【小学生時代の体験談】同級生にヌードを描いてほしいと言われ、写生したら射精してしまった③


【小学生時代の体験談】同級生にヌードを描いてほしいと言われ、写生したら射精してしまった①
【小学生時代の体験談】同級生にヌードを描いてほしいと言われ、写生したら射精してしまった②

N江の部屋で初めての射精をしてから、恥かしくてまともにN江の顔を見れなくなりました。

心配して「大丈夫?」って声をかけてくれているのに僕はそっけない返事ばかりで次第に僕とN江は疎遠になって行きました。

やがてそのまま小学校も卒業し、僕らは同じ中学校の門をくぐりました。

でもN江とは違うクラスになりました。

何となくN江のことが気になってはいましたがモヤモヤした日々が続き、部活をする気にもなれず授業が終ったらまっすぐ家に帰る日が続きました。

しばらく絵筆も握っていませんでした。



いつの間にかオナニーをおぼえた僕は一端のエロガキに成長していました。

秋になって学校際が始まりました。学校の中が一気に賑やかになりました。

たまたま通りかかった教室は美術室でした。

他の教室と違いその部屋だけは静寂が漂っていました。

僕は吸い込まれるように中に入りました。

たくさんの油絵が飾られていました。

その中にN江の油絵がありました。

...N江ちゃんは美術部に入ったんだ...

静物画でしたが、力強くしかも繊細で見る者の心を動かすのに十分な迫力がありました。

すごい...上手になってる...

