【中学時代の体験談】お互いすっぽんぽんで塾の美咲先生に泳ぎ方を教えてあげた結果wwwww④


【中学時代の体験談】お互いすっぽんぽんで塾の美咲先生に泳ぎ方を教えてあげた結果wwwww③の続き

翌日は小雨だった。雨の日の練習は中止かな?とも考えたが、少し期待して温泉へ向かった。

(先生、来るかなあ?)

実は雨は僕にとって好都合だった。雨の日にプールに入る人は、ほとんどいない。

しかも月明かりがないので暗い。ふだんからあまり人目を気にしなくていいプールだったが、雨なら美咲先生も、より気楽に泳げるはずだと思った。

4日目のこの日も、僕はかなり早めにプールに入り、一人でゆっくり泳いでいた。



天候のせいで、7時を過ぎると、辺りは結構暗くなっていた。

7時半頃、美咲先生が現れた。フェイスタオルを手に、プールサイドを歩いてきた。

いつもはサッとお湯に入ってしまうのに、この日の先生は、ちょっと大胆な印象だった。

「こんばんは、修先生、今日もご指導よろしくお願いします」

美咲先生はニッコリ笑って、プールサイドから僕に挨拶してくれた。

何も身につけていない美咲先生の伸びやかな肢体は、暗闇の中、神々しいまでの美しさを感じさせた。

先生の泳ぎはずいぶん上達しており、試験はもう心配なさそうに思えた。

二人で30分ほど泳ぎ、一段落した。

「あの、先生……」

「なに?」

「あの……、昨日の、女の子にも亀頭があるって話ですけど……」

僕は思いきって切り出してみたが、肝心なことがなかなか言えずにいた。

「クリトリスとか、女性器の話ね?」

「はい」

「それがどうしたの?」

「ええと……、保健の教科書で見たんですけど、断面図だけなので、よくわからなかったんです。で、家の百科事典でも調べてみたんですけど……」

百科事典には、モノクロ線描の詳細な図が載っていた。その図は割と毛がびっしり生えていて、黒っぽくてグチャッとした印象だった。

昨日チラッと見た、先生のその部分とは、あまりに違う感じだったのだ。

「あ、ちゃんと勉強してきたんだね?偉い偉い」

そう言って、美咲先生は僕の頭をなでた。

(くそっ!また子供扱いしてるな)

「あの……、それで……」

短い沈黙の後、美咲先生が思わぬことを言った。

「……見たいの?」

図星だった。胸がドキドキしてきた。

「はい」と言ったつもりだったが、声にならなかった。

僕はうなずくのが精一杯だった。

「本で見てもよくわからないから、実物をみたいんでしょ?」

先生はいたずらっぽい笑みを浮かべて、そう言った。

「み、見せてくれるんですか!?」

僕はうわずった変な声になってしまった。

「何興奮してんの!修くんは!真面目に勉強したいんでしょ? そういうことなら、ちゃんと協力するよ。水泳あんなに一生懸命教えてくれたんだから、私もちゃんと教えなきゃね」

予想外の返答に、僕はびっくりした。絶対断られると思っていたからだ。

「そのかわり、絶対に秘密だよ」

「はい!」

「私だって本当は恥ずかしいけど、もうおしりの穴まで見せ合った仲だもんね。水泳の練習中も見てたんでしょ?私のおしりもあそこも」

美咲先生はいたずらっぽい表情で、僕をからかうように言った。

「はい、本当は見てました。暗くてよくわからなかったけど……」

「じゃあ、今日は明るいところで見せてあげるね」

僕たち二人は昨日のシャワー室へ入った。

美咲先生は丸椅子の上でしゃがんで、両膝をグッと広げた。

僕は正座して、先生の股間に顔を近づけた。

「ね、何が見えるか、言ってみて」

おへその下を目でたどっていくと、ほとんど縮れていない薄い毛が生えていた。

幼い頃見た自分の母親の「亀の子タワシ」とは、まるで違う。

美咲先生が普段着ている競泳水着は、当時主流だったかなりのハイレグタイプらしかったが、剃り跡らしいものは見えなかった。

そして、その下にはやや濃い肌色をした薄いくちびるが、スーッと縦に走っていた。

さらにその下には、可憐な肛門が見えていた。

肛門は控えめなしわがきれいに集まっていて、その中心は、周囲よりほんの少し色素沈着していた。

肛門の右側1センチほどの位置に、5ミリほどの小さいほくろが見えた。

(美咲先生、こんなところにほくろがあるんだ……。自分でも見たことないかも……)

