【メンヘラ体験談】僕に告ってきた派遣の子に言った『性処理なら使ってもいいよ』③


【メンヘラ体験談】僕に告ってきた派遣の子に言った『性処理なら使ってもいいよ』①
【メンヘラ体験談】僕に告ってきた派遣の子に言った『性処理なら使ってもいいよ』②

まいをレイプしてから一週間たった。

あれからまいとはセックスしてない。

正直、小心者(てか普通)あれほどのことをしたあとは怖かった。

次の日会社に来たときに会社にバレてクビになったらどうしよう、とか。

実際、会社にはバレた。

というかまいが自分でしゃべった。



ただまいのバカなところはそれを自慢げに話したところ。

僕のマンションの前で待っていたらファミレスに「連れていってもらった」。

ファミレスで「セックスしないかと言い寄られた」。

車で夜景の綺麗な所に連れて「いってもらった」。

しかも僕が彼女にプロポーズした場所で。

山奥でカーセックスをした。

家に送ってもらった。

家で眠るまで一緒にベッドにいた。

二人の写真を撮った。

捉え方の違いはあれど、まいはほぼ忠実に真実をしゃべった。

が、誰も彼女を信用しなかった。

まず彼女が僕のマンションに入れてもらえなかったところから始まり、

「彼氏」が「彼女」にするような仕打ちじゃないと散々女子連中に突っ込まれてた。

いつもは相手にしない彼女らも今回はまいがしつこい上に、セフレ、便器宣言されたことを隠して話すものだから辻褄があわず、更に一緒に撮ったという写真も携帯にはなく、

(僕が気づいて消したのだから当然なんだがw)

まい「でも彼はわたしに優しかったの!」

といわれている当の僕がその間全く、まいと口を聞いていない、というのが追い討ちになった。

全てはまいの自業自得、僕の社内営業の成果だ。

僕は逆に会社の人間から同情を得た。

女子たちは僕に優しくなり、男どもは僕に同情した。

男どもの中には「本当にヤったのか?」と聞いてくるものがいたが、

「普通、あんなあぶない女に手を出すか?」

と笑って答えた。

嘘はついていない。

「手を出すか?」

とは言ったが、

「出してない」

とは言ってない。

ただ僕は付き合っている彼女には嘘をついている。

と思う。

まいをレイプした日は会社の人間と朝までいたと言った。

これは本当。

彼女はそれ以上聞いてこなかった。

この一週間で2日間彼女の家に泊まった。

浮気してるかと聞かれなかったし彼女のことしか愛していないのも事実だ。

風俗は浮気に入るだろうか?

風俗と同じようにセックスするだけの関係は浮気に入るだろうか?

男ならわかってもらえるだろうが、恋愛感情と性欲は完全に別物だ。

しかも一番好きな女と、性欲を発散したい対象はまた別になる。

特に僕の場合は恋愛感情と性欲は全く別のようだ。

つまり

まいとまたセックスしたくなってきた。

あれから一週間の間にまいは何度も、多分ほぼ毎日僕のマンションにいたらしい。

「いたらしい」というのは、この一週間マンションに帰ったのは2日間のみ。

休みの前の日は彼女の部屋に泊まったしその他はなんだかだと理由をつけて実家に泊まったりした。

マンションに帰ったときも、一度目はまいが僕のマンションの前で座って眠りこんでて、その隙に知らんふりしてマンションに入り、二度目は、マンションの前で見かけたときにまいの携帯にワンコしてかけなおさせ、近所のコンビニに誘導し、その隙にマンションに入った。

(当然、翌日まいは僕の携帯から着信があったと言ったが、僕は正直にみんなに上記のやり取りを話した。みんなまいを無視した。)

