【寝取り体験談】テニススクールの人妻にパイズリしてもらいました、私の浮気の病気が再発した瞬間です


私(投稿者 白石 48歳)は懲りないバツ3の男です。

今はフリーです。

仕事はテニスのコーチをしています。

小学生のときから始めたテニスで、中学のときはそのとき住んでいた県大会で個人で決勝戦まで行きました。

高校はテニスで進学し、高校総体にも出ました。



しかし、大学生のときに肩を痛めてしまってからは思うような戦績が出ず、就職は普通に一般企業に就職しました。

しかし、10年前、高校時代の仲間より誘いがあり、テニススクールを運営することにしました。

意外と、生徒はたくさん集まり、うまく運営できていると思います。

午前は身体を動かしたい主婦。

夕方からは学校帰りの学生、夜からは会社帰りの会社員やOLさん。中にはもちろん、選手を目指しているような本格的な方まで。

実は、この仕事を始めたことで、私の浮気の病気が発生してしまい最初の妻と離婚。

その後、サークルに通ってくる女性と結婚、離婚を2度も繰り返してしまい、一緒に運営している仲間にはもう次はないぞ!と、きつくお咎めを受けてしまっている。

まあ、確かにうわさが広まると生徒も集まりにくくなるわけで、そうなると、私一人の問題ではなくなってしまうのはよくわかっているつもりだった。

それでも、テニスをしているときの女性の揺れるおっぱい。ヒラヒラと捲れあがるスカートから覗く白いアンダー。

3度目のバツから1年半。そろそろ我慢の限界。私の浮気性の病気がむくむくと復活していくのが自分でもわかりました。

ある日のこと。

それは、主婦の方たちへいつもどおり、指導していたとき。

私がラリーをしていた奥様の中の1人が、足をくじいてしまい、倒れこんでしまいました。

私はとっさに、駆け寄り、具合を見ました。

その奥様は自分では歩けないというので、私はおんぶをして、治療室へと連れて行き、応急処置を施しました。

念のため、いつもお世話になっている、病院が近くにあるため、診察してもらいその日は、その奥様は病院からタクシーで帰宅しました。

軽い捻挫で済みほっとしていました。

私は、そのまま元に戻り、一日仕事を終えて、夜、その奥様の様子を伺うとともに、ご主人に経緯を説明しようと向かいました。

ご主人は、私の予想をはるかに超える剣幕で怒りをぶつけてきました。

何か、妻をかばうためというより、私にクレームをつけたいだけのような感覚を覚えました。

病院では、1週間もしたら普通に歩ける程度といわれていました。

テニスをするまでとあんるともう少しかかるといわれていました。

奥様は復帰したいといっていましたが、ご主人は今日にでもやめさせたいといって聞きませんでした。

私は、1ヶ月位して、奥様の状態がよくなったときに判断しましょうと提案。

しかも、さかのぼって、退会手続きをしてもいいですよと約束しその場を収めました。

その後、何度か仕事帰りにお見舞いがてら様子を伺いに訪問しました。

そのたびにご主人が対応され、なかなか奥様に会うことができません。

いつしか、奥様の様子を伺いに訪問しているのではなく、奥様をこのご主人から奪ってみたいという願望が芽生えてしまっていました。

その奥様は、たくさんの生徒のうちの1人。今までの中で、特別目立って美人の方というわけではありませんでした。

本当に純粋に空いた時間にテニスで身体を動かしたいという目的で来てくれていた方。

他の奥様や生徒の中では一部、色気を使って誘うようなしぐさをしてみたり、ここでいいことあるかも見たいな気体をあきらかにしてそうな方も見受けられます。

でも、奥様はそんなそぶりは一切見せたことはありません。

だから、復帰もしたかったのでしょう。

そんな奥様も一人の女性。あんなご主人だと、いい夫婦関係であるはずがない!と勝手に決めつけ、作戦を練り始めました。

これは以前休憩時間に、奥様に聞いた話です。

その奥様は、年齢は37歳。結婚して8年が経つそうです。ご主人は5歳上。同じ会社で知り合い、結婚したそうです。

2人の間に子供はいないそうです。だから、休みの日は2人でよくドライブとか行って楽しんでいると言っていました。

奥様は、いつもざっくりしたポロシャツと長いジャージのパンツでテニスをしていたのですが、他の方みたいに、見せられる身体ではないしと謙遜して、しかも恥ずかしそうに答えていたのが印象的でした。身長は168センチくらいでしょうか?まあまあ背が高いほうではないでしょうか?髪は肩より少し長く、テニスのときはいつも同じシュシュで一箇所でくくり、それも印象的でした。いつも、ざっくりした服装のため、正直奥様のスタイルはわからなかったです。

そして、計画の実行です。

仲間にきつく言われていたのですが、奥様が一人でいるであろう昼間に訪問することにしました。

あいだ、2時間ほど時間をもらい、奥様の家へ向かいました。

急な訪問に、奥様は驚いていましたが、もう、あれから3週間以上が過ぎ、見た感じはもう普通に歩いていて本人も、病院で言われたようなことを家で実行し、捻挫したところの強化をしたり、徐々に負荷をかけて動かしているとのことでした。

その日は、様子だけ伺ってすぐに戻ることしました。

ただ、唯一奥様に紙袋を1つ渡して出て行きました。ご主人には絶対内緒でと念を押し、渡しました。

中身はテニスウェアです。

奥様が復帰されるときに、この袋の中のウェアを着てほしいとお願いして出て行きました。

中身を確認した奥様は、すぐに、ジャージではなくスカートタイプが入っていることに気づき、顔を紅潮させながらも、受け取ってくれ、もう少しがんばってみますといってくれました。

