【中学時代の体験談】お互いすっぽんぽんで塾の美咲先生に泳ぎ方を教えてあげた結果wwwww①


僕の実家は、東北の片田舎。

小学生の頃、家の近所に突然日帰り温泉施設ができた。

コンクリート会社(笑)が作った、一風変わった温泉である。

檻に入ったイノシシがいたり、居酒屋か屋台風のカウンターがあったり……。

風呂自体は普通の公衆浴場風なのだが、洗い場のドアを開けると、そこは屋外プールなのだった。



もちろんプールサイドには個室シャワーやトイレもあるのだが、ほとんどの利用者は、浴場の脱衣所で水着に着替えて、浴室内を通り抜けてプールに出るという、ちょっと間抜けな使い方をしていた。

プールは小学校にあるような、普通の25メートルプールである。

でもはってあるのは、水でなく温泉。

しかも茶色っぽいにごり湯なのだ。

「ぬるめの風呂」という感じの温度で、北国なのに5月から10月くらいまで入れた。

そのプールは、休日の日中は親子連れで結構にぎわっていた。

平日の夕方も、小中学生がちらほら。

ところがこのプール、夜になると実に微妙な雰囲気になる。

プールというより、露天風呂的な感じになるのだ。

浴室の洗い場の外が、すぐプールサイドになっているので、裸のままベンチでちょっと涼んだり、そのままプールに入ったりする人がいるのだ。

もちろん夜でもちゃんと水着を着て、プールとして使っている人も少しいるのだが、照明が暗いこともあり、裸の人と水着の人が混在していても、それほど違和感はなかったように思う。

一応25メートルプールなので、端と端にいれば、お互いよく見えないし。

僕の家からは歩いていける距離だったので、この温泉には週1くらいのペースで通っていた。

ついでに30分くらいプールで泳ぐのが習慣になっていた。

田舎では、わざわざ暗いプールで泳ごうなんて考える人も少ないのだろう、大抵は広いプールを独り占めできて快感だった。

たまに入っている人がいても、せいぜい1家族か1グループという感じだった。

酔っぱらって露天風呂感覚で入ってくるオヤジもいたが、風呂にしてはぬるすぎるので、早々に内風呂へ戻る人がほとんどだった。

前置が長くなってしまった。そろそろ本題に入ろう。

その日も僕は気分良く泳いでいた。確か夏休み前で、外はまだまだ薄明るかったのを覚えている。

バタンッ!女湯のドアが閉まる音がして、競泳水着にキャップ、ゴーグルの女性が現れた。

(にごり湯(半透明くらい)だから、本格的に泳ぐには向かないんだけどなあ)

なんて思いながら、プールの中央で泳いでいた僕は、男湯側の端に移動して泳ぎ続けた。

その女性は僕と反対側の端で泳ぎ始めた。

ゴーグルなしで温泉に顔をつけるのが嫌だったので、僕はいつも顔を上げたままの平泳ぎだった。

手も足もゆっくり大きめにかく。

その日もいつも通り、のんびり泳いでいた。

すると先ほどの女性が、プールの中を僕の方へ歩み寄ってきた。

「平泳ぎ、上手ですねえ!」

(うわっ!僕パンツはいてないんだよ。

あんまり近づかないでよ……

にごり湯だから見えないだろうけど)

「あ、はい(汗)、一応スイミング通ってたので……」

女性がゴーグルをはずすと、なんか見覚えがあるような……。

相手もなんか気付いたみたいだった。

「あれ!?○○塾の、……美咲先生!」

女性は隣の市にある塾の先生だった。

僕は長期休暇のときだけ、その塾の講習会に参加していたのだ。

その塾には、他にも同じ名字の先生がいたので、皆「美咲先生」と名前で呼んでいたのだ。

授業もわかりやすく、相武紗季ちゃん似で人気のある先生だった。

「ん、君はええと……」

「斎藤です、斎藤修。春期講習で先生に教わりました」

「あー、春期講習でねー。家、この近くなの?」

「はい、すぐそこです」

「私も実家がこの近くなの。ふだんは大学近くのアパートなんだけど。最近毎日泳ぎに来てるの」

美咲先生は大学生なのだった。塾はバイトだったのか。

「先生、僕もう上がりますから。さようなら!」

やはり相手が水着を着ていて、自分が裸というのは、なんとも落ち着かないものだ。

午後8時をすぎて、辺りはすっかり暗くなっていたし、お湯はにごっているので、実際は見えないはずなのだが。

挨拶もそこそこに、僕はプールを上がると男湯へ駆け込んだ。

翌日も一人でその温泉へ行った。

2日連続なので、入浴料をくれるとき、母はちょっと渋い顔をしたのを覚えている。

「美咲先生、来てるかな?」

また会いたいような、会いたくないような……。

でも2日連続で来たということは、会いたいんだよな(笑)。

昨日は恥ずかしかったけど。

温泉に着いたとき、もう8時を過ぎて、辺りはすっかり暗くなっていた。

男湯の洗い場のドアをちょっと開けてプールを覗いてみると、美咲先生らしき人が泳いでいるのが見えた。

先生が向こう岸に着く頃合いを見計らって、僕は急いでプールに駆け込んだ。

(それにしても先生、泳ぐの遅いな。あれ?今日は帽子とゴーグルしてないな)