ただ一週間もすると、山奥でレイプしたあの衝撃や、部屋で全身舐めさせたあの感覚がよみがえってきた。

女を物のように扱うあの感覚。

僕の中にそんな黒い感覚があるのを知ってなんだか僕は楽しかった。

翌日休みで彼女が仕事の日、僕は先に泊まりにいかないことを告げ、会社の人間と飲みにいくと伝えた。

実際、会社の人間と飲みに行った。

ただ、行く前にワンコした。

まいに。

すぐ着信があった。

そして今日泊まりに行くことだけを告げて携帯を切った。

通話時間は大体15秒も無かった。

これなら通話時間で他人が怪しむこともない。

しかも彼女からの電話だ。

なんとでも周囲に言い訳できる。

飲みに行ったのは少人数で3人。

僕は彼女の家に行く「かも」ということで早めに切り上げるよう先に行っておく。

残り2人も後輩と妻帯者なので問題はなかった。

話題はやはり、まいの話になった。

あれはないよなぁ、と僕と妻帯者で話していた。

僕はちょいポチャ(といっても肉感的なという意味で)が好きなので、まいは無いなぁ、という話をしていると、後輩が、

「贅沢ですよ~」

と言ってきた。

どうも後輩はまいのことが最初好きだったらしい。

実際、見た目は吉高由里子に似てるし、色も白いし服のセンスも悪くない。

ただ腕とかすごい細くて、あばら骨が透ける肌の上に胸が乗ってる感じが僕にはどうしてもダメだった。

もっとも嗜虐心をそそる、という意味ではよかったが。

もちろんそんなことも言えずただ細身がダメだというと、後輩はそれがいいらしく、ちょっとプライド高めなところがますますよかったらしい。

が、僕のことを好きだと公言するようになって行動も発言もおかしくなり、正直ガッカリしているということだった。

僕は悪いねー、でもあれはヤバいって、なんて聞き流すふりをしていたが、まいを後輩に抱かせるのも面白いかな、と思ってきた。

彼女のプライドを落とす、そういう行為を僕は求めているようだった。

まだ終電も余裕な時間に解散し、僕はまいのマンションへ向かおうとした。

さすがに今日は僕のマンションに張り込んでないだろうと思って念のため公衆電話からかけてみた。

まいは僕のマンションで待ってた。

呆れたもんだ。

僕はまいに自分のマンションに戻ってくるように言った。

僕は二度とまいを信用しないことにした。

電車に乗る前に駅前のドンキに寄った。

ちょっとした買い物をするためだ。

とは言っても僕もまいを騙し打ちしてるよな、と思って電車の中でちょっと笑ってしまった。お互いに信用していない関係、肉体だけの関係には一番いい関係のような気がする。

まいのマンションには僕が先に着いた。

近くのコンビニで立ち読みしてるとまいが入ってきた。

まいは僕に気づくとうれしそうに近づいてきた。

まい「やっぱり会いたくなったんだー!」

かなりムカついた。

僕のドンキの袋を見て、

まい「お泊りセットですかー?」

とかのんきに笑ってた。

僕はまずまいの携帯を出させた。

まいから携帯をとりあげると、ロックのかかっていないまいの携帯に僕の暗証番号でロックをかけた。

まい「なにするんですかー!?」

と怒った顔をする(ふり?)まいの携帯を閉じて返す。

まい「勝手に携帯とりあげないでくださいー。」

とちょっとうれしそうに笑いながら携帯を開ける。

当然、ロックがかかっている。

まい「なんでロックかけるんですか?」

語尾が伸びてない。

僕「お前が勝手に写真撮ったりしないようにだよ。バカ女。」

まいはかなり不満そうな顔を浮かべる。

というか明らかに怒っている。

意外と怒った顔は初めて見るかもしれない。

マンションまでの道筋、何度も携帯をイジっている。

まい「ちょっとロック外してください」

僕「帰るときに外してやるよ」

まい「友だちからメールきたらどうするんですか」

僕「メールや電話がきたらはずしてやるよ。」

まいは不満そうについてくる。

まいに鍵を開けさせてマンションに入る。

部屋に入る前に、

僕「お前デジカメ持ってるだろ」

まいは僕の顔も見ずに、

まい「持ってないです」

僕は返事もせずにエレベーターへ戻っていった。

まい「持ってないです、ホントに持ってないです!」

僕は無言でエレベーターに乗る。

まいも無言で入ろうとする。

僕「カギかけ忘れてんじゃないの?」