「修くん、わからないの?」

美咲先生の声に、僕は我に返った。

「先生、すごくきれいですね」

「えーっ!?「気持ち悪い」とか言われると思ったよ。修くんはお世辞が上手だね」

「いえ、本当にきれいだと思います」

(さわりたい……なめてみたい……)

でも、そんなことはとても言えなかった。

「そんなふうに誉められると、なんだか恥ずかしくなっちゃうな」

美咲先生はそう言いながら、脚を下ろして膝を閉じてしまった。

「もうこれでおしまい!」

(えーっ!?そんなー!?)

「だって、修くん、じーっと見てばっかりで、答えないんだもん。勉強する気あるの?」

先生は恥ずかしさを隠すために、わざと怒っているようにも見えた。

「すみません、ちゃんと勉強します。もう一度お願いします」

「しようがないなあ。それにしても修くん、今日もすごく元気だね」

美咲先生は笑いながら僕の股間を指さした。

「またおへそにくっつきそうになってるよ」

美咲先生のあの部分を見せてもらった興奮で、僕のちん○は小刻みにピクピクし続け、皮をかぶった尖端からは、よだれがタラタラ流れ出ていた。

「あっ、これは……」

僕はなんとか興奮を静めようとしたが、なすすべがなく、うろたえてしまった。

「元気なのはしようがないよ。健康な証拠だから、大丈夫だよ」

美咲先生の言葉に、僕はホッとした。

「じゃあ、もう一度ね」

美咲先生は、丸椅子の上でしゃがんで、股を開いた。

「何が見える?」

「ええと……」

「これは?」

「陰毛です」

「ここはわかるよね?修くん、いつもジッと見てたから」

「……肛門です」

僕は恥ずかしさのあまり、耳がカーッと熱くなるのを感じた。

「じゃあ、これは?」

美咲先生は、まっすぐなたて割れを指さした。

「ええと、大陰唇です…か?」

「これは、小陰唇。大陰唇はその外側のところ」

(そうか、これが小陰唇なんだ……)

「こうして股広げても、ぴったり閉じているでしょう? お風呂のお湯なんかが身体に入ってこないようになってるんだよ」

(なるほどー)

(ところで、クリトリスってどこにあるんだろう?)

「ここ、少しとがっているでしょう?」

美咲先生は、小陰唇の上というか、前側の部分を指さした。

確かにそこは、鳥のくちばしのように、少しとがっていた。

「これがクリトリスですか?」

「ここは、陰核包皮っていうの。修くんのかぶってる皮と同じだよ」

「ということは、この中に……」

「そう、この中にクリトリスが包まれているの」

(見たい、見たい……、クリトリス、早く見たい)

僕は喉がカラカラになっていた。

そのとき、美咲先生は突然脚を下ろし、立ち上がってしまった。

「はい!じゃあ、これで今日の授業は終わり!」

(そんなー!まだクリトリス見てないじゃないか!)

美咲先生はちょっと首をかしげて、ニッコリ笑った。

「えーっ!先生!お願いします、見せてください!」

「だめ!」

(今日を逃したら、もうチャンスはないかもしれない)

僕はちょっとあせりすぎていたようだ。

「一生のお願い!なんでも言うことききますから!」

そんな僕のあまりに幼稚な懇願に、美咲先生は笑い出した。

「あはは!修くん、そんなに必死にならなくてもいいよ」

ザーッという強い雨音が聞こえてきた。

外は豪雨になりつつあるようだった。

「でも……、『なんでも言うこときく』って、本当?」

美咲先生は、ちょっと意地悪な感じの笑みを浮かべた。

「はい、もちろんです!」

「そう……、じゃあこれからは、私の言うこと、なんでもきいてね」

「はい!」

そのときの美咲先生の笑顔と優しい話し方は、いつも通りだったのだが、なぜだか僕は、少し背中がゾクッとした。

「ところで修くん、昨日私が教えたとおり、ちゃんとむいて洗った?」

「はい!プールに入る前に、がんばって洗いました」

「それは感心!ちゃんと洗えたか見てあげるから、皮むいてみて」

言われたとおり、僕は自分で皮をむいた。

すでにカウパー液まみれになっていたので、つるんと容易にむけた。

美咲先生は、ちん○に顔を近づけた。

「んー、きれいだね!合格!」

「ありがとうございます!」

僕はちょっと嬉しかった。

「修くん、椅子に座って、目をつぶってみて」

「はい」(何だろう?)