その絵は小学校の頃のN江のタッチとは明らかに違い、感性が磨かれ努力の跡がハッキリとわかる絵でした。

僕はしばらくその絵に見とれていると、いつの間にか横にN江が立っていました。

「わ、N江ちゃん」

「ひさしぶりね、Sくん。元気だった?」

ほとんど1年ぶりの会話でした。

「これN江ちゃんが描いたんだ...うまいね」

「ありがとう」

「僕、油絵って描いたことないや」

「先生のおかげ。とても楽しいよ」

水彩画と油絵の表現はまったく違いました。

「ねえ、Sくん...」

「ん?」

「何で美術部に入らないの?」

「え?何でって...」

「私、絶対Sくんは美術部に入ると思って...ずっと待ってるのに...」

「...」

「私、顧問の先生にも話してるの。2組のSくんはすごいんだって」

「...」

「ねえ、今からでも遅くないから入ってよ。一緒に絵を描こうよ」

「う、うん...」

正直、N江の成長した絵を見て自信喪失になってましたが勢いに押された感じでした。

「ホント?じゃあ、今度体験入部してみてよ。私、顧問の先生に話すから」

「うん」

一週間後の放課後、僕は美術部の門を叩くことになりました。

「あら、いらっしゃいSくん」

美術の授業も担当していた先生なので何度か話をしたこともありました。

年配の女性ですが、優しくて好きな先生でした。

「美術部に入ってくれるの?」

「まだ...決めたわけじゃないんですけど...」

僕の横でN江が不審そうな顔をしていました。

「とりあえず何か描いてみない?」

「はい...」

「これなんかどうかな?」

デッサン用の作り物のリンゴでした。

僕はそれを見ながらスケッチブックに鉛筆を走らせました。

15分くらいでだいたいの形はできあがりました。

「やっぱり上手ね。Sくんは写真みたいな絵を描くのよね。でも...」

「でも?」

「完成度が高すぎるの。中学生らしい元気さがないのよ」

「そう...ですか?」

「例えばね...ちょっとこの絵の上に私がスケッチしてもいいかしら?」

「はい...どうぞ」

先生はシャカシャカと僕の描いた絵の上から鉛筆を走らせました。

みるみる絵が息を吹き返したように元気になって行くのがわかりました。

僕の喉がゴクリと鳴りました。

「...すごいですね...先生」

「あなたならわかるでしょ?」

「はい...わかります」

「美術部で活動してみない?」

「はい...よろしくお願いします」

「キャー!!やったあ!!」

N江が飛び上がって喜んでいました。

僕は美術部にお世話になることになりました。

ある日の放課後、僕とN江は美術室で絵を描いていました。

その時はたまたま二人きりでした。

「ねえ、Sくん」

「ん?」

「たまには私の家に来ない?」

「え?いいの?」

「うん、一緒に何かスケッチしようよ」

「うん」

その週の日曜、僕はN江の家を訪ねました。

1年ぶりでした。

「こんにちは」

「どうぞ、あがってー」

久しぶりに入ったN江の部屋は少し華やかになってました。

「何か部屋の感じ変わった?」

「そう?ピンク系の物が増えたからかなあ」

「まあ、座って。お茶でもいれるから...」

たわいもない会話をしたあと、デッサンをすることになりました。

最初は花瓶や果物などをスケッチしてましたが、

つい1年前、この部屋でN江は全裸になった記憶が何度も甦ります。

N江も忘れるはずがありません。ついつい話はそっちの方へ行ってしまいます。

「ねえ、ここでN江ちゃんのヌード描いてから1年たつんだね」

「それ言われるとすごく恥かしい。何であんなことしちゃったんだろ」

「裸婦像の本があって、それが好きって言ってたけど」

「そうそう。それでSくんにヌード描いてってお願いしたんだったね」

「あの絵ってまだ持ってる?」

「あるよ」

N江は3枚の絵を出してきました。

よつんばいにさせて後ろから描いた絵だけがボロボロになっていました。

「何でこれだけボロボロなの?」

「あんまり深いことは聞かないで」

「でも知りたい。ずっと見てたの?」

「うん...見てたといえば...見てたかな」

「恥かしいって言ってたのに?」

「うん...でも、この絵は衝撃的だったから」

「どんな時に見てたの?」

「え?それ言うの?」

「確か夜になったら見るとか...言ってたよね」

「やだあ、おぼえてたの?恥かしい」

「もしかして...オナニー...とか?」

「違う違う。絶対違うから...」

僕もオナニーをおぼえたばかりだったので女の子のオナニーには興味津々です。

でも、N江の顔が真っ赤だったのを記憶してます。

「僕もあれからオナニーするようになったけど、N江ちゃんもするんでしょ?」

「え?しないしない。しないよお」

「え?だって女の子は中学生くらいになるとするって本に書いてたけど」

「しないから。それって何の本なの?」

「友達に借りた本だけど。思春期になると女の子はクリトリス触りだすって」

「そんなことまで書いてんの?」