まいはあわてて部屋に戻る。

僕は黙って1階のボタンを押す。

マンションから出ようとしたときにまいが走って追いかけてきた。

小声で、

まい「ないです、本当にないんです」

僕「パソコンは?」

まい「・・・持ってます」

僕「じゃぁパソコンの写真フォルダは空だよな?」

まい「え・・・?」

僕「お前のパソコンの写真フォルダは空だよな?」

まい「いや・・・あの・・・妹から借りたデジカメで・・・撮った写真が・・・」

僕は黙って駅へ向かった。

まい「ごめんなさい!ごめんなさい!思い出しました!あります!」

僕は黙って振り返るとまいの髪をつかむ。

そのまま頭を斜めに軽くひねった。

まい「いたい!いた・・・あの・・・」

僕「つまんないウソつくんじゃねぇよ。」

僕はこのとき正直かなり興奮していた。

部屋につくまでまいはしおらしかった。

部屋に入ってまずデジカメを出させた。

僕はデジカメの電池を抜いて、ドンキで買ってきた小さな金庫にしまった。

そしてダイヤル錠の錠前でカギを閉めた。

僕「この部屋にこれを置いといてやる。よかったな、俺のものがお前の部屋にあって。」

僕「錠前は毎回持って帰るからな。お前のことだから全パターン試しそうだしw」

まいはかなりショックを受けたようだった。

まさか自分が信用されているとでも思ってたんだろうか。

次に僕はまいに「脱げ」と言った。

僕はまいの部屋の玄関近くで立ったままだった。

今からセックスをしそうにない雰囲気で脱げと言われて、まいは若干怯えているようにも見えた。

僕は黙って待っていた。

僕が一切まいに妥協しないのはもうわかっているはずだ。

まいはゆっくりと脱いで下着姿になった。

そこでしばらく待っていたが、僕が何もリアクションしないのを見て全裸になった。

全裸になって少し僕から距離をとった。

多分前回外に放り出されたのが効いてるんだろう。

学習能力がないわけじゃない。

僕はそこで携帯を取り出すと、胸を隠したまいを撮った。

まいは力なく「あ・・・」と言った。

胸とアソコ(っても毛しか見えないが)を手で隠そうとする。

何度か撮ったあと僕は「顔が丸見えだけど?」と言った。

僕はその写真を自分のパソコン携帯へ転送し、そのメールを見せた。

僕「わかってると思うけど、僕写ってないしお前の顔写ってるよね?」

僕「なんかあったらみんなにバラまくよ?」

多分、この脅しはまいには通じない。

なのでもうひとつ手を打つことにした。

僕はまいの部屋にあがると、もう一度携帯を取り上げて黙って部屋を出た。

まいはあわてて服を着てついてくる。

近くの自販機でタバコを買い、そのままマンションへ帰る。

まいは黙ってついてくる。

僕は黙ってまいの携帯を操作し、あるアドレスを僕の携帯へ赤外線で転送した。

まいには僕の操作は見えない。

まい「なに・・・してるんですか?」

僕は黙って転送して僕の携帯に入ったデータを見せた。

まいの父、母、妹のアドレスだった。

まいはさすがに顔を赤くし、

まい「ちょ・・・!!」

と言って僕から携帯をとりあげようとした。

僕はまいにまいの携帯を返す。

僕「さすがに親や妹に部屋撮りの裸写真は見せらんない?」

まいは涙目になってきた。

僕「最悪親が乗り込んでくるかもね。」

僕「僕が悪いっても当然写真はフリーメールで送るし、例えば2chとか掲示板に貼ってアドレスを家族に送ってあげてもいい」

まい「・・・ひどい・・・」

僕「だろ?自分でも信じられないよ」

僕は多分すごく「いい」顔で笑ってたと思う。

まいの部屋に戻るとまいは心底うなだれたようだった。

これで僕を見限ってくれても、それはそれでよかった。

でもまいはこれでも折れない気がしてた。

なんとなく、そんな確信みたいなのが。

僕はいつもより悪ぶってw机の上に足を乗せてタバコを吸ってた。

まいはしばらくうなだれていたけど、

まい「シャワーあびてきていいですか?」

と聞いてきた。

返事をしないでいると黙ってシャワーを浴びに行った。

【メンヘラ体験談】僕に告ってきた派遣の子に言った『性処理なら使ってもいいよ』④へ続く

What do you think of this post?
  • エロいいね (1)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!