僕は言われるがままに、丸椅子に座って目をつぶった。

「絶対目あけちゃだめだよ」

美咲先生の声が聞こえた。

その直後、亀頭が熱くなり、思わず目を開けた。

信じられない光景が見えた。

なんと美咲先生が、僕の亀頭を口に含んでいたのだ。

僕は全く声が出せなかった。

先生は、そのまま僕を上目遣いに見た。

その瞬間、裏筋のあたりにチロッと何か触れた感じがして、下半身がしびれる感覚が沸いてきた。

今振り返ってみると、このとき美咲先生は、過敏だった僕の亀頭部を刺激しないよう、軽く口に含んだだけだったのだと思う。

そして、舌先でほんの軽く、裏筋あたりを一なめしたんだと思う。

(あ、出ちゃう!)

声を出す間もなく、僕のちん○はビュッビュッビュッビュッ……と続けざまに精液を噴射した。

(え?先生!何を?)

先生ののどがゴクゴクなる振動が、ちん○に伝わってきた。

(先生、精液を飲んでる!?)

「修くん、すごいね。すごい量!」

「先生、汚いですよ」

「汚くないよ、ちゃんと洗ったんでしょ?」

「でも……」

「大丈夫、大人の女は、みんな飲んでるんだから」

「そうなんですか?」

いや、実際に飲む女性は少ないだろう。

今思うと、美咲先生は「精液フェチ」だったのかもしれない。

美咲先生は、少しうなだれたちん○に顔を近づけた。

「ほら、やっぱりいい匂い」

そう言って、後から垂れてきた精液の残りをペロッとなめた。

「こぼしたら、もったいない」

先生は、うっとりしたような笑みを浮かべた。

僕はただ呆然としていた。

「でも、すごく量が多くてびっくりした。修くん、オナニーとかしないの?」

「えっ!?」

僕は恥ずかしさのあまり、答えに詰まってしまった。

「昨日帰ってから、私のこと思い出して、してたんじゃないの?」

「してません!」

「恥ずかしがらなくてもいいんだよ。男の子がオナニーするのは、当たり前のことなんだから」

(そうなのか。確かにみんなよく話題にしてるもんな)

「でも、本当にしてないんです」

実際僕は、その日はオナニーしていなかった。

先生の裸体を思い出して、悶々としたまま寝付いたのだった。

実は当時の僕は、オナニーのやり方が、十分わかっていなかった。

ちん○をいじっているうちに、いつのまにか暴発することがあるだけだったのだ。

「それじゃあ、さっきの続きね。椅子貸して」

先生の声に、僕は我に返り、あわてて椅子から立ち上がった。

美咲先生は素早く椅子に乗って、しゃがんで股を開き、後ろの壁にもたれかかった。。

僕は立て膝気味の正座をして、先生のあの部分を覗き込んだ。

(あれ?さっきとちょっと違うぞ?)

陰核包皮から小陰唇にかけて、少しふくらんで、つやつやした感じに見えた。

(気のせいかな?)

美咲先生は、両手で小陰唇をゆっくり左右に引っ張った。

「修くん、何が見える?言ってみて」

(あ!かわいらしい)

百科事典の図からの想像では、女性器は大きくてグロテスクな感じだった。

ところが美咲先生のその部分は、想像よりもずっと小ぶりで、色もきれいだったのだ。

しかも、思っていたより立体的な造形をしていた。

色はピンクよりは赤く、赤よりはピンク、という感じだった。

「先生、すごくきれいです!」

「ね、何が見える?」

美咲先生の顔を見ると、ちょっと目が潤んでいる感じだった。

(あれ?先生、どうしたんだろう?)