「1回もしたことないって言う子に限ってウソついてるって」

「え?」

「ねえホントのこと教えてよ。したことあるんでしょ?」

「ええ?そ...そんなこと...」

「僕も教えるからさ。ねえ、したことないってことはないんでしょ?」

「ううん...そりゃ...まあ...ないことは...ないけど...」

「あ、やっぱりしたことないって言う子はウソってホントだった」

「でも、したことあるっていうだけで...ところでSくんはしてるの?」

「僕、ほとんど毎日してるよ」

「毎日してるの?」

「うん、だってしたくなるから。でもそれって健康な証拠だって」

「男の子って大変ね」

「ねえ、N江ちゃんってどれくらいしてるの?」

「そんなにしてないって」

「誰にも言わないから教えてよ。僕だって教えたんだし」

「だって、私女の子だし...恥かしいし...」

「ホントに誰にも言わないから。ねえ、教えて。約束するから」

「もしかして、また針千本?」

「飲む飲む。約束する」

「じゃあ、誰にも言わないでね」

「うん、わかった。で?どれくらいしてんの?」

「あの...週に1回くらい...」

N江はもじもじしながらも正直に答えてくれました。

「ホント?少なめに言ってない?」

「本当だよ」

「ねえ、ホントに1回だけ?」

「本当だって」

「僕だって正直に教えたんだからホントのこと教えてよ」

「えー、本当だってば」

「ねえ、正直に教えてよ。お願い」

「え?まあ...たまにね...週2回くらいする時もあるけど...」

「ほらやっぱりウソついてた。針千本って約束したのに」

「え...ゴメン...」

「それでも男に比べるとやっぱり少ないんだね」

「...女の子は気持ちでするから...」

「...どんな時にしたくなるの?」

「え?そんなこと聞くの?」

「教えてよ」

「うーん、何かねえ...テレビでエッチっぽいシーンが流れた時とか...」

「それから?」

「あとはね...これはあんまり言いたくないんだけど...」

「何?」

「去年の...ヌード描いてもらった時のことを思い出した時とか...」

「どの絵を描いた時?」

「これ...」

「あ、だからこの絵だけボロボロなんだ」

「ねえ、恥かしいから絶対絶対絶対、誰にも言わないでね」

「うん、わかってるって」

「ホントにね。お願いよ...」

「ねえ、去年この絵描いている時のことだけどさ...」

「もう...その話するの恥かしいよ」

「アソコからトローっと何か垂れて落ちたでしょ」

「えー、それもおぼえてるの?早く忘れてよー」

N江は耳たぶまで真っ赤になっていました。

「あれってもしかして愛液っていうやつ?」

「何でそんなこと知ってんの?もう...恥かしいからやめて...」

「ね、そうなんでしょ?」

「うん...たぶん...Sくん、あれからいろいろおぼえたんだね。恥かしい...」

「女の子って興奮すると濡れるって言うけど、興奮してたの?」

「興奮以外でも、恥かしいって気持ちを持っただけでも濡れるの」

「そうなの?」

「うん」

「恥かしくて興奮したとか?」

「興奮はしてないから...」

「え?そうかなあ?」

「そうかなあって」

「男は興奮すると勃つけど、女は濡れるって書いてたけどなあ」

「そうなの?...」

「でも僕、恥かしいだけじゃ勃たないなあ」

「女の子は身体の仕組みが違うの...」

そんな話をしていたら僕の股間が大きくなってきました。

「ちょっとお...それ...」

「だって、去年もこうなったじゃん」

「そうだけど...Sくん興奮してるの?」

「うん...ちょっと...」

N江も目がうるんでいたような気がします。多少なりとも興奮していたんでしょう。

「ねえ」

「ん?」

「N江ちゃん、さっき恥ずかしいだけでも濡れるって言ったよね」

「う...うん...言ったけど...」

「N江ちゃんも、もしかして...今、濡れてる?」

「え?わかんないよそんなこと。何でそんなこと聞くの?」

「ん...何となく...ちょっと触って確認してみてよ」

「いやよ。そんなことすんの」

「お願いだからさ」

「濡れてないから」

「そうかなあ...僕の予想だと濡れてると思うんだけど...ねえちょっとだけ」

「もう...Sくんすごいエッチになったんじゃない?」

「だって、そりゃあ男だから、ねえ触ってみてよ」

「もう...」

僕はエロガキモード全開でした。

N江もちょっと引き気味でしたが、無理やり確認させてしまいました。

N江は後ろを向き、ゴソゴソとパンツの中に手を入れました。

「どう?どう?」

「うん...ちょっと...濡れてる...」

N江はあわててティッシュで指を拭きました。

「やっぱり」

「何でわかったの?」

「だって去年、絵を描いてるだけでトロトロ垂れるくらい濡れてたし」

「もう...恥かしいよ」

N江もこの変な雰囲気にすっかり飲まれてしまったようでした。

「N江ちゃんって濡れやすい方なんじゃない?」

「うん...もしかしたら...そうかも」