1週間後。いつものように、仕事終わりに、奥様の家に訪問。もちろん対応はご主人。

でも何か今までとは違った穏やかな表情で迎えてくれました。

ご主人は、そこまで妻のことを心配してくれて、うれしいと。しかも、奥様が必死に毎日家でのリハビリに少しご主人のほうが折れてくれたというのが正解でしょうか?ただ、ご主人は、いきなりみんなと一緒だと、張り切ってしまいまた怪我をするかもしれないと。

そこで、奥様が本当に復帰できるのか、私に個人的に確認してほしいというのです。

私は、意外な展開に驚きつつも、それとなくスケジュール帳を開き、予定を確認。

いくつかの日取りを提案し、決定しました。

その日は唯一私が休みの日でした。朝、私が家に迎えに来て、奥様と町外れのテニスコートに向かい、静かなところで奥様のペースで確認しましょうと提案し受け入れてくれました。

ご主人は当然ながら仕事だそうで、私に任せるといってくれました。

その日から、当日までの5日間はとても長く感じました。

当日の朝。

私は朝早くから迎えに行きました。ご主人は出勤時間が遅いようで、ちょうど私の訪問と入れ違いで出勤の時間だったようでした。

むしろその方がご主人に対しての安心感というか、ちょうどよかった。

何も疑うことなく、ご主人は会社へ向かいました。

奥様は出かける用意を済ませると、私の車に乗り込み、現地へと向かった。

もちろん、この間のウェアを持ってくれているか確認しながら、車に乗せた。それから現地までの1時間。妄想で頭いっぱいになり、私のおちんちんは反応を始めたのです。

現地到着。周りに何もなく、静かなところ。更衣室らしきところもなく、正直ただグラウンドがあり、ネットが張っているだけといったところ。

実は廃校になった学校のグラウンドで、管理している人もいないようなところでした。

奥様も一瞬不安な顔を見せながらも、私が渡していたウェアに着替え始めた。

恥ずかしいだろうからと、後部座席に回ってもらい着替えてもらった。

奥様のサイズ感を知らない私はどうやら渡していたウェアは少し小さめのようでした。しかし、それは計算済み。

見ると、私の妄想をはるかに超えた格好をして立っている奥様がそこにいました。

白いポロシャツはピチピチで、奥様のバストの形がはっきりとしていました。

それは想像以上の巨乳で、推定でGカップはほぼ確定でしょう。その下のピンクのブラも透けて見え隠れします。

下のスカートも大きなヒップでフレアスカートはヒップで突き上げられ、太腿の付け根付近まで見えそうなくらいでした。

前にかがんで靴の紐を結んだときのスカートの中もチラッと見えてしまいました。白いアンダーが見えるはずだったのですが、なぜか、ピンクのショーツ。ブラとお揃いの下着のみのようでした。ますます興奮しました。

とりあえず、準備運動から。奥様の身体に必要以上にタッチしながら、屈伸したり、開脚したり、意外と奥様は普通に動けていました。

次に素振り。

奥様に久々なので、素振りをしてもらいながら、何度か見た後、再び後ろに回ると、私は奥様の背中に身体を密着させ、右手でグリップを持つフリをして、思い切り奥様の手を握り、何度もスイングした。

奥様の大きなヒップに何度も私の大きく膨張したおちんちんがこすれながらも何食わぬ顔で指導続けた。

次に壁打ちをしてもらうことに。

うまく跳ね返りがなく、右に左に振り回される奥様。そのたびに揺れるGカップ。ヒップもプリンプリンに張っていてたまらない風景。

2人で交互に壁打ち。

お互いに何度もぶつかりながら(わざとでもある)繰り返した。

そしてひと休憩。

私だけでなく、奥様も限界に達していたらしい。

2人で車に戻った。何も言わずに後部座席に乗り込んだ。

そのまま、何も言わずに唇を重ねた。

かなり激しく。舌を絡めるのもすぐのこと。

お互いの唾液でグチョグチョとヤラシイ音が車の中に充満した。

そのままフェラ。奥様の私の下のパンツを脱がせるのも何かなれた手つきなように感じた。実はスケベな奥様なのか。

フェラでさらに硬直したおちんちんをうれしそうに眺めると、

「ぱいずり好き?」

といって、ポロシャツをめくると、あの大きなGカップが登場。

奥様がよだれをいっぱいたらし始め、パイズリが始まった。

本当に限界を迎えそうになった。

恥ずかしながら、パイズリで発射してしまった。

奥さんは丁寧に口でお掃除してくれた。

それだけで私のおちんちんの回復させるのには十分だった。

しばらくして再びエッチモード。

今度は、私が奥様のことを舐めまくり、何度もイカせた。

ご褒美におちんちんを挿入した。

なんと、奥様自ら上に乗っかり、激しく腰を打ち付けてきた。

上下左右に激しく揺れるGカップを私は必死にしゃぶり続けた。

もちろん2人で果てていった。

結局合計5度までも発射させられた。

私が浮気の病気が再発した瞬間だった。

その日ご主人には、奥様は復帰は難しいと告げた。

ご主人は納得し、許してくれた。解約手続きもスムーズに進んだ。

ご主人は私と奥様がその後も関係しているとは露も思っていない。

しかし、これは私と奥様で考えた結果。

仲間にも迷惑かけないよう、退会してもらった。

そして、2人でこっそりと密会しては不倫している。

いつまで関係が続けられるかわ駆らないが、結構楽しんでいる。

What do you think of this post?
  • エロいいね (1)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!