「ええと……、ここが膣……かなあ?」

「穴みたいに見えるのが膣口だよ」

(そうか、ここが……。でもずいぶん狭そうだなあ)

「そう、ここに精液が入ると、赤ちゃんができるんだよ」

僕はドキッとした。セックスするというのは、そういうことなのだ。

「赤ちゃんが……」

無意識に声が出てしまった。

「修くん、そんなに心配な顔しなくてもいいよ。今からセックスしようってわけじゃないんだから」

「そ、そうですよね」

先生はニッコリとうなずいた。

「ねえ、もっと上の方、おへそ側に、何か見えない?」

「うーん?」

美咲先生は、指先で陰核包皮をツルッとむいてみせてくれた。

「あっ!えー、これが……、これがクリトリスですか?」

「そう。小さいでしょ?」

それは想像していたよりも、だいぶ小さかった。アズキ粒くらいだろうか?

「ここは敏感だから、絶対に乱暴にさわっちゃダメだよ」

あまりに頼りなげな外観のクリトリスに、僕はちょっと拍子抜けした。

「それから、クリトリスと膣口の間には、尿道口、おしっこが出る穴があるんだけど……、小さくてよく見えないかも」

確かにそれは、よく分からなかった。

「先生、膣の中の方って、見えますか?」

美咲先生は、小陰唇の膣口付近を、をグッと左右に広げてくれた。

「暗くてよく見えないでしょ?」

膣口は少し盛り上がっていて、ヌメヌメと光っていた。

その奥にはピンクのひだひだが見えたが、さらにその奥は深そうだったが、暗くてよく分からなかった。

「小さい……っていうか、すごく狭そうですね」

「そう?でも膣は柔らかくてよく伸びるから、修くんの大きいおちんちんでも大丈夫だと思うよ」

(えっ!?僕の?)

僕のちん○は、またトクトクトクトクと、小刻みに震え、よだれを垂らし始めた。

「何考えてるの?冗談冗談!」

美咲先生のからかいに、僕はちょっと腹が立った。

(ところで、処女膜ってどれだろう?先生って処女なのかな?)

そんなことを思いながら、じっと見つめていたら、膣口のあたりからツーッと透明な液が垂れてきた。

僕はその液を、思わず指先で受け止めた。

(少しヌルヌルするな……)

鼻に近づけると、ほんの少しメープルシロップのような香りがした。

その透明な液は、どんどん流れてきた。

僕はハッとして美咲先生の顔を見上げた。

先生の顔はほんのりピンク色に染まり、目は半分閉じている感じだった。少し息が荒い。

(大丈夫かな、先生……)

改めて先生の部分に目をやると、さっきと様子が違っていた。

(あれ?やっぱり気のせいじゃなかったんだ!)

小陰唇がだいぶふっくらとし、全体にとがったような感じになっていた。

左右がぴったりくっついていたはずなのに、今は先生が手で広げなくても、自然に左右に花開いていた。

(初めに見たときよりも、ずっときれいだ)

花びらの間に顔をのぞかせている膣口からは、タラタラとシロップがあふれている。

(なめてみたい!)

僕は思わず美咲先生の膣口に口を付けてしまった。

「だめ!」

美咲先生は、か細い声を上げた。

(え?おいしい!?)

美咲先生のシロップはほとんど無味だったが、ほんのわずかに塩味と甘味があり、ほんのりいい匂いがした。

(もっと飲みたい)

シロップはどんどん流れてきた。僕はのどを鳴らして夢中で飲んだ。

「だめ……、修くん、だめだよ……」

言葉とは裏腹に、美咲先生は僕の口に押しつけてきた。

僕は膣口に、舌をねじ込むようにしたり、膣口に唇をピッタリ付けてチューチュー吸ったりした。

(ん!?味が変わった!?)

シロップが少し濃厚になった気がした。

見ると、わずかに白っぽくなり、粘り気が増していた。

(あれ!?膣が見えたままになってるぞ!)

小陰唇がさっきよりもだいぶふっくらとし、完全に左右に花開いていた。

膣口は赤みを増し、少し出っ張ってきたように見えた。

そしてそこからは、タラタラとシロップがあふれて続けていた。
 
「先生……僕のせいかな?広がったままになってる……大丈夫かな?」

「そう、修くんのせいだよ」

美咲先生は、苦しげな息づかいをしていた。

「えー!?どうすれば……」

(先生は、僕のせいで……。大丈夫かな?大丈夫かな?)