「絶対そうだよ。あんなにトロトロ垂れて落ちるくらいだもん」

「それが悩みでもあるんだけど」

「そうなんだ」

「あの...実は私ね...」

「何?」

「ううん、やっぱりいい」

「え?何?気になるよ。教えてよ」

「あ...あのね...」

「うん」

「一番最初にスケッチしてもらった時あったでしょ?」

「ああ、あのアパートの屋上で描いたやつ?」

「うん。実はね...その時もすごく濡れてたの...」

「え?そうなの?」

「うん...その時ね、実はヌード描いてもらうこと想像してたの...」

「そんなこと考えてたんだ」

「顔が赤くなっちゃうのが恥かしくて...それに...」

「それに?」

「パンツの中がすごくベタベタしてて...落ち着かなくて」

「そうなの?」

「そんなに濡れちゃうなんて思ってなくて」

「うん」

「スカートに染みちゃったらどうしよう...とかいろいろ考えてて」

「だからモジモジしてたの?」

「うん...恥かしい...私やっぱりちょっとエッチなのかも」

「絶対そうだよ」

「そんなはっきり言われちゃうとすごい恥かしいけど...」

「Sくん、何か...変わったね」

「そう?」

「うん、すごくエッチになった」

「そうかなあ」

「去年までは芸術家みたいなイメージだったのに」

「芸術家ってスケベなんじゃないの?ヌード描くんだし」

「そうだけど...もっとキレイなイメージだった」

「そう?僕、昔から変わらないけどなあ」

「私がヌードを描かせたから目ざめちゃったのかな」

「そうかもね」

「でも...」

「ん?」

「でも、ね...今年も描いて欲しいな」

「ヌード?」

「うん」

「濡れちゃうし、恥かしいんじゃなかったの?」

「でもね...やっぱり描いて欲しい...ダメ?」

「いや、僕は全然ダメってことはないけど」

「描いてくれる?」

「もちろんいいよ」

「ホント?私、Sくんの前だけは正直になれるから好き」

「それはれうしいけど、N江ちゃんもけっこうエッチだよね」

「うん...それは否定しないけど...」

「また、何か気に入った絵が見つかったの?」

「うん。実はね...これ...この本なんだけど」

「浮世絵?」

「うん...枕絵とか春画っていうんだけど...」

「ちょっと見せて。わ、これ、モロじゃん」

「すごいでしょ」

「絵は古いけど、男性の性器...すごい太いなあ。女性のも妙にリアルで」

「これ、お父さんが持ってたの...」

「N江ちゃんのお父さんが?」

「うん...で、いない時にこっそり見てたんだけど...」

「え?そうなの?」

「これ見てると去年のこと思い出しちゃって...」

「うん」

「何度もSくんの顔が浮かんじゃって...」

「で、僕にまた描いて欲しい...と」

「うん...」

「これ、どうするの?男の人も描くの?」

「こういうページもあるの」

「わ、女の人がオナニーしてる。これって何入れてるんだろ?こけし?」

「わかんない...けど、張形って書いてるね」

「もしかして、N江ちゃんのオナニー描くの?」

「というか...」

「でもN江ちゃんって前に僕が描いた絵でオナってたんでしょ?」

「そう言われると...そうだけど...」

「ということはN江ちゃんって自分の姿見てオナニーするの?」

「というか...その時の情景を思い出すの」

「そういうことか...納得。じゃあ、題材は何でもいいんだ」

「うん...」

「じゃあ、また僕がポーズとか決めていいってことだね?」

「う...うん...」

「で、できるだけ恥かしい方がいいんだよね?」

僕は意地悪いことを言いたくなりました。

「いやあん、そんなこと言われると恥かしいよ」

「だってホントのことじゃん」

「まあ...そうなんだけど...」

「じゃあ、ひとつ描きたいものがあるんだけど」

僕は思い切って言ってみることにしました。

「なあに?」

「N江ちゃんのアソコのアップ」

「え?そんなもの描くの?」

「ピッタリだと思うんだけど」

「うん...Sくんが見て汚らしいものでなければ...描いて...」

「全然汚くないよ」

「そう?」

「去年はアソコから垂れてくるものは描かなかったけど、今回は描くよ」

無意識のうちにN江のMの部分を意識していたような気がします。

「うん...全部正直に描いて」

「了解。どうするの?今から描く?」

「ちょっと...心の準備させて...」

「うん、いいよ。いつがいい?」

「来週...なら、大丈夫だと思う」

「いいよ。じゃあ、また来るね」

「うん...」

「じゃあ、僕そろそろ帰るね」

「うん...気を付けて帰ってね」

「じゃあ、また来週」

僕は家に帰りました。モヤモヤした気持ちになり眠れませんでした。

【小学生時代の体験談】同級生にヌードを描いてほしいと言われ、写生したら射精してしまった④へ続く

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!