美咲先生は、やっとターンしてこちら岸に向かってきた。

ショートヘアの美咲先生は、帽子をかぶっているときよりも数倍かわいく見えた。

「あーっ!修くん!今日も来たんだー」

「あ、はい(汗)。先生、今日は帽子かぶってないんですね」

美咲先生は笑うとえくぼ見えて、すごくかわいい。

「そうなの。修くんみたいに顔上げて泳げば、ゴーグルもいらないしね。実は今、平泳ぎの練習中でね、修くんのまねして泳いでるつもりなの」

(僕のまね?……それにしては、あまりに下手すぎるぞ!?)

美咲先生の話では、こういうことだった。

その夏、先生は小学校の教採を受けることになっていた。

試験には水泳の実技もあり、クロール25メートルと平泳ぎ25メートルが必須になっていた。

ところが先生は平泳ぎが苦手で、四苦八苦しているらしい。

そんな会話をしているときに、

今日の先生の水着に肩ひもがないことに気付いた。

「先生、今日の水着……」

「水着?着てないよ」

「えっ!(大汗)(絶句)」

「だって、修くんだって昨日海パン履いてなかったでしょ? なんかここ、露天風呂みたいな感じだし、暗くてにごり湯だから大丈夫かな、と思って(笑)。いつもすいてるしね。今日で連続4日目だけど、長く泳いでたのって、修くんだけだったよ」

確かにその通りだけどさ……。

たまにタオル片手に入ってくるおばちゃんは居るけど、若い女の人は珍しいと思う。

美咲先生は、またかわいいえくぼを見せて言った。

「もし誰か入ってきても、その人が出て行ってから上がれば、見られる心配もないでしょ?」

首までつかっていれば、水着着ているかどうかなんて見えないし、確かに先生の言うとおりだと思った。

(でも、先生も裸、僕も裸……)

中2男子にとっては、想像するだけで鼻血ものだった。

しかも想像ではなく、今、目の前に裸の美咲先生がいるのだ!

「ねえ、修くん、平泳ぎ教えてよ」

美咲先生は、心臓ドキドキで死にそうになっている僕にはお構いなしに、そんなことを言い出した。

「えっ、いいですけど」

「じゃあ私、泳いでみるね。どこが悪いか教えて」

そう言って美咲先生は泳ぎ始めた。

でもなかなか進まない。

「先生、多分腰の位置が下がりすぎてるんだと思いますよ」

いくらにごり湯といっても、蹴っている足の裏がチラッとも見えないのはおかしいのだ。

「え!?腰?」

美咲先生はそう言うと、ピョコッと腰を持ち上げた。

にごった水面に、うっすらと先生のおしりらしい影が見えた。

(わっ!先生のおしりだ!)

僕はますます胸がドキドキしてしまった。

そのとき、先生の両足の甲がチラッと見えた。

(あ、そうか!「あおり足」になってるんだな……)

「先生、もしかして「あおり足」で泳いでるんじゃないですか?」

僕がそう言うと、美咲先生は泳ぎを止めた。

「えー?「あおり足」って何?」

「ええと……、先生、平泳ぎって、足の裏で水を蹴るんですよ。

先生は多分、足の甲で蹴ってるんだと思います」

「ああ、そういうこと!…… でも私、ちゃんと足の裏で蹴ってるつもりなんだけどなあ」

「あおり足」は、初心者が陥りやすい失敗である。

でも「ちゃんとできているつもり」の人に、口頭で教えるのは難しいものだ。

「じゃあ、僕がやってみますから、見ていてください」

僕はプールの端につかまって、かえる足をやってみせた。

「こうですよ、こうやって足の裏で蹴るんです」

腰を上げすぎると、僕のおしりが先生に見えてしまう。

だから腰は低めにしたまま、足の動きを強調してみた。

それでも美咲先生は(まだよくわからない)という顔をしている。

「ねえ修くん、お湯にごっててよく見えないよ。プールの縁に腹ばいになって、足の動きをよく見せて」

(えーっ!そんなことしたら、僕のおしりが丸見えになっちゃうよ。嫌だなあ……)