美咲先生は、丸椅子からゆっくり脚を下ろした。

そして立ち上がりかけたが、フラッとよろめいてしまった。

僕はとっさに、先生を抱きとめた。

「大丈夫ですか!?先生?」

(あっ、先生のおっぱいが……)

僕の胸に、マシュマロみたいなものが押しつけられた。

「修くん……、ちょっと椅子に座って……」

「僕がですか?」

先生はコクリとうなずいた。

僕は先生を抱きしめたまま、壁ぎわの丸椅子を足でたぐり寄せ、ゆっくりと座った。

そして、美咲先生を自分の両ももの上に、横向きに座らせた。

(お、おしりが!)

美咲先生の、柔らかくて、しかも張りのあるおしりを、今、僕は受け止めているのだ。

胸がドキドキした。

「ねえ……、抱っこして」

先生はなんと、僕に向き合うように座り直した。

つまり、対面座位みたいな姿勢である。

(おっぱい……)

僕は思わず美咲先生を、ギュッと抱きしめた。

また胸にマシュマロみたいな感触を得て、ついうっとりしてしまった。

先生のおしりと太ももは、中学生にとっては、圧倒的なボリュームに感じられた。

(すごい、美咲せんせいって、抱くとこんなに柔らかくて、あったかくて……)

「修くん……、苦し…い」

「あっ、ごめんなさい!」

あまりに強く抱きしめたので、先生は息ができなかったのだった。

僕が腕の力をゆるめると、今度は美咲先生がギュッと抱きついてきた。

「修くん、私のこと、好き?」

僕は顔がカーッと火照るのを感じた。

塾で初めて会ってから、美咲先生はずっとあこがれだった。

この温泉プールで再会して、親しくなって、身体を見せ合って……。

僕はすっかり先生のとりこになっていた。

「ね、好き?」

「す、好きです!」

「どのくらい、好き?」

(え!?どのくらいって……)

「ねえ、どのくらい?」

「……」

大好きなんだけど、胸がいっぱいで、なんて言っていいかわからなかったのだ。

「……あそこなめちゃうくらい、好きなのかな?」

美咲先生はそう言うと、いたずらっぽく笑った。

(あ、先生笑った!よかったー!)

元気そうな先生の様子に、僕は安堵した。

「大好きです。先生のこと、ずっと前から」

「でも、こんなにエッチだって知らなかったでしょう?」

先生は、また僕が返答に困るようなことを言った。

「私がエッチだってわかって、嫌いになったんじゃない?」

美咲先生は、僕の右手をとり、おっぱいに導いた。

(あ!柔らかい!)

無意識のうちに、僕は指で乳首をサワサワとなでた。

(気持ちいいさわり心地……)

「あっ……、修くんのエッチ!」

「……僕も本当はエッチなこと、すごく興味があるんです」

美咲先生は僕を覗き込むようにして、挑戦的な笑みを浮かべた。

「そうだよね、修くんの身体は正直だもんね」

そして先生は、視線を下に向けた。

そこには、ピクピクピクピクとよだれを垂らし続けているちん○があった。

「私も、修くんのこと、大好き!……食べちゃいたいくらいね」

(えっ!?食べるって!?)

鈍感な僕には、本当に「鬼に食われる」ようなイメージしか浮かばなかった。

「さっきは飲んじゃったけどね、ふふ。あ、修くんも、私の、飲んでたでしょ?」

僕は急に恥ずかしくなった。

(先生の大事なところに、口をつけてしまったんだ!)

「先生、あんなに……シロップみたいのがたくさん……」

「もーっ!修くん、エッチ!そんなこと言って!」

「でも本当にたくさん……、あふれそうで、飲んでみたらおいしくて……」

美咲先生は、また僕をギュッと抱きしめた。

「もう言わないで」

先生はいきなり僕の唇を奪った。

(えっ!キス??)

もちろん、僕のファーストキスだった。

さらっとした、優しいキスだった。

すぐに唇を離した先生は、僕を愛おしそうにジッと見つめた。

そして、もう一度長いキス。

(え?舌?)

