、自分がやってるちんちん遊びはオナニーという皆がやってる行為だと知って安心して毎日何回もしていたけど、射精はまだ経験していなかった。

彼女を帰してからちんちんが痛くなるまで何回もオナったのは言うまでない。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!