「先生、ちょっとそれは……」

「え?何?」

「あの……、僕、海パンはいてないし……」

「あー!修くん、恥ずかしいんだ!ごめんごめん」

いくら周囲は真っ暗といっても、外灯の薄明かりと月明かりで、暗闇に目が慣れると、結構見えてしまうのだった。

「修君、海パン持ってきてないの?」

「はい……」

先生はこんな提案をした。

「それじゃあ、私のタオルでかくしてあげるから。大丈夫大丈夫!ほら、早く腹ばいになって!」

先生はかなり強引である。

僕がしぶしぶプールの縁に腹ばいになると、先生はすかさず僕のおしりにタオルをかぶせてくれた。

(先生のタオル……)

普通のフェイスタオルだったと思うが、なんか妙に興奮してしまった。

(いてて……)ギンギンに固くなったちん○がコンクリート面に押しつけられて、ちょっと痛かった。

「いいですか、先生、こうですよ。かえるみたいでしょ? だからこれは「かえる足」って言うんです」

「あ、なるほどー」

「足首をしっかり曲げて、かかとで蹴る感じです」

腕組みして、さりげなく胸を隠しながら、美咲先生が言った。

「ふーん、あ!もっと続けてやってみて」

「はい」

美咲先生は、僕のキックを熱心に見ているようだった。

キックを続けながら、後ろをチラッと振り返ると、先生は水面から顔だけ出していた。

(あれ!?先生、僕のおしり、覗いてる!?……でも、女の人がそんなエッチなことするはずないよなあ)

でも(見られてるかも)と考えると、ますます興奮してしまい、ちん○が痛くなった。

「修くん、脚曲げて引きつけたところ、よく見せて」

「いいですよ」

(やっぱり先生見てるな。でも、もういいや!)

「ひざをこう曲げて足をおしりに引きつけて、足首はこう曲げるのね?」

「そうです」

ちょっと振り返ると、先生の顔と胸が見えた。

すごくドキドキしてしまった。

おっぱいをよく見たかったけど、腹ばいの態勢では無理なことだった。

「ねえ、ゆっくりキック続けてみて」

「はい」

もう僕は、先生に言われるがままだった。

(きっと先生には、僕のおしりの穴まで全部見えてるだろうな……。でも先生は、まじめに平泳ぎを覚えたがってるんだから、そんなこと気にしちゃダメだ!)

僕はそう自分に言い聞かせた。

「なんか、私もできそうな気がしてきた。ね、今度は修くん見ていて!」

「修くん、今度は私のおしりにタオルかぶせてね」

美咲先生はそう言うと、両腕で胸をかくしながら、素早くプールの縁に腹ばいになった。

僕はすぐにおしりにタオルをかけてあげた。でもタオルは小さすぎた。

おしりの割れ目はしっかりかくれたけど、柔らかそうな太ももはむき出しだった。

少し日焼けの跡が付いた背中も丸見えである。

「こう?こんな感じ?」

どうも先生はよく分かっていなかったみたいで、相変わらず「あおり足」になっていた。

「そうじゃなくて、足の裏で蹴るんです」

「んー、よくわからないな……。修くん、私の足、つかんで動かしてみて」

(えーっ!?先生のからだにさわるの!?)

つま先を持つだけなのに、僕はすごく興奮してしまった。

それは、僕が足フェチに目覚めた瞬間だった。

「こうやって……、膝を曲げるのと同時に、足首も曲げておしりの方にグッと引きつけるんです。それから、かかとでスーッと蹴る感じです。途中で止めないで、脚がすっかり伸びきるまでですよ」

「あーっ!なるほどー!足の裏で蹴るって、こういうことだったのね」

先生は嬉しそうに、ニコッと笑った。えくぼがかわいいなあ。

「こうでしょ?」

そう言うと、美咲先生は、何度も「かえる足」をやってみせた。

先生の「かえる足」キックは、ちょっと脚を大げさに開きすぎていた。

(もっと両膝を閉じ気味にしてもいいのだけど……)

僕はそう思いながら、口からは違う言葉が出てしまった。

「先生、もっとしっかり膝を曲げて、外側にしっかり開くんです!がに股みたいな感じで!」

そう、僕はタオルに隠れている美咲先生の「太ももの間」を見たかったのだ。

(先生にも僕のおしりが見えていたはずだ。それにこの態勢だと、先生は振り返っても真後ろの僕はよく見えないはず……)

先ほど自分が経験した態勢だから、確信があった。

「修くん、さっきみたいに私のつま先持って教えてよ」

「わかりました。先生、ちゃんと前見て、脚の感覚で覚えて下さいよ」

「うん、わかった」

「じゃあ、ゆっくり動かしますよ。膝をしっかり曲げて、股をしっかり開いて、足をおしりに引きつけます」

【中学時代の体験談】お互いすっぽんぽんで塾の美咲先生に泳ぎ方を教えてあげた結果wwwww②へ続く

What do you think of this post?
  • エロいいね (1)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!