美咲先生の舌は、僕の唇を優しく愛撫する。

やがてその舌は、上の歯茎をチロッ、チロッと刺激し始めた。

そして、上下の前歯を巧みにこじあけて、僕の舌を探り当てた。

(なんか、すごくきもちいいな)

僕はもう、されるがままだった。

直接の刺激がないはずなのに、僕のちん○がビクッとした。

美咲先生の唇が離れた。

僕たちはもう一度唇を重ねた。

そのときである。素早く侵入してきた先生の舌は、突然僕の歯茎の裏側、硬口蓋をチロチロ攻撃してきた。

(あ、くすぐったい!)

と思った瞬間、下半身がカーッと火照り、しびれる感覚がちん○の付け根に集まってきた。

(え?何もさわってないのに!?)

僕のちん○は、一瞬縮こまり、美咲先生のあごを目がけて、乳白色の粘液を容赦なく連射した。

「あん!」

先生のあごを直撃した液体は胸に流れ落ち、その一部は頬にもかかっていた。

「もう!修くん!もったいないじゃない!」

(そんなこと言われても……)

「ねー、私の言うこときくって言ったよね?」

「……はい」

「じゃあ、これから、勝手に射精しちゃダメ!」

「えーっ!?先生、そんなの無理ですよお」

「ダメッがまんしなさい!」

「あのね、赤ちゃん作るだけが、セックスの目的じゃないんだよ」

(先生、何言ってるんだろう?)

「気持ちよくなるのも、大事なの。でも、一人だけ気持ちよくなっちゃだめ。二人で一緒に、溶け合うように気持ちよくならなきゃ」

「私たちは大学生と中学生だから、セックスすることはできないけど、修くんの将来のために、練習はしておかないとね」

今考えると、美咲先生はこのとき、自分の欲望と必死で戦っていたのだと思う。

戯れに裸で泳いでしまったことが、ここまで進展してしまうとは、誤算だったのだろう。

この日も、おそらく中学生をちょっとからかいながら、あわよくば、若いちん○をいじって、何度か精液を飲んでやろう、くらいに思っていたのかも。

自分のペースで楽しんでいたはずが、中学生が欲望のバーナーに点火してしまったのだ。

美咲先生は、注意深くセックスそのものを避ける一方で、セックスしてもよい理由を探しているようでもあった。

(溶け合うようにか……、さっきのキスは、そんな感じだったな。すごく気持ちよかったけど、セックスはもっと気持ちいいのかな)

「先生、精液汚いから、洗ってください」

僕は座ったまま左手を伸ばして、シャワーの栓をひねり、お湯を先生の胸にかけた。

ところが初め、冷たい水が出てしまった。

「きゃっ、冷たいよー!」

「あ、ごめんなさい!」

「もー。何慌ててるの?それに、精液は汚くないのに!」

そんなことを言いながらも、湯が温まったら、先生は僕にまたがったまま、素直にシャワーを浴びてくれた。

「修くんは、いつも一人で気持ちよくなっちゃうんだから!」

美咲先生は、ちょっと怒った顔をしていた。

そして、僕の首の後ろに両手を回し、両脚を腰に巻き付けるようにした。

「仕返し!私も気持ちよくなっちゃうから!」

先生は、腰をゆっくり一度、カクッという感じで、僕にぶつけてきた。

クリトリスが、ちん○の付け根に当たった。

(うわっ、すごくエッチな動きだ!)

美咲先生は、不敵な笑みを浮かべた。

次に、先生は腰をこねるような、左右に振るような動きをした。

濡れた小陰唇が、ちん○の付け根をねっとりとなめまわす。

それでも、すでに2回暴発済みのちん○は、その程度の刺激では、まだまだ無事だった。

それから、美咲先生は僕をギュッと抱きしめ、腰をゆっくりカクッ、カクッとぶつけてきた。

「あっ、あん……」

美咲先生は、眉間にちょっとしわを寄せ、なんだか苦しそうだった。

「先生、気分悪いんですか?」

先生は首を振った。

「気持ち……いいの」

先生は、さらに早いリズムでクリトリスをちん○にぶつけてきた。

見た目の刺激はすごいが、僕の身体には、あまり刺激は感じられなかった。

「先生、僕も……、僕も一緒に……」

「修くん……、一つになりたい?」

僕は思わずうなずいてしまった。

(あっ!でもそれは!)

絶対に越えてはいけない一線だということを、僕はわかっていたはずだった。

美咲先生は、からめていた脚を下ろし、僕のちん○の根元に手を添えた。

そのまま立ち上がるのかと思ったら、少し上げた腰を、そのままゆっくりと沈めた。

(え!?セックス!?)

ちん○に、温かくて柔らかくて……、じんわり心地いい感触が伝わってきた。

しっかり濡れていたためか、過敏な亀頭に痛みを感じることはなかった。

「先生、赤ちゃんが!」

「大丈夫、妊娠しないから」

「え?」

「生理痛の治療のおくすりを飲んでるから、今は大丈夫なの」

(そんな薬があるんだ!?)

僕はそれを聞いてホッとした。

「修くん……、絶対に内緒だよ、このことは」

「はい」

(あー、とうとう美咲先生と、セックスしてしまった!)

僕は舞い上がるような、でも怖いような、高ぶりながらも複雑な気持ちだった。

僕たちは、自然にキスをした。そして、お互いギュッと抱きしめ合った。

そして、僕が先生のおしりをグッと引き寄せたときである。

「あん!」

どうやら、欲望のスイッチが入ってしまったらしい。

美咲先生は、クリトリスを僕の恥骨にグリグリとこすりつけ始めた。

「ん、あ、いい……」

僕はもう一度、先生のおしりをグッと引き寄せてみた。

「やん!……ダメッ」

美咲先生は、突然腰を小刻みに、カクカクカクと、速いペースで前後に振り始めた。

ときおり腰を左右にクネックネッ、と振ったり、こねるような動きもした。

(あれ?でも思ったほど気持ちよくないな)

美咲先生の身体の中は、温かくて、とても心地よかった。

僕は精神的な満足感でいっぱいだったが、すでに2回暴発済みのちん○は物足りなげだった。

それに、当時オナニーすら満足にできなかった僕は、ピストン運動などとても思いつかなかった。

ちょっと疲れていたちん○は、少し柔らかくなりかけていた。

(あれっ!?変な感じ……)

美咲先生の腰の動きが大きくなると、柔らかくなりかけたちん○が、前後左右に大きく揺すぶられ、むちのようにしなった。

亀頭が膣の前壁・後壁を往復ビンタのようにたたく。

(うわっ!すごく気持ちいい!)

亀頭と裏筋あたりを何度も叩かれるように刺激され、くすぐったいような、ムズムズする快感の波が襲ってきた。

「あっ、あっ、すごい……、壊れちゃう!」

がぜん硬度を増したちん○は、美咲先生のGスポットをえぐるように責め立てていたのだ。

「あんっ!いっちゃう!いっちゃう!」

美咲先生は、切なげな声をもらした。

あのくすぐったいような、しびれるような快感の波が、どんどん増して、亀頭からちん○全体を包み込んだ。

「先生!もう出そうです!」

「私もイク!、アッアッアッアッ……」

美咲先生の、腰の動きが一段とスピードを増した。

そのとき、亀頭、裏筋辺りに、今までと違うコリッとした物が当たってきた。

「当たってる、当たってる……」

美咲先生も、何かに亀頭が当たっているのを感じているようだった。

ちん○全体に、ブワーッと、それまで経験したことのない、快感の大津波がおそった。

ちん○がギュッと縮みこんだその瞬間、付け根付近がギュっと締め付けられ、直後にちん○全体に、搾り取られるような感覚が襲った。

ビュッ、、、ビュッビュッビュッビュッビュッビュッ……

「アッアッアッアッ……」

ちん○がドクドクビクビクと精を放つのに合わせるように、美咲先生の腰はビクビクビクっと前後にけいれんした。

まさに、搾り取られる、という感覚だった。

気がつくと、僕たち二人は、汗びっしょりだった。

僕たちはつながったまま、ギュッと抱きしめ合って、キスをした。

「もう、修くん、すごいんだから!」

実は僕はほとんど動いておらず、すごかったのは先生のほうなのだが。

(絶対にしてはいけないこと)

そう思う気持ちが、かえって美咲先生を燃え上がらせてしまったのだろう。

(セックスって、こんなに気持ちいいものなのか……)

「先生、僕たち、溶け合いましたよね?」

「もう!知らない!」

美咲先生は、恥ずかしそうにはにかんだ。いつものえくぼが見えた。

What do you think of this post?
  • エロくない